ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「性暴力」最新記事一覧

関連キーワード

SNSで「死にたい」は、「寄り添って」の裏返し
神奈川県座間市のアパートで男女9人が遺体で見つかった事件の発端は、被害者がTwitterなどに書き込んだ「自殺願望」だった。なぜ「死にたい」と書くのか。(2017/11/16)

手記「Black Box」刊行:
「レイプ被害者の救済システムが必要」伊藤詩織さん会見
10月18日に手記「Black Box」を刊行した伊藤詩織さんが、日本外国特派員協会で記者会見を行った。「特定の誰かやシステムを非難するだけでは何も変わらない」と語る詩織さんの会見を、一部書き起こしで掲載する。(2017/10/24)

Amazon、セクハラ発覚のAmazon Studiosトップを解任
Amazon Studioのトップ、ロイ・プライス氏が突然解任された。Amazonのオリジナルコンテンツの製作総指揮を担う女性がプライス氏にセクハラを受けたと語ったインタビューが公開され、女優のローズ・マッゴーワン氏も同氏の問題を訴えるツイートをジェフ・ベゾスCEO宛に投稿した後のことだ。(2017/10/13)

TwitterのドーシーCEO、アカウント規制について「透明性強化の必要がある」とツイート
Twitterが、大物プロデューサーからのセクハラをカミングアウトした女優のアカウントを一時制限したことが物議を醸した。同社は制限の理由を説明して制限を撤廃し、ジャック・ドーシーCEOはこの件について「行動をもっと透明にする必要がある」とツイートした。(2017/10/13)

インターネットを守る翼竜:
もし「ミニセガサターン」が発売したら収録されていて欲しい名作美少女ゲー10選
今回はセガサターンの名作美少女ゲームたちの話です。(2017/10/5)

スー・チー氏に批判:
ノーベル平和賞の受賞者、世界の「失望」招く理由
祝福してくれた支持者の多くを落胆に導いたノーベル平和賞受賞者の長いリストに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が新たにその名を連ねた。(2017/10/4)

対立深刻化:
拡大するロヒンギャ武装勢力、ミャンマー混沌の裏側
アナン前国連事務総長が、イスラム系少数民族ロヒンギャ武装勢力の暴動に対するミャンマー治安部隊による過剰な軍事報復は、対立をいっそう悪化させるだけだと警告。その数時間後、ロヒンギャ武装勢力が警察などを襲撃した。(2017/9/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
Uberのセクハラ騒動が、私たちに教えてくれたこと
世界的なIT企業が集まるカリフォルニア州のシリコンバレーがざわついている。「セクハラ問題」だ。騒動の発端は……。(2017/8/3)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

江川達也「大事なことは、子どもに自分で考えさせること」 ジャンプ掲載の作品批判めぐり苛評
「いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ」。(2017/7/8)

マストドンつまみ食い日記:
「Twitter後の世界」はあります!
「Twitterに居づらくなった」と考えたら、マストドンへの転居を考えよう。米国に住む女性ポッドキャスターが行動に移して2カ月が経過した。(2017/7/4)

Uber、愛する人のためにリモート配車できる機能スタート
企業イメージ回復に注力するUberが、ユーザーが自分以外の、例えば1人暮らしの母親の通院のためなどに遠隔から配車できる機能を公式アプリに追加した。(2017/6/28)

VRで人道支援を行うハッカソン「Japan XR Hackathon 2017」
パノラプロとNoitomは、VR/AR/MRをテーマとしたハッカソン「Japan XR Hackathon 2017」の開催を発表した。(2017/6/13)

110年ぶり大幅改正:
性犯罪厳罰化の刑法改正案が衆院で可決
性犯罪を厳罰化する刑法改正案が衆院本会議で可決された。(2017/6/8)

Uber、ドライバーによるレイプ被害者の診断書保持幹部をメディアに発覚後解雇
Uberが弁護士事務所に依頼した社内調査の過程で、2014年にインドで起きたレイプ事件の被害者の診断書をアジア担当責任者が保持していたことが明らかになり、この幹部は退社した。(2017/6/8)

Facebookで差別発言 ハーバード大が10人の入学取り消し
ハーバード大学に入学予定の学生が集まるFacebookグループで、差別発言や性的な画像のやりとりがあったとして、同大が該当学生の入学許可を取り消した。(2017/6/7)

インターネットを守る翼竜:
「カードキャプターさくら」の新シリーズと知世ちゃんの感情について
新鋭・にゃるらの連載。第3回はCCさくら!!(2017/5/14)

