ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「逮捕」最新記事一覧

広瀬アリス、すず 実兄逮捕にコメント「多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ありません」
ファンからは声援が送られています。(2018/1/17)

「なかなかスパイシーなニュース」 ラッパーUZIの逮捕報道にZeebraらコメント 「ダンジョン」今後は要検討?
「フリースタイルダンジョン」は続いてほしい……。(2018/1/17)

ゲームで腹を立て母親を射殺 米国で28歳男性、殺人容疑で逮捕
洒落にならない結果に。(2018/1/16)

チケキャン運営元社長の書類送検受け、親会社ミクシィがコメント 「厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力する」
親会社のミクシィがコメント。(2018/1/11)

「極めて遺憾」とコメント:
「チケキャン」前社長が詐欺容疑で書類送検 ミクシィが謝罪
「チケットキャンプ」の運営会社・フンザの元社長が詐欺容疑で書類送検。親会社のミクシィが謝罪した。(2018/1/11)

「チケキャン」元社長ら書類送検「誠に遺憾」 ミクシィがコメント
ミクシィは、チケット売買サービス「チケットキャンプ」を運営する子会社フンザの元代表取締役社長らが京都地方検察庁に書類送検されたという報道について、「このような事態は誠に遺憾」「深くおわび申し上げる」とコメントを発表した。(2018/1/11)

掲載企業は氷山の一角だ:
「ブラック企業」なぜ消えぬ “厚労省リスト”の効果とは
厚生労働省は5月、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストをネットで公開した。“ブラック企業リスト”として話題となった。しかし、7カ月が経過した現在も、追加される企業は後を絶たない。リストに効果はあったのだろうか。ブラック企業はなぜなくならないのだろうか。(2017/12/30)

会津鉄道芦ノ牧温泉駅の猫駅長が「一日警察官」に就任だにゃ
こんなかわいい署長になら逮捕されたくなるかも。(2017/12/28)

人気YouTuber「はじめしゃちょー」の自宅に侵入、29歳の女を逮捕
「はじめしゃちょー」の自宅に押し掛けたとして、ストーカー規制法違反と住居侵入の疑いで、派遣社員の女が現行犯逮捕された。(2017/12/27)

漫画海賊サイトを追い詰めた松文館の執念 損害賠償金は作家へ分配 「やる価値は十分にあった」
2017年に管理人逮捕が話題になった海賊サイト。今冬に違法アップロードサイトと示談を成立させた著作権管理会社と本件を担当した弁護士に、経緯やサイトの実態を取材しました。(2017/12/23)

ランサムウェア「WannaCry」には北朝鮮が関与、米政府が断定
WannaCryは北朝鮮によるサイバー攻撃だったと各国政府が断定。Microsoftはこの攻撃を仕掛けた集団の摘発に協力したと発表した。(2017/12/20)

「存在しない行き先表示を撮りたくて……」 「撮り鉄」2少年逮捕 取り調べ中もうれしそうに電車の話
西武新宿線の駅構内に侵入し、電車の表示板に細工したなどとして、鉄道ファンの少年2人が逮捕された。「存在しない行き先表示を撮りたい」と撮影に成功。犯行写真を閲覧した善良な鉄道ファンが鉄道会社に通報し、御用となった。(2017/12/20)

駅に侵入、表示板を細工:
逮捕されてもうれしそうに電車の話 「撮り鉄」2少年が撮影したレア写真
西武新宿線の本川越駅構内に侵入し、電車の表示板に細工したなどとして、器物損壊などの疑いで鉄道ファンの少年2人が埼玉県警に逮捕された。(2017/12/20)

攻撃力100倍:
モンハンキャラを不正改変、チート行為の実態
「モンスターハンター」のチート行為(不正なプログラム改変)を代行していた会社員の男(44)が書類送検された。発覚のきっかけは「こんなこと、していいのか」との心あるゲーマーの忠告。(2017/12/14)

モンハンでチート “悪魔ネコ”の作り手書類送検 ネット上で忠告受け「脅された」と警察に駆け込み御用
「モンスターハンター」の世界で、規格外の強さを見せる「悪魔ネコ」。その実態はチートだった。生みの親の1人である男は11月、著作権法違反容疑で書類送検された。(2017/12/13)

絶滅危惧種「センザンコウ」をメルカリに出品 男女を書類送検
絶滅危惧種の哺乳類「センザンコウ」の剥製を「メルカリ」に出品したとして、男と女がそれぞれ書類送検。(2017/12/12)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年11月版:
ウイルス検体を業務で公開、なぜ逮捕?
2017年11月のセキュリティクラスタ、キーワードは「macOS」「share」「国際会議」でした。新バージョンのmacOSで、パスワードを入力しなくてもログインできることが突然明らかになり、衝撃が走りました。Share監視サービスを行っていたセキュリティ企業の社員が、そのShareでウイルスを共有していたとして逮捕。毎年恒例の「CODE BLUE」と「AVTOKYO」では、興味深い各講演の合間にセキュリティクラスタの人々が交流を深めていました。(2017/12/11)

