ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソースコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソースコード」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
Javaコードのテスト自動化基盤パッケージを発売
テクマトリックスは、Javaソースコードのビルド、静的解析、バグ検出の自動化環境を提供する「Jenkins Platform Package for Java」を発売した。Javaコードのテスト自動化環境を構築し、早期にバク検出する仕組みを提供する。(2018/8/13)

車載ソフトウェア:
大規模化する車載ソフト、パナソニックは品質とセキュリティを確保できるのか
日本シノプシスが主催するユーザーイベント「SNUG Japan 2018」に、パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 インフォテインメントシステム事業部 主任技師の古田健裕氏が登壇。「パナソニック オートモーティブ事業部門におけるソースコード品質向上の取り組み」と題して講演を行った。(2018/8/10)

「RICOH THETAプラグインストア」公開、機能の“後付け”可能に ソースコードも公開へ、改造して配信OK
リコーの全天球カメラ「RICOH TEHATA V」にさまざまな機能を追加できるプラグインストアが公開。自社開発のプラグインはソースコードも公開予定で、開発者が自由に改造し、プラグインストアを通じて配信できるようになる。(2018/7/24)

コンサルは見た! オープンソースの掟(5):
ソースコードの中に逆襲のネタを見つけたわ
契約停止、主要エンジニアの引き抜き、メインバンクへの垂れ込み――大手カーナビベンダー「プレミア電子」は、なぜカーナビソフト開発会社「ジェイソフト」を執念深く追い詰めるのか。(2018/7/5)

実は穴だらけ
多くの企業が抱える致命的なオープンソースリスク
商用コードを監査した結果、多くのオープンソースコードが含まれていることが分かった。問題は、そのコードが内包している脆弱性が放置されていることだ。(2018/7/5)

採用が広がるOSS、脆弱性を管理すべきだ:
Synopsysが調査、対象コードの78%にオープンソース由来の脆弱性あり
Synopsys(シノプシス)のBlack Duckグループによると、さまざまなソースコードが含むオープンソースソフトウェア(OSS)の比率が高まっているという。それに伴い、OSSに起因する脆弱(ぜいじゃく)性をも取り込んでしまっている場合が少なくない。(2018/6/28)

「GitHub」で2018年2月に一般公開
iOSを起動させる「iBoot」のソースコード流出はなぜ起きた? セキュリティへの影響を解説
iOSデバイスが搭載する「iBoot」のソースコードが2018年2月、「GitHub」で一般公開された。そのいきさつとiOSのセキュリティに及ぼす影響を解説する。(2018/6/23)

コンサルは見た! オープンソースの掟(2):
大手の下僕として安定の日々を送るなんて、まっぴらゴメンだね!
大手企業の下請けとして粛々とやっていくか、イチかバチかで新分野にチャレンジするか、それが問題だ――大手カーナビベンダーに自社開発ソフトをソースコードごと提供してしまった松井は、何を考えていたのか。(2018/6/14)

コンサルは見た! オープンソースの掟(1):
ベンチャー企業なんて、取り込んで、利用して、捨ててしまえ!
ソースコードを下さるなんて、社長さんたらお人よしね――「コンサルは見た!」シリーズ、Season3(全9回)のスタートです。(2018/6/7)

Microsoft、GitHubを75億ドルで買収 正式発表
Microsoftがソースコード共有ツールのGitHub買収を正式発表。(2018/6/5)

Twitter Kit SDK、10月末でサポート終了
Twitterが「Twitter Kit SDK」のサポートを10月31日に終了する。ただ、GitHub上に公開しているドキュメントやソースコードはアーカイブの状態で残し、今後も開発者が参照できる。(2018/5/7)

1990年代のツールをオープンソース化
Windows 3.0のファイルマネージャーがWindows 10でよみがえる
「Windows 3.0」に搭載されていた「ファイルマネージャー」のソースコードが「GitHub」で公開された。(2018/4/21)

スマートコントラクトのリスクを自動検出し、ブロックチェーンの安全性を向上――富士通研究の新技術
富士通研究所と中国富士通研究開発中心は、ブロックチェーン基盤「Ethereum」上でスマートコントラクトのリスクを自動検出し、ソースコード上の該当箇所を特定する技術を共同で開発。より安全性の高いスマートコントラクトを効率的に開発できるようになるという。(2018/3/8)

iOSのソースコード、一部がGitHubに流出
iOSが起動する際の認証を担う「iBoot」のソースコードがGitHubに掲載されていた。(2018/2/9)

組み込み開発ニュース:
AUTOSAR C++コーディングガイドラインへの適合度を評価する解析ツール
東陽テクニカは、ソースコード静的解析ツール「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」の販売を開始した。車載ソフトウェアのソースコードがAUTOSAR C++コーディングガイドラインにどのくらい適合しているかを評価できる。(2018/1/30)

Cxクラウド:
ソースコードの脆弱性をクラウド上で解析するサービス
東陽テクニカは、ソースコードの脆弱性解析をクラウド上で実施できる「Cxクラウド」の提供を開始した。コンパイル前、ビルド前のソースコードの脆弱性を開発者自身で診断して安全性を早期に把握できるため、修正によるコストを削減する。(2018/1/29)