Facebook、問題コンテンツ対策強化で3000人増員へ
虚偽ニュース拡散や殺人動画配信が問題となっているFacebookが、報告のあったコンテンツをレビューするチームを向う1年間で3000人増員すると発表した。(2017/5/4)

ニコニコ超会議2017:
アニメヒロインの制服、セーラー服からブレザーが主流になったのは○○○の影響? ニコニコユーザーが研究
そうだったのか!!!(2017/4/29)

後に自殺:
タイの男が生後11カ月の娘殺害の動画をFacebookに投稿
タイの男が生後11カ月の娘を殺害する動画をFacebookに投稿し、自殺した。(2017/4/26)

干ばつと紛争:
ソマリアの少女、飢える一族救うため失った自由と夢
乾ききった低木地の広がるソマリア南部の村では、井戸が涸れ、家畜が死んでいった。家族を飢餓から救うために残された最後のチャンスは、14歳の娘の美貌だった。(2017/4/21)

水曜インタビュー劇場(ステーキ公演):
どん底に落ちた「ペッパーランチ」が、快進撃を続けているワケ
ペッパーフードサービスの業績が好調である。「『いきなり!ステーキ』の売り上げが伸びているからでしょ」と思われたかもしれないが、それだけではない。同じステーキチェーンの「ペッパーランチ」が絶好調なのだ。2007年の「強盗強姦事件」、2009年の「O157事故」で業績が悪化したはずなのに、なぜ復活したのか。(2017/3/22)

原作レイプとは言わせない──日本IBMの“オタクマーケター”が倍率500倍のSAOコラボを実施できた理由
コラボイベントの応募者数は10万件。ファンの心をつかんだ理由は「原作リスペクト」。(2017/3/7)

東京都が未成年の「自画撮り」対策に本腰 SNSなどでの裸体画像の要求を取り締まり対象に
しかし具体的な取り締まり方法についてはまだまだこれから。(2017/2/17)

韓国デマサイト「大韓民国民間報道」が閉鎖に 管理人による書籍もAmazon.co.jpから消滅
BuzzFeedの取材に対し、偽ニュースだったことを認めていました。(2017/1/27)

生きづらさを感じたら迷わずに マイノリティーのための相談窓口を置いておきますね
特に他意はありませんが、星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“トランプショック”で大リーグが氷河期を迎える危険性
ドナルド・トランプが大統領選を制したことで、思わぬところにも影響が及ぶかもしれない。米メジャーリーグ(MLB)だ。どういうことかというと……。(2016/11/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
素顔は意外に優しい? 暴走するフィリピンの「暴言大統領」
10月25日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日する。彼の「暴言」がニュースになることが増えているが、一体どんな人物なのか。破天荒な言動の一方で、国民からは……。(2016/10/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
京都府警の「犯罪予測システム」が使えない、これだけの理由
京都府警が10月1日に、日本で初めて「犯罪予測システム」の運用を開始した。運用開始したばかりの京都府警には申し訳ないが、米国では今、犯罪予測システムそのものに批判的な見方が噴出している。なぜかというと……。(2016/10/6)

あのキャラに花束を:
倒すのはゴブリンだけだ ストイックな冒険者「ゴブリンスレイヤー」の残虐な生き方に惚れる
「手をかえ、品をかえろ。同じ戦術を使うな。死ぬぞ」(2016/9/12)

日刊SPA!「最強のヤレる酒は日本酒」で炎上 番組で取り上げたTOKYO MXも批判の的に
日本酒への風評被害含めて非難轟々(ごうごう)です。(2016/9/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
データで見る、「トランプ大統領」が誕生する可能性
米国大統領選挙に向けた共和党大会で、ドナルド・トランプが正式候補に指名された。「このままの勢いで大統領になるかも」と思われたかもしれないが、さまざまな調査をみると、トランプが大統領になる可能性はかなり低いようだ。(2016/7/22)

ゲーム「Overwatch」の二次創作ポルノが大盛況 → Blizzard公式が対応に乗り出し、次々と動画を削除する事態に
「特定のジャンルだけを恣意的に削除している」として、一部のファンから批判も。(2016/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
乙武氏に負けていない? 米国でも「5人と不倫」が大騒動に
ベストセラー『五体不満足』の著者である乙武洋匡氏の不倫報道がメディアで大きく取り上げられている。国際ニュースに目を向けると、いま偶然にも「5人と不倫」というキーワードで話題になっている大物政治家がいる。その人物とは……。(2016/3/31)

