ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SQL」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Database Expert − @IT
SQL実践講座 インデックス − @IT
Insider's Computer Dictionary [SQL] − @IT
質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック

SQL Serverトラブルシューティング(8):
アプリケーションが「どのプロトコルで接続しているのか」を確認する
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「ネットワーク通信とプロトコルの選択」を解説します。(2016/7/25)

SQL Serverトラブルシューティング(7):
SQL Serverが起動後に行っている重要な処理、「復旧処理」を理解する
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「起動後に行っている、データベースの復旧処理の裏側」を解説します。(2016/7/22)

IoTスペシャリストを目指そう(4):
第4問 IoTで注目される「NoSQL」データベースとは?
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTで注目される「NoSQL」データベースについてです。(2016/7/22)

Ubuntuフォーラムから200万人の情報流出、放置の脆弱性が悪用される
攻撃者は、パッチが当てられていなかったvBulletinのプラグイン「Forumrunner」のSQLインジェクションの脆弱性を悪用していた。(2016/7/19)

MPPアーキテクチャを採用し、大規模なデータ処理を可能に:
マイクロソフト、「Azure SQL Data Warehouse」を一般向けに提供開始
マイクロソフトは、「Azure SQL Data Warehouse」を一般向けに提供開始した。MPPアーキテクチャを基盤とし、大規模なデータ処理が可能である他、「SQL Server」のツールと互換性があるという。(2016/7/15)

SQL Serverトラブルシューティング(6):
SQL Serverの動きが変わる、サービス起動アカウントに実行権限を付与する方法
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「サービスへの権限付与と変更方法」について解説します。(2016/7/15)

SQL Serverトラブルシューティング(5):
SQL Serverの起動ログ「ERRORLOG」には、何が記録されているのか?
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「起動ログ“ERRORLOG”の見方」を解説します。(2016/7/14)

ジョーシス:
SQLが好きすぎる女子情シス、ラズパイで楽しいことしたい! 海老池千鶴さん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、大学で心理学を学んだにもかかわらず、ITが好きすぎて情シスになった海老池千鶴さん。PCの画面でソースコードを眺めながら朝食を食べ、SQLが好きすぎて、何でもSQLで書こうとしちゃう彼女の情シスライフは?(2016/7/8)

データの所有者/DB管理者の権限分離を実現:
「SQL Server Data Tools」、SQL Server 2016などに搭載される「常時暗号化」機能に対応
マイクロソフトの無償ツール「SQL Server Data Tools」が、SQL Server 2016とAzure SQL Databaseで提供される「Always Encrypted(常時暗号化)」機能に対応した。(2016/7/7)

SQL Serverトラブルシューティング(4):
「インストール後に導入ミスをしていた」ことが判明した(インストールトラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、具体的な対処方法を紹介していきます。今回は異なるエディションを間違って入れてしまったなどの場合の原因と解決策を解説します。(2016/6/30)

製造業IoT:
「SQL Server 2016」で産業用ロボットの故障予兆分析、ISIDがサービス展開へ
日本マイクロソフトは東京都内でデータベースプラットフォーム「SQL Server 2016」の説明会を開催。同会では、電通国際情報サービス(ISID)から、SQL Server 2016を活用した産業用ロボットの故障予兆分析サービスについて説明があった。(2016/6/29)

SQL Serverトラブルシューティング(3):
「インストール中にエラー」が発生した(インストールトラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、「SQL Serverで起こりがちなトラブル」を厳選して、具体的な対処方法を紹介します。今回は「インストール中にエラーが発生してしまった」場合の原因と解決策を解説します。(2016/6/21)

安定稼働の秘訣は“SQLの継続的な改善”:
PR:「使わない手はない!」 朋和産業はOracle Enterprise Managerによりデータベースの安定稼働とコスト削減を実現
朋和産業はOracle Database Applianceの導入を機に、システム統合管理ツールとして「Oracle Enterprise Manager」を導入。SQLチューニング・アドバイザを効果的に利用し、基幹データベースの安定稼働を実現している。同社 情報システム部長の野上博司氏は、「このツールを活用すれば、Oracle Databaseのコストを抑えて安定運用できる。使わない手はありません」と話す。[パフォーマンス改善][運用管理効率化][高可用性/災害対策][Oracle Enterprise Manager][Engineered System][Data Integration](2016/6/21)

