ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「温泉」最新記事一覧

関連キーワード

お風呂に入ってまったりほっこり 夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場
テーマは湯けむり温泉旅。(2017/12/7)

えんやの銭湯イラストめぐり:
しょ、昭和だああああ! 赤じゅうたんの宴会場が風情たっぷり「蒲田温泉」は焼きそばがうまい
「えんやの銭湯イラストめぐり」11回目は東京都大田区の「蒲田温泉」を紹介。赤絨毯の宴会場がイイ味出しています。(2017/12/2)

道後温泉本館を遺すため、総額約5億円のクラウドファンディング実施 最大10年間の入浴フリーパスがもらえる
全国初、国の重要文化財での「浴場営業をしながらの保存修理工事」がスタート予定。(2017/11/28)

自然エネルギー:
温泉の余剰熱で発電、東海3県初のバイナリー発電所
岐阜県高山市の温泉地帯である「奥飛騨温泉郷」に、源泉の余剰エネルギーを活用するバイナリー発電所が完成した。東海3県初のバイナリー発電所で、一般家庭約110世帯分の年間電力消費量に相当する発電量を見込んでいる。(2017/11/17)

道後温泉駅にスターバックスがオープン 明治洋風建築の駅舎が店舗に
店内には枕木とレールで作ったテーブルも。(2017/11/6)

2万本無料配布:
ガリガリ君、新商品は「温泉まんじゅう味」
赤城乳業が新商品を発表。「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」を10月31日から販売する。(2017/10/25)

ガリガリ君から「温泉まんじゅう味」が登場 温泉まんじゅうの皮を再現した“スポンジダイス”入り
ナポリタン味やシュークリーム味などいろいろあったが、そう来たか……!(2017/10/24)

熊野川温泉を見舞ったトラブル:
男湯も女湯も泡だらけ、悪質ないたずら誰が……
和歌山県新宮市熊野川町にある市運営の温泉施設「熊野川温泉さつき」で8月中旬、洗い場やジェットバスが大量の泡であふれるトラブルが発生した。(2017/10/17)

男湯も女湯も泡だらけ 悪質ないたずら誰が……和歌山の温泉を見舞ったトラブル
和歌山県の温泉施設「熊野川温泉さつき」で8月、洗い場やジェットバスが大量の泡であふれるトラブルが発生した。ボディーソープなどを使った何者かによる悪質ないたずらとみられる。(2017/10/17)

【マンガ】「入れない温泉」があるって知ってた?
「温泉法」で定められている。(2017/10/16)

美しい 北海道・知床にふさふさしっぽの黒いキツネが現れる
温泉が好きなフレンズかな。(2017/10/5)

温泉から眺める凍った滝 冬だけの絶景が体験できる露天風呂が青森・奥入瀬のホテルに誕生
日本初です。(2017/9/30)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
NECから温泉旅館へ転身――元エンジニアが挑む、老舗ホテルのIT化
箱根湯本にある老舗ホテル「ホテルおかだ」。このホテルでは、AIを導入するなど積極的なIT活用を進めている。その中心となって動いている原さんは、NECにも勤めた経験のあるエンジニアという異色の経歴を持っている。(2017/7/31)

「なぜ金券がターゲットになるのか」:
ふるさと納税返礼巡り群馬・草津町長がバトル 総務省に乗り込み
ふるさと納税の返礼品をめぐり、総務省が換金性の高い金券は控えるよう求めた通知に対し、日本を代表する温泉を持つ群馬県草津町の黒岩信忠町長が猛然と反発。(2017/7/26)

あのキャラに花束を:
死んだら温泉に転生しました 『異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる』お湯になった熱美くんの生活
温泉には温泉の生き方がある。(2017/7/15)

おふろcafe誕生秘話:
閉店に追い込まれた温浴施設が若者から大人気になった理由
若い女性に人気の温浴施設「おふろcafe utatane」――。実は4年前までは年配の男性客が中心で、しかも赤字続きのスーパー銭湯だったという。おふろcafe utataneを運営する温泉道場の山崎寿樹社長はどのようにして施設を改革したのか。(2017/6/29)

えんやの銭湯イラストめぐり:
源泉100%の「美肌の湯」でツルツル肌に! 下町情緒漂う蒲田の名店「はすぬま温泉」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第2回は「美肌の湯」で有名な蒲田・はすぬま温泉を紹介します。(2017/7/1)

創業明治39年、料理も定評:
詩人・中原中也ゆかりの老舗温泉宿、破産
1930年代に活躍した詩人・中原中也ゆかりの温泉宿「湯田温泉 西村屋」が破産。(2017/6/9)