浅野忠信、実父逮捕にコメントを発表 「僕にとってはたった一人の父」
ファンからは応援メッセージが多数届いています。(2017/12/6)

「2番では絶対ダメ」 逮捕されたスパコン開発ベンチャー社長 斉藤元章容疑者
「来年は世界トップを目指す」――詐欺容疑で逮捕された斉藤元章容疑者は、大企業をしのぐ高性能スパコンの開発で一躍脚光を浴び、「2番では絶対にダメ」と、世界最先端を走る中国への強烈な対抗心をあらわにしていた。(2017/12/6)

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」、出演予定者逮捕で放送内容を差し替え 11日分は再放送に
スーパーコンピュータ開発者・齊藤元章氏を特集するはずでした。(2017/12/5)

スパコン「暁光」開発、ベンチャー社長ら逮捕 4億詐取容疑
スパコンTOP500で4位に入った「暁光」を開発したベンチャー企業「PEZY Computing」の斉藤社長などが逮捕された。国立研究開発法人から助成金約4億3100万円をだまし取った疑い。(2017/12/5)

「PEZY Computing」社:
スパコン「暁光」開発、ベンチャー社長ら逮捕 4億詐取容疑
国立研究開発法人から助成金約4億3100万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部はスーパーコンピューター「暁光(ぎょうこう)」を開発したベンチャー企業「PEZY Computing(ペジー コンピューティング)の社長らを逮捕した。(2017/12/5)

集団痴漢の合言葉は「1902」……埼京線の先頭車両に集まった卑劣な男たち
痴漢情報を交換するネット掲示板を見て集まった男4人が、JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして逮捕された。掲示板ではあくまで「妄想」という体で、痴漢のしやすい車両や、女性の容姿などの情報を交換していた。(2017/12/5)

“体験告白”掲示板:
埼京線 集団痴漢の合言葉は「1902」 先頭車両に集まった卑劣な男たち
ネット上で痴漢情報を交換する掲示板を見て集まった男4人が、JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして、警視庁板橋署に強制わいせつ容疑で逮捕された。(2017/12/5)

「ジャンプフェスタ」の『るろうに剣心』グッズ、販売中止が決定
作者の和月伸宏さんは、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されていました。(2017/12/4)

ヒルクライム、DJ KATSUの逮捕を受けて活動停止を発表 TOCはソロ活動へ
「私自身はKATSUと会話が出来る状況ではありません」とTOCさん。(2017/12/4)

JR埼京線で集団痴漢 4人逮捕 ネットの「痴漢情報掲示板」で集まる?
JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして男4人を逮捕。4人に面識はなく、一部の容疑者の携帯電話に痴漢情報を交換する掲示板の閲覧履歴があった。(2017/11/29)

ネットのダークマター:
巨大ビジネス化する海賊版 悪質「リーチサイト」の台頭、止める策はあるか
年2億冊もの海賊版ダウンロードを誘導していたリーチサイト「はるか夢の址」の運営者が逮捕された。リーチサイトは巧妙な手段で追及から逃れようとしており、実際、追及は難しい。対策はあるのか――。弁護士・福井健策さんによる寄稿。(2017/11/24)

『るろうに剣心 北海道編』は当面の間休載へ 和月伸宏さん書類送検で
児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)で11月21日、書類送検されていました。(2017/11/21)

アスクルの子会社および従業員が不起訴に 物流センターでの火災めぐり
消防法違反の疑いで書類送検されていた。(2017/11/14)

チャゲアスのCD、一部出荷再開 逮捕以来3年ぶり
ASKAさん逮捕以降、出荷を停止していたチャゲアスのCDの一部の出荷が再開される。(2017/11/14)

てるみくらぶは禁断の「粉飾くらぶ」 逮捕2日前、「カネ返せ!」怒号飛び交った債権者集会
今年3月、経営破綻した「てるみくらぶ」。山田社長は破綻の危機に直面しながらも高額の役員報酬を受け取っていた。さらに破綻直前まで集客を続けており、旅行客らの怒りは大きい。(2017/11/13)

「首吊り士」名乗り、自殺志願者と接触か 座間9人遺体事件
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「首吊り士」などのTwitterアカウントを使い、自殺志願者を手助けする内容を投稿していた。(2017/11/2)

セキュリティ企業のP2P監視サービス管理者逮捕 ウイルスを「Share」に保管 会社は反論
Shareにウイルスを保管していたとして、セキュリティ企業でP2P監視サービス担当していた社員が逮捕。会社は「ウイルスの取得・保管は、ファイル流出監視サービスを行うという正当な理由に基づいている」と反論している(2017/11/2)

市の公衆WiFi、ストーカーが悪用 好意寄せる女性にわいせつ画像送信
知人女性へわいせつ画像を繰り返しメールで送りつけたなどとして、男がストーカー規制法違反容疑で逮捕された。京都市が整備した無料公衆無線LANサービスを悪用。匿名性の高い約20種類のメールアドレスを使い分けて身元の特定や捜査から逃れようとしていたとみられる。(2017/11/2)

Twitterや自殺サイトで被害者誘