SQL Serverトラブルシューティング(2):
SQL Serverのインストールウィザードで「ルールチェックに失敗」した(インストールトラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「インストールウィザードでルールチェックに失敗してしまう」場合の解決策を解説します。(2016/6/13)

SQL Serverトラブルシューティング(1):
それでは“ダメ”な「トラブル対応例」
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、「SQL Serverで起こりがちなトラブル」を厳選して、具体的な対処方法を紹介していきます。第1回目は「トラブルを適切に対処するための考え方」を解説します。(2016/6/7)

ハイパフォーマンスストレージが利用可能に:
マイクロソフト、「Azure SQL Data Warehouse」に「Premium Storage」を導入
マイクロソフトは「Azure SQL Data Warehouse」に「Premium Storage」を導入し、パフォーマンス予測とクエリの一貫性を向上させた。(2016/6/3)

デジタル時代、「OSSをいかに使いこなせるか」が勝負を分かつ:
PR:PostgreSQLを企業システムで安心・手軽に導入、活用する秘訣
市場変化が速い近年、ICTシステムにはイノベーティブな機能と変化対応力が強く求められている。これを実現する上では、ベンダーの事情に縛られず「本当にやりたいこと」ができるオープンソースソフトウェア(以下、OSS)の活用が欠かせない。だがとりわけ高度な信頼性・安定性が求められる企業システムのデータベースの場合、導入のハードルはひときわ高くなる。無理なく導入・活用するアプローチをPostgreSQLコミュニティの理事企業である富士通に聞いた。(2016/5/30)

柔軟性と利便性を向上、コストメリットも:
SQL Serverの既存ライセンス、「Azure VM」での再利用が簡単に
マイクロソフトは、EA契約でのSQL Serverの既存ライセンスを「Azure VM」で再利用できるようにした。SQL Serverワークロードを長期間実行するような使い方の顧客も、クラウド移行によるコスト削減効果が期待できるという。(2016/5/31)

DBチューニングとトラブルシューティングを容易に:
マイクロソフト、Azure SQL Databaseの新機能「Performance Dashboard」「Database Advisor」を披露
マイクロソフトは、クラウドデータベース「Azure SQL Database」の新機能である「Performance Dashboard」と「Database Advisor」の最新情報を公式ブログで紹介した。(2016/5/18)

小規模環境/開発者向けの無償配布エディションも用意:
マイクロソフト、「SQL Server 2016」正式版を2016年6月1日リリース
マイクロソフトは、データベースソフトウェアの最新版「SQL Server 2016」を6月1日より一般向けに出荷開始すると発表した。(2016/5/11)

他社RDBMSからの乗り換えで特別価格に:
Oracleから「SQL Server 2016」へ、マイクロソフトが移行支援策を展開
日本マイクロソフトが「SQL Server 2016」の導入支援策を発表。Oracle Databaseからの乗り換えで、ライセンスを特別価格で提供する。(2016/4/20)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(46):
実録:Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かしてみた
Windows Server 2016の新機能であるコンテナ管理技術「Containers」および「Windowsコンテナ」は、まだまだ不明な部分が多いです。ですが、Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かせるという情報を得たので実際に確認したことをご紹介します。(2016/4/14)

Database Watch(2016年4月版):
「SQL Server 2016」に搭載される新たなセキュリティ対策を追う
パブリックプレビューが公開されているマイクロソフトのRDB次期版「SQL Server 2016」。特徴の1つとするセキュリティ対策機能のポイントと目指すところをキーパーソンに聞いた。(2016/4/11)

Oracleユーザー向け「SQL Server」無料化なども発表
Linux版「Exchange」の開発はあるか、「SQL Server on Linux」登場で高まる期待
「SQL Server」のLinux版を発表し、「Oracle Database」からの乗り換え客にライセンスを無償提供する。“奇策”にも見えるMicrosoftのこうした取り組みは、同社が起こそうとしている変化の序章にすぎない。(2016/4/7)

