ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソースコード」最新記事一覧

SCSKとベリサーブが提供する、ソースコード診断サービスの狙い:
PR:「ものづくり」においてもソフトウェアが重要な今、ソースコードに「品質」プラス「セキュリティ」で企業の価値向上に
10年以上にわたって脆弱性診断サービスを提供してきたSCSKと、そのグループ会社で、製造業を中心にソースコードの品質検査サービスを実施してきたベリサーブ。両社はFortify SCAといった診断ツールを活用してソースコードの脆弱性検査サービスを提供し、ソフトウェアがもたらす価値をさらに高めようとしている。(2017/8/17)

半径300メートルのIT:
企業の宝、「ソースコード」が盗まれたらどう謝るべきか
Panicの事例が多くのことを教えてくれました。(2017/6/6)

サイト盗用、ソースコードごとコピペ 「堀江貴文プロデュース」アイドルプロジェクト中止
「堀江貴文プロデュース」をうたうアイドルプロジェクトの公式サイトに、他サイトからの盗用があり、プロジェクトが中止に。(2017/5/31)

ソースコードまで酷似 「堀江貴文プロデュース」アイドルサイトに盗用多数 運営者が謝罪
「堀江貴文プロデュース」をうたうアイドルプロジェクトの公式サイトに、他サイトからの盗用が多数あると指摘。サイトは削除された。(2017/5/22)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年4月版】:
安心・安全なIoTデバイス開発のヒントをマルウェア「Mirai」から学ぶ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、史上最大規模のDDoS攻撃を引き起こしたとされるマルウェア「Mirai」の手口とその対策を解説した記事が堂々の第1位に! MiraiのソースコードからセキュアなIoTデバイスを開発するためのヒントが見えてきます。(2017/5/16)

オープンソースに不可欠なもの
Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」
Red HatのホワイトハーストCEOが、一部の組織が行っているオープンソースは「有名無実」だと主張。ソースコードを公開してライセンスを定めただけでは足りないと言う。何が足りないのか?(2017/5/11)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(40):
秘伝のソースは門外不出。お客さまには差し上げません
システムの開発を発注した会社が廃業することになった。今後のメンテナンスのためにソースコードの引き渡しを求めたが、契約書で約束していないからと断られた。よし、訴えてやる!(2017/4/24)

main()関数の前には何があるのか(終):
プログラムの実行はどのようにして行われるのか、Linuxカーネルのコードから探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。最終回は、Linuxカーネルの中では、プログラムの起動時にはどのような処理が行われているのかを探る。(2017/7/20)

main()関数の前には何があるのか(9):
エンジニアならC言語プログラムの終わりに呼び出されるexit()の中身分かってますよね?
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、プログラムの終わりに呼び出されるexit()の中身を探る。(2017/7/13)

main()関数の前には何があるのか(8):
あなたが知らないプログラムの真の始まり――main()関数の前にあるスタートアップとは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、main()の中身や、その前に呼び出されるスタートアップという初期化処理について学ぶ。(2017/7/6)

main()関数の前には何があるのか(7):
Linuxカーネルに見る、システムコール番号と引数、システムコール・ラッパーとは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回から、printf()内のwrite()やint $0x80の呼び出しについてLinuxカーネルのソースコード側から探ってきた。今回は、さらにシステムコールについて学ぶ。(2017/6/29)

main()関数の前には何があるのか(6):
Linuxカーネルのソースコードを読んで、システムコールを探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をさまざまな方法で探り、write()やint $0x80の呼び出しまでたどり着いた。今回は、さらにその先にあるLinuxカーネル側のシステムコールを見ていく。(2017/6/22)

main()関数の前には何があるのか(5):
printf()のソースコードで、ソースコードリーディングのコツを身に付ける
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をデバッグと逆アセンブルで探ってきたが、今回はソースコードリーディングで答え合わせをしてみる。(2017/6/15)

main()関数の前には何があるのか(4):
OSのシステムコールの呼び出しとは&バイナリエディタの使い方
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、printf()内のポインタ経由での関数呼び出しが行き着く先にあるシステムコールの呼び出しとバイナリエディタの使い方について。(2017/6/8)

main()関数の前には何があるのか(3):
試行錯誤のデバッグで探る、printf()内のポインタ経由での関数呼び出しが行き着く先とは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、printf()内のポインタ経由での関数呼び出しが行き着く先を試行錯誤のデバッグで探る。(2017/6/1)

main()関数の前には何があるのか(2):
「Hello World!」の主役printf()の内部動作をデバッガGDBで追う
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、「Hello World!」の主役printf()の内部動作をデバッガGDBで追う。(2017/5/25)

main()関数の前には何があるのか(1):
「Hello World!」の中身を探る意義と環境構築、main(C言語)のアセンブラコードの読み方
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、printfやmainの中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。初回は、「Hello World!」の中身を探る意義と環境構築について触れ、mainのアセンブラコードを読んでみる。(2017/5/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(92):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(2):フリーの組合せテスト自動生成ツール「PictMaster」
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第2回。今回は、ソースコードを簡単に分析し、計測するフリーの組合せテスト自動生成ツール「SourceMonitor」を紹介します。(2017/2/22)