自然エネルギー:
森林面積が日本一の市で完成したバイオマス発電、発電で生じた熱は温泉に供給
飛騨高山グリーンヒートが岐阜県高山市で建設を進めてきたバイオマス発電所が完成した。未利用木材を加工した木質ペレットを発電燃料として利用。年間発電量は約126万kWh(キロワット時)、送電量は約120万kWhを見込む。一般家庭約368世帯分の年間消費電力に相当するという。(2017/5/8)

全国の家庭に温泉が無料!? 大分県別府市の返礼事業「別府温泉の恩返し」PRムービーを公開
まさに「温泉」ならぬ「恩泉」。(2017/4/25)

茨城県がパワフリャな地方PR動画を公開 3分間マッチョが温泉に入るだけのおとこ気100%な内容
筋トレしよう。そして温泉に行こう。(2017/4/25)

静岡県・西伊豆 絶景の岬やガラス工房、温泉宿で暮らす猫ちゃんたち
生後1カ月の仔猫ちゃんも登場します。(2017/4/15)

「温泉メリーゴーラウンド」、本当にやるのか……別府市の「湯〜園地」に3000万円以上の出資集まる
目標達成により、8つの企画が実現することに。(2017/4/10)

観光名所・那須高原の猫さんたち おしゃれなお店や秘境の温泉宿で暮らしているにゃ
すぐそばに自然がある暮らしがステキです。(2017/4/8)

温泉マーク、おなじみ3本湯気デザインは廃止されず 国際規格の新デザインと選択できる方式へ
経産省が温泉マークを含む7つのピクトグラムの変更について最終案を発表しました。(2017/3/22)

案内用図記号の改正:
おなじみの温泉マークは存続 新マークとの選択制に
おなじみの温泉マークは新マークとの選択制とすることで存続が決まった。(2017/3/22)

温泉マーク、変更なし 国際規格と併用へ 経産省
デザイン変更が検討されていた温泉マークは、国際規格と併用する方針に。(2017/3/22)

自然エネルギー:
地熱発電の開発プロジェクト、資源が豊富な大分県・九重町で
九州電力は新しい地熱発電所の建設に向けて、大分県の九重町で5月から資源調査を開始する。九重町は日本最大の地熱発電の集積地だが、これまで開発対象になっていなかった地域で調査に乗り出す。地下の構造を推定する地表調査や温泉のモニタリング調査を実施して地熱発電の可能性を探る。(2017/3/21)

温泉モチーフの美少女「温泉むすめ」プロジェクト始動! アニメPV公開&クラウドファンディング開始
アニメは「温泉むすめ」だけに肌色成分多めです……!(2017/3/15)

自然エネルギー:
100℃以下の温泉水で地熱発電、温泉の町がCO2フリーの電力を地産地消
火山地帯の北海道・洞爺湖町で地熱発電が始まった。温泉組合と町が事業者になって、100℃以下の温泉水を利用できるバイナリー方式の発電設備を稼働させた。CO2を排出しない電力を生み出して、周辺のホテルや旅館まで温泉水を配湯する。環境を重視する温泉町の魅力で観光客を増やす狙いだ。(2017/3/15)

電子ブックレット/自然エネルギー:
エネルギー列島2016年版(44)大分
地熱発電で全国の先頭を走る大分県では、さまざまな方式で電力を作る。低温の蒸気と熱水を利用するバイナリー方式のほか、温泉水を使わずに地中の熱を吸収して発電する実証設備が世界で初めて運転に成功した。森林地帯と臨海工業地帯では大規模なバイオマス発電所が電力の供給を開始した。(2017/3/14)

老舗温泉旅館「一の湯」、Oracle Service Cloud導入でカスタマーサービスを拡充
300年以上続く箱根温泉旅館の老舗「一の湯」が、オラクルのカスタマーサービス支援クラウド「Oracle Service Cloud」を採用。自社Webサイト経由の予約客増加とインバウンド需要に向けたサービス拡充を目指す。(2017/3/10)

ウリムーを集めていたらイノムーがお出まし【みんなのポケGO写真】
たまに温泉を掘り当てるとか。(2017/3/9)

よく来たニャ 楽天トラベルがお宿自慢の「看板猫」ランキング2017を発表!
1位は「別府温泉 新玉旅館」のミルクでした。(2017/3/4)

