ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「温泉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「温泉」に関する情報が集まったページです。

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(後編)
インシデント対応をいっとき離れ、温泉に繰り出したCSIRT。湯船で気分がほぐれたのか、コワモテに見えたメンバーたちが、普段は見せない仕事の本音や弱音を打ち明け始める。その中身とは一体……?(2018/11/16)

TGSで爆売したセガハード温泉の素「メガドラの湯」「セガサターンの湯」「ドリキャスの湯」発売
今日はどの湯にしようかな。(2018/11/11)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

温泉行きたくなってきた ネコさんが案内するコミックエッセイ『旅する温泉漫画 かけ湯くん』登場
読みごたえがあります。(2018/10/20)

「元気ないです、十勝川温泉」 地震で約1万泊キャンセルの観光地“自虐ポスター”に込めた思いを聞いた
まずは道内から、と始めたポスター。しかしその影響は予想以上に大きかったようです。(2018/10/18)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
旅館業界では“あり得ない”週休3日 それでも「陣屋」の売り上げが伸び続けるワケ
旅館業界では珍しい週休3日を実現している、鶴巻温泉の老舗旅館「陣屋」だが、それでも売り上げも利益も伸び続けている。その裏にはAIやIoTを駆使した、最新の「おもてなし」があった。(2018/10/4)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法
神奈川県秦野市にある鶴巻温泉。閑静な住宅街の中に、働き方改革の先端を走る老舗旅館「陣屋」がある。業界では珍しい週休3日を実現するなど注目を集めているが、10年前は10億円の借金を抱え、あと半年で倒産というところまで追い詰められていた。(2018/10/1)

街興しの成果:
東京の奥座敷「熱海」が華麗に復活したヒミツ
日本三大温泉の1つに数えられる「熱海」(静岡県)がにぎわいを取り戻している。高度成長期に「東京の奥座敷」として多くの新婚旅行や社員旅行の客が訪れたが、平成10年ごろからバブル経済の崩壊や団体旅行の減少が進んだことで、18年には熱海市が財政危機を宣言するまでに衰退した。その後地域挙げての街興しの成果が実を結び、昨年ごろから“熱海復活”として注目され始めている。 (2018/8/28)

「いつも通りの毎日が帰ってきた」「必ず乗りに行くからね」 ゆふいんの森号の運転再開、力強く復興を歩む沿線の人々に感動
湯布院温泉へ行きたくなるー。(2018/8/20)

「毒饅頭」が熱海温泉で発売ってどういうこと? → ドクはドクでもドクダミのドクだった
ドクダミには解毒作用があるとされており、むしろ無害。(2018/8/8)

温泉ハッカソン「SPAJAM2018」 最優秀賞は車椅子ユーザーの課題を解決する「WheelFree!」
24時間でアプリを開発するハッカソン「SPAJAM2018」の表彰式が開催。最優秀賞には、車椅子ユーザーの電車乗降をサポートするアプリ「WheelFree!」を開発したチーム「まどや」が選ばれた。隠れた課題を見つけ出したアイデアが評価された。(2018/7/10)

わびしく見える温泉街の実情は?:
伊東温泉の現状から地方の観光地の縮図が見えてきた
「伊東に行くならハトヤ! 電話はヨイフロ」というテレビCMをご存じの方も多いだろう。かつて伊東は温泉街として全国にその名を轟かせた。しかし最近、伊東を訪れた人々は皆、街に活気がない、寂れているという印象を持つ。その現状を探ってみたら日本の観光産業の縮図が見えてきた。(2018/6/27)

湯上がりにeスポーツ観戦できる 有馬温泉にeスポーツバー「BAR DE GOZAR」オープン
ライト層でも楽しめるeスポーツバー。(2018/6/2)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(39):
大分編:別府に支社を作ったら、別府も緩やかに変化する――移住と仕事の相乗効果
温泉付き一軒家「フロムーン」で短期移住体験はいかが?――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編第3回は、別府の移住支援事情、地方に支社を作ることの意義などをお届けします。(2018/4/16)

蓄電・発電機器:
“温泉発電”も視野に、米国の温度差発電ベンチャーが日本で事業展開
温度差発電技術を持つ米国のベンチャーMATRIX Industriesが日本での事業展開を拡大。同技術を生かした“体温で発電する”スマートウォッチを販売する他、温泉を活用した発電システムも検討するという。(2018/4/13)

