ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「容疑者」最新記事一覧

「私は差別を受けている」:
YouTube本社の銃撃事件、投稿動画の閲覧制限に憤り犯行か
YouTube本社で起きた銃撃事件で、地元警察は、容疑者の投稿動画がYouTube上で閲覧制限を受けていたことへの憤りが犯行動機だったとの見方を示した。(2018/4/5)

YouTube本社襲撃犯はYouTuber
容疑者の父親によれば、自分のYouTubeチャンネルへの支払いが止められたことに怒っていたとい(2018/4/4)

米YouTube本社で銃撃事件 3人が負傷
容疑者は自殺したとみられています。(2018/4/4)

イタリア人の犯罪集団:
税務当局装うメールで総額100万ユーロ詐取、容疑者20人逮捕
犯罪集団は税務当局を装ったメールで被害者をだまし、詐欺サイトからオンラインバンキングのログイン情報などを入力させて、不正に現金を引き出していた。(2018/3/30)

NEC、ロサンゼルス郡保安局に指紋、掌紋、顔、虹彩を組み合わせたマルチモーダル生体認証システムを提供
NECが、米国ロサンゼルス郡保安局(LASD)に、指紋、掌紋、顔、虹彩を組み合わせたマルチモーダル生体認証システムを提供。指紋や被疑者の確認など、犯罪捜査に活用される他、州司法省や米連邦捜査局(FBI)などのデータベースに接続するための生体認証システムとしても利用される。(2018/3/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
民泊事件で使われた、出会い系アプリ「Tinder」の実態
兵庫県三田市の女性(27)を殺害したとして、米国籍のヴァシリエヴィチ容疑者が逮捕された。容疑者と被害者が知り合ったのは「Tinder(ティンダー)」というアプリだったそうだが、こうした出会い系アプリを使うことでどんな事件が起きているのか。海外に目を向けると……。(2018/3/8)

パトカーの前に現れたかわいい珍客 「止まりなさいっ」と力技でパトカーを止めた小さな容疑者とは?
体を張っています。(2018/2/20)

YouTuberを狙った強盗が自宅へ侵入 警察が出動し容疑者は死亡
車で11時間かけて移動してきた容疑者。(2018/2/20)

空き巣被害者、執念の“捜査” 防犯カメラ9台、「100万円札」のワナ……映像もとに容疑者確保
2度にわたる自宅の空き巣被害に遭った男性が、容疑者を捕らえるためにワナを仕掛けた。屋内外に9台の隠しカメラを設置。ダミーの札束や貯金箱に手をつける不審者の映像をもとに、自ら容疑者を捜し出し、警察に突き出したのだ。(2017/12/7)

自ら容疑者確保:
空き巣2度の被害者が執念の“捜査” 自宅にカメラ9台・ダミー札束でワナ
2度にわたる自宅の空き巣被害に遭った男性が、容疑者を捕らえるために仕掛けたワナは実に巧妙だった。(2017/12/7)

「2番では絶対ダメ」 逮捕されたスパコン開発ベンチャー社長 斉藤元章容疑者
「来年は世界トップを目指す」――詐欺容疑で逮捕された斉藤元章容疑者は、大企業をしのぐ高性能スパコンの開発で一躍脚光を浴び、「2番では絶対にダメ」と、世界最先端を走る中国への強烈な対抗心をあらわにしていた。(2017/12/6)

JR埼京線で集団痴漢 4人逮捕 ネットの「痴漢情報掲示板」で集まる?
JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして男4人を逮捕。4人に面識はなく、一部の容疑者の携帯電話に痴漢情報を交換する掲示板の閲覧履歴があった。(2017/11/29)

容疑者全員ロバート・秋山! 「黒い十人の秋山」で演じる10キャラクターのクセがすごい
プロデューサー「テレビ東京っておかしな会社」。(2017/11/10)

「首吊り士」名乗り、自殺志願者と接触か 座間9人遺体事件
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「首吊り士」などのTwitterアカウントを使い、自殺志願者を手助けする内容を投稿していた。(2017/11/2)

Twitterや自殺サイトで被害者誘い出しか 座間複数遺体
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「自殺サイト」やTwitterで被害者と接触していた形跡がある。(2017/11/2)

