ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「Novell」最新記事一覧

関連キーワード

Maker's Voice:
名門復活へ――巻き返しを図るノベル
かつてはLinuxの商用ディストリビューションで名を馳せたNovellだが、日本法人の河合哲也社長は「最近は過小評価されている」と語る。同氏が目指すのは“名門”の復活だ。(2014/5/29)

ホワイトペーパー:
なぜNovellはソフトウェアの品質問題の根本原因を迅速に特定できるのか
パッケージ開発においては、品質を維持・向上させながら同時にコスト削減も求められるのが常である。本書では、「開発→テスト→改修」のプロセスを劇的に改善した米Novellの取り組みを解説する。(2014/1/20)

SSO製品紹介【第4回】ノベル編
SSL VPN機能も付いたSSO製品「Novell Access Manager」
大鵬薬品工業などが利用するノベルのシングルサインオン(SSO)製品「Novell Access Manager」。社内外のWebアプリのSSOが単体で可能といった特徴を持つ。製品の詳細を解説する。(2012/11/30)

ノベル、Webアクセス管理製品「Access Manager」の最新版を提供
ノベルは、Webアクセス管理/シングルサインオン製品「Novell Access Manager」の最新版の提供を始めた。(2012/11/9)

GoogleのMotorola買収、EUに続き米司法省も承認
米司法省はGoogleのMotorola買収だけでなく、Appleなど企業連合によるNortelの特許ポートフォリオ買収とAppleのNovellの特許買収も承認した。(2012/2/14)

双日システムズ、システム“丸ごと”の災害復旧サービスを提供へ
NovellのDRツールを利用した情報システムのバックアップサービスを始める。(2011/11/7)

“Android特許攻撃”ブログをめぐりMicrosoftとGoogleが応酬
Novellの特許入札はAndroidに対する攻撃だとするGoogleに対し、Microsoftが「合同入札を断ったのはそっちだ」とツイートし、Googleは「合同入札ではAndroidを守れない」と反論した。(2011/8/5)

Android向け.NETアプリ開発環境「Mono for Android」、Novellが発売
既に発売されている「MonoTouch」と併用すれば、開発者はC#と.NETを使って構築したコードをiPhone、iPad、Android、Windows Phone 7のモバイルアプリで共有できる。(2011/4/7)

NovellをAttachmateが22億ドルで買収、Microsoftに知財の一部を売却
AttachmateはNovellとSUSE Linuxを分割して運営する計画だ。NovellがMicrosoft傘下のCPTNに4億5000万ドルで売却する知的財産の詳細については明らかにされていない。(2010/11/24)

ノベル、社内ITシステムとパブリッククラウドを結ぶセキュリティサービスを発表
ノベルは社内のセキュリティポリシーをパブリッククラウド側に適用する「Novell Cloud Security Service」を発表した。マルチテナント型のクラウド環境にも対応する。(2010/10/15)

Novell対SCO訴訟、最終判決でNovell勝利
NovellとSCOの、UNIXの著作権をめぐる7年にわたる訴訟が終結することになる。(2010/6/15)

Novell、Elliotの買収提案を拒否
Novellは、ヘッジファンドElliotによる総額20億ドルの買収提案は同社の価値を過小評価したものであるとして拒否した。(2010/3/23)

W3C、IBM出身のジェフリー・ジャフェ氏をCEOに任命
W3Cは、IBM、Lucent Technologies、Novellなどで技術系幹部を歴任したジェフリー・ジャフェ氏を新CEOに任命した。(2010/3/9)

Novellとクラウド事業者連合、ベンダー中立のセキュリティプログラムを発表
NovellとCloud Security Allianceは、ベンダー中立のクラウド事業者向けセキュリティプログラム「Trusted Cloud Initiative」を発表した。(2010/3/3)

Novellにヘッジファンドが総額約20億ドルの買収提案
Novellの株8.5%を保有するヘッジファンドElliot Associatesが現金による買収を提案した。(2010/3/3)

米Novell、「Google Wave」と相互依存可能なコラボレーションプラットフォーム「Novell Pulse」
Novellは、企業向けリアルタイムコラボレーションプラットフォーム「Novell Pulse」を発表した。Google Waveとの連携も可能となっており、正式版は2010年前半に提供される見込み。(2009/11/5)