なぜ? 日本に存在する「絶対に入れない温泉」
「変な場所にあるから」……とか「熱すぎるから」とかではなくて。(2018/4/11)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(38):
大分編:蛇口をひねれば温泉が!――別府で働くゲームプログラマーのリアルなエンジニアライフ
「ちょっと休憩がてら温泉入ってきます」がリアルに実行可能。そう、別府ならね――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編第2回は、ゲームプログラマー兼、fuzz別府支社長の登場です。(2018/4/10)

「界 アルプス」が再開業:
夏は活況、冬は閑散だった大町温泉を星野リゾートはどう活性化した?
長野・大町にある温泉旅館「界 アルプス」。星野リゾートが運営する同施設が2017年12月にリニューアルオープンした。これにより、特に冬場の客室稼働率をいっそう高めていきたい考えだという。(2018/4/4)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(37):
大分編:東京のゲーム会社が「別府」で歓迎された理由――温泉Tシャツで知事と握手!
大阪、福岡、札幌のようなメジャーな都市ではなく、名刺交換した相手が「どうしてそんなところに支社を?」と、つい聞いてしまうような地域に支社を作りたかった――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編スタートです。(2018/4/2)

自然エネルギー:
温泉の未利用熱で100kW級の発電、静岡県にバイナリー発電所
IHIプラント建設は、JX金属が建設した下田温泉バイナリー発電所向けに、100kW(キロワット)級バイナリー発電装置「HEAT INNOVATOR」の引渡しを完了した。同装置は、熱源温度によって2機種のラインアップをそろえ熱源に適した機種選定が可能だ。(2018/3/28)

6坪の店に熱気:
温泉街の小さな店に大行列 「熱海プリン」が生まれたワケ
熱海の温泉街に生まれた「熱海プリン」が売れている。新たに「熱海の商店街で一番並ぶ店」となった熱海プリンが生まれたワケとは?(2018/3/20)

「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」 別府温泉サイトにライバル支援する広告 掲載の意図は?
ネットでは別府温泉の姿勢に賛同する声が。(2018/2/23)

キットカットで湯上がり気分? 全国の温泉地限定で「キットカット 温泉饅頭味」が登場
「ねこ百景」コラボでかわいいデザイン。(2018/2/19)

「いい湯だニャ」「疲れが取れるワン」 にゃらんと柴犬まる、春の温泉旅を満喫
一緒に行きたいです。(2018/2/15)

「行きたすぎる」「天国やんか」 箕面温泉スパーガーデンの「無料ゲームセンター」はなぜ生まれたのか【タイトル一覧あり】
サムライスピリッツ・熱血高校ドッジボール部・アルカノイドなどの名作筐体がそろっています。(2018/2/6)

幻想的な雪景色を求めて:
大正ロマン感じる山形・銀山温泉 観光客が増えたワケは
山形県尾花沢市の銀山温泉が注目を浴びている。歴史ある温泉街だが、近年の観光客数は横ばい状態だった。しかし16年度、急激に観光客が増加。そのワケとは?(2018/2/2)

大学最後の追い込みに、温泉旅館にこもり卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 書き終わった人は「卒論お疲れパック」もあるよ!
集中できない人は温泉旅館へ急げ……!(2018/1/17)

旅館「えいえいっ!解けた?」温泉「解けてないよ」 寒さでまさかの「温泉が凍る」悲報 Twitter民から困惑の声
復旧までの様子をツイートしています。(2018/1/14)

雪降る銀山温泉が言葉を失う美しさ 「大正浪漫の風情溢れる温泉郷」を捉えた写真に「行ってみたい」の声
この世のものとは思えない美しい景色です。(2018/1/8)

ポテト工場から温泉旅館まで! “AI祭り”の2017年「事例記事」ベスト10
2017年に掲載した事例記事で一番読まれたのは? 年末らしくランキング形式でまとめてみました。気になる1位の記事は……?(2017/12/28)

「はぁ〜極楽、極楽」 温泉に入るトラやパンダのカプセルトイが大江戸温泉物語に登場
みんな幸せそう。(2017/12/16)

お風呂に入ってまったりほっこり 夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場
テーマは湯けむり温泉旅。(2017/12/7)

