ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソースコード」最新記事一覧

モバイル/車載アプリ向け解析機能も強化:
静的コード解析ツール「Coverity」の最新版、シノプシスが提供開始
米シノプシスは、ソースコード解析ツールの最新版「Coverity 8.5」の提供を開始した。セキュリティ解析機能やモバイル対応機能などを強化した。(2016/7/13)

オンラインゲーム「Habitat」のソースコード公開 1986年にルーカスフィルムのゲーム会社が制作
日本では「富士通Habitat」として1990年にサービス開始していました。(2016/7/11)

ジョーシス:
SQLが好きすぎる女子情シス、ラズパイで楽しいことしたい! 海老池千鶴さん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、大学で心理学を学んだにもかかわらず、ITが好きすぎて情シスになった海老池千鶴さん。PCの画面でソースコードを眺めながら朝食を食べ、SQLが好きすぎて、何でもSQLで書こうとしちゃう彼女の情シスライフは?(2016/7/8)

設計開発ツール:
車両制御システムの並列ソースコードを数十秒で自動生成、ルネサスの開発環境
ルネサス エレクトロニクスは、車両制御モデルを基にソフトウェアの並列設計と並列ソースコードの生成を自動で行う、マルチコアマイコン向けのモデルベース開発環境を開発した。逐次ソースコードからCPUコアの割り当てや並列処理のソースコードを作成する従来の開発手法と比較して、開発期間を10分の1に短縮する。(2016/6/23)

「義手をメガネのようにしたい」――誰もが自由に設計できる、オープンソース電動義手の狙い
「電動義手」の設計データから使われている部品情報、プログラム、ソースコードまで全てを無料で公開するイクシー。彼らには、腕をなくした家族がいるわけでも自分が義手を必要としているわけでもない。なのにどうしてここまでやるのだろうか?(2016/6/21)

人工知能で白黒写真をカラーに 早大が技術開発、GitHubでコード公開
白黒写真を自然な色に自動で彩色する手法を早大が確立。GitHubでプログラムのソースコードを公開した。(2016/5/31)

ESEC2016:
「Simulink」を用いたメニーコア向けの開発支援並列化ツール
イーソルがマルチコア/メニーコア環境向けのソフトウェア開発を支援する、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP(仮)」を開発した。MathWorks「Simulink」で設計された制御モデルから生成されるCソースコードを並列化できる。(2016/5/16)

イーソル eSOL MBP:
「Simulink」を利用してCソースコードや制御アルゴリズムの並列化を実現
イーソルは、マルチ・メニーコアハードウェア環境向けのソフトウェア開発を支援する、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP(仮称)」のプロトタイプを開発したことを発表した。(2016/5/12)

HoloLens開発者版出荷開始 エミュレータやデモアプリのソースも公開
Microsoftが予告通り、MR HMD「HoloLens」の開発者版を3月30日に出荷開始した。基本操作を確認できるデモコンテンツ「Galaxy Explorer」をソースコードとともにGitHubでオープンソースで公開し、HoloLensがなくてもコンテンツを開発できるエミュレータもリリースした。(2016/3/31)

Webアプリで音楽を楽しく学べる「Chrome Music Lab」
Googleが、Chromeブラウザで遊べる音楽関連のWebアプリ集「Chrome Music Lab」を公開した。ごくシンプルな打ち込みアプリやアルペジオやコードについて学べるアプリなどがあり、すべてのソースコードがGitHubで公開されている。(2016/3/11)

創設メンバー30社も発表:
OSSのブロックチェーン技術「Hyperledger Project」が間もなくソースコードを公開
ブロックチェーン技術のオープンソースソフトウェア実装が間もなく公開される。ソースコードにはリップルなどから提供された技術が含まれているという。(2016/2/10)

GitHub、1月末のダウンの原因はデータセンターでの停電と説明
ソースコード共有ツールのGitHubは、日本時間の1月28日午前中に発生した世界規模のサービスダウンについて謝罪し、自社データセンターでの短い停電により連鎖的障害が発生したと原因を説明した。(2016/2/1)

