ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SUSE」最新記事一覧

質問!Linux系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でLinux系OS関連の質問をチェック

「SUSE Enterprise Storage 3」を採用:
Cephベースのソフトウェア定義型ストレージ、SUSEとHPEが提供開始
SUSEとHPEは、「Ceph」を採用したソフトウェア定義型ストレージ「HPE Scalable Object Storage Solution with SUSE Enterprise Storage」の提供を開始した。(2016/6/15)

SAP HANAでのリアルタイムデータ分析/高可用性システムの需要に対応:
SUSE、再起動なしにパッチを適用できる「SUSE Linux Enterprise Live Patching」を投入
SUSEが、再起動なしにパッチを適用できるようにした「SUSE Linux Enterprise Live Patching」を発表。リアルタイムデータ分析を行うSAP HANAやSAP NetWeaverユーザーを対象にする。(2016/5/27)

分散ストレージ導入ハードルを下げるか?:
Cephベースのエンタープライズストレージ向けレファレンスアーキテクチャをSUSE、HPEが開発
SUSEがCephベースのソフトウェアストレージを発表。HPEと共同でレファレンスアーキテクチャも公開した。(2016/3/23)

業務システムのクラウド移行を支援:
LibertyベースのSUSE OpenStack Cloud 6がIBM z/VMにも対応
ノベルは、クラウドシステム構築ソフトウェアの最新版「SUSE OpenStack Cloud 6」の提供を開始する。(2016/3/8)

SUSE Linuxでシステム無停止のパッチ適用ツール公開
システムパッチ適用時の再起動が不要な「SUSE Linux Enterprise Live Patching」がリリースされた。(2014/12/2)

NEWS
ダウンタイム極小化の実現を――SUSE Linuxの最新版を発表 ノベル
商用Linuxディストリビューションの「SUSE Linux Enterprise」最新版を提供開始。計画停止、計画外停止を含めたダウンタイムを抑えるロールバック機能やコンテナ管理ソフト「Docker」のサポートなどが図られた。(2014/11/14)

OpenStack動向:
Ceph環境運用の効率化を図った「SUSE Cloud 4」
IceHouse版OpenStackをベースにしたSUSE Cloud 4が登場。Cephを使ったソフトウェア定義型ストレージ環境の構築・管理を効率化する機能が盛り込まれている。(2014/8/21)

OpenStack情報アップデート:
Havanaの新プロダクトを盛り込んだ「SUSE Cloud 3」はVMwareをフルサポート
OpenStack HavanaをベースにしたSUSE Cloud 3がリリース。OpenStackエコシステムを活用しやすい実装が盛り込まれた。(2014/2/24)

openSUSEでユーザー情報流出、フォーラムソフトの脆弱性悪用
vBulletinを使っているフォーラムが2013年以降、相次いで被害に遭っている。(2014/1/9)

AWS対抗の「Google Compute Engine」がGAに 値下げや対応OS追加を発表
Googleが、5月にプレビュー版を一般公開したIaaS「Google Compute Engine」の一般提供版(GA)をリリースし、インスタンスの値下げやSUSEやFreeBSDのサポートを発表した。(2013/12/4)

ノベル、SUSE Linux Enterpriseを機能強化
ノベルは、SUSE Linux Enterpriseの最新版「SUSE Linux Enterprise 11 Service Pack 3」の提供を開始した。(2013/7/18)

OpenStackベースの「SUSE Cloud」で:
「Linuxの歴史はクラウドでも繰り返す」、SUSE社長が予測
12月6日、「SUSE Conference Japan 2012」に合わせて来日したSUSEの社長兼ゼネラルマネージャ、ニルス・ブラウクマン氏は、「SUSEは再び、いままでにない速度で成長し始めている」と述べた。(2012/12/11)

ノベル、「SUSE Linux Enterprise 11 SP2」リリース カーネル3.0を搭載
ノベルは、エンタープライズ向けLinuxディストリビューションの最新版を発表。カーネル3.0を搭載したほか、新たにOS仮想化技術などをサポートした。(2012/3/27)

NovellをAttachmateが22億ドルで買収、Microsoftに知財の一部を売却
AttachmateはNovellとSUSE Linuxを分割して運営する計画だ。NovellがMicrosoft傘下のCPTNに4億5000万ドルで売却する知的財産の詳細については明らかにされていない。(2010/11/24)

ノベル、Linux対応のDR/バックアップ製品群の最新版を発売
「PlateSpin Protect 10」および「PlateSpin Forge 3」では、SUSE Linux Enterprise ServerとRed Hat Enterprise Linuxをサポートした。(2010/7/28)