ラスベガス銃乱射事件の全貌 容疑者は「カジノ好きの裕福な64歳白人男性」
米国史上最悪の銃乱射事件が起きた。だがその動機は謎のままだ。(2017/10/3)

世界を襲ったマルウェア攻撃、ウクライナ警察が容疑者逮捕
逮捕された51歳の男は、6月下旬の大規模サイバー攻撃に使われたマルウェアの拡散に関与したとされる。(2017/8/14)

がっかりすぎる内容で物議を醸した高額イベント「Fyre Festival」主催者が逮捕 虚偽報告で投資を得た疑い
主催者のひとりであるウィリアム・マクファーランド容疑者を逮捕。(2017/7/3)

成人漫画まねたわいせつ事件発生 警察が作者に「配慮」求める? 報道に作者がコメント
強制わいせつ事件の容疑者が、「成人向け漫画を模倣した」と供述したため、県警が漫画の作者に対して配慮を求めた――との報道に漫画家本人がコメント。「『表現の自由が脅かされた』とか『警察の圧力に屈した』という類の話だとは思ってほしくない」としている。(2017/6/16)

自分そっくりな「名探偵コナン」風キャラが作れる「コナン顔メーカー」 作中の容疑者に採用してもらえる企画も
容疑者になりたいかー!(2017/4/26)

Facebookに殺人動画投稿の犯人、車中でピストル自殺
Facebookに殺人シーンを投稿したオハイオ州のスティーブ・スティーブンス容疑者が、投稿の2日後にペンシルベニア州で警察に見つかり車中でピストル自殺した。(2017/4/19)

殺人事件の容疑者が犯行現場の動画を投稿 Facebookが対応を改善するとコメント
恐ろしい事件に対し、Facebookの対応は?(2017/4/18)

写真公開した容疑者、実は13歳だった……警視庁が写真を削除
警視庁がTwitterなどで顔写真が公開した容疑者が、当時13歳の女子中学生だったことが分かったため、同庁は写真を削除した。(2017/4/13)

三田佳子、ドラマ「緊急取調室」で77歳の老婆役 「ノーメイクの状態にシミなどを足して……」
被疑者・白河民子として、天海祐希さん演じる取調官・真壁有希子と対峙します。(2017/3/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

「Amazon Echo」の履歴データに殺人事件の証拠としての提供命令
殺人の容疑者が所有する音声アシスタント「Alexa」搭載「Amazon Echo」の音声データを証拠として提出するよう米警察当局がAmazon.comに要請した。「Alexa、犯人は誰?」と聞いても応えないだろうが。(2016/12/28)

国交省、ASKA容疑者のタクシー車内映像放送に「誠に遺憾」 プライバシーを侵害した映像提供を問題視
ドライブレコーダーの映像は安全対策のために使われるべきだとしています。(2016/12/2)

ASKA容疑者乗せたタクシー映像、テレビ放送は「誠に遺憾」 国交省、業界団体に管理徹底を通知
ASKA容疑者が逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像がマスコミに提供されたことについて、国土交通省は「誠に遺憾」とし、映像の適切な管理を徹底するよう業界団体に通知した。(2016/12/2)

ASKA容疑者タクシー映像、国交省が「誠に遺憾」
ASKA容疑者のタクシー内の映像がテレビで放映された問題で、国交省は「誠に遺憾」として映像の適切な管理を業界団体に求めた。(2016/12/1)

ASKA容疑者乗せたタクシー映像をマスコミ提供 チェッカーキャブが謝罪 「厳罰で対応」へ
歌手のASKA容疑者が逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像がテレビで放送され、「プライバシー侵害では」と物議をかもしている件で、このタクシー会社が加盟するチェッカーキャブ無線協同組合が30日、「マスコミに映像提供をした社に厳罰で対応する」と発表した。(2016/11/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「お前がやったんだろ! 吐け!」は幼稚園レベル――コミュニケーションの極意を検事に学ぶ
「お前がやったんだろ!」――刑事ドラマでよく見る光景だが、これでは実際の被疑者は口を割らない。敏腕検事は、いかにして口を割らせるのか。元検事が明かすコミュニケーションの極意とは。(2016/11/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」
元女優の高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。容疑者が医療大麻を推進していたこともあって、医療従事者などが「医療大麻ってものはない」「(医療大麻は)必要ない」などとコメントしていたが、本当にそうなのか。世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。(2016/11/1)

