ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スピンオフ」最新記事一覧

関連キーワード

Amazonの力、お借りします! 「ウルトラマンオーブ」スピンオフが配信決定
全12話でガイとジャグラーの“始まりの物語”を描く。(2016/11/28)

FOCUS 2016 Report:
「復活」を宣言したMcAfee、昔の社名に戻る理由とは?
Intelのセキュリティ事業部門「Intel Security」がスピンアウトし、「McAfee」として再出発を切ることになった。独立の狙いや以前の社名に戻る理由をコーポレート バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのブライアン・ダイ氏に聞いた。(2016/11/7)

FOCUS 2016 Report:
IntelからスピンアウトのMcAfee、新ブランドで“復活”宣言
Intelから独立する「McAfee」が新しいロゴとブランドを発表した。Intelによる買収以前のイメージを継承しつつ、変化するセキュリティ業界に対応していく新しさも打ち出す。(2016/11/3)

ソニー、デジカメ事業を分社化
ソニーは、イメージング事業を担当する100%出資の新会社「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社」を設立する。これにより、ソニーグループの主要事業はすべてグループ子会社で運営されることになる。(2016/10/27)

電力供給サービス:
急浮上した原子力事業の分離案、東京電力の改革の道は険しく
政府が委員会を設置して検討を開始した「東電改革」の中で、立て直しを迫られる原子力事業を別会社に分離する案が出てきた。巨額の賠償・廃炉・除染費を捻出しながら、それを上回る利益を稼ぎ出して脱・国有化を図るための方策だ。将来は廃炉ビジネスの拡大も視野に入る。(2016/10/27)

ソニー、カメラ部門を分社化 「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ」設立
ソニーが民生用カメラ事業や業務用製品事業を分社化し、新会社「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ」を設立する。(2016/10/26)

ソニー、カメラ事業を分社化 全主要事業が本体から分離
ソニーがカメラ事業を分社化する。(2016/10/26)

Zuken Innovation World 2016:
図研プリサイトが“めざす先”とは、統合BOMに加え「ナレッジ」も
図研のプライベートイベント「Zuken Innovation World 2016」に、2016年4月に分社独立した図研プリサイト社長の上野泰生氏が登壇。「まっ先に、めざす先。」と題し、同社のビジョンを紹介した。(2016/10/24)

あのキャラに花束を:
スピンオフ最新刊ではまさかの“ほぼ主役” 「ガルパン」逸見エリカのまっすぐすぎる青春
しょんぼりシーン多い子だけど、頑張りやさんなんです。(2016/10/5)

HKT48「最高かよ」のスピンオフMV、オリラジ藤森らがパリピな合いの手入れまくり
覚えなきゃ(使命感)。(2016/9/26)

併せて、SUSEとの提携も発表:
HPE、非中核ソフトウェア事業をスピンオフ マイクロフォーカスと統合新会社設立へ
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は、非中核ソフトウェア事業をスピンオフすると発表。英マイクロフォーカスと統合させる。(2016/9/9)

Intel、セキュリティ部門をスピンアウト 社名はまた「McAfee」に
Intelが2011年に買収したMcAfee(現在は「Intel Security」)の株式の過半を投資会社に売却し、独立したセキュリティ企業「McAfee」としてスピンアウトする。(2016/9/8)

電力供給サービス:
東京電力が大幅な減収減益に、売上高が18%減る
東京電力の分社化後で初めての四半期決算は厳しい内容だ。売上高が前年から2866億円も減り、利益は4割近く落ち込んだ。販売電力量が減少したことに加えて、燃料の輸入価格の低下が売上高と利益の両面に影響した。黒字は確保するものの、今後も減収減益が続く可能性は大きい。(2016/7/29)

若き日のハン・ソロはアルデン・エーレンライク 「スター・ウォーズ」スピンオフ主演に
スピンオフの舞台は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」直前の時代。(2016/7/18)

Creeから分社化したパワー&RF事業:
InfineonがWolfspeedを買収へ、SiC事業を強化
Infineon Technologiesが、米Creeからパワー&RF事業部として分社化したWolfspeedを8億5000万米ドルで買収する。(2016/7/15)

公式Twitterを漫画化した「シャープさんとタニタくん」のスピンオフラジオドラマがスタート タニタくん役に西山宏太朗さん
タニタくんがしゃべるよ!(2016/7/12)

アニメ「暗殺教室」劇場版総集編の公開が決定 新規オリジナルシーンもあるぞ!
スピンオフコミック「殺せんせーQ(クエスト)!」の初アニメ化と同時上映も決定!(2016/7/1)