小池一夫さんのツイートが「セカンドレイプだ」と炎上 ブログで謝罪
最後まで変わらなかった意見も。(2016/2/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターウォーズ・ボイコット運動から見える米国の現実(ネタバレなし)
映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』が大ヒットしている。米国では公開初日だけで約5700万ドルの興行収入を記録しているが、ちょっと気になる話題が盛り上がっている。それは「映画をボイコットしよう」という動きだ。(2015/12/24)

弁護士事務所サイト掲載の「漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ」が削除 「人権意識に欠ける」批判受け
他事例からセリフを入れ替えただけの使い回しでした。(2015/12/18)

あのキャラに花束を:
人はこれを、監禁と呼びます 幼女と暮らす女子高生「ハッピーシュガーライフ」松坂さとうの純愛
愛のためだったら、なんだってできるよ?(2015/11/27)

兄の駆け落ちの「罰」としてレイプ命じられたインドの姉妹 人権団体が支援呼びかけ
上位カーストの女性と駆け落ちした男性の姉妹に対し、長老議会がレイプを命令。人権団体の呼びかけで12万人以上がオンライン署名をしています。(2015/8/30)

昨年末閉館の「鬼怒川秘宝殿」で人形7体盗難発生 情報提供を呼び掛ける
今市警察署では情報提供を呼びかけています。(2015/7/21)

ディズニー/ピクサー映画「インサイド・ヘッド」 本編上映前のドリカムMVに感情を殺される事案が多発しているもよう
映画の宣伝って難しいですね……。(2015/7/19)

redditの新CEO、AMAで新コンテンツポリシー案を説明
redditの新CEOに就任したスティーブ・ハフマン氏がAMA(Ask Me Anything)を開催し、新コンテンツポリシーへの質問を受け付け、閉鎖あるいはログインしないと閲覧できなくするsubredditの判断基準なとについて議論した。(2015/7/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
コンビニ元オーナーが犯罪――便利に潜む個人情報の危険性
便利なサービスには個人情報が必要なことも多く、利用に細心の注意をしても被害の可能性は避けられない。いったいどうしたらその危険性を減らすことだができるのだろうか。(2015/6/26)

ニコニコ超会議2015:
pixivのイラスト閲覧数と「タグ」との関係性をまとめた研究が分からないけどめっちゃ分かる
一番効果が高いのは「残念な美人」!(2015/4/25)

Uber、自動運転カー開発でカーネギーメロン大学と提携
配車サービスのUberが、自動運転カーの研究開発を目的とする先進技術研究所の設立を発表した。カーネギーメロン大学との提携で、同大学キャンパス近くに開設する。(2015/2/3)

Uber、ドライバー採用プロセス改善について説明──生体認証システム開発も
ドライバーによる乗客レイプでデリーでの営業を禁止されたUberが、ドライバー採用審査のための生体認証ツールの開発や嘘発見器の採用、24時間対応の安全対策チームの配備などの計画を説明した。(2014/12/18)

Uber、乗客レイプ事件でデリーから締め出し
Uberがデリーで採用したドライバーによる乗客レイプ事件で、政府当局がUberのデリーでの営業を禁止した。当局はUberがドライバー採用に際して義務付けられている経歴チェックを怠ったとしているが、Uberは明確な義務付けはされていないと主張しつつ、今後プロセス改善で政府に協力するとしている。(2014/12/9)

Uberのインドのドライバーが乗客レイプで逮捕
インド警察がUberのドライバーを乗客のレイプ容疑で逮捕したという報道を受け、Uberは運行ルートやドライバーのプロフィールの提供などで警察に全面的に協力していると発表した。(2014/12/8)

「忘れられる権利」対策経過報告:
Google、欧州で検索結果からのURL削除リクエストの4割に対応
Googleが欧州で5月から実施しているユーザーからの検索結果のURL削除リクエスト対応の現状を透明性リポートページで公開した。これまでに約50万件のURLをレビューし、その約4割を削除した。(2014/10/11)

窪田順生の時事日想:
それでも私たちは『朝日新聞』を許さなくてはいけない
『朝日新聞』が相次ぐ誤報で揺れている。ネット上では大騒ぎになり、安倍政権では「(朝日新聞を)国会招致すべきだ」という批判も出始めた。しかし、筆者の窪田氏は「非寛容な対応」を続けると、新たな問題が生まれるという。それは……。(2014/9/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。