ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Share」最新記事一覧

ファイル共有ソフトユーザーを一斉取り締まり 3日間で40人摘発
警察がファイル共有ソフトユーザーの一斉集中取り締まりを行い、40人を摘発した。(2015/2/23)

半径300メートルのIT:
情報が無料で手に入ると思う若者は「Winny」を怖いと思っている!?
「Winny」「Share」「Perfect Dark」など、P2Pファイル共有ソフトと呼ばれるアプリケーションをご存じでしょうか。セキュリティ会社のまとめによれば、主に使っているのは30〜40代のようです。(2014/1/27)

WinnyなどのP2Pソフト利用者、推計15〜20万人 検挙者の8割が30〜40代
ネットエージェントによるP2Pファイル共有ソフトの利用状況調査によると、ユーザー数は15万〜20万人。著作権侵害などによる逮捕・検挙者の約8割を30〜40代が占めている。(2014/1/16)

福岡県警、アニメなど違法アップロードの男性を送致 自首で発覚
「ファイル共有ソフトの摘発が多く行われており怖くなって自首した」と送致された男性は供述している。(2013/4/15)

漫画家がShareの違法アップロードで逮捕
ソフ倫によると、Shareでゲームやアニメを違法アップロードしていた疑いで漫画家が逮捕された。(2013/3/1)

P2P悪用の著作権侵害、全国一斉摘発 27人逮捕
全国47都道府県警がP2Pファイル共有ソフトを悪用した著作権法違反の一斉摘発を行い、27人を逮捕した。(2013/2/25)

P2Pファイル共有ソフトユーザーが大幅減少 Winnyノードは約2万台に
ACCSの今年1月の調査によると、P2Pファイル共有ソフトユーザーが大きく減少している。(2013/2/25)

JASRAC、「Share」「Limewire」悪用の違法アップロードユーザーを告訴
ShareとLimewireで音楽ファイルを違法アップロードしていたとして、JASRACは男性2人を告訴した。(2012/1/25)

総務省、違法コンテンツに見せかけたファイルをP2Pに放流 注意喚起の実証実験
総務省がコンテンツ不正流通の抑止に向け、テレビ番組などのコンテンツに見せかけたファイルをP2Pネットワークに流す実証実験を行う。(2012/1/23)

Shareで違法ファイル公開のユーザーを特定、削除要請メール送信 権利者・ISP参加団体
「Share」で著作権を侵害したファイルを公開しているユーザーを特定し、ファイルの削除を求めるメールを送信する活動を権利者・ISPが参加する団体が始めた。(2011/12/13)

Shareユーザーら全国一斉摘発 30人逮捕
P2Pファイル共有ソフトなどを悪用した違法アップロードの全国一斉取り締まりが行われ、30人が逮捕された。(2011/12/1)

「みんなに知って欲しくて」と「そらおと」などアップした49歳の男逮捕
Shareを悪用して「そらのおとしもの」など漫画作品を無断アップロードした疑いで男が逮捕された。(2011/11/10)

Shareによる違法アップロードで6人相次ぎ逮捕 福岡県警
Shareを悪用して漫画やゲームソフトなどを違法アップロードした疑いで、福岡県警が男6人を相次いで逮捕した。(2011/10/18)

「禁書目録」アニメをShareでアップロード、男逮捕 成人向けアニメ2.7Tバイト分放流
Shareを通じてアニメ作品をアップロードしていた疑いで男が逮捕された。男は成人向けアニメを中心に2万ファイル以上をアップロードしていたという。(2011/8/25)

ShareでDSソフトをアップした男逮捕 1.6Tバイト分アップロード
ShareでDSソフトを違法アップロードしたとして著作権法違反容疑で逮捕された男は、動画などを含め約1.6Tバイト分のファイルをアップロードしており、児童ポルノ禁止法違反容疑でも逮捕された。(2011/8/18)

「暴露ウイルス」の検出、今なお多く――トレンドマイクロのレポート
トレンドマイクロの月例セキュリティレポートによれば、ファイル共有ソフトのネットワークなどで感染を広げる「暴露ウイルス」の検出が今なお目立つ。(2011/8/4)

アニメなど2Tバイト分をShareにアップロードしていた男逮捕
アニメ動画など2Tバイト分に上る多数のファイルをShareにアップロードしていた男が逮捕された。(2011/8/2)

