ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンセント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンセント」に関する情報が集まったページです。

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートリモコン「eRemote Pro」をスマートスピーカーと接続して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はコンセント直結型のスマートリモコン、リンクジャパン「eRemote Pro」の消費電力測定機能と、スマートスピーカーとの連携についての評価をお届けする。(2018/10/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートリモコンの置き場問題を解決? エアコンの隣に設置できる「eRemote Pro」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はコンセント直結型のスマートリモコン、リンクジャパンの「eRemote Pro」の基本的な設定手順と、スマホからの操作方法を紹介する。(2018/10/11)

デスクトップPCが動かせる……! リュックサックの「コンセントのような部分」をコンセントにする工作がロマン
似てるデザインから“ホンモノ”を搭載させるガチっぷり。(2018/10/9)

台湾電動スクーターメーカーの野望(後編):
大容量バッテリーを使わず“電欠”の不安解消、「毎日の充電は不満にならない」
2018年6月にキムコが発表した2台の電動スクーターの新モデル「Many 110 EV」と「Nice 100 EV」は、いずれも「iONEX(アイオネックス)」に対応している。アイオネックスとは、キムコが普及を目指している小型モビリティ用の電力供給ソリューションの名称だ。キムコ 会長のアレン・コウ氏は「車両の概念に、スマートフォンのアプリや急速充電ステーション、公衆コンセントのネットワークなどといったものを含めたもの」と表現している。(2018/9/26)

Amazonのスマートコンセント「Amazon Smart Plug」はスマートホームハブ機能搭載で25ドル
「Amazon Smart Plug」は、「Echo Plus」にも搭載されているスマートホームハブ機能を持つスマートコンセント。米国での販売価格は24.99ドルだ。(2018/9/21)

要注意? ノートPCのコンセントへのつなぎ方
(2018/9/7)

雷ゴロゴロしたら「PCを切り、プラグを抜く」 メーカーが注意喚起
8月13日、関東地方の各地で雷雲が発生。PCメーカーなどは、PCの電源を切り、プラグをコンセントから抜くよう注意を呼び掛けている。(2018/8/13)

ACプラグ内蔵のモバイルバッテリー サンワサプライから
サンワサプライは、8月7日にUSB AC充電器が一つになった2in1モバイルバッテリーを発売。コンセントからUSB機器を充電できる「USB-AC充電器」と、5200mAhの「モバイルバッテリー」としての機能を両方兼ね備えたモデルで、USBポートからの充電が終われば自動的に本体も蓄電する「追っかけ充電機能」を搭載している。(2018/8/8)

コンセント直挿しで単体充電もできる充電器機能内蔵のUSBモバイルバッテリー
サンワサプライは、充電器一体型設計のUSBモバイルバッテリー「700-BTL028BK」の取り扱いを開始した。(2018/7/27)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon EchoやGoogle Homeの置き場所にぴったり? コンセントに装着できるスタンドを試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon EchoやGoogle Homeの設置にぴったりの、コンセントに取り付けられる簡易スタンドを紹介する。(2018/3/17)

サンワ、ケーブル長10mの電源タップ4製品
サンワサプライは、同社製電源タップ製品のラインアップにケーブル長10mのロングモデル4製品を追加した。(2018/2/22)

USBハブ+ACコンセントも手元で使える液晶ディスプレイ台
サンワサプライは、USBハブを搭載する液晶ディスプレイ台「100-MR137」など2製品を発売する。(2018/2/2)

コンセントの穴、左右で大きさが違うって知ってた?
よーく見ると、違うんですよ。(2018/1/29)

リンクス、ACコンセントも使える2万7000mAhの大容量モバイルバッテリー
リンクスインターナショナルは、容量2万7000mAhのモバイルバッテリー「enerpad AC-27K」を発売する。(2018/1/23)

ケーブル収納箱としても使える一台二役のフットレスト
サンワサプライは、電源タップや余剰ケーブルなどの収納機能を備えたフットレスト「100-FR007」を発売した。(2018/1/22)

近鉄、名阪特急に新型車両 2020年春に運行開始
無料Wi-Fiに全席コンセント。(2018/1/14)

これは遊べそう 折りたためる電動バイク「BLAZE SMART EV」が登場、小型軽量でお値段12万8000円から
家庭用コンセントで充電、最大30キロ走れる。(2017/11/6)

リフォーム中にミステリアスな隠し部屋を発見 中には生活の痕跡が……
中には男性用の簡易トイレやコンセントが完備。「犯罪者の隠れ家」説のほか、「ゲーム部屋」説も。(2017/10/15)