富士そば公式サイトにかわいい隠しキャラ ソースコードを見てみたら……
さらに、1時間ごとに富士山のイラストが変化する仕掛けまで入れていました。(2017/2/14)

半径300メートルのIT:
“よくあるファイル命名ルール”でデータ消失の危機?
先日、ソースコードを管理するサービス「GitLab.com」で、管理作業中に誤って本番データベースを削除してしまうトラブルが発生しました。実はこの事件からは、エンジニアでない私たちも学ぶべき点があります。(2017/2/14)

リアルタイムWebのためのNoSQL:
CNCFがRethinkDBのコードを購入、ApacheライセンスでLinux Foundationに寄贈
米Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は2017年2月6日(現地時間)、オープンソースのNoSQLデータベース、「RethinkDB」のソースコードを買い上げ、Linux Foundationに寄贈したと発表した。(2017/2/7)

山浦恒央の“くみこみ”な話(91):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(1):意外に使える無料のソースコード測定ツール「SourceMonitor」
「“くみこみ”な話」の新シリーズが開幕。テーマは「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」です。第1回は、ソースコードを簡単に分析し、計測するフリーツール「SourceMonitor」を紹介します。(2017/1/25)

Synopsys Coverity:
サポート言語に「Fortran」を追加、静的解析機能をさらに強化
Synopsys(シノプシス)は、Fortranで開発されたソースコードの欠陥や異常を特定するための静的解析ツールを手掛けるForcheckからの技術資産買収を完了した。(2017/1/23)

B2Cでのコード販売も可能、価格は需要に応じた変動制:
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が他言語化対応
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が英語UIに対応。ソースコードを相互に利用できる環境を整えることで、グローバル対応も含めたシステム開発のコスト削減や開発速度と効率の向上を支援する。(2016/12/22)

大規模DDoS攻撃を引き起こしたIoTボットネット:
「Mirai」ソースコード徹底解剖−その仕組みと対策を探る
2016年9月以降に発生した複数の大規模なDDoS攻撃。本稿ではその攻撃に用いられたとされるマルウェア「Mirai」のソースコードを読み解き、対策法を紹介します。(2016/11/8)

大規模DDoS攻撃横行の恐れ、IoTマルウェア「Mirai」のソースコード公開で米機関が注意喚起
マルウェア「Mirai」による大規模DDoS攻撃の危険が高まったとして、米US-CERTなどがIoTデバイスのデフォルトのパスワードを変更するといった対策を促している。(2016/10/17)

米大統領のFacebookメッセンジャーbot、GitHubで公開
米連邦政府が、公式Facebookページで活用している大統領のFacebook Messenger botのソースコードをGitHubで公開した。他の政府機関にもbotを使って市民との交流を活性化してほしいとしている。(2016/10/15)

マキシム DS28C36:
システムを保護するDeepCoverセキュア認証用IC
Maxim Integrated Productsは、「DeepCover」セキュア認証用IC「DS28C36」を発表した。システムの使用と機能をセキュアに管理し、狙いを絞った非対称鍵と対称鍵暗号ツール一式を、低コストで小型のソリューションで提供する。現在、サンプル、Cソースコード、評価キットを提供中だ。(2016/10/14)

史上最大級のDDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」公開、作者がIoTを悪用
ルータや防犯カメラといったIoTデバイスに感染してボットネットを形成し、DDoS攻撃を仕掛けるマルウェアのソースコードが公開された。(2016/10/4)

GitHub、“過去最大の”アップデートでレビュー機能やプロジェクト管理機能を強化
ソースコード共有ツールのGitHubがプラットフォームをアップデートし、レビューやコメント機能の改善、Trelloのようなタスク管理ツールなどを追加した。(2016/9/15)

PR:「MAX 10 NEEK」でストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第11回、「MAX 10 NEEKでストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する」のソースコード(List 1〜4)です。(2016/9/9)

PR:「MAX 10 NEEK」へソフトコアCPUを組み込む(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第9回、「MAX 10 NEEKへソフトコアCPUを組み込む」のソースコードです。(2016/9/9)

PR:周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第8回、「周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す」のソースコードです。(2016/9/9)

PR:FPGAのソフトコアCPUをベンチマークで測定する(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第7回、「FPGAのソフトコアCPUをベンチマークで測定する」のソースコードです。(2016/9/9)

