ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シンガポール」最新記事一覧

医療機器ニュース:
シンガポールから陽子線がん治療システムを受注
日立製作所は、シンガポール国立がんセンターから陽子線がん治療システムを受注し、10年間のシステム運転・保守契約を締結したと発表した。同社の「PROBEAT」は、東南アジア初の陽子線がん治療システムとして同センター内の施設に設置される。(2016/9/5)

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 愛情が伝わってくると話題に
わんちゃんは最後の1年をシェルターでかわいがられていました。(2016/8/28)

Uberより一足先に:
世界初の自動運転タクシー公開実験、米新興企業がシンガポールで開始
MITのロボット工学の教授が立ち上げた自動運転技術企業nuTonomyが、Uberより一足先に、世界初の“ロボタクシー”の公開実験をシンガポールの市街地で開始した。2018年にはシンガポールでサービスを開始する計画だ。(2016/8/26)

セキュリティ・アディッショナルタイム(11):
「失敗を認めなくては前に進めない」――セキュリティ対策に求められる3つの「R」とは
2016年7月20日から22日にかけてシンガポールで開催された「RSA Conference Asia Pacific & Japan 2016」の模様を紹介する。(2016/8/17)

太陽光:
屋根借りメガソーラーで国内最大級、物流倉庫で860世帯分を発電
オリックスは物流倉庫や工場などの屋根を借り受けて太陽光発電を行う「屋根借り式」の太陽光発電事業を進めている。伊藤忠商事とシンガポールのMapletree Investments社が開発した物流施設「アイミッションズパーク堺」の屋根を活用した太陽光発電事業を開始した。(2016/8/3)

世界電子政府進捗度ランキング、日本は6位から5位へ
「世界電子政府進捗度ランキング調査2016」の結果では1位はシンガポール、2位は米国、3位はデンマークと昨年同様の顔ぶれだった。(2016/8/2)

RSA Conference Asia Pacific & Japan 2016レポート:
経営層とセキュリティ担当者の「ギャップを埋める」のはビジネス駆動型セキュリティ
RSAがシンガポールでセキュリティ担当者向けのイベントを開催。RSA プレジデントのアミット・ヨラン氏が、「ビジネス駆動型セキュリティ(Business-Driven Security)」という新しい視点を持つことの重要性を説いた。(2016/7/21)

これがカンガルー!? おとぼけ顔がかわいい珍獣「セスジキノボリカンガルー」がシンガポール動物園に登場
ムキムキ感。(2016/7/18)

「Pokemon GOが遊べない国なんか……」 SNSでシンガポールを侮辱したオーストラリア人、解雇される
シンガポール企業に勤めていながら、同国に対し差別的な発言をしていました。(2016/7/11)

海外旅行中はスマホの扱いにご用心 auが破損・紛失・水没が起きやすい国をランク付け
特にイギリス・シンガポール・インドでは慎重に。(2016/7/6)

トライベック・ブランド戦略研究所が発表:
トップはコカ・コーラ、日本企業ではソニーが4位に――世界で好まれるグローバルサイトランキング2016
トライベック・ブランド戦略研究所は、企業のグローバルサイトについて米国、英国、シンガポールの3国を対象にユーザー調査を実施したと発表した。(2016/6/16)

真ちゅうハウジングの限定イヤフォン「DITA Brass」、アユートが発売
アユートは、シンガポールに本拠を置くオーディオブランド「DITA」の密閉型カナル型イヤフォン「DITA Brass」を発表した。管楽器などに使われる真ちゅう(ブラス)をハウジングに採用した150台の限定生産品。(2016/5/27)

グローバル展開を強化:
トランスコスモス、ソーシャルメディア運用支援のソーシャルギアを完全子会社化
トランスコスモスは、グループ会社でシンガポールを拠点にソーシャルメディア運用支援を行うソーシャルギアを完全子会社化したと発表した。(2016/5/20)

村田機械、熟練作業者並みの作業を実現するロボット床面掃除機を海外販売
村田機械が自律移動制御システム「It's Navi」を搭載したロボット床面洗浄機「Buddy」をシンガポールのチャンギ国際空港に納入した。(2016/5/10)

日本人は睡眠不足? 世界100カ国で最下位、米ミシガン大が発表
米ミシガン大学が100カ国の平均睡眠時間を調査。日本とシンガポールが7時間24分と、最も短いことが分かった。(2016/5/9)

技術革新の現場に潜入:
世界初公開! ダイソンの空調製品研究施設を見てきた
ダイソンの空調家電に関する研究開発を行っている、シンガポールのDyson Operations Pte.Ltd,(DOPL)研究施設を訪ねた。この施設の奥にまで報道関係者が立ち入るのは初だ。(2016/4/13)

“Facebookファースト”で考える(後編):
広告運用はFacebookのインサイトを軸に考えればうまく回る
ソーシャルメディアマーケティングの主要ツールをシンガポールから発信する日本人起業家が、Facebook中心の広告運用で“必要十分”な成果を得るための考え方を語る。(2016/3/25)