SUSE Linux Enterprise Server 11が中心:
Novellの新データセンター構想「Service-Driven Data Center」
HP、Sun、Cisco、IBMといった大手がそれぞれにテーマを掲げた戦略を推進している中、Novellが打ち出したテーマは「Service-Driven Data Center」だ。同社が最近発表した「SUSE Linux Enterprise Server 11」OSがその中心となる。(2009/4/15)

Super Review:
openSUSE 11.1がクリスマスより一足早くリリース
カスタマイズの利便性を犠牲にしてでも、とにかくLinuxを使いやすいものにしようとする傾向には注意が必要だが、それをのぞけばopenSUSE 11.1は安定性と完成度の非常に高いシステムの1つに仕上がっている。(2008/12/25)

米Novell、EULAを廃止した「openSUSE 11.1」リリース
openSUSEの最新版となる11.1がリリースされた。クリックスルーでのEULAが廃止されたほか、プリンタ、ディスクパーティーショニング、セキュリティなどのモジュールが一新されている。(2008/12/19)

「openSUSE 11.1」RC1がリリース──EULAを廃止
今月半ばに正式版がリリース予定となっているopenSUSE 11.1のRC1が公開された。クリックスルーでのEULAが廃止され、インストール時にライセンス文書を表示する形式に変更されている。(2008/12/2)

海外ダイジェスト(11月6日)
openSUSE 11.1 β4がリリース、FCCがVerizon WirelessのAlltel買収を承認、など。(2008/11/6)

海外ダイジェスト(9月18日)
IE 8のβ2が対応言語数を拡大、NovellとWyse Technologyが「Wyse Enhanced SUSE Linux Enterprise」をリリース、など。(2008/9/18)

MicrosoftとNovell、共同仮想化ソリューションを提供
両社は「SUSE Linux Enterprise Server」を「Windows Server 2008 Hyper-V」のゲストOSとして最適化した。(2008/9/12)

次期SUSE Linux Enterprise Serverはこうなる?
初メジャーリリース「openSUSE 11.0」試用リポート
openSUSEプロジェクトが開発を進めているLinuxディストリビューションのメジャーリリース「openSUSE 11.0」が公開された。どのようなディストリビューションに仕上がっているのか、見てみよう。(2008/7/28)

Super Review:
新規にリリースされたSUSE Linux Enterprise 10 SP2の使用リポート
先日NovellからリリースされたSUSE Linux Enterprise 10 SP2は、サーバサイドの観点からは、Windowsサーバと連携させたLinuxサーバの運用を必要としているユーザーであれば今すぐにSLES 10 SP2のテストを開始するべきであると言い切れるものとなっている。(2008/5/28)

MSとNovell、中国市場での相互運用性拡大で提携
MicrosoftとNovellが中国市場における提携を強化。LinuxとWindowsの相互運用性強化と、無償Linuxから有償SUSE Linux Enterpriseへの乗り換え推進を目指す。(2008/4/22)

Novell、Xenベースのスタンドアロン型ハイパーバイザー製品を開発中
米Novellのハイパーバイザー製品が年内に登場する見込みだ。SUSE Linux Enterprise Server 10に搭載されたXenハイパーバイザーがベースになるという。(2008/4/9)

openSUSE 10.3にアップグレード
openSUSE 10.3が先週リリースされた。この記事ではアップデートの様子と、その際に遭遇した幾つかの問題点について報告する。(2007/10/15)

「OpenSUSE 10.3」リリース
OpenSUSE 10.3は最新版OpenOffice.orgやGNOMEのほか、Xen 3.1やVirtualBox 1.5などの最新仮想化ソフトも備える。(2007/10/5)

ノベル、Linux技術者向けのトレーニングコースキットを発売
ノベルは、同社のLinuxディストリビューション「SUSE Linux Enterprise Server 10」の技術者を養成するためのトレーニングコースキット「Novell SUSE Linux Enterprise Server 10セルフスタディパック」を発表した。(2007/9/5)

Lenovo、SUSE Linux搭載「ThinkPad T」シリーズを発表
ThinkPad TシリーズにLinuxをプリインストール。またLenovoがハードとOS両方のサポートを提供する。(2007/8/7)

Novell、仮想化強化のSUSE Linux Enterprise 10 SP1をリリース
SP1では仮想化、セキュリティなどの機能を強化。同時に仮想マシンドライバのセット製品「SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack」も発表した。(2007/6/20)

知識はあっても生計は…… openSUSE調査に見るデスクトップLinuxのユーザー像
openSUSE 10.2のユーザーを対象に実施した調査で、デスクトップLinuxユーザーの姿が浮き彫りになった。(2007/5/9)

Dell、MSとNovellの提携に参加
WindowsとLinuxの相互運用性向上を目指したMicrosoftとNovellの提携にDellが参加。ほかのディストリビューションからSUSE Linux製品への移行促進などを行う。(2007/5/8)