アメリカで住居不法侵入事件が発生 地元警察が容疑者2匹のモフかわいい写真を公開
容疑者は否認を続けているもよう。(2016/10/25)

初代女将役・高樹沙耶容疑者逮捕で「相棒」急きょ再放送差し替え
今後の再放送や回想シーンに影響への影響は今のところ分かっていません。(2016/10/25)

「NANDミラーリング」の危険度
「iPhone」のロックは約1万円で解除可能? その“大胆過ぎる手口”とは
「iPhone」のロックを安価に解除できる方法を研究者が公開した。2015年の銃乱射事件でFBIがこの方法を使っていれば、容疑者が使用していたiPhoneのロックをわずかな費用で解除できていた可能性がある。(2016/9/27)

24時間テレビのドラマ、高畑容疑者の代役にNEWS小山さん
小山さんを代役に撮り直しとなります。(2016/8/25)

相模原市の障がい者施設に男が侵入 入所者を刺し19人死亡
未明に施設に侵入し、刃物で刺したという。その後、容疑者は出頭している。(2016/7/26)

国民的英雄がなぜ容疑者に? アカデミー賞期待のクリント・イーストウッド×トム・ハンクス映画、ポスター解禁
155人全員生還した1549便不時着事故、ヒーローとなった機長の、語られなかった裏のストーリー。(2016/7/22)

「ポケモンGo」使って強盗 容疑者が逮捕される 米国で
容疑者はポケモンGoを使ってターゲットを探していました。(2016/7/12)

米フロリダ銃撃事件に国際レズビアン・ゲイ協会が声明文 「非常にショックでうろたえている」
クラブが同性愛者が集まる店で、容疑者が同性愛に批判的な考えを持っていたという報道を受けて。(2016/6/13)

半径300メートルのIT:
例えば私が明日、この世に存在しなくなったら
銃乱射事件の容疑者が持っていたiPhoneのロックを解除するか否かの議論が注目を集めましたが、同じロック解除の話でも私が気になったのは、「死んだ息子のiPhoneに残っている写真を見たいからロックを解除してほしい」という親の訴えでした。(2016/4/12)

「Apple vs FBI」一時休戦に
FBIがiPhoneのロック解除、それでも「勝者はApple」との声も
サンバーナディーノで起きた銃撃事件の容疑者が使っていたiPhoneのロックをFBIと司法省が解除できた。Appleに対する法的措置は取り下げたが、プライバシーの問題が解決したわけではない。(2016/4/6)

「おじゃる丸」役・小西寛子の名誉を毀損する書き込みの疑い 容疑者が書類送検に
「NHKに高額なギャラを要求しておじゃる丸を干された」などの書き込みを繰り返していた疑いで書類送検。(2016/3/19)

Uberドライバー、客乗せて移動し銃乱射か
米ミシガン州で起きた銃乱射事件の容疑者は、オンライン配車サービスで急成長を遂げるUberの運転手のようだ。(2016/2/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

「コロコロアニキ」のマンガ「かっとばせ!キヨハラくん」休載に
清原和博容疑者の逮捕を受けてのこととみられる。(2016/2/9)

リトル清原さん、清原容疑者逮捕に「本当だとしたら残念」 直後のイベントは予定通り出演へ
安心してください、無事開催ですよ。(2016/2/3)

清原和博容疑者のブログが消滅 逮捕前日にも更新
2月2日に覚せい剤取締法違反で逮捕されていました。(2016/2/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原和博が「スーパースター」から「容疑者」となった日
西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手・清原和博容疑者が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。かつての「スーパースター」はなぜ「容疑者」になってしまったのか。関係者に聞いてみたところ……。(2016/2/3)

元プロ野球選手・清原和博容疑者の逮捕報道に「ショック」の声
元人気選手の逮捕に衝撃を受けた人が多いようです。(2016/2/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。