ソース内の数行を書き換えるだけで使える:
ロックオン、「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」を無償提供開始
ロックオンは、「EC-CUBE 3.0」のサイトと連動したiOSやAndroidのスマートフォンアプリを数行ソースコードの変更だけで作成できる「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」をリリースした。(2016/1/15)

Synopsys Coverity:
ソースコードに潜む重大な欠陥を早期に発見、静的解析ツール「Coverity 8.0」
シノプシスはソフトウェア静的解析自動化ソリューション「Coverity 8.0」の提供を開始。最新版では、サポートするプログラミング言語の追加、セキュリティテスト機能の強化などが図られている。(2016/1/7)

Twitterのアンケート機能が「2択」から「4択」に?
Twitterのアンケート機能が4択までに拡張されるかもしれない。その兆候がソースコードから発見された。(2015/11/13)

世界1000万人に愛される「GitHub」 品質を支える仕事、サポートエンジニアの舞台裏
世界1000万人以上のユーザーを抱えるソースコード共有ツール「GitHub」。個人だけでなく、法人製品の導入が日本でも進んでいる。クライアントと二人三脚でよりよいものを目指して――GitHubの品質を支えるサポートエンジニアの裏側を聞いた。(2015/11/6)

リッチなコンテンツもGitHubでの管理が効率化:
GitHubでの大容量データファイルの扱いを効率化する「Git Large File Storage v1.0」
GitHub上で、ソースコードだけでなく画像や音声データなどの管理を効率化する「Git LFS」が正式リリースに。(2015/10/5)

コード品質はOSSの方が高い
コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは?
5400件以上のOSSプロジェクトを解析し、24万件の欠陥を検出してきたCoverityが、約100億行のオープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較。OSSのコードがセキュリティに問題を抱える理由とは?(2015/9/17)

5分でわかる最新キーワード解説:
バグは金曜日に生まれる?「MSR」最前線
MSR(Mining Software Repositories)とはソースコードやドキュメントなど、開発に関して蓄積された情報を精査し、生産性や品質の向上に役立てようとする技術です。「バグが発生する日は金曜日」など気付かなかったコトが見えるようになります。(2015/8/13)

連載:TFVC vs Git:
第4回 TFVCとGitのデプロイ、ビルド、テスト
今回はVisual Studio Onlineの新しいビルドシステムを使って、ソースコードをコミットしてからビルド/テスト/デプロイまでを自動的に行う方法を見る。連載完結。(2015/8/3)

大学院生、ポスドクも対象に:
「ソースコードを書かない」開発者の育成・就職支援を推進――ブルーミーム、パソナテック、アカリク3社連携
ブルーミームは2015年7月21日、パソナテック、アカリクと協力し、自社が販売するコードレス開発基盤「OutSystems Platform」の専門技術者の育成と就職支援を進めていくことを発表した。育成プログラムと選考プログラムを実施し、合格者は実際の開発プロジェクトにアサインしていくという。(2015/7/21)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio CodeでGitを利用する
Visual Studio CodeでGitHub、Visual Studio Onlineなどのサービスを利用して、ソースコード管理を行うための基本を説明する。(2015/7/21)

海外Webサービスのトリセツ(最終回):
ソースコードも送れるよ〜Slack(スラック)の使い方:コミュニケーション編
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ。最終回は、Webコミュニケーションサービス「Slack(スラック)」の活用法を説明します。(2015/7/16)

設計だけのシステム開発:
ソースコード不要の開発基盤で大規模プロジェクトを高速化――ブルーミーム事業戦略発表会
アウトシステムズ(OutSystems)とブルーミーム(BlueMeme)は7月14日、共同で展開する「OutSystems Platform」に関する事業戦略発表会を実施した。ソースコードを使わない開発基盤の展開により、システム開発プロジェクトのさらなる高速化を狙う。(2015/7/16)

ソースコードを触らないシステム開発、ユーザーの内製化も支援
開発ツールを手掛けるOutSystemsと国内販売元のBlueMemeが、ソフトウェア開発人材の不足に対応するという事業強化を表明した。(2015/7/14)

