ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索」最新記事一覧

Google検索で自分の写真やメールを検索できる「パーソナル」タブ登場
Google検索の「もっと見る」タブに「パーソナル」が追加され、Gmail、Googleカレンダー、Googleフォトの関連項目が検索結果として表示されるようになった。(2017/5/27)

未知のエロがそこにはある……? 海外のポルノサイトで「ハンドスピナー」の検索が急増する人気っぷり
ポルノサイトでハンドスピナーの動画を求める上級者たち。(2017/5/25)

TwitterのApple TVアプリにライブを探せるグローバル検索機能
TwitterのApple TVに、リアルタイムで配信中のPeriscope動画を検索できる「グローバル検索」機能が加わった。(2017/5/25)

世界的によく検索されているシリア問題への疑問に答えるWebサイト 国連、Googleが共同制作
「内戦前のシリアはどんな国だったのか」などの疑問に分かりやすく回答。(2017/5/25)

スマホやPCから仕事を探せる「dジョブ」 ドコモが今秋提供開始
NTTドコモは、アルバイト・派遣社員・正社員の「求人情報」からクラウドソーシング・アンケート回答などの「スマホワーク」まで幅広い仕事情報を検索・応募できる「dジョブ」を今秋に提供開始。スマートフォンやタブレット、PCから利用できる。(2017/5/24)

マストドンつまみ食い日記:
ユーザーローカル、マストドン検索に参入
「マストドンリアルタイム検索」が提供開始された。(2017/5/24)

マストドンつまみ食い日記:
「超便利な検索タブ」「オイゲンさんがナウマン発見」「マストドン会議、西へ」
今日のつまみ食い日記は、マストドンクライアント2本立て+マストドン会議4の情報。(2017/5/23)

「GitHub Marketplace」開店 開発ツールを検索・購入
GitHubが、開発ツールのオンラインストア「GitHub Marketplace」を開設した。「Travis CI」や「Waffle」などの人気ツールを入手できる。(2017/5/23)

「詐欺被害相談サービス」をかたる悪質事業、消費者庁が注意喚起 “架空請求業者との交渉を代行”で依頼料を請求
消費者が怪しい電話番号を検索する行動を利用していました。(2017/5/22)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン会議2レポートその3 テキスト全文検索に挑むPawoo
マストドン開発者はテキスト検索を組み込まないことをポリシーとしている。ピクシブはPawooにそれを実装するという。その意図は?(2017/5/21)

迷惑電話を判別、人工知能が自動で着信拒否 iOS版「電話帳ナビアプリ」が登場
ライドアンドコネクトは、独自に保有する電話番号データベースをもとに詐欺・迷惑電話電話を自動判断する「電話帳ナビアプリ」をリリース。アプリを起動すれば着信時に電話番号検索を行い、迷惑度と共に画面へ表示する。(2017/5/18)

Google I/O 2017:
「Google Lens」は画像内情報検索AI技術 Assistantやフォトと連係
「Google Lens」は、かつての「Google Goggles」や「Word Lens」が機械学習技術で大きく進歩したような新しい画像での検索技術。まずは「Google Assistant」と「Googleフォト」に組み込まれる。(2017/5/18)

機械学習活用プロジェクト大解剖(終):
「人間行動」と「検索」の関係に見る、機能改善に本当に必要だったもの
サイト内検索のランキングアルゴリズムに機械学習を活用した事例を通じて、Deep Learningをはじめとした機械学習の強みと限界を探る連載。今回は、Deep Learning以外の手法で検索改善に大きく貢献した事例を基に、「検索改善に本当に必要だったものは何だったのか」を振り返ります。(2017/5/17)

セキュリティ対策事例インタビュー(1):
セキュリティ対策でモノを言うのは「スピード」、20秒以内で検知可能なローソン
「脅威の侵入を100%防ぐのは不可能」という前提に立った新たなセキュリティ対策を模索してきたローソン。脅威の検知と一次対応を速やかに実行し、迅速なインシデントレスポンスを支援するツールを導入した結果、20秒以内に社員が利用する約7000台のPCから感染端末を検索する体制を立ち上げた。(2017/5/23)

エグゼクティブインタビュー
ブルームバーグのデータサイエンス担当者が見た機械学習の課題
Bloombergでデータサイエンス(自然言語処理、情報の検索と取得、機械学習)を引きているギデオン・マン氏。2008年から機械学習を手掛けてきた同氏には、機械学習の可能性とともに課題も見えている。(2017/5/16)

マストドンつまみ食い日記:
横断検索できるマストドンiPhoneクライアント「Tootdon」登場
2つのマストドン検索エンジンが落ちている最中に、トゥート検索できるアプリが登場。(2017/5/12)