ウイルス保管容疑で男逮捕 改正刑法で初摘発
改正刑法で初の摘発。Shareユーザーに感染させる目的でウイルスを保管していた男がウイルス保管容疑で逮捕された。(2011/7/21)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
「STOP THE Winny!」 まだまだ続くWinnyやShareの情報漏えい
WinnyやShareなどによる情報漏えいは、一時に比べてメディアで騒がれなくなったものの、いまだに事件が絶えない。P2Pの違法利用によってどのような“つらい”目に遭うのか――その怖さを紹介したい。(2011/7/9)

「当然のことをした」 Shareで「ナージャ」アップロードした男逮捕
Shareを使ってアニメ作品を権利者に無断でアップロードしていた会社員の男を高知県警が逮捕。男は「ファイル共有ソフトを使うものとして当然のことをした」と供述。(2011/6/6)

Shareでアニメ「バクマン」を無断アップロード 男を送検
Shareを使ってテレビアニメ「バクマン」を無断アップロードしたとして、著作権法違反の疑いで、会社員の男(32)が逮捕、送検された。(2011/6/2)

「有名になりたかった」 Shareで「∀ガンダム」など300作品アップロードの男送検
Shareを使ってアニメや漫画約2万8000ファイルをアップロードしていた男(25)が兵庫県警に逮捕、送検された。(2011/4/21)

23都道府県警がP2P違法アップロードを一斉摘発
「Share」によるコンテンツ違法アップロードを23都道府県警が一斉に摘発。14日午後2時までに前回を上回る18人が逮捕された。(2011/1/14)

会社を強くする経営者のためのセキュリティ講座:
第8回 Winnyによる情報漏えいのその後――経営者が考えるべき対策
年末年始の休暇はWinnyなどP2Pソフトによる情報漏えいのリスクが高まります。今回は年末年始における注意喚起として、経営者が考えるべき「P2P対策」を解説します。(2010/12/21)

Share上の児童ポルノコレクターは「2万人以上」 ネットエージェント調査
ネットエージェントによると、「Share」で児童ポルノを収集しているとみられるユーザーは2万人以上いるという。(2010/10/22)

「タコイカウイルス」作者を逮捕 警視庁、器物損壊容疑を初適用
Winnyで拡大した「タコイカウイルス」の作者を警視庁が器物損壊容疑を適用して逮捕。「CLANNAD」画像が入った「原田ウイルス」の作者として有罪判決を受けた男だった。(2010/8/4)

P2Pでの重要情報の流出状況、ネットエージェントが公表
ネットエージェントは、WinnyやShareが原因で発生する情報の流出状況を公開した。(2010/4/9)

暴露ウイルスで金銭を要求する攻撃を確認
ネットエージェントは、ファイル共有ソフト経由で暴露ウイルスに感染させる攻撃について報告した。ユーザー情報を盗み出し、ユーザーに金銭を要求するという。(2010/4/1)

P2Pに流出したファイルの拡散を抑止する技術、NECが開発
NECは、Winnyなどのファイル共有ソフトネットワークに流出してしまったファイルを特定して、拡散を抑止する技術を開発した。(2010/3/2)

違法ファイル公開のWinnyユーザー、権利者とISPが協力して特定・警告へ
Winnyネットワーク上に著作権侵害ファイルをアップロードしたユーザーを特定し、警告メールを送る取り組みを、権利者団体とISP団体が一体となって3月1日から始める。(2010/2/22)

Shareなど調査 警察庁、P2P観測システム運用
警察庁は、ShareなどP2Pファイル交換ソフトのネットワークを観測するシステムを導入し、1月1日から正式に運用を始めた。(2010/2/4)

Shareで入手したアニメを無断上映 ネットカフェを家宅捜索
P2Pで入手した「ガンダム」などのアニメを客にPCで見せていたとして、千葉県のネットカフェを警察が家宅捜索。(2010/1/26)

ダウンロード違法化、Winnyノード数に影響なし Shareは減少
改正著作権法による「ダウンロード違法化」もWinnyノード数に影響がないようだ。一方、Shareノードは減っている。(2010/1/15)

「違法DLでネット切断、国内でも可能か議論したい」――JASRAC菅原常務
著作権関連6団体がP2Pファイル交換ソフトを使った著作権侵害撲滅に向けた取り組みを強化。「スリーストライク法の導入が可能か国内でも可能かどうか検討したい」――JASRACの菅原瑞夫常務理事は話す。(2009/12/16)