えんやの銭湯イラストめぐり:
しょ、昭和だああああ! 赤じゅうたんの宴会場が風情たっぷり「蒲田温泉」は焼きそばがうまい
「えんやの銭湯イラストめぐり」11回目は東京都大田区の「蒲田温泉」を紹介。赤絨毯の宴会場がイイ味出しています。(2017/12/2)

道後温泉本館を遺すため、総額約5億円のクラウドファンディング実施 最大10年間の入浴フリーパスがもらえる
全国初、国の重要文化財での「浴場営業をしながらの保存修理工事」がスタート予定。(2017/11/28)

自然エネルギー:
温泉の余剰熱で発電、東海3県初のバイナリー発電所
岐阜県高山市の温泉地帯である「奥飛騨温泉郷」に、源泉の余剰エネルギーを活用するバイナリー発電所が完成した。東海3県初のバイナリー発電所で、一般家庭約110世帯分の年間電力消費量に相当する発電量を見込んでいる。(2017/11/17)

道後温泉駅にスターバックスがオープン 明治洋風建築の駅舎が店舗に
店内には枕木とレールで作ったテーブルも。(2017/11/6)

2万本無料配布:
ガリガリ君、新商品は「温泉まんじゅう味」
赤城乳業が新商品を発表。「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」を10月31日から販売する。(2017/10/25)

ガリガリ君から「温泉まんじゅう味」が登場 温泉まんじゅうの皮を再現した“スポンジダイス”入り
ナポリタン味やシュークリーム味などいろいろあったが、そう来たか……!(2017/10/24)

【マンガ】「入れない温泉」があるって知ってた?
「温泉法」で定められている。(2017/10/16)

美しい 北海道・知床にふさふさしっぽの黒いキツネが現れる
温泉が好きなフレンズかな。(2017/10/5)

温泉から眺める凍った滝 冬だけの絶景が体験できる露天風呂が青森・奥入瀬のホテルに誕生
日本初です。(2017/9/30)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
NECから温泉旅館へ転身――元エンジニアが挑む、老舗ホテルのIT化
箱根湯本にある老舗ホテル「ホテルおかだ」。このホテルでは、AIを導入するなど積極的なIT活用を進めている。その中心となって動いている原さんは、NECにも勤めた経験のあるエンジニアという異色の経歴を持っている。(2017/7/31)

あのキャラに花束を:
死んだら温泉に転生しました 『異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる』お湯になった熱美くんの生活
温泉には温泉の生き方がある。(2017/7/15)

おふろcafe誕生秘話:
閉店に追い込まれた温浴施設が若者から大人気になった理由
若い女性に人気の温浴施設「おふろcafe utatane」――。実は4年前までは年配の男性客が中心で、しかも赤字続きのスーパー銭湯だったという。おふろcafe utataneを運営する温泉道場の山崎寿樹社長はどのようにして施設を改革したのか。(2017/6/29)

えんやの銭湯イラストめぐり:
源泉100%の「美肌の湯」でツルツル肌に! 下町情緒漂う蒲田の名店「はすぬま温泉」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第2回は「美肌の湯」で有名な蒲田・はすぬま温泉を紹介します。(2017/7/1)

創業明治39年、料理も定評:
詩人・中原中也ゆかりの老舗温泉宿、破産
1930年代に活躍した詩人・中原中也ゆかりの温泉宿「湯田温泉 西村屋」が破産。(2017/6/9)

自然エネルギー:
森林面積が日本一の市で完成したバイオマス発電、発電で生じた熱は温泉に供給
飛騨高山グリーンヒートが岐阜県高山市で建設を進めてきたバイオマス発電所が完成した。未利用木材を加工した木質ペレットを発電燃料として利用。年間発電量は約126万kWh(キロワット時)、送電量は約120万kWhを見込む。一般家庭約368世帯分の年間消費電力に相当するという。(2017/5/8)

全国の家庭に温泉が無料!? 大分県別府市の返礼事業「別府温泉の恩返し」PRムービーを公開
まさに「温泉」ならぬ「恩泉」。(2017/4/25)

茨城県がパワフリャな地方PR動画を公開 3分間マッチョが温泉に入るだけのおとこ気100%な内容
筋トレしよう。そして温泉に行こう。(2017/4/25)

静岡県・西伊豆 絶景の岬やガラス工房、温泉宿で暮らす猫ちゃんたち
生後1カ月の仔猫ちゃんも登場します。(2017/4/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。