連載:TFVC vs Git:
第2回 TFVCチームプロジェクトの利用
TFVCチームプロジェクトに接続し、ソースコードのチェックイン、変更の追跡を行う方法を説明する。また、VS以外の環境からVS Onlineを利用する方法も取り上げる。(2015/5/14)

.NET TIPS:
OSに標準付属のC#/VBコンパイラーでソースコードをコンパイルするには?
Vista以降のWindows OSには標準でC#/Visual Basicのコンパイラーが付属する。本稿では、これらを使い、ソースコードをコンパイルする方法を解説する。(2015/4/15)

コードの複雑度も一目で分かり技術的負債を解消:
PR:100万行のソースコードを約2分で解析して快適な開発環境を実現するプロも納得の構造解析ツールとは
多機能を実装するソフトウエア開発では、ソースコードが何十万行、何百万行と大規模になり、処理の分岐を追うだけで一苦労だ。開発者が本来の生産的な作業に入る手前で膨大な時間ロスが発生している。この問題を解決するのが、ソースコード構造解析ツールだ。テクマトリックスが提供する「Understand」は、強力な解析エンジンを実装しており、ソースコード100万行であれば約2分で解析が完了する。その三つの特長を担当者に聞いた。(2015/4/8)

米Yahoo!、メール暗号化の拡張機能公開 オンデマンドパスワードも導入
米Yahoo Mailの内容をエンド・トゥ・エンドで暗号化できる拡張機能のソースコードを公開。オンデマンドパスワードでは、ユーザーが複雑なパスワードを記憶する必要がなくなる。(2015/3/17)

.NET TIPS:
Visual Studio 2013:別ファイルにあるソースコードをその場で編集するには?
[定義をここに表示]コマンドを使って、その場で別の場所や別ファイルにあるソースコードを参照したり編集したりする方法を解説する。(2015/3/10)

Git、Subversionユーザーにもお勧めのdiff+merge環境:
PR:開発中の「ややこしさ」と「小さな、たくさんのムダ」を排除する開発支援ツール
Gitクライアントなどを使って効率よくチーム開発を行うケースが増えた。だが、ソースコードの修正で衝突や不整合が起こった場合、手作業でマージするのが一般的のようだ。直感的に操作できるマージツールを使ってみよう。(2015/1/19)

KDDI、国内初のFirefox OSスマホ「FxO」のOSソースコード公開
KDDIは、国内初のFirefox OSスマートフォン「Fx0」に搭載されているOSのソースコードを公開した。(2015/1/16)

メガソフト、ソースコード編集向きの解析エンジンを備えたテキストエディタ「MIFES 10」(仮称)ベータ版を無償公開
メガソフトは、同社製テキストエディタ「MIFES」シリーズの次期新バージョン「MIFES 10」(仮称)の公開テスト版を無償で公開する。(2014/11/27)

クラウドで試せる「無料トライアル」を紹介
アプリケーション開発の品質向上とスピードアップの鍵はソースコード解析にあり
アプリケーション開発で品質向上を図るには、より早い段階での「品質とセキュリティのテスト」が重要だ。開発の節目でソースコードレベルのチェックを行い、適切な修正を施すことで、手戻りをなくすことができる。(2014/10/17)

企業秘密の窃盗犯を米当局が訴追、Xbox Oneやシミュレーターソフトなど狙う
訴追された4人は盗んだパスワードを使うなどしてネットワークに侵入し、Xbox OneのソースコードやApacheヘリコプターのシミュレーターソフトなどを盗んだとされる。(2014/10/3)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第6回 クラウドとソース管理
最終回となる今回は、クラウドで提供されるサービスを利用したソースコード管理や各種サービスとの連携の概要を紹介する。(2014/8/11)

「Google I/O」公式AndroidアプリのソースコードをGitHubで公開
米Googleが「Google I/O」の公式Androidアプリのソースコードを無償公開した。(2014/8/1)

「短冊メーカー」の“パクリ”指摘された「tanzaku.net」が謝罪、サービス終了
「短冊メーカー」のソースコードを無断コピーして作られたとみられる「tanzaku.net」がサービスを終了した。(2014/7/7)

