ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「性暴力」最新記事一覧

世界を読み解くニュース・サロン:
データで見る、「トランプ大統領」が誕生する可能性
米国大統領選挙に向けた共和党大会で、ドナルド・トランプが正式候補に指名された。「このままの勢いで大統領になるかも」と思われたかもしれないが、さまざまな調査をみると、トランプが大統領になる可能性はかなり低いようだ。(2016/7/22)

「本番行為がダメだったとは……」AV業界に激震 DMMのグループ企業にも家宅捜索 悪質撮影に国も対応へ
警視庁がAV大手プロダクションの幹部を摘発。“本番行為”の常態化や女性の悪質な勧誘など、さまざまな問題が明らかになりつつある。(2016/6/21)

自宅床に穴開け女性宅に侵入……51歳独身男の恋の末路は? 「彼女は人生の全てだった」
自宅アパートの床に穴を開けて階下に侵入し、女性を襲ってけがをさせた無職の男の裁判では、男の一方的で情熱的な片思いの全貌が明らかになった。(2016/6/15)

世界のタクシーからドライバーが消える? 「料金10分の1でレイプの心配もなし!」 Uber、自動運転車の狙い
Uberが自動運転車の公道走行実験を開始した。ドライバーなしで運行する“無人タクシー”の実用化を目指している。(2016/6/6)

ゲーム「Overwatch」の二次創作ポルノが大盛況 → Blizzard公式が対応に乗り出し、次々と動画を削除する事態に
「特定のジャンルだけを恣意的に削除している」として、一部のファンから批判も。(2016/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
乙武氏に負けていない? 米国でも「5人と不倫」が大騒動に
ベストセラー『五体不満足』の著者である乙武洋匡氏の不倫報道がメディアで大きく取り上げられている。国際ニュースに目を向けると、いま偶然にも「5人と不倫」というキーワードで話題になっている大物政治家がいる。その人物とは……。(2016/3/31)

小池一夫さんのツイートが「セカンドレイプだ」と炎上 ブログで謝罪
最後まで変わらなかった意見も。(2016/2/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターウォーズ・ボイコット運動から見える米国の現実(ネタバレなし)
映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』が大ヒットしている。米国では公開初日だけで約5700万ドルの興行収入を記録しているが、ちょっと気になる話題が盛り上がっている。それは「映画をボイコットしよう」という動きだ。(2015/12/24)

弁護士事務所サイト掲載の「漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ」が削除 「人権意識に欠ける」批判受け
他事例からセリフを入れ替えただけの使い回しでした。(2015/12/18)

あのキャラに花束を:
人はこれを、監禁と呼びます 幼女と暮らす女子高生「ハッピーシュガーライフ」松坂さとうの純愛
愛のためだったら、なんだってできるよ?(2015/11/27)

兄の駆け落ちの「罰」としてレイプ命じられたインドの姉妹 人権団体が支援呼びかけ
上位カーストの女性と駆け落ちした男性の姉妹に対し、長老議会がレイプを命令。人権団体の呼びかけで12万人以上がオンライン署名をしています。(2015/8/30)

昨年末閉館の「鬼怒川秘宝殿」で人形7体盗難発生 情報提供を呼び掛ける
今市警察署では情報提供を呼びかけています。(2015/7/21)

ディズニー/ピクサー映画「インサイド・ヘッド」 本編上映前のドリカムMVに感情を殺される事案が多発しているもよう
映画の宣伝って難しいですね……。(2015/7/19)

redditの新CEO、AMAで新コンテンツポリシー案を説明
redditの新CEOに就任したスティーブ・ハフマン氏がAMA(Ask Me Anything)を開催し、新コンテンツポリシーへの質問を受け付け、閉鎖あるいはログインしないと閲覧できなくするsubredditの判断基準なとについて議論した。(2015/7/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
コンビニ元オーナーが犯罪――便利に潜む個人情報の危険性
便利なサービスには個人情報が必要なことも多く、利用に細心の注意をしても被害の可能性は避けられない。いったいどうしたらその危険性を減らすことだができるのだろうか。(2015/6/26)

ニコニコ超会議2015:
pixivのイラスト閲覧数と「タグ」との関係性をまとめた研究が分からないけどめっちゃ分かる
一番効果が高いのは「残念な美人」!(2015/4/25)

Uber、自動運転カー開発でカーネギーメロン大学と提携
配車サービスのUberが、自動運転カーの研究開発を目的とする先進技術研究所の設立を発表した。カーネギーメロン大学との提携で、同大学キャンパス近くに開設する。(2015/2/3)

Uber、ドライバー採用プロセス改善について説明──生体認証システム開発も
ドライバーによる乗客レイプでデリーでの営業を禁止されたUberが、ドライバー採用審査のための生体認証ツールの開発や嘘発見器の採用、24時間対応の安全対策チームの配備などの計画を説明した。(2014/12/18)

Uber、乗客レイプ事件でデリーから締め出し
Uberがデリーで採用したドライバーによる乗客レイプ事件で、政府当局がUberのデリーでの営業を禁止した。当局はUberがドライバー採用に際して義務付けられている経歴チェックを怠ったとしているが、Uberは明確な義務付けはされていないと主張しつつ、今後プロセス改善で政府に協力するとしている。(2014/12/9)