Novell、BrainShareで新製品を発表
Novellはシンクライアント向けソリューション「SUSE Linux Enterprise Thin Client」やコラボレーション製品「Novell Teaming」などを発表した。(2007/3/20)

Novell、Open Enterprise Server次期バージョンを発表
SUSE Linuxベースの企業向けサーバ次期バージョン「Novell Open Enterprise Server 2」は2007年に出荷予定。(2006/12/1)

MS、Red Hat Linuxへの免責も検討
MSはSUSEだけでなくRed Hatへも理解を示しだした。主要Linuxディストリビューションへの理解は、同社の戦略上で重要なものとなるだろう。その意向は次の通りだ……。(2006/11/16)

MSのバルマーCEO、競合Linuxベンダー各社に特許提携交渉を呼びかけ
SUSE Linux以外の特許侵害の可能性を払拭すべく、Microsoftは新たな方向性を見せた。この一連の動きは、今後の同社を物語る、転機の1つとなっているのかもしれない。(2006/11/6)

オープンソースと商用ソフトの新たなチャンスが――MSとNovellの「歴史的」提携
「ユーザーがSUSE Linuxを買えば、Microsoftとも特許契約を結ぶことになるのだ」とMSのスミス氏は語っている。今回の提携によってMicrosoftとNovellは、何を切り開いていくのか?(2006/11/6)

Novell、ホワイトボックス向けデスクトップLinux販売を強化
ホワイトボックスPCメーカー4社が、NovellのSUSE Linux Enterprise Desktop10をプリインストールしたPCを販売する。(2006/10/26)

Novell、SUSE Linux Enterprise Real Timeをリリース
Novellが、金融市場などでの利用が期待される、リアルタイム市場向けOS、SUSE Linux Enterprise Real Timeをリリースした。(2006/10/26)

Trend Insight:
NovellがReiserFSからext3に乗り換え
Novellは、次期バージョンのSUSEで、デフォルトのファイルシステムをReiserFS 3からext3に変更する。この動きに至るまでの経過をたどってみよう。(2006/10/23)

RealPlayer、LinuxでWindows Mediaサポートへ
Windows Mediaに対応したRealPlayerが、SUSE Linux Enterprise Desktop 10にバンドルされる。(2006/8/17)

Lenovo、LinuxベースThinkPadを発表
ThinkPad T60pはNovellの「SUSE Linux Enterprise Desktop 10」を搭載し、CPUにはIntelの「Centrino Duo」を採用する。(2006/8/15)

Novell、コミュニティー向けLinuxを「OpenSUSE」と改名
従来のSUSE Linuxから改名、同社のオープンソースプロジェクトと同じ名前を使用する。企業向けは、引き続きSUSE Linux Enterpriseとして配布される。(2006/8/11)

「狙うは国内シェア30%超」──ついにSUSE Linux Enterprise 10が登場
ノベルが発表した「SUSE Linux Enterprise 10」は、いち早くXenを搭載するなど、魅力的なディストリビューションに仕上がっている。加えて、日本独自のプロモーションなども行うことで、シェアを上げることはできるだろうか。(2006/7/20)

Novell、「SUSE Linux Enterprise 10」をリリース
Xen仮想化機能、アプリケーションレベルのセキュリティ、デスクトップの使い勝手向上などが特徴。価格体系も簡素化された。(2006/7/18)

Super Review:
4つの代替オペレーティングシステム
Ubuntu、SUSE、LinspireといったLinuxディストリビューションがデスクトップ市場で躍進しているが、一味違ったものを試したいなら、あまり知られていない発展途上にある代替のオペレーティングシステムを探し出すことができる。(2006/6/19)

ノベル、2つの大きな実装を加えたSUSE Linux 10.1日本語版を発表
ノベルは、同社のコンシューマ向けLinuxディストリビューションの最新版となる「SUSE Linux 10.1日本語版」を発表した。新たなGUI環境「Xgl」を搭載したほか、セキュアOSがSELinuxからAppArmorにスイッチされている。(2006/5/22)

LinspireがFreespireプロジェクトを始動
Linspireが発表したLinspireの無料版「Freespire」はRed HatでいうFedora、NovellでいうopenSUSEのようなものと考えればいいのだろうか。同社の狙いについて考える。(2006/4/27)

LinuxWorld:
Novellが新しいLinuxビルドサービスを発表――.NETと企業デスクトップを狙う
ボストンで開催中のLinuxWorldにおいて、Novellは各種Linuxディストリビューション用のパッケージの作成を簡素化する新しいLinuxビルドサービスフレームワーク「OpenSUSE」ビルドサービスやMono 1.2のβ版を披露するなどした。(2006/4/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。