「AWS Directory Service」でセットアップしたディレクトリを適用:
「Amazon RDS for SQL Server」がWindows認証をサポート
米Amazon Web Services(AWS)の「Amazon RDS for SQL Server」がWindows認証をサポートした。(2016/3/24)

Amazon、データベースをダウンタイムほぼ0でAWSに移行するツールを公開
Amazonは、オンプレミスのSQL ServerなどのデータベースをAWSに移行するサービス「AWS Database Migration Service」のプレビュー版を公開した。ダウンタイムなしで移行できる。正式版の価格は1テラバイト当たり3ドルになる。(2016/3/17)

ソフトバンク・テクノロジー IoT構築サービス:
「コストメリット」「構築スピード」「柔軟性」――三拍子そろったIoT構築支援サービス
ソフトバンク・テクノロジーは「Microsoft Azure」「Azure IoT Hub」「Azure SQL Data Warehouse」「Azure Machine Learning」などを組み合わせて、IoTプラットフォームの構築を支援する「IoT構築サービス」の提供を開始した。(2016/3/15)

コスト競争力をアピール:
「Oracle Database」から「SQL Server」へ、マイクロソフトが無料乗り換えプログラム
マイクロソフトは、「Oracle Database」から「SQL Server」に移行する顧客に、SQL Serverライセンスを無償提供するなどの乗り換え促進プログラムを打ち出した。(2016/3/11)

Microsoft、Eclipse Foundationのメンバーに
Linux版「SQL Server」を発表したMicrosoftが、今度はオープンソースのIDE「Eclipse」の非営利団体Eclipse FoundationにSolutions Memberとして参加すると発表した。(2016/3/9)

クロスプラットフォーム対応が着々と前進:
マイクロソフト、Linux版「SQL Server」を2017年半ばにリリースへ
マイクロソフトは、2016年出荷予定の「SQL Server 2016」をベースにしたLinux版SQL Serverを2017年半ばに投入する計画だ。(2016/3/8)

Microsoft、Linux版「SQL Server」のプレビュー開始 提供は2017年半ば
サービスや製品のマルチプラットフォーム化を進めるMicrosoftが、RDBMSの「SQL Server」のLinux版を発表した。プライベートプレビューへの参加申し込みが始まっており、公式版の提供は2017年半ばの予定だ。(2016/3/8)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるWAF
「SQLインジェクション」などの攻撃からWebサイト(Webアプリケーション)を守るWAF(Web Application Firewall)について、5分で解説します。(2016/3/7)

システムの裏で残り続け、IT部門が把握していない場合も:
マイクロソフト、隠れ“SQL Server 2005 Express”に注意喚起
マイクロソフトは、「SQL Server 2005」の無償エディション「SQL Server 2005 Express」のユーザーに向けて、間近に迫ったサポート終了への注意を喚起し、「SQL Server 2014 Express」へのアップグレードを呼びかけた。(2016/3/3)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(10):
DAO基礎テクニック──VBAでAccessデータベースの「テーブル/フィールドの作成、削除」を実践
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、VBAでAccessフォームにデータベースの「テーブル/フィールドの作成、削除」機能を配置するテクニックをお伝えする。(2016/2/26)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(9):
Accessのフォームに「CSVの読み込み/書き出し」機能を追加する方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、「CSVファイルの読み込み/書き出し」機能を追加するテクニックをお伝えする。(2016/2/19)

次のサポート終了はSQL Server 2005、使い続けるならどこに注意する?
4月12日にSQL Server 2005の延長サポートが終了するが、もし継続利用するならどんな脅威と対応を考えるべきかについて、トレンドマイクロが解説している。(2016/2/17)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(8):
Accessのコントロールに値集合タイプ/ソース、SQLでデータを表示する基本
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、業務アプリ作成のためのAccess基本フォームの基礎と共に、値集合タイプ/ソース、SQLで各コントロールにデータを表示する方法を解説する。(2016/2/12)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(7):
Accessで作成した「顧客管理データベース」アプリへ、「ラベル印刷」機能を実装する簡単な方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、顧客管理業務における「資料/DM送付」の苦労を解決する、「ラベル印刷機能」の実装方法を解説する。(2016/2/5)