Shareノード数、一斉摘発後に大幅減少
Shareによる著作権侵害の一斉摘発以降、ノード数が大幅に減少。08年8月以来の数に減ったという。(2009/12/4)

個人情報をさらすマルウェア、Shareを通じて日本で流通
ポルノゲームに見せかけたこのマルウェアは、ユーザーに個人情報を入力させ、その情報をWebサイトで公表してしまうという。(2009/11/30)

Opera Unite付き 「Opera 10.10」β版公開
Opera Softwareは、Webブラウザ「Opera 10.10」β版を公開。P2P通信技術を使い、さまざまなサービスを共有できる「Opera Unite」β版を追加した。(2009/10/14)

DSソフトを「人に分けてあげたかった」 Shareで公開の男逮捕
Shareを使ってドラクエIXなどのDSソフトを不特定多数に送信できる状態にしたとして、男2人が逮捕された。(2009/10/1)

P2P「Perfect Dark」ユーザーが増加傾向に
ネットエージェントがまとめたお盆期間中のP2Pファイル共有ソフト利用状況によると、GW中と比べWinnyとPerfect Darkのノード数が増加していた。(2009/8/21)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:
Winnyで情報漏えい、ネットに流出したらもう手遅れ?
Winnyなどのファイル共有ソフトのネットワークに重要情報が流出した場合に、企業が優先すべき行動や、流出した情報を不用意に拡散させないための方法とは何だろうか。(2009/8/18)

「この学生はWinnyを使っていません」――「検査証」発行ソフト、ネットエージェントが発売
WinnyなどP2Pファイル交換ソフトの使用履歴を検査し、使用していない場合には「検査証」を発行するソフトを、ネットエージェントが発売した。(2009/6/2)

匿名性の高いP2Pファイル交換ソフト「Perfect Dark」人気
匿名性の高いP2Pファイル交換ソフト「Perfect Dark」が人気を高めているようだ。ネットエージェントの調査によると、国内で1日当たりの平均3万5000人が利用している。(2009/5/14)

WinnyやShareのデータも:
第三のP2Pソフトに注意、情報の不正流通につながる恐れ
ネットエージェントは、P2Pソフト「Perfect Dark」を利用した不正なデータ流通が増える恐れがあると警告している。(2009/5/14)

キーワードで学ぶセキュリティの基礎:
Winnyって情報漏えいを起こすソフトじゃないんですか!?
「Winnyによる情報漏えいとか心配です」「Winnyって何か分かってる?」「情報漏えいを起こすソフトってくらいしか……」(2009/4/23)

Winny被害、収まる気配なし
一体なぜ? Winny/Share経由の情報漏えいが絶えない訳
なぜP2Pソフト経由の情報漏えいはいまだ減らないのか? 何度も繰り返されるこの疑問に、果たして答えはあるのか。流出する原因を根本から見直し、今、できる対策を考える。(2009/1/29)

IPA職員に停職3カ月の懲戒処分 「Winny」「Share」情報流出で
IPAは、私物PCでファイル交換ソフトを使用して情報流出させた職員を、停職3カ月の懲戒処分にした。(2009/1/19)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:
Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇
ファイル交換ソフトを使った情報漏えい事件が後を絶たない。公私を問わず不用意に使用することが会社や組織だけでなく、家族や本人の人生にさえも暗い影を落としてしまうことがある。(2009/1/13)

NEWS
年末年始のWinnyノード数、前年比で2割減――ネットエージェント調べ
ネットエージェントの調査によると、2008年から2009年にかけての年末年始に観測されたWinnyのノード数は1年前に比較して約20%減少。2007年から漸減傾向にあるという。(2009/1/8)

国内最多は変わらず:
年末年始のWinny利用はやや減少、Shareは増加
ネットエージェントが調査した年末年始のファイル共有ソフトの利用動向で、Winnyはやや減少したが、Shareの利用は増加した。(2009/1/7)

年末年始のWinnyノード数は2割減、Shareは1割増 ネットエージェント調査
ネットエージェントによると、年末年始のWinnyのノード数は前年と比べて20%減ったが、Shareは10%増加していた。(2009/1/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。