Microsoftの「Cloud-powered Clipboard」で端末/アプリ横断コピペが可能に
「Microsoft Graph」では、iOS/Andrdoid端末を含むPCやスマートフォンでファイルやアクティビティを共有でき、例えばPCのPowerPointでコピーしたテキストをAndroid端末の検索枠にペーストすることもできる。(2017/5/12)

10代の約半数が「SNOW」を利用 「Instagram」を上回る
ジャストシステムは、5月10日に「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)」の結果を発表。10代の約半数が「SNOW」、情報収集では約7割が「SNS」を利用し、「Instagram」利用率や「検索エンジン」を上回っている。(2017/5/10)

「商標速報bot」開発者がサイト構築へ 支援募集中
「商標速報bot」開発者が、商標検索サイトの構築に向け、「CAMPFIRE」で支援を募っている。(2017/5/9)

参考にする料理動画サービスは「クックパッド」が最多 MMD調べ
MMD研究所は「料理動画に関する利用実態調査」を実施。料理の参考上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」で、使用するデバイスは「スマートフォン」、見たことがある料理動画サービスは「クックパッド料理動画」が最多となった。(2017/5/8)

「故人名+死因」で検索すると…… Google先生の秘められた機能が話題に
実は結構前からある機能です。(2017/5/3)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン検索について反芻してみる
5月になってもマストドン。今日は検索について。(2017/5/1)

Twitterが絵文字での検索に対応 キーワード検索で単体検索可能に
いろいろな絵文字がツイートされています。(2017/4/30)

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加
また改良されました。(2017/4/26)

Google、虚偽ニュース対策で不適切な検索候補の報告フォームを追加
検索結果として虚偽ニュースを表示したことで批判されているGoogleが、幾つかの対策を発表した。その1つは、検索のオートコンプリートで表示される不適切な候補を報告するフォームの追加だ。(2017/4/26)

モバイル版Googleマップのレビュー、自動翻訳に
モバイル版GoogleマップやGoogle検索で検索したショップやレストランのレビューが端末に設定してある「言語」以外の場合、自動的に翻訳して表示するようになる。海外旅行で便利そうだ。(2017/4/25)

「Yahoo!地図」が「Yahoo! MAP」へ全面刷新 最短1タップで店舗・施設を検索可能に
ヤフーの「Yahoo!地図」アプリが、「Yahoo! MAP」にリニューアルした。主な機能は引き継ぎつつ、同社が提供する各種サービスとの連携を強化し、最短1タップでの店舗・施設検索や最新タウン情報を確認できるようになった。(2017/4/24)

「Yahoo!地図」アプリ刷新で「Yahoo!MAP」に 近くの「カフェ」「コンビニ」などジャンル別検索
「カフェ」「コンビニ」などのジャンルから店舗情報・位置を探せる検索機能や、ヤフーが配信するグルメ記事などが読める機能を追加する。(2017/4/24)

Google、ロシアでの独禁法裁判で和解 約8.5億円の罰金支払い
ロシア検索大手のYandexの2015年の申し立てで始まったロシアにおけるAndroid端末の独禁法違反をめぐる裁判で、Googleが和解に応じ、約4.4億ルーブルの罰金を支払う。今後はロシアで販売されるAndroid端末にはGoogleと競合するアプリもプリインストールできるようになり、ユーザーは検索エンジンを選べる。(2017/4/18)

Dev Basics/Keyword:
二分探索
二分探索は、ソート済みのデータ列の中から特定の要素を探索するアルゴリズム。全ての要素を順に検索する線形探索よりも高速に探索を行える。(2017/4/18)

「Application Insights」のテレメトリーを活用:
マイクロソフト、行動に結び付く洞察が得られる「Azure Search」アクセス分析の新ツールを提供
マイクロソフトは、「Azure Search」で提供する「検索トラフィックの分析」機能の新バージョンを発表した。(2017/4/17)

NTTドコモ&ゼンリン、AI搭載のカーナビ向け音声対話システムを共同開発 使い込むほどユーザー好みに成長
NTTドコモのAI技術とゼンリンの地図データおよび検索エンジンを組み合わせたシステムを、カーナビメーカーに提供。(2017/4/15)

モバイル版Google検索でコーデの参考になる「スタイルのアイデア」表示開始
モバイル版Googleでファッション関連の画像検索をすると、結果の画像を実際にコーデした「スタイルのアイデア」画像が複数表示されるようになった。「関連項目」と同様、機械学習による機能だ。(2017/4/14)

「はちみつ入り離乳食レシピ」多数──クックパッド、楽天レシピなど各社の対応は
ネット検索で「蜂蜜を使った離乳食レシピ」が多数ヒットする――。レシピサイト各社の対応を聞いた。(2017/4/11)