Novell、Googleに乗り替えたロサンゼルス市を批判
NovellはGoogle Appsに乗り替えるというロサンゼルス市の決定を、「経済面でもセキュリティ面でも懸念がある」と批判している。(2009/11/4)

C#が使える:
Novell、.NET用iPhoneアプリ開発キット「MonoTouch」発売
MonoTouchでは、Cocoa TouchやObjective-Cの知識がなくても.NET FrameworkでC#を使ってiPhoneアプリが開発できる。(2009/9/15)

「UNIXの著作権はSCOにあり」の控訴裁判決
控訴裁判決で、UNIXの著作権はNovellにあるという地裁判決が覆された。(2009/8/26)

省スペースPowerEdgeほか:
Dell、データセンター仮想化向けサーバ、ストレージ、サービスを発表
DellはSMB向けのサーバとストレージ新製品のほか、同社の製品とCisco、Novell、Microsoftなどの製品で構成する“すぐにスタートできる”仮想データセンター向けパッケージを発表した。(2009/6/18)

Novell GroupWiseの更新版リリース、複数の脆弱性に対処
GroupWise WebAccessと同Internet Agent(GWIA)に深刻な脆弱性が存在する。(2009/5/25)

Atomミニノートをサポート:
IntelとNovell、Moblin搭載Netbookで提携
NovellはAtomプロセッサ向けLinux「Moblin」が稼働するNetbook用のソフトウェアを開発するほか、台湾に「Novell Open Labs」を設置する。(2009/5/8)

SUSE Linux Enterprise Server 11が中心:
Novellの新データセンター構想「Service-Driven Data Center」
HP、Sun、Cisco、IBMといった大手がそれぞれにテーマを掲げた戦略を推進している中、Novellが打ち出したテーマは「Service-Driven Data Center」だ。同社が最近発表した「SUSE Linux Enterprise Server 11」OSがその中心となる。(2009/4/15)

不況でLinuxの活用が増加、課題は相互運用性とサポート──Novell/IDC調査
世界各国のIT担当者に対するIDCの調査により、72%の企業が2009年中にLinuxサーバの運用を検討していることが分かった。Linux利用の増加の最大の理由は、コストだという。(2009/3/17)

Novell、仮想化に対応したシステム管理「PlateSpin Orchestrate 2.0」
NovellはXen、Microsoft Hyper-V、VMware ESX、VMware ESXiをサポートするデータセンター管理基盤を発表した。仮想マシンと物理リソースを単一のインタフェースで管理できる。(2009/2/27)

XSSやコード実行の恐れ:
NovellのGroupWiseに複数の脆弱性
GroupWiseに深刻な脆弱性が複数見つかり、Novellがアップデートで対処した。(2009/2/3)

Novell、アイデンティティ主導型のストレージ管理ソフト「Storage Manager 2.5」をリリース
Novellは、ディレクトリサービスと連携したストレージ運用管理の自動化を可能にする「Novell Storage Manager 2.5」を発表した。(2009/1/30)

米Novell、EULAを廃止した「openSUSE 11.1」リリース
openSUSEの最新版となる11.1がリリースされた。クリックスルーでのEULAが廃止されたほか、プリンタ、ディスクパーティーショニング、セキュリティなどのモジュールが一新されている。(2008/12/19)

MicrosoftとNovell、提携2周年で進ちょくを報告――Moonlight βは間もなく
Microsoft SilverlightをLinux上で動作させるためのオープンソースプラグイン「Moonlight」β版は近く提供が開始される。(2008/11/20)

TeradataとNovell、データウェアハウス向けSLESを推進
TeradataとNovellは米国時間の11月10日、Teradataのデータウェアハウス向けOSとして、Novellの「Novell Suse Linux Enterprise Server」を共同で推進していくと発表した。(2008/11/11)

Novell、eDirectoryの修正パッチ公開
脆弱性が悪用された場合、攻撃者がサービスをクラッシュさせたり、任意のコードを実行できるたりする可能性があるという。(2008/10/7)