組み込み開発ニュース:
ソースコードの脆弱性をクラウド上で解析できるサービスを提供
東陽テクニカは、ソースコードの脆弱性解析をクラウド上で実施できる「Cxクラウド」の提供を開始した。コンパイル前、ビルド前のソースコードの脆弱性を開発者自身で診断して安全性を早期に把握できるため、修正によるコストを削減する。(2018/1/23)

数千万行のソースコード検索を1秒以内に実施:
SRA、ソースコード検索システム「CodeDepot」をオープンソースソフトウェアとして無償公開
創立50周年を迎えるSRAは、同社が開発したソースコード検索システム「CodeDepot」のソースコードを、2017年12月1日に無償で公開する。(2017/11/30)

ガシャ誤表記問題の「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」 ソースコードを公開する“詫びソースコード”実施
評価する声や「見ても意味が分からない」とする声などさまざま。(2017/11/16)

ソシャゲ不具合の原因、ソースコード開示して説明 「詫びソースコードとは斬新」と話題に
「ドラゴンボール ドッカンバトル」のガチャで不具合。運営側は、不具合があったプログラムのソースコードを開示し、どのようなミスだったかを説明した。(2017/11/16)

全ソースコードをコミュニティーに公開
NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープンソース化
BashoからRiakのソースコードや商標権を買収したのは、ソフトウェア企業ではなくブックメーカー企業のBet365だった。(2017/10/27)

ロシア政府との関係を巡る疑惑に対し:
Kaspersky、独立機関によるソースコードの検証を発表
ロシア政府との関係を巡る疑惑が浮上したことに対応して、Kaspersky Labは同社製品のソースコードを独立機関に検証させると表明した。(2017/10/24)

SCSKとベリサーブが提供する、ソースコード診断サービスの狙い:
PR:「ものづくり」においてもソフトウェアが重要な今、ソースコードに「品質」プラス「セキュリティ」で企業の価値向上に
10年以上にわたって脆弱性診断サービスを提供してきたSCSKと、そのグループ会社で、製造業を中心にソースコードの品質検査サービスを実施してきたベリサーブ。両社はFortify SCAといった診断ツールを活用してソースコードの脆弱性検査サービスを提供し、ソフトウェアがもたらす価値をさらに高めようとしている。(2017/8/17)

半径300メートルのIT:
企業の宝、「ソースコード」が盗まれたらどう謝るべきか
Panicの事例が多くのことを教えてくれました。(2017/6/6)

サイト盗用、ソースコードごとコピペ 「堀江貴文プロデュース」アイドルプロジェクト中止
「堀江貴文プロデュース」をうたうアイドルプロジェクトの公式サイトに、他サイトからの盗用があり、プロジェクトが中止に。(2017/5/31)

ソースコードまで酷似 「堀江貴文プロデュース」アイドルサイトに盗用多数 運営者が謝罪
「堀江貴文プロデュース」をうたうアイドルプロジェクトの公式サイトに、他サイトからの盗用が多数あると指摘。サイトは削除された。(2017/5/22)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年4月版】:
安心・安全なIoTデバイス開発のヒントをマルウェア「Mirai」から学ぶ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、史上最大規模のDDoS攻撃を引き起こしたとされるマルウェア「Mirai」の手口とその対策を解説した記事が堂々の第1位に! MiraiのソースコードからセキュアなIoTデバイスを開発するためのヒントが見えてきます。(2017/5/16)

オープンソースに不可欠なもの
Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」
Red HatのホワイトハーストCEOが、一部の組織が行っているオープンソースは「有名無実」だと主張。ソースコードを公開してライセンスを定めただけでは足りないと言う。何が足りないのか?(2017/5/11)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(40):
秘伝のソースは門外不出。お客さまには差し上げません
システムの開発を発注した会社が廃業することになった。今後のメンテナンスのためにソースコードの引き渡しを求めたが、契約書で約束していないからと断られた。よし、訴えてやる!(2017/4/24)

main()関数の前には何があるのか(終):
プログラムの実行はどのようにして行われるのか、Linuxカーネルのコードから探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。最終回は、Linuxカーネルの中では、プログラムの起動時にはどのような処理が行われているのかを探る。(2017/7/20)

main()関数の前には何があるのか(9):
エンジニアならC言語プログラムの終わりに呼び出されるexit()の中身分かってますよね?
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、プログラムの終わりに呼び出されるexit()の中身を探る。(2017/7/13)

main()関数の前には何があるのか(8):
あなたが知らないプログラムの真の始まり――main()関数の前にあるスタートアップとは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、main()の中身や、その前に呼び出されるスタートアップという初期化処理について学ぶ。(2017/7/6)

main()関数の前には何があるのか(7):
Linuxカーネルに見る、システムコール番号と引数、システムコール・ラッパーとは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回から、printf()内のwrite()やint $0x80の呼び出しについてLinuxカーネルのソースコード側から探ってきた。今回は、さらにシステムコールについて学ぶ。(2017/6/29)

