ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トップ3%の人の仕事のルール」最新記事一覧

関連キーワード

トップ3%の人の仕事のルール:
毎日15分、1つのテーマを勉強する
トップ3%になれる人と、それ以外で終わる人を分けるのは、社会的地位や財産の多さだけではありません。教養があるかないかで大きな差があります。1つのテーマについて究めると、人生が楽しくなるのです。(2013/12/6)

トップ3%の人の仕事のルール:
同じ本を繰り返し何度も読む
本は、著者が人生をかけて気付いたことや身に付けた知識を、わずか数千円で手にできるありがたいもの。繰り返して読んでも、そのときの自分の年齢や心理状態によって、まったく違う内容に感じることがあります。(2013/11/29)

トップ3%の人の仕事のルール:
撤退の決断が早いほど、ダメージは小さくなる
何事も先へ行く勇気は大事ですが、それ以上に退く勇気が必要です。撤退の判断が早いほど、受ける損失は少なくて済むからです。トップ3%の人は、撤退することを恐れないものです。(2013/11/22)

トップ3%の人の仕事のルール:
できたことを「スタート」と考える
プロフェッショナルとアマチュアの違いは何でしょうか? 「できたらおしまい」になるのはアマチュアです。一方、「できた時点がスタート」と考え、そこから自分をより向上させようとするのがプロフェッショナルなのです。(2013/11/15)

トップ3%の人の仕事のルール:
1つのことに集中する
自分の道を決めるというのは難しいことです。それは、他のことはしないと覚悟すること。何でもやれる可能性と決別するので寂しい気持ちにもなります。しかし、すばらしい能力や可能性も、何か1つのことに集中させないと花が開かないのです。(2013/11/8)

トップ3%の人の仕事のルール:
初対面では自分から握手をする
本当に一流の人は、対面時に「こんにちは」と言って手を差し出します。どんな相手でも態度が変わらず、常に気さくな応対をします。それだけの余裕があるのです。(2013/11/1)

トップ3%の人の仕事のルール:
「メモ魔」にならない
何かを言われたとき、メモを取ることはいいことです。しかし、提案されたアイデアを高めるために考える意欲を忘れてしまうと、出された「回答」をそのまま覚えるようになってしまいます。メモを取ってから「どうしてこういう考えに至ったのか」と、自問する時間を持つことが大事なのです。(2013/10/25)

トップ3%の人の仕事のルール:
ご無沙汰している人に連絡する
しばらくご無沙汰している取引先があるとします。「しまった、どうしよう」と悩むことがあるかもしれません。しかし、放っておいてしまったとしても、怖がらないで再び連絡を入れてみましょう。久々の連絡が、継続したお付き合いにつながることもあるのです。(2013/10/18)

トップ3%の人の仕事のルール:
しつこいくらいに繰り返す
普通の人とトップ3%になれる人との違いは、最後までやり遂げられるかどうかに尽きます。面白いアイデアが出ても、それを実行に移してやり遂げられる人と、やり遂げられない人の差は何でしょうか? それは「時間を待てるか、待てないか」です。(2013/10/11)

トップ3%の人の仕事のルール:
松下幸之助に学ぶ「実行するチカラ」
トップ3%に入るような成功者は、少し違った基準で仕事をしています。その基準の多くは、細かいスキルや能力を伴うものではなく、仕事に対する姿勢やモノのとらえ方に関するものです。今回は、パナソニックの創業者、松下幸之助さんの場合を見てみましょう。(2013/10/4)

トップ3%の人の仕事のルール:
トップ3%の人は、独自の「仕事のルール」を持っている
トップ3%に入るような成功者は、少し違った基準で仕事をしています。それは細かいスキルや能力を伴うものではなく、仕事に対する姿勢やモノのとらえ方で、総じてポジティブです。なぜ彼らは、苦境のときでもポジティブなのでしょうか? それは自分の心を身軽にしたり、ピンチを楽しみに変える独自の「仕事のルール」を持っているからです。(2013/9/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。