ケーブルや充電器をまとめて格納したまま使える収納ボックス
ドスパラは、電源タップや充電器などをホコリから守れる収納ボックス「DN-914822」の取り扱いを開始した。(2017/5/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店の売り場ごとに「電源タップ」が違っていたら要注意?
電源タップのように、量販店の複数の売り場で販売される製品は、その売り場によって異なるメーカーの製品を取り扱っていることが多い。最も優秀なメーカーの製品を全店統一で扱った方が効率的に思えるが、なぜそうしないのだろうか。(2017/5/18)

コンセントの数や向きをカスタマイズ可能 ニッコリ笑う電源タップ「SMILE Tap」がクラウドファンディング中
スイッチの位置を調整することで、一部のコンセントのみスイッチオフでも電源を供給し続けることができます。(2017/5/17)

ニチコン パワー・ムーバー:
自動車を電源に、トランクに収納可能な外部充電器
ニチコンはEV・FCV・PHVに搭載されている大容量の電池から電気を取り出し、交流100Vに変換する可搬型V2L(Vehicle to Load)システムを開発した。最大1.5kWのコンセント3口に対応。2017年8月からEVパワーステーション「パワー・ムーバー」として発売を開始する。(2017/5/12)

電気自動車:
自動車を電源に、トランクに収納可能な外部充電器
ニチコンはEV・FCV・PHVに搭載されている大容量の電池から電気を取り出し、交流100Vに変換する可搬型V2L(Vehicle to Load)システムを開発した。最大1.5kWのコンセント3口に対応。2017年8月からEVパワーステーション「パワー・ムーバー」として発売を開始するという。(2017/5/2)

真っ黒に焦げたプラグ つなぎっぱなしコンセントのトラッキング現象にご注意
この機会にコンセントをチェック!(2017/3/19)

Wi-SUN対応品を発表:
積み木のように機能を拡張する、IoTゲートウェイ
台湾スタートアップのNextDriveは、IoTゲートウェイのWi-SUN対応モデルの販売を2017年4月から開始する。本体をコンセントに差し込むだけで設置が可能で、スマートフォンから誰でも容易に扱うことが可能という。積み木のように機能を拡張できる点が特長だ。(2017/3/6)

Dell EMC Cloud Executive Summit 2017レポート:
PR:「コンセントをつなぐ」ように実現できる“極めて簡単”なIoTプラットフォームを提供する──IIJの染谷氏
ネットワーク、デバイス、クラウドの分野で長くサービスを提供してきたインターネットイニシアティブ(IIJ)。IoTの取り組みでもそうした実績を大きな武器に、第一線の存在感を放っている。国内企業がIoTに取り組む際の課題を“極めて簡単”なIoTプラットフォームを提供することで支援してくという。(2017/3/6)

TP-LINK、ac接続対応のコンセント直挿し型無線LAN中継器「RE450」
ティーピーリンクジャパンは、IEEE802.11ac接続にも対応した無線LAN中継器「RE450」の販売を開始した。(2016/11/15)

サンコーから極薄軽量トレース台発売 薄型計量、USB給電でどこでも作業できる
USB給電なのでモバイルバッテリーやコンセントからの直接給電など使い道もいろいろ。(2016/11/9)

電力供給サービス:
家電の使用状況から節電方法を提案、火災を防ぐコンセント清掃も提供
イオングループの家事支援サービス事業を手がけるカジタクと東京電力パワーグリッドは、電気代の節約診断やコンセント清掃付きのハウスクリーニングサービスを提供すると発表した。(2016/10/17)

京急電鉄、ボックス席にコンセント導入「新1000形」 11月から運行
京急電鉄が、コンセント付きのボックスシートを備える車両を11月に導入。(2016/10/11)

「記憶なくて最悪の気分になった」 目覚めたらコンセントが奇妙なことになっていた写真
怪奇! ○○に刺さるコンセントプラグ。(2016/9/22)

電力供給サービス:
都内に新型コンセント現る、東京電力・ソニー・関電工が新サービス創出へ
東京電力、ソニービジネスソリューション、関電工の3社が、東京都内で新サービスの創出に向けた実証実験を開始した。認証機能付きのコンセント端末をコンビニや飲食店など都内の36カ所に設置し、来店客はこの端末を専用プリペイドカードやクレジットカードで決済すると有償で利用できるというサービスだ。マーケティングやクーポンサービスなどとの連携を視野に、新しい「公共電源」として3社で事業化を模索する。(2016/8/23)

スマホやPCを20分100円で充電できる“公衆コンセント”――「espot」実証実験が始まる
もうスマホのバッテリー切れに悩まない。(2016/8/22)