“Facebookファースト”で考える(前編):
広告プラットフォームとしてのFacebookに賭ける
アジア全域でも数少ないFacebook公式パートナーとして、グローバルに使われるソーシャルメディア運用・解析ツールをシンガポールから展開する起業家が、Facebook中心の広告運用を語る。(2016/3/24)

ゴミを自動圧縮、満杯でメール送信の「スマートゴミ箱」シンガポールで実用化
スマートなゴミ箱「Clean CUBE」。韓国ベンチャー企業の作り出したゴミ箱が街を変えるかもしれない。(2016/3/5)

「スマート国家構想」とは:
シンガポールに見る「ITとバリアフリー」の今 国を挙げての“実験”も
日本と同じ高齢化が深刻なシンガポールで、ITを活用した高齢者や障がい者のサービスが注目を集めている。政府が推し進める「スマート国家構想」とは?(2016/2/5)

森永乳業 シンガポールに新会社設立 東南アジアで販売強化
森永乳業はシンガポールに新会社を設立。(2016/1/21)

宮崎吾朗監督のアニメ「山賊の娘ローニャ」、シンガポールの国際コンクール「ベスト2Dアニメ部門」で最優秀賞を受賞
「第20回アジア・テレビジョン・アワード」での受賞。(2015/12/4)

シンガポールの空港に実物大「Xウイング」出現! コックピットに乗って記念撮影できる
「ストーム・トルーパー」も登場。(2015/11/17)

イベント帰りの混雑、AI活用のレコメンドで緩和へ シンガポールで実証実験
イベント帰りの混雑、IT技術を使って緩和へ――。富士通研究所が、人工知能を使った精度の高いレコメンドで、交通や人の混雑を緩和する実証実験をシンガポールで開始する。(2015/11/10)

工場ニュース:
シンガポールで平膜ユニットの組み立て工場の稼働を開始
明電舎は、シンガポールの現地法人Meiden Singapore内に、セラミック平膜のユニット組み立て工場を建設し、稼働を開始した。同時に、研究開発センターも設立した。(2015/11/6)

リクルート、シンガポール日本人学校中学部で「勉強サプリ」を利用した実証実験を開始
リクルートは、シンガポール日本人学校中学部でオンライン教育サービス「勉強サプリ」を補助教材として利用した「学力向上および学習意欲の向上」に関する実証実験を行う。(2015/10/28)

深刻な渋滞の緩和も狙い:
シンガポール、自動運転技術に積極投資
シンガポールが自動運転技術に力を入れている。東京23区と同程度の国土面積に550万人の人口を抱える同国では、年々渋滞の問題が深刻になっている。そこで政府が目を付けたのが自動運転だ。(2015/10/23)

星5つ! 日清「カップヌードル シンガポール風ラクサ」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「カップヌードル シンガポール風ラクサ」(138円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/5)

ココナッツミルクの甘みとスパイスが効いた濃厚スープ……(よだれ) 日清、エスニックヌードル第2弾「カップヌードル シンガポール風ラクサ」発売
「トムヤムクンヌードル」に続く商品です。(2015/9/17)

キャリアニュース:
ASEANの勤務地希望1位はシンガポール――「ASEAN諸国勤務に関する意識調査」
ASEAN諸国勤務を希望する人への意識調査で、シンガポールが勤務地の希望第1位、タイが第2位に。語学面でのプレッシャーの少なさと土地への順応しやすさを重視しているという調査結果が出た。(2015/9/9)

医療機器ニュース:
国外初の導入、自律搬送ロボットがシンガポールの病院で稼働
パナソニックは、同社が開発した自律搬送ロボット「HOSPI」が、シンガポールのチャンギ総合病院で稼働したと発表した。HOSPIは24時間稼働可能で、セキュリティ機能、自律走行機能などを備え、人手と時間の節約に貢献するという。(2015/8/10)

シンガポールSMRTのC651系車両:
海外の鉄道会社が東芝の高効率モーターを採用へ
東芝は2015年8月、シンガポールの鉄道事業者であるSMRT(エス・エム・アール・ティ)のC651系車両に、同社の永久磁石同期モーター(PMSM)を用いた駆動システムが採用されたと発表した。(2015/8/6)

「威南記海南鶏飯」日本初上陸! シンガポールチキンライスの専門店がオープンするぞおおおお!
シンガポールチキンライスは、シンガポール政府が国賓をもてなすときにも振る舞われる庶民派フード!(2015/7/25)

モバイルの位置情報を活用したキャンペーンを国内アプリで実現:
AdNearのDSPがスケールアウトのSSP「Ad Generation」とRTB接続
シンガポールに本社を置くAdNearは、スケールアウトの媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation」と接続。RTBによる広告取引を開始した。(2015/7/22)

太陽光:
薄さ1.5mmの「曲がる」太陽電池、新市場の創出に期待
ソーラーフロンティアは薄さ1.5ミリメートルの曲がる太陽電池モジュールを開発し、シンガポールのビルに導入した。同社が以前から開発を進めてきたCIS薄膜太陽電池を利用したもので、太陽電池のこれまでにない活用方法を切り開く製品として期待される。(2015/6/29)