海外ダイジェスト(9月18日)
IE 8のβ2が対応言語数を拡大、NovellとWyse Technologyが「Wyse Enhanced SUSE Linux Enterprise」をリリース、など。(2008/9/18)

MicrosoftとNovell、共同仮想化ソリューションを提供
両社は「SUSE Linux Enterprise Server」を「Windows Server 2008 Hyper-V」のゲストOSとして最適化した。(2008/9/12)

リモートからコード実行の恐れも:
Novell、iPrintの修正パッチを公開
NovelはiPrint Clientバージョン4.38と5.08で脆弱性に対処した。(2008/9/5)

Google ChromeはMicrosoft追撃の最終兵器になるか
MicrosoftがWindowsとIEをPCに組み込み、NovellやSunなどを次々と壊滅させてきたように、ChromeもMicrosoftをWebアプリケーション市場から追い落とす可能性は十分にある。(2008/9/5)

NovellのeDirectoryに複数の脆弱性
任意のコード実行やDoSを誘発する可能性がある脆弱性が発見された。(2008/9/2)

Novell、赤字拡大
Novellの5〜7月期決算は、純損失が前年同期の370万ドルから1510万ドルへと拡大した。(2008/8/30)

パッチは一部のみ:
Novell iPrintに脆弱性、パッチで一部対処
iPrintのActiveXコントロールに関して12件の脆弱性がある。(2008/8/26)

IBM、“MSフリー”なデスクトップPC提供へ
Canonical(Ubuntu)、Novell、Red Hatと協力して、LotusとLinuxを組み合わせたパッケージを推進する。(2008/8/6)

SCO対Novell訴訟、SCOに255万ドルの支払い命令
数年にわたるSCOとNovellのUNIX著作権訴訟で新たな判決が下された。(2008/7/22)

Novell、eDirectoryの修正パッチ公開
eDirectory 8.7.3.10と8.8に任意のコードを実行される脆弱性が存在する。(2008/7/7)

任意のコードが実行される恐れ:
Novell、GroupWise Messengerの脆弱性に対処
Windows版のGroupWise Messenger 2.xが影響を受ける。(2008/6/10)

Novell、黒字計上
Novellの2〜4月期決算は、売上高は前年同期比1%増。純利益は587万ドルだった。(2008/5/31)

Super Review:
新規にリリースされたSUSE Linux Enterprise 10 SP2の使用リポート
先日NovellからリリースされたSUSE Linux Enterprise 10 SP2は、サーバサイドの観点からは、Windowsサーバと連携させたLinuxサーバの運用を必要としているユーザーであれば今すぐにSLES 10 SP2のテストを開始するべきであると言い切れるものとなっている。(2008/5/28)

Novellのグループウェアに未パッチの脆弱性
問題を悪用するとアプリケーションをクラッシュさせたり任意のコードを実行できる可能性がある。(2008/5/1)

MSとNovell、中国市場での相互運用性拡大で提携
MicrosoftとNovellが中国市場における提携を強化。LinuxとWindowsの相互運用性強化と、無償Linuxから有償SUSE Linux Enterpriseへの乗り換え推進を目指す。(2008/4/22)

Novell、Xenベースのスタンドアロン型ハイパーバイザー製品を開発中
米Novellのハイパーバイザー製品が年内に登場する見込みだ。SUSE Linux Enterprise Server 10に搭載されたXenハイパーバイザーがベースになるという。(2008/4/9)

Novell、eDirectoryのセキュリティパッチ公開
Novellのディレクトリ製品「eDirectory」のWindows、Solaris、Linux版の各バージョンに脆弱性が存在する。(2008/3/27)

Novell、SLES 11の詳細を明らかに
Novellの最大の目標の1つは、新しいツールセットでサポートされるアプライアンスとしてSLES 11を利用可能にすることだ。(2008/3/19)

「アジャイルインフラ」にフォーカスするNovell
Novellの新プロジェクトのコードネーム「Fossa」は、マダガスカルのジャングルに生息する俊敏な動物であるフォッサにちなんで名付けられた。フォッサには天敵がいないらしい。(2008/3/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。