アニメ「オーバーロード」のスピンオフアニメ「ぷれぷれぷれあです」全話無料配信中 もしかして本編2期クルー?
アインズ様のご威光にひれ伏しながら視聴しましょう。(2016/6/21)

冨樫義博が「ヒソカの過去」執筆に意欲 「東京喰種」石田スイによるスピンオフきっかけに
「少年ジャンプ+」で、冨樫先生と石田先生の対談が実現。(2016/6/3)

にこるん、ドラマ初出演で主演に フジテレビ「好きな人がいること」スピンオフで女子高生役
武田玲奈さん、井上苑子さんとともに。(2016/5/23)

故・松智洋さん著「パパのいうことを聞きなさい!」スピンオフ版が刊行決定
小鳥遊家三姉妹にまた会える。(2016/5/21)

随所に見える使い勝手の改善 「FMV」の2016年夏モデルは“ベーシック”に注目
富士通のPC事業が分社化してから初めて登場する「FMV」の新モデル。さまざまな面で使い勝手を改善した2016年夏のベーシックモデルには特に注目したい。(2016/5/17)

「arrows M02」の後継機は検討中:
より安心・便利なスマホ/タブレットを目指して――arrows2016年夏モデルの工夫
「arrows SV F-03H」と「arrows Tab F-04H」は、富士通が携帯電話事業を分社化してから初めての新機種。従来機種での課題を踏まえ、よりユーザーにとって安心や便利を与えるべくさまざまな工夫を凝らしている。(2016/5/16)

「弱虫ペダル」アニメ第3期は2017年1月から スピンオフ「スペアバイク」もアニメ化
「弱虫ペダル SPARE BIKE」は9月に2週間限定で上映。(2016/5/15)

クックパッド、本業への集中始まる 一部サービス分社化、子会社株式の売却検討
経営陣を刷新したクックパッドが、本業へ集中する具体的な動きを始めた。(2016/5/10)

「こびとづかん」のスピンアウトアニメ「ちょびっとづかん」放送決定 シュールからカワイイ系に顔が一変
顔のしわがとれてツヤツヤになってますぞ。(2016/5/5)

「仮面ライダードライブ」スピンオフ第2弾発売決定! 主役はマッハとハート
マッハとハートの物語2作品を収録。(2016/4/17)

「スター・ウォーズ」のスピンオフ「ローグ・ワン」予告公開!
高まってきた!(2016/4/7)

製造マネジメントニュース:
図研プリサイトが営業開始、PLM/CAD導入支援/ナレッジ管理事業を一体分社化
図研は、製造業向けのPLM(製品ライフサイクル管理)ソリューション、3D CAD導入支援サービス、ナレッジソリューションなどを手掛ける事業部門を一体分社化した「株式会社図研プリサイト」が2016年4月1日から営業開始したと発表した。(2016/4/4)

「民王」4月に2週連続で復活 スピンオフでは秘書・貝原が主役で書籍も発売
一冊まるごと“秘書・貝原”のスピンオフ本も発売決定。原案・池井戸潤「ホントにやるの?」と驚き。(2016/3/9)

NHK朝ドラ「あさが来た」のスピンオフドラマが放送決定 最終週の新たな出演者も発表に
スピンオフドラマはBSプレミアムで4月23日放送。(2016/3/3)

四つの戦略と“老舗の価値”で、新たなビジネスに対応する:
PR:新生HPEは何を目指そうとしているのか?
米Hewlett-Packardの分社化に伴い、エンタープライズ事業を担うことになった「Hewlett Packard Enterprise」(HPE)では、四つの戦略領域を掲げ、顧客企業の新しいビジネススタイル、「新たな価値創出」すなわち「攻めのIT」を実現しようとしている。その中でも、あらゆる領域に関わるのが「デジタル・エンタープライズの保護」という柱だ。この戦略の目指すところを、二人のエバンジェリストが語ってくれた。(2016/3/1)

新生ベリタスが事業戦略発表、バックアップの“先”も展開
シマンテックから分社・独立したベリタスが国内事業を本格始動させた。従来のバックアップの中核にしつつ、「情報管理」ソリューションを展開する。(2016/2/15)

班長……購入……! 1日外出券……! 「カイジ」のスピンオフ「1日外出録ハンチョウ」ヤンマガサードに掲載
悪魔的スピンオフ……!(2016/2/4)