JR東海が新たな新幹線「N700S」を2020年に投入 新駆動システムで消費電力7%減、全座席にコンセントも
先頭形状は「N700」を踏襲しながら“翼を広げたような形”に。(2016/6/24)

DXアンテナ、スマホやタブレットで地デジを楽しめる「DXメディアコンセント」発売
DXアンテナは、Android/iOS対応の無線LANトランスミッター「DXメディアコンセント」(DMC10F1)を発表した。LAN環境においてスマートフォンなどで地デジを視聴できる。(2016/3/30)

京王電鉄が座席指定列車を導入へ 電源コンセントも搭載
座って帰りたいというニーズに応えた。(2016/3/16)

スマートエネルギーWeek 2016:
空気で発電「亜鉛電池」、家電が直接つながる
あらかじめ充電しておかなくとも非常時に利用できる電池が注目を集めている。先行するのはマグネシウム空気電池。これに対抗する「空気亜鉛電池」が2016年5月にも登場する。水を使わずに発電し、家電用のコンセントを外付けで備えた。(2016/3/11)

バッファロー、可動式アンテナを備えたコンセント直挿し対応の無線LAN中継器
バッファローは、IEEE802.11ac接続対応となる無線LAN中継器「WEX-1166DHP」の販売を開始する。(2016/3/9)

エレコム、コンセントに直挿しできる11ac対応無線LAN中継器
エレコムは、IEEE802.11ac接続に対応した無線LAN中継器「WTC-733HWH2」を発表した。(2016/3/1)

ネットギア、アクセスポイントとしても使える11ac対応無線LAN中継器「EX6120」
ネットギアジャパンは、コンセント直指し型筐体を採用したIEEE802.11ac対応の無線LAN中継器「EX6120」を発表した。(2016/2/18)

コンセントからあのキャラのおしり! スマホ充電器「おしりシリーズ」
(2016/2/9)

360度回転する折りたたみプラグを採用――オウルテックのACアダプター新製品
オウルテックは、360度回転する折りたたみプラグを採用したACアダプター「OWL-ACU2A1F24」シリーズを発売。合計出力が2.4AのUSBポートを2つ備る。スリムな設計のため、隣のコンセントを邪魔せず利用できる。(2016/2/5)

カービィがわさわさしてる! 電灯スイッチやコンセントに使えるカスタムパネルが登場、暗くなってもほんのり明るい蓄光仕様
暗いところでもカービィがイッチやコンセントの場所を教えてくれます。(2015/11/26)

コンセント、ドアノブ、壁の染み――日常に潜む“顔写真”の投稿サイト「シミュラクラ」
コンセントの差し込み口など「顔に見える写真」を投稿・共有できるサービス「シミュラクラ」が10月19日にスタートした。(2015/10/21)

バッファロー、ハイパワー設計のコンセント直挿し11ac無線LAN中継器
バッファローは、ACコンセントに直接挿して使えるIEEE802.11ac対応の無線LAN中継器「WEX-733DHP」など2製品を発表した。(2015/9/2)

電源タップ+USBポート+モバイルバッテリーの3つが1つになった「世界巡業」発売
フォースメディアは、電源タップ、USBポート、モバイルバッテリーの3つの機能を1台に詰め込んだ「世界巡業」を9月上旬に発売する。(2015/8/24)

今後は欧州・米国など海外で展開予定:
Cerevoのスマホで操作できる電源タップ「OTTO」が国内販売自粛――経産省「電気用品安全法違反の可能性」
Cerevoは、スマホで制御できる電源タップ「OTTO」(2015年4月発売)の国内販売を自粛する。経産省から電気用品安全法違反の可能性を指摘を受けたため。(2015/8/13)

スマホで操作する電源タップ「OTTO」国内販売自粛 経産省が法令違反の“可能性”指摘 「誠に遺憾」
スマホから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛するとCerevoが発表した。経産省から電気用品安全法に抵触する可能性を指摘されたという。(2015/8/12)

OTTO:
「誠に遺憾」Cerevoが「OTTO」国内販売自粛、違法の可能性受け
Cerevoは同社が製造、販売を行っていた電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛すると発表した。経済産業省から「違法の可能性がある」と指摘されたため。(2015/8/12)

蓄電・発電機器:
災害時に持ち運べる太陽光発電システム、12万8000円で100Vの電力を供給
太陽光パネルから送配電ネットワークを使わずに電力を供給するオフグリッド型のシステムが増えてきた。1枚の太陽光パネルをDC/ACインバータに接続するだけで、コンセントから電気製品に100Vの電力を供給できる。太陽光で発電できない場合には通常の電力系統に切り替えることも可能だ。(2015/8/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。