Uberのインドのドライバーが乗客レイプで逮捕
インド警察がUberのドライバーを乗客のレイプ容疑で逮捕したという報道を受け、Uberは運行ルートやドライバーのプロフィールの提供などで警察に全面的に協力していると発表した。(2014/12/8)

「忘れられる権利」対策経過報告:
Google、欧州で検索結果からのURL削除リクエストの4割に対応
Googleが欧州で5月から実施しているユーザーからの検索結果のURL削除リクエスト対応の現状を透明性リポートページで公開した。これまでに約50万件のURLをレビューし、その約4割を削除した。(2014/10/11)

窪田順生の時事日想:
それでも私たちは『朝日新聞』を許さなくてはいけない
『朝日新聞』が相次ぐ誤報で揺れている。ネット上では大騒ぎになり、安倍政権では「(朝日新聞を)国会招致すべきだ」という批判も出始めた。しかし、筆者の窪田氏は「非寛容な対応」を続けると、新たな問題が生まれるという。それは……。(2014/9/16)

伊吹太歩の時事日想:
女性器の3Dデータを配って逮捕、“ろくでなし子騒動”を世界はどう見たか
3Dプリンタで女性器の造形を出力できるデータを頒布したとして、逮捕された漫画家「ろくでなし子」。この一連のニュースは海外メディアも大きく取り上げている。読者のコメントを見てみると、日本について“誤解”している人がいかに多いかが分かる。(2014/7/24)

伊吹太歩の時事日想:
少女300人を誘拐したボコ・ハラムが恐れる「死の呪い」
ナイジェリアでテロ行為を繰り返す組織「ボコ・ハラム」。300人以上の少女を誘拐し、約1万2000人を殺害してきた彼らだが、ここ数日で事件解決に向かうかもしれない、ある“異変”が起きているという。(2014/7/3)

Google、「アルゴリズム改善に常に注力」 「ロリ」問題でコメント
「アルゴリズムの改善に注力している」――Googleで「ロリ」を含むワードの検索結果が激減していた問題に関連し、Google日本法人が児童ポルノ対策についてコメントした。(2014/6/23)

Google「ロリ」検索結果に変化 表示数回復、中小サイトもヒット アルゴリズム調整か
Google検索で「ロリ」を含むワードの検索数が激減し、大手サイトしか表示されなかった問題が解消した。Googleがアルゴリズムを調整したようだ。(2014/6/20)

誠 Weekly Access Top10(2014年6月9日〜6月15日):
現役機長に聞いた、パイロットに必要な素質とは?
パイロットになるのはどんな条件が必要なのだろうか。視力がよくなければいけない、背が高くなければいけない――といったことを聞いたことがあるかもしれないが、実は……。(2014/6/20)

なぜGoogleで「ロリ」が検索できなくなったのか SEO専門家の見方
「ロリ」関連ワードをGoogleで検索すると、結果がほとんど表示されなくなった。SEO専門家の辻正浩さんは、「一部の有名サイト以外が徹底的に消された」と話す。その背景は――。(2014/6/13)

伊吹太歩の時事日想:
世界から「児童ポルノ帝国」と呼ばれるニッポン
衆議院で可決した「児童買春・ポルノ禁止法」改正案。日本では大きく報じられていないように見えるが、海外では大きな話題になっている。規制が強化された格好だが、海外メディアの反応は厳しい。その内容とは……?(2014/6/12)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月5日〜5月11日):
「リポビタンD」には“自販機専用”のボトルがある(本当)
先週はIEの脆弱性に対するマイクロソフトの“神対応”に関する記事がトップに。韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故の記事も、引き続き注目を集めています。(2014/5/16)

伊吹太歩の時事日想:
米国では、女性の5人に1人がレイプに遭っているという事実
最近、米国では大学内でレイプ事件がまん延し、政府が対策を迫られるほどの社会問題に発展していることをご存じだろうか。もはや、世界中のどこにいても、レイプの危険性を頭の片隅に置いておくべきなのかもしれない。(2014/5/8)

窪田順生の時事日想:
「アンネの日記」事件と「従軍慰安婦」のビミョーな関係
『アンネの日記』のページを破っていた、として36歳の男が逮捕された。なぜこの男は国際社会から非難されるようなことをしたのか。筆者の窪田氏は「犯人」の男に真意を聞いてみたいという。というのも、過去にもよく似た事件があったからだ。それは……。(2014/3/18)

バレンタインと言ったら!:
今年も「ちゆ12歳」が更新 13年目を迎え「ちゆ12歳13歳」に
今年のトピックは漫画家、九(いちじく)先生について。(2014/2/14)

本屋探訪記:音楽する古本屋「Flying books」は東京渋谷にある
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は渋谷のアートや写真に強い古本屋「Flying Books」を紹介する。(2014/1/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