別府市「湯〜園地」開園へ 調達額が1000万円突破 「温泉スライダー」「架け橋かけ湯」など設営決定
大分県別府市が“遊べる温泉施設”「湯〜園地」の実現に向け、クラウドファンディングで集めていた資金が目標額1000万円を突破。(2017/3/2)

エネルギー列島2016年版(44)大分:
資源に影響を与えない地熱発電所、日本一の温泉県で動き出す
地熱発電で全国の先頭を走る大分県では、さまざまな方式で電力を作る。低温の蒸気と熱水を利用するバイナリー方式のほか、温泉水を使わずに地中の熱を吸収して発電する実証設備が世界で初めて運転に成功した。森林地帯と臨海工業地帯では大規模なバイオマス発電所が電力の供給を開始した。(2017/2/28)

9頭身モデル・朝比奈彩、「週プレ」で魅せるアートなエロス 現役女子大生グラドル・忍野さらと疑似温泉デートも
モデルさんのグラビア進出がめざましい。(2017/2/27)

日帰り温泉&スパランキング2017発表! 指宿の「たまて箱温泉」が4年連続1位に!
秘境温泉からスーパー銭湯まで幅広くランクインしました。(2017/2/18)

天木じゅん、「週プレ」で魅せる二次元ボディー 「大学生の温泉旅行」テーマに“手ぬぐい水着”も
表紙&巻頭は“神ボディー”の新人キャスター・伊東紗冶子さん。(2017/2/13)

温泉×カフェ×人をダメにするソファ 「人をダメにする温泉カフェ」が神奈川県に登場
ダメになりたい。(2017/2/11)

温泉ジェットコースターの実現が期待される(?)別府市の「湯〜園地」、出資者へのリターン明らかに
目指すは1億円! 集まった資金次第でアトラクション増も。10日から。(2017/2/9)

東京都の「銭湯マップ」が作られTwitterで話題に スーパー銭湯・日帰り温泉含む約700軒の最新情報を掲載 全国版も製作中
すぐにでも使いたくなる便利マップ!(2017/2/8)

電力供給サービス:
沖縄にスマートシティを開発、コージェネや再エネでCO2を20%以上削減
沖縄本島の南部を走るモノレールの延伸計画に合わせて、新設する駅の周辺地区にスマートシティを開発する。都市ガスと温泉に含まれる天然ガスを使って電力と熱を供給するほか、太陽光・風力や廃棄物発電の電力も併用する予定だ。石油火力発電が主体の沖縄県でCO2排出量の削減に取り組む。(2017/2/8)

“温泉入りジェットコースター”で話題をかっさらった別府市が「湯〜園地」実現に向けクラウドファンディング開始 目標は1億円
リターンは何がもらえるんだろう。(2017/1/25)

別府市、クラウドファンディングで1億円募る “遊べる温泉施設”実現へ
大分県別府市が“遊べる温泉施設”の実現に向け、1億円のクラウドファンディングをスタートする。(2017/1/25)

「温泉」が薄毛問題を解決する? 育毛博士に聞く発毛研究の最先端
(2017/1/19)

「ユーリ!!! on ICE」の一番くじ登場! Wユーリとヴィクトルが仲良く温泉に入るシーンも
……欲しい。(2017/1/17)

電子ブックレット/自然エネルギー:
地熱発電プロジェクト最前線 −Part 6−
地熱資源が豊富な東北や九州、さらに海外では米国やトルコで新しい地熱発電所の建設プロジェクトが進んでいる。福島県の温泉跡地で掘削調査が進み、大分県では地下水を使わない地熱発電システムの実証運転を実施した。米国では地熱と水力のハイブリッド発電設備が運転を開始している。(2016/12/21)

自然エネルギー:
地熱発電の調査を全国26地域で実施、東京電力は栃木県の日光市で
2016年度に総額100億円の国家予算を投入して支援する地熱資源開発の対象地域に全国26地域が決まった。北海道の10地域をはじめ、東北で5地域、九州で7地域、さらに関東や北陸の温泉地帯でも、地熱発電所の建設に向けて地質調査を実施する。2020年代の半ばから運転を開始できる見込みだ。(2016/12/15)

自然エネルギー:
飛騨高山の温泉で木質バイオガス発電、地元産のペレットを燃料に熱も供給
全国屈指の観光地で知られる岐阜県・高山市は面積の92%を森林が占めている。森林で発生する間伐材を加工した木質ペレットを燃料に利用して、電力と熱を供給する事業が市内の温泉施設で始まる。木質ペレットからガスを発生させて電力を作り、排熱による温水を施設内に供給する計画だ。(2016/12/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。