main()関数の前には何があるのか(6):
Linuxカーネルのソースコードを読んで、システムコールを探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をさまざまな方法で探り、write()やint $0x80の呼び出しまでたどり着いた。今回は、さらにその先にあるLinuxカーネル側のシステムコールを見ていく。(2017/6/22)

main()関数の前には何があるのか(5):
printf()のソースコードで、ソースコードリーディングのコツを身に付ける
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をデバッグと逆アセンブルで探ってきたが、今回はソースコードリーディングで答え合わせをしてみる。(2017/6/15)

main()関数の前には何があるのか(4):
OSのシステムコールの呼び出しとは&バイナリエディタの使い方
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、printf()内のポインタ経由での関数呼び出しが行き着く先にあるシステムコールの呼び出しとバイナリエディタの使い方について。(2017/6/8)

main()関数の前には何があるのか(3):
試行錯誤のデバッグで探る、printf()内のポインタ経由での関数呼び出しが行き着く先とは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、printf()内のポインタ経由での関数呼び出しが行き着く先を試行錯誤のデバッグで探る。(2017/6/1)

main()関数の前には何があるのか(2):
「Hello World!」の主役printf()の内部動作をデバッガGDBで追う
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、「Hello World!」の主役printf()の内部動作をデバッガGDBで追う。(2017/5/25)

main()関数の前には何があるのか(1):
「Hello World!」の中身を探る意義と環境構築、main(C言語)のアセンブラコードの読み方
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、printfやmainの中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。初回は、「Hello World!」の中身を探る意義と環境構築について触れ、mainのアセンブラコードを読んでみる。(2017/5/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(92):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(2):フリーの組合せテスト自動生成ツール「PictMaster」
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第2回。今回は、ソースコードを簡単に分析し、計測するフリーの組合せテスト自動生成ツール「SourceMonitor」を紹介します。(2017/2/22)

富士そば公式サイトにかわいい隠しキャラ ソースコードを見てみたら……
さらに、1時間ごとに富士山のイラストが変化する仕掛けまで入れていました。(2017/2/14)

半径300メートルのIT:
“よくあるファイル命名ルール”でデータ消失の危機?
先日、ソースコードを管理するサービス「GitLab.com」で、管理作業中に誤って本番データベースを削除してしまうトラブルが発生しました。実はこの事件からは、エンジニアでない私たちも学ぶべき点があります。(2017/2/14)

リアルタイムWebのためのNoSQL:
CNCFがRethinkDBのコードを購入、ApacheライセンスでLinux Foundationに寄贈
米Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は2017年2月6日(現地時間)、オープンソースのNoSQLデータベース、「RethinkDB」のソースコードを買い上げ、Linux Foundationに寄贈したと発表した。(2017/2/7)

山浦恒央の“くみこみ”な話(91):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(1):意外に使える無料のソースコード測定ツール「SourceMonitor」
「“くみこみ”な話」の新シリーズが開幕。テーマは「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」です。第1回は、ソースコードを簡単に分析し、計測するフリーツール「SourceMonitor」を紹介します。(2017/1/25)

Synopsys Coverity:
サポート言語に「Fortran」を追加、静的解析機能をさらに強化
Synopsys(シノプシス)は、Fortranで開発されたソースコードの欠陥や異常を特定するための静的解析ツールを手掛けるForcheckからの技術資産買収を完了した。(2017/1/23)

B2Cでのコード販売も可能、価格は需要に応じた変動制:
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が他言語化対応
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が英語UIに対応。ソースコードを相互に利用できる環境を整えることで、グローバル対応も含めたシステム開発のコスト削減や開発速度と効率の向上を支援する。(2016/12/22)

大規模DDoS攻撃を引き起こしたIoTボットネット:
「Mirai」ソースコード徹底解剖−その仕組みと対策を探る
2016年9月以降に発生した複数の大規模なDDoS攻撃。本稿ではその攻撃に用いられたとされるマルウェア「Mirai」のソースコードを読み解き、対策法を紹介します。(2016/11/8)

大規模DDoS攻撃横行の恐れ、IoTマルウェア「Mirai」のソースコード公開で米機関が注意喚起
マルウェア「Mirai」による大規模DDoS攻撃の危険が高まったとして、米US-CERTなどがIoTデバイスのデフォルトのパスワードを変更するといった対策を促している。(2016/10/17)

米大統領のFacebookメッセンジャーbot、GitHubで公開
米連邦政府が、公式Facebookページで活用している大統領のFacebook Messenger botのソースコードをGitHubで公開した。他の政府機関にもbotを使って市民との交流を活性化してほしいとしている。(2016/10/15)

マキシム DS28C36:
システムを保護するDeepCoverセキュア認証用IC
Maxim Integrated Productsは、「DeepCover」セキュア認証用IC「DS28C36」を発表した。システムの使用と機能をセキュアに管理し、狙いを絞った非対称鍵と対称鍵暗号ツール一式を、低コストで小型のソリューションで提供する。現在、サンプル、Cソースコード、評価キットを提供中だ。(2016/10/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。