「Webアプリが丸パクされた」 ツイートを短冊風に変換「短冊メーカー」の作者「悔しい」
「短冊メーカーというWebアプリを丸パクリされました」――「短冊メーカー」の作者のMasaruさんが、「tanzaku.net」というサービスにアイデアやソースコードを丸パクリされたと訴えている。(2014/7/7)

iOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(3):
Jenkinsでビルド・テスト・カバレッジ出力・コード静的解析を自動化する
現代の開発現場において欠かせないCI/継続的デリバリを、iOSアプリ開発に適用するためのツールやノウハウを解説する連載。今回は、CIツールJenkinsのインストールと使い方、プラグインを用いたiOSアプリのビルド、テスト、カバレッジの出力、ソースコードの静的解析を自動化する方法を解説します。(2014/5/23)

nexacro platformの4つの特徴とは:
日本ネクサウェブ、「ワンソース・マルチユース」実現の開発プラットフォームを提供開始
4月に組織統合を発表した日本ネクサウェブが、5月19日、企業UI/UXプラットフォームの新製品「nexacro platform」を出荷した。この製品は統合開発環境を使った生産性の高いWebアプリケーション開発を支援。それとともに、デスクトップPCからスマートフォン、タブレット端末までを1つのソースコードで展開できるワンソース・マルチユースを実現するという。(2014/5/22)

MS-DOS歴史的遺産化記念企画:
MS-DOS温故知新 〜ソースコード公開を期にパソコン大衆化の原点を振り返る〜
30年前のMS-DOSのソースコードがコンピューター歴史博物館に寄贈され、公開された。現在のPC隆盛の礎となったソースコードを見に行こう。(2014/4/24)

検査プログラムもイチから開発せずに済む!:
アジレントが計測器と関連ソフトなどをパッケージ化した製品を発表
アジレント・テクノロジーは、測定に必要な計測器や関連ソフトウェア、テストライブラリ、アプリケーションソースコードなどをまとめてパッケージで提供する「リファレンスソリューション」を発表した。このパッケージ製品を活用すると、測定器ユーザーは基本的な検査プログラムを一から開発する必要がなく、テストに関連する開発効率を大幅に改善できるという。第1弾としてワイヤレス通信用途の「パワーアンプ製造試験」向けパッケージ製品の出荷を始めた。(2014/4/22)

ESEC2014 開催直前情報:
リコール起こるその前に、コベリティのコード診断で全てを知る
製品のクラッシュや誤動作、セキュリティ脆弱性の原因となるソフトウェア不具合を、開発段階で自動検出するテストソリューションを手掛けるコベリティ。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、展示に加えて無料のソースコード品質診断も実施する。(2014/4/16)

Microsoft、「MS-DOS」と初期の「Word」のソースコードを公開
Computer History MuseumのWebページから、Microsoftの初代OS「MS-DOS」と「Microsoft Word」の初期バージョンのソースコードをダウンロードできるようになった。(2014/3/26)

「FC2ブログ」コードがオープンソース化、その理由を聞いてみた
「FC2ブログ」のソースコードをMITライセンスで公開したFC2に、その理由を聞いてみた。(2014/3/21)

「FC2ブログ」ソースコードがオープンソースに
「FC2ブログ」のソースコードがMITライセンスで公開された。(2014/3/19)

破たんしたMt.Goxのソースコードや銀行との会話音声がネット上に流出
破たんしたビットコイン取引所、Mt.Goxのシステムのソースコードや、経営者と日本の銀行関係者との会話とみられる音声がネット上に投稿されていることが分かった。(2014/3/4)

iOSのSSL/TLS通信傍受の脆弱性は「悪夢」、OS Xにも存在
ソースコードを調べた研究者は、この脆弱性がiOSだけでなく、OS X 10.9.1にも存在していることを確認したと伝えた。(2014/2/25)

OpenSSLのWebサイトに改ざん被害、ソースコードは無事
OpenSSLが使っているプロバイダーのパスワードセキュリティの不備を突いてハイパーバイザーの管理コンソールを制御され、OpenSSLの仮想サーバが操られていたことが分かった。(2014/1/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。