映画「バケモノの子」DVD&BD スペシャル版特典は細田守監督書き下ろしのスピンオフ短編小説
丸太と熊徹たちが帰ってくる!(2016/1/18)

石川温のスマホ業界新聞:
富士通が携帯端末事業を会社分割。社長は高田克美氏――官製不況到来目前に、他社との経営統合を模索か
富士通が2015年10月に発表した携帯電話端末事業の分社化の詳細が明らかとなった。新設子会社に会社分割で事業譲渡する形式を取るが、市場動向によっては他社を巻き込んだ、さらなる事業再編が進むかもしれない。(2016/1/8)

富士通、PC・携帯事業を分社化 新会社設立へ
富士通がPC事業と携帯端末事業を2016年2月1日付で分社化する。経営責任の明確化と経営判断の迅速化、効率化が狙いだ。(2015/12/24)

富士通、PC・携帯事業の分社化を発表 新会社設立
富士通はPC事業と携帯電話端末事業をそれぞれ分社化し、新会社に移管する。(2015/12/24)

東芝がPC事業分社化 法人向けを中核に、個人向けは国内で継続
東芝はPC事業の構造改革を発表した。(2015/12/21)

東芝、PC事業分社化 テレビは国内で開発・販売継続 再編を正式発表 青梅は閉鎖・売却へ
東芝がPC、テレビ、家電各事業の構造改革を正式発表した。(2015/12/21)

東芝、「NANDフラッシュ事業分社化へ、上場検討」報道にコメント
東芝は、同社がNANDフラッシュメモリ事業を分社化し、株式を上場させる方向で検討に入ったと伝えた一部報道にコメントした。(2015/12/18)

HP分社化までの道のり
そのときHPの歴史が動いた――歴代CEOたちの戦略の変遷を振り返る
米Hewlett-Packard(HP)の過去を振り返ってみると、HP Inc.とHewlett Packard Enterpriseへの分社化に至る重大な分岐点があったことが分かる。(2015/12/10)

シャープ、「液晶分社化・JDIとの統合視野」報道にコメント
シャープが液晶事業を分社化するとの報道に対しコメントを発表。(2015/12/9)

漫画版「Press Enter■」(1):
「賢者の贈り物」〜第1話 IT戦士たちの女子会
エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」待望のコミック化! 第一弾は、ITベンダーのエンジニアたちが主人公の「罪と罰」からのスピンアウト企画「賢者の贈り物」。レイコさんが、クミちゃんが、マンガになって帰ってきました!(2015/12/4)

車載半導体:
パナソニックが子会社の車載モジュール事業を本体に吸収、ADAS提案力を強化
パナソニックは、半導体事業を分社化した連結子会社から車載モジュール事業を吸収分割すると発表した。パナソニック本体で、デバイスからシステムまで一貫して開発することにより先進運転支援システム(ADAS)分野での競争力を高めたい考え。(2015/12/2)

エネルギー管理:
持ち株会社へ移行の東京電力、発電子会社は“運営ノウハウ”でもうけを狙う
東京電力は、2016年4月に分社化予定の発電子会社「東京電力フュエル&パワー(FPC)」の事業戦略について説明。高効率な次世代火力発電所の導入による燃料コストの削減や、発電所の効率的な運営などの強みを生かし、新たなビジネスとして外部に提供することも検討する。(2015/12/1)

まじかあああああ! 「GANTZ」のフル3DCGアニメが来年公開! ミラクルジャンプでは奥浩哉先生原作のスピンオフ「GANTZ:G」がスタート
謎の情報サイト「GANTZ:X」もチェックしてみてくだちい。(2015/11/17)

「ハリポタ」スピンオフ最新作のビジュアルが公開! 杖を片手にこちらを見つめるエディ・レッドメイン
米誌「Entertainment Weekly」が表紙に採用したもの。(2015/11/5)

HP Inc.のCTOが語る:
PC市場の先を目指すHP、分社化は成功するのか
11月から「Hewlett Packard Enterprise」と「HP Inc.」の2社に分かれたHP。競合であるDellやLenovoの動きに逆行しているとみるアナリストもいるが、分社化については賛同する見方もあるようだ。(2015/11/4)

分社化の波:
「IT企業は青いロゴばかりなので、緑色にしました」――米HPが分社化、“Hewlett Packard Enterprise”始動
日本ヒューレット・パッカードが事業説明会を開催し、米HPが「HP Inc.」と「Hewlett Packard Enterprise」に分社化した理由を説明した。(2015/11/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。