PR:FPGA上でソフトコアCPUを動かす手引き(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第6回、「FPGA上でソフトコアCPUを動かす手引き」のソースコードです。(2016/9/9)

PR:FPGAでLEDをダイナミックにLチカさせる(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第5回、「よろしいならばダイナミック点灯だ――FPGAでLEDをダイナミックにLチカさせる」のソースコード(List1〜3)です。(2016/9/9)

PR:FPGAのLED制御プログラムを深く理解する(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第4回、「FPGAのLED制御プログラムを深く理解する」のソースコード(List1〜4)です。(2016/9/9)

PR:FPGAでのLチカをVerilog HDLで理解する(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第3回、「FPGAでのLチカをVerilog HDLで理解する」のソースコードです。(2016/9/9)

PR:「MAX 10 FPGA」のテスト環境を構築する(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第2回、「MAX 10 FPGA」のテスト環境を構築するのソースコードです。(2016/9/9)

Linux関連サイトのハッキングでプログラマー逮捕、FBIが5年がかりで捜査
2011年にLinuxカーネルのソースコード管理サイト「kernel.org」などが不正アクセスされた事件で、プログラマーの男が米フロリダ州で逮捕された。(2016/9/6)

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(3):
従量課金制のPaaS型ECプラットフォームを24時間365日支えるエンジニアリングの舞台裏
従量課金モデルを採用したPaaS型の新しいタイプのECプラットフォームを提供するCommerbleは、Microsoft Azureを中心に、AWSやCIツール、プロジェクト管理ツール、ソースコード管理ツールを連携させることによって、継続的に進化を続ける質の高いECサービスの提供に成功している。その舞台裏を聞いた。(2016/8/8)

モバイル/車載アプリ向け解析機能も強化:
静的コード解析ツール「Coverity」の最新版、シノプシスが提供開始
米シノプシスは、ソースコード解析ツールの最新版「Coverity 8.5」の提供を開始した。セキュリティ解析機能やモバイル対応機能などを強化した。(2016/7/13)

オンラインゲーム「Habitat」のソースコード公開 1986年にルーカスフィルムのゲーム会社が制作
日本では「富士通Habitat」として1990年にサービス開始していました。(2016/7/11)

設計開発ツール:
車両制御システムの並列ソースコードを数十秒で自動生成、ルネサスの開発環境
ルネサス エレクトロニクスは、車両制御モデルを基にソフトウェアの並列設計と並列ソースコードの生成を自動で行う、マルチコアマイコン向けのモデルベース開発環境を開発した。逐次ソースコードからCPUコアの割り当てや並列処理のソースコードを作成する従来の開発手法と比較して、開発期間を10分の1に短縮する。(2016/6/23)

「義手をメガネのようにしたい」――誰もが自由に設計できる、オープンソース電動義手の狙い
「電動義手」の設計データから使われている部品情報、プログラム、ソースコードまで全てを無料で公開するイクシー。彼らには、腕をなくした家族がいるわけでも自分が義手を必要としているわけでもない。なのにどうしてここまでやるのだろうか?(2016/6/21)

人工知能で白黒写真をカラーに 早大が技術開発、GitHubでコード公開
白黒写真を自然な色に自動で彩色する手法を早大が確立。GitHubでプログラムのソースコードを公開した。(2016/5/31)

ESEC2016:
「Simulink」を用いたメニーコア向けの開発支援並列化ツール
イーソルがマルチコア/メニーコア環境向けのソフトウェア開発を支援する、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP(仮)」を開発した。MathWorks「Simulink」で設計された制御モデルから生成されるCソースコードを並列化できる。(2016/5/16)

イーソル eSOL MBP:
「Simulink」を利用してCソースコードや制御アルゴリズムの並列化を実現
イーソルは、マルチ・メニーコアハードウェア環境向けのソフトウェア開発を支援する、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP(仮称)」のプロトタイプを開発したことを発表した。(2016/5/12)

HoloLens開発者版出荷開始 エミュレータやデモアプリのソースも公開
Microsoftが予告通り、MR HMD「HoloLens」の開発者版を3月30日に出荷開始した。基本操作を確認できるデモコンテンツ「Galaxy Explorer」をソースコードとともにGitHubでオープンソースで公開し、HoloLensがなくてもコンテンツを開発できるエミュレータもリリースした。(2016/3/31)

Webアプリで音楽を楽しく学べる「Chrome Music Lab」
Googleが、Chromeブラウザで遊べる音楽関連のWebアプリ集「Chrome Music Lab」を公開した。ごくシンプルな打ち込みアプリやアルペジオやコードについて学べるアプリなどがあり、すべてのソースコードがGitHubで公開されている。(2016/3/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。