「Stretch Database」やインメモリ機能強化を盛り込む:
SQL Server 2016 CTP 3.3が公開
「SQL Server 2016」のCTP 3.3が公開された。正式リリースに向け「Stretch Database」やインメモリデータベース機能の強化が多数盛り込まれている。(2016/2/4)

Database Watch(2016年2月版):
初公開から20年、「MySQL 5.7」が性能強化とネイティブJSON対応で得たもの
2015年10月、新バージョンとなるMySQL 5.7 正式版がリリースされました。オプティマイザーのリファクタリングによる性能強化、NoSQL機能強化となるネイティブJSON対応が目立つ特徴です。(2016/2/2)

Tech Basics/Keyword:
NoSQL
SQLを否定するかのように読める「NoSQL」。従来のSQLリレーショナルデータベースと何が違うのか? どう捉えればよいのか?(2016/1/27)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(6):
「SQL」文で登録されているデータをAccessを通じて編集し、変更をデータベースに反映させる方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、「SQL」文で登録されているデータの編集処理を可能にし、変更をデータベースに反映させる方法を解説する。(2016/1/22)

SQL Server 2005のEOSも目前に控える
SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味
処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。(2016/1/22)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(5):
AccessでSQLのLIKE演算子を使って「あいまい検索処理」の機能を実装する方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、名前と住所による「あいまい検索処理」の機能をSQL文を使って実装する方法を解説する。(2016/1/20)

オープンソースのストリームデータ処理基盤:
PostgreSQL互換のストリームデータ分析DB「PipelineDB」に商用版が登場
ストリームデータ分析に適したオープンソースのデータベースに商用版が登場。PostgreSQL互換で、SQLで直接クエリを投げられるため、ETLなどが不要な点が特徴だという。(2016/1/18)

アカマイがWeb脅威に関する報告書を公開:
Web担当者必見。知らぬうちにSEO攻撃に組み込まれる可能性
アカマイ・テクノロジーズは、Webセキュリティの脅威に関する報告書を発表した。SQLインジェクションを使用して、検索エンジンのランク付けに影響を与える攻撃を確認したという。(2016/1/14)

Database Watch(2015年12月版):
「ドクターSQL」に聞く、次期標準「SQL2016」で注目すべき三つの新機能
RDBでデータを操作する言語が「SQL」です。その仕様は国際標準となっており、RDBの普及を強く支えています。今でも進化を続け、次期版の標準となる予定の「SQL2016」はどうなるのか。“ドクターSQL”こと日本データベース学会副会長の土田正士氏に話を聞きました。(2015/12/18)

1万5000IOPS、10TBデータ、104GBメモリまでスケール:
米グーグルがMySQL互換マネージドサービス「Cloud SQL」の第二世代を発表
MySQL互換のクラウドデータベース「Cloud SQL」がパフォーマンスを強化。1万5000IOPS、10TBデータ、104GBメモリまでスケールする。(2015/12/16)

VBA/マクロ便利Tips:
Excelを入力画面にしてAccessデータベースを参照・更新・削除する際の便利テクニック
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、RecordsetのOpenメソッドでSQL文を使う方法や、MoveNext、Find、Deleteメソッド、EOFプロパティの使い方、Recordsetの各フィールドの参照方法などについて。(2015/12/10)

データベース運用管理をクラウド化する方法(3):
PR:Oracle DBアップグレード時のSQLテストの手法を知る
データベースアップグレードでは、旧環境のSQLが新環境で期待通りに動作するか、また性能が劣化しないかをテストする作業に多くの工数が掛かる。これをアップグレードプロジェクトの最大の関門と考える読者も多いだろう。実は、この作業を大幅に早く、簡単に行えるツールがある。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/12/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。