誠 Weekly Access Top10(2013年11月18日〜11月24日):
ボジョレー・ヌーヴォー、もう飲みました?
今回のランキングはローソンがコンビニコーヒーの提供方法を変えた理由に迫った記事が1位でした。そういえば先週はボジョレー・ヌーヴォーの解禁でしたね。(2013/11/25)

ネットで拡散されるプライバシー、二次被害を懸念する声も 三鷹市女子高生刺殺
折しも米カリフォルニア州では「リベンジポルノ」を禁止する法律が制定され注目を集めています。(2013/10/9)

伊吹太歩の時事日想:
日本人も要注意、集団レイプ判決から見るインドの闇
最近、インドで発生する集団暴行事件のニュースを日本メディアも取り上げるようになった。事件の背景を追ってみると、根強く残る女性差別が浮き彫りになる。(2013/9/19)

Twitter、攻撃的ツイート禁止のルール改訂 Twitter.comへの「報告ボタン」設置も約束
逮捕者まで出た英国での女性活動家らへのツイート攻撃問題を受け、Twitterが「Twitterルール」で攻撃的ツイート禁止を明文化した。また、iOSアプリの最新版に追加したツイート内「報告ボタン」をTwitter.comとAndroidアプリにも来月追加する。(2013/8/5)

伊吹太歩の世界の歩き方:
橋下市長どころではない!? カナダにもいた「暴走」市長
「東洋人は……」と暴言を吐くトロント市長が、橋下騒動と同じ時期に窮地に。ネタ元から2000万円でビデオ提供をほのめかされたニュースメディアがとった金策手段とは?(2013/6/6)

ヤフオク、アダルト関連出品ルールを改定 「JC」など18歳未満連想させるものは禁止
ヤフオクがアダルト関連商品の出品ルールを改定。「幼女」「JC」など18歳未満の性的な姿態を連想させるものはや漫画・フィギュアなどを含め出品禁止に。(2013/5/23)

窪田順生の時事日想:
“ケンカ上手”橋下市長の「慰安婦制度は必要」発言はわざとなのか?
「慰安婦制度は必要だった」と発言した橋下市長が全方向からボコボコに叩かれている。なぜ市長はこのような発言をしたのか。狙いは違うところにあるのかもしれない。(2013/5/21)

窪田順生の時事日想:
女性をさらって「監禁」する男たちに、共通する「病」とは?
オハイオ州の民家で、3人の女性が10年間も監禁されていたというニュースが飛び込んできた。日本でも2000年に、新潟県の加害者宅で、小学4年生の少女を9年2カ月間も監禁していた誘拐事件があった。女性をさらって「監禁」する男性たちに、どんな共通点があるのか。(2013/5/14)

大津いじめ事件の関係者として写真を載せられた女性がデヴィ夫人に怒り心頭 ネットでも呆れる声続出
デヴィ夫人が、無関係の女性を大津市いじめ事件の加害者の母親としてブログに掲載した件で、訴訟の第1回口頭弁論が行われた。(2012/11/2)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
世界も、自分も、変えるシゴト? 青年海外協力隊を考える
国際協力機構が実施する海外ボランティア派遣制度の青年海外協力隊。世界旅行中に多くの青年海外協力隊員たちと語り合った太田さんは、「世界も、自分も、変えるシゴト。」というキャッチコピーに少し違和感を覚えるそうです。(2012/10/16)

窪田順生の時事日想:
なぜアメリカは「原爆投下は正しい」と言い張るのか
広島は昨日、原爆投下から67年の「原爆の日」を迎えた。一瞬で14万人もの尊い命を奪ったわけだが、なぜアメリカは「原爆投下は正しい」といい続けるのだろうか。その背景にある、アメリカの“論理”に迫ってみた。(2012/8/7)

今週末見るべき映画『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年度アカデミー賞5部門ノミネート。少女失踪の真相と連続殺人事件との関わり、富豪一族のおぞましい過去を解き明かしていく、ミステリー作品。(2012/2/16)

ニッポンの紛争地帯をゆく:
「従軍慰安婦」抗議からみえる、日本で起きるデモの未来(前編)
抗議デモを「参加者目線」でレポートしていく本連載。4回目は「従軍慰安婦」問題へ抗議する人々に密着する。テレビでは「右翼団体ら」と報じられた彼らの姿から、「日本の抗議デモ」の未来がみえてきた。(2012/1/18)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
ソーシャルビジネスからエヴァの缶詰まで、広がる“おいしい”保存食の活躍(後編)
東日本大震災後、利益度外視で被災者にパンの缶詰を届けたパン・アキモト。保存食として救缶鳥プロジェクトというソーシャルビジネスに役立てられているほか、企業のプライベートブランドにも利用されている。保存食でありながらしっとりした食感でおいしいパンの缶詰はどのようにして生まれたのか。開発秘話を秋元義彦社長に尋ねた。(2011/7/22)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
旅行の新スタイル、経験者が語る「カウチサーフィン」の魅力と注意点
旅行者が旅先の現地人の家に無料で泊めてもらえるWebサービス「カウチサーフィン」。まだ日本ではそれほど広まっていないが、欧米を中心に世界で200万人以上のユーザーが利用している。どんなサービスなのか、経験者の立場からご紹介しよう。(2011/4/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。