国際電子政府進捗度ランキング、日本は5位から6位へ
「第11回早稲田大学世界電子政府ランキング2015」の調査結果でシンガポールが1位に返り咲き、前年1位だった米国はは2位、3位は11位から大躍進のデンマーク。(2015/6/24)

スマートシティ:
グーグルやダッソーがスマートシティに参入、街を丸ごと仮想化する時代に
“街丸ごと”を仮想空間上で再現し、コンピュータの力で最適な分析を行い、制御を行う「スマートシティ」への取り組みが本格化しつつある。米グーグルが新たに新会社設立を発表した他、フランスのダッソーシステムズもシンガポールで共同開発を始めることを発表した。(2015/6/19)

日本投入も計画中:
HPが“USB Type-C”搭載のWindowsモバイルPCを発表――「Pavilion x2」実機リポート
USB Type-Cコネクタ搭載のWindowsモバイルPC「Pavilion x2」がHPから登場。同社がシンガポールで開催したメディア関係者向けイベントにて公開された実機をチェックする。(2015/6/18)

独自のデザイン哲学を製品に反映:
HPが「日本向け堅牢モバイルノート」や「3Dスキャン対応の新提案PC」をシンガポールで披露
HPがシンガポールに構えるグラフィックス事業の研究開発拠点にて、同社のデザイン哲学と、それに基づく最新のPCやプリンタが披露された。現地リポートをお届けする。(2015/6/10)

トランスコスモスとSOCIAL GEARが資本・業務提携:
日本人がシンガポールで作ったFacebook広告運用システム「social gear Ads+」、世界展開を本格化
トランスコスモスは2015年6月9日、シンガポールに本社を置きソーシャルメディア運用支援ツールを提供するSOCIAL GEARと資本・業務提携することで合意したことを発表した。(2015/6/10)

スマホ経由で子育てサポート “乳幼児の睡眠”を可視化するハイテクマット「nana」
シンガポール発のヘルスケア系スタートアップ「mnh labs」が開発する「nana」は、乳幼児の睡眠の状態を可視化してくれるハイテクマットです。(2015/6/2)

情報工場とOokbeeが提携、タイ人ビジネスパーソン向けに日本の書籍をタイ語で紹介
タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、シンガポールなどで電子書籍事業を展開するOokbeeと情報工場が提携。タイで翻訳出版されていない日本の書籍を厳選、1冊当たり数分程度で読める書籍紹介コンテンツをタイ語で用意する。(2015/6/1)

一部限定販売も:
シンガポールの新イヤフォンブランド「DITA」、国内発売は5月22日
アユートは、シンガポールのイヤフォンブランド「DITA」(ディータ)製品の国内販売を5月22日に開始する。予約受け付けは5月15日から。(2015/5/15)

KADOKAWA、海外のマンガを無料で読めるWebサービス「ComicWalker GLOBAL」開始
現在は中国、台湾、シンガポールの作品を掲載。およそ半分は日本語に翻訳されていますよ!(2015/5/11)

ポタフェス in 札幌でお披露目!:
シンガポールの新生イヤフォンブランド「DITA」、アユートが取扱開始――4極2.5ミリのバランス接続仕様も
アユートは、シンガポールに本拠を置くイヤフォンブランド「DITA」(ディータ)の取扱を開始する。AKシリーズで使えるバランス接続対応モデルもラインアップ。(2015/5/8)

アジア3拠点の基幹システム、たった6カ月で同時立ち上げ――サントリーグループ
サントリーグループが、シンガポール、マレーシア、香港の3拠点の基幹システムを6カ月というスピードで同時に立ち上げた。現地の法制度や商習慣にも対応済みだ。(2015/4/24)

無線通信技術:
昆虫が人命救助!? ハナムグリの飛行を無線でコントロール
災害発生時などの人命救助の場において、昆虫をラジコンのように遠隔操作して生存者を捜索する、という時代が来るかもしれない。米国とシンガポールの研究チームが、ハナムグリという昆虫の飛翔筋を無線でコントロールし、飛行を自在に操る技術を開発した。(2015/3/20)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
幼児教育においてぶれない信念を持ち、顧客であるお母さんに気付きをもたらす
日本だけではなく、中国、シンガポール、ベトナム、タイ、バンコクなどアジアを中心に13の国と地域に教室が広がっている。成果が見えにくい幼児教育の分野でここまで広まった背景にはどのような信念、取組みがあったのだろうか。(2015/3/20)

未知のソリューション開発への挑戦:
NECがシンガポールに研究拠点を設立した“3つの理由”
中期経営計画で「社会ソリューション事業への注力」を打ち出しているNEC。しかし、これまで半導体やデバイスを中心に開発をしていた同社は、新しいソリューションの“開発方法”が分からないというカベにぶつかった。このカベを乗り越えるカギが「シンガポール」にあるという。(2015/3/9)

政府も支援に本腰:
インドネシアに“活路”を見出すNEC、3つの理由
インドネシアの現地企業を対象としたプライベートイベントを開催したNEC。アジア太平洋地域の本社を置くシンガポールではなく、インドネシアを開催地に選んだ背景には、同社がインドネシアに寄せる期待の大きさがうかがえる。(2015/2/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。