ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「S-Master」最新記事一覧

16:9ワイドの新Exmor R搭載「HDR-CX700V」「HDR-CX560V」
ハンディカム「HDR-CX700V」「HDR-CX560V」は新開発の16:9ワイドの新Exmor Rを搭載するほか、60p記録にも対応。S-Masterによって高音質の迫力ある本体再生も楽しめる。(2011/1/13)

HDMI×3系統:
ソニー、S-Master搭載の2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」
ソニーは、フルデジタルアンプ「S-Master」やサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載した2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」を発売する。(2010/10/20)

質感アップの高音質ウォークマン「NW-A850シリーズ」
デジタルアンプ「S-Master」などを搭載した高音質ウォークマンAシリーズに「NW-A850シリーズ」が登場。質感あふれるボディでロゼピンクなど3色のカラバリも用意した。(2010/9/15)

ソニー、S-Mater搭載の“最薄”ウォークマン「NW-A840シリーズ」
シリーズ最薄ボディに有機ELディスプレイ、デジタルアンプ「S-Master」とハイスペックなウォークマン「NW-A840シリーズ」が登場。最上位モデルは64Gバイトと大容量のメモリを搭載する。(2009/9/16)

ソニー、S-Master搭載の5.1チャンネルホームシアター「HT-SF360」
ソニーは、ホームシアターシステムの新製品「HT-SF360」を9月19日に発売する。同時発表のBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S360」とデザインを合わせたスリムデザイン。(2009/8/26)

ソニー、デジタルNCで騒音98%低減のカナル型イヤフォン「MDR-NC300D」
ソニーが、「騒音約98.4%カット」をうたうデジタルノイズキャンセリングシステムを備えたカナル型イヤフォン「MDR-NC300D」を発売。デジタルアンプ「S-Master」も内蔵した。(2009/6/2)

「最高峰」ウォークマンを写真と動画で眺める
タッチパネル式有機ELディスプレイやデジタルアンプ「S-Master」などを搭載した“シリーズ最高峰”のウォークマン「X」。まずは写真と動画で眺めてみた。(2009/4/16)

有機ELにS-Master、最高峰のウォークマン「X」 登場
ソニーがウォークマンの新製品「X」シリーズを発表。タッチパネル式有機ELディスプレイに、フルデジタルアンプ「S-Master」、無線LANなどを搭載し、「最高峰」を目指したフラグシップだ。(2009/4/14)

ソニー「TA-DA3200ES」がアナログアンプに立ち返った理由
ここ数年、「S-Master PRO」搭載のAVアンプを毎年発表してきたソニー。しかし今年は、アナログアンプを搭載する「TA-DA3200ES」を10万円を切る価格帯に投入した。その背景と設計思想を開発者たちに聞いた。(2006/12/26)

ソニー、「ESシリーズ」のステレオアンプやSACDプレーヤーなど
ソニーは「ESシリーズ」のアンプをはじめとしたオーディオ製品3機種を発売する。ステレオアンプの「TA-FA1200ES」はS-Master PROを搭載、サラウンド信号を高品位にステレオ再生することも可能。(2006/9/5)

ソニー、自動音場補正機能などを備えたホームシアターシステム
ソニーは5.1chホームシアターシステム「DAV-DZ110」「DAV-LF1H」を発売する。両製品とも自動音場補正機能「D.C.A.C.」を備え、DAV-LF1Hはより高精度な「32ビットS-Master」も搭載する。(2006/8/28)

ソニー、「S-Master PRO」搭載のハイエンド2chアンプなど
ソニーマーケティングは、デジタルアンプ「32bit S-Master PRO」を搭載したハイエンド2chアンプ「TA-DR1a」をはじめとしたデジタルアンプ2製品と薄型スピーカーを使用した5.1chスピーカーユニットを販売する。(2005/9/20)

ソニー、「S-Master PRO」搭載のAVアンプに“弟分”
ソニーは、ホームシアター向けAVアンプの新製品「TA-DA7000」を11月21日に発売する。同社のハイエンドAVアンプ「TA-DA9000ES」の下位モデルという位置づけ。S-Master PRO、9.1ch再生、i.LINK入力といった機能を継承しつつ、価格は大幅に引き下げた。(2004/9/3)

映像/音/操作性を徹底追求――ソニー、新世代ベガ
ソニーが、ハイビジョンテレビ「<ベガ>HVXシリーズ」を発表。新開発の高画質システム“ベガエンジンHD”のほか、フルデジタルアンプ「S-Master」、ストレスフリーの操作性を実現する新GUI「XMB」など、同社独自技術で映像/音/操作性を徹底的に追求している。(2004/8/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。