Google画像検索の結果に価格表示の“関連項目”カードスタート
Google画像検索の一部の結果に「関連項目」カードが表示されるようになった。例えばスニーカーの画像検索結果の下に、同じスニーカーの複数のオンラインショップのカードが表示され、比較できる。2タップでオンラインショップのページを開ける。(2017/4/11)

Google、検索結果に「事実確認」タグ 検証結果を表示
Web検索とGoogleニュースに「Fact Check(事実確認)」機能を導入。(2017/4/9)

Google、検索結果の「ファクトチェック」ラベル表示を世界で開始
虚偽ニュース拡散で批判されたGoogleが、Google検索およびGoogleニュースで、サイトオーナーがファクトチェック(事実確認)したコンテンツにはラベルを表示するようになった。(2017/4/8)

Googleマップの偽情報はこうして作られる Google マイビジネスを悪用する実態を公表
「Google マイビジネス」を悪用してローカル検索などに偽情報を表示させ、ユーザーをだます手口についてGoogleが実態報告書を公表した。(2017/4/7)

「Shufoo!」や「Mapion」を介して告知も可能に:
凸版印刷、電子カタログ「iCata」にショールーム情報を掲載
凸版印刷は、B2Bデジタルカタログ閲覧サービス「iCata(アイカタ)」の新しいサービスとして、住設メーカーのショールームを場所や企業名から検索・閲覧できるサービスを提供開始した。(2017/4/7)

学術情報検索サービス「CiNii」で電子化論文公開終了……頼りにしていた学生困惑
J-STAGEへの移行途中で論文の提供が終了したため、混乱を招いているもよう。(2017/4/5)

J-STAGE一本化の影響で:
「CiNiiで論文が見られない」電子図書館終了に困惑の声
論文などの学術情報検索サービス「CiNii(サイニィ)」から、電子化(PDF化)された論文や書籍などの一部の情報が閲覧できない状態に。研究機関や学生などから困惑の声が上がり、Twitterのトレンドにも入った。(2017/4/5)

賃貸仲介数7年連続No.1のビジネスを支える高速DB基盤:
PR:大東建託が「いい部屋ネット」のデータベース基盤をOracle Exadataに移行──4時間の検索テーブル更新処理を約10分に大幅短縮
全国300万件超の賃貸物件情報を提供する大東建託の「いい部屋ネット」では、登録物件数の増加に伴いパフォーマンスが低下していたデータベース基盤を「Oracle Exadata」に刷新。4時間を要していた検索テーブル更新のバッチ処理を約10分に短縮するなど大幅な性能向上を果たした。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/4/3)

機械学習活用プロジェクト大解剖(2):
「Deep Learningをサービスに導入したい!」人に周囲が泣かされないために
サイト内検索のランキングアルゴリズムに機械学習を活用した事例を通じて、Deep Learningをはじめとした機械学習の強みと限界を探る連載。今回は、機械学習を活用しやすくする開発・運用体制や、機械学習を実際に活用する人が意識することについて解説します。(2017/3/30)

Pepperが本を探すお手伝い――篠崎図書館のPepperに蔵書検索機能
図書館流通センター(TRC)が、TRC指定管理館の江戸川区篠崎図書館で実務に当たる「Pepper」に蔵書検索機能を搭載。Pepperに話しかけることで蔵書を検索できるようになった。(2017/3/30)

今年の流行語になりそう?:
森友学園問題で「忖度」の検索が増加 どんな意味?
記者会見などで多用されたことで一気に広がりました。(2017/3/25)

アニソン専門の定額配信サービス「アニュータ」開始 5万曲超が月額600円、企業の垣根を超えたラインアップ
アニメ作品名での検索といったアニソンサービスならではの機能も。(2017/3/24)

「ゼルダ」最新作の影響? 米国で「縄文時代」Google検索数が急増
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の開発スタッフが「縄文文化を参考にした」と話したことが理由かもしれない。(2017/3/24)

「サーバル♪」で検索→鳴き声が再生 Yahoo!検索、キーワードに「♪」を付けると音を調べられる新機能
「47都道府県」「(応援や演出に)使える音」「動物」「楽器」に関連する音を探して再生できます。(2017/3/23)

「Yahoo!検索」で音を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」提供開始
動物、楽器から都道府県までをカバー。(2017/3/23)

Googleアプリに1タップで最新情報を表示できるショートカット集(まずは米国で)
AndroidおよびiOS版「Google」アプリの検索枠の下に、天気、イート&ドリンク、スポーツ、エンターテインメントのショートカットが表示されるようになり、これをタップするとそれぞれの最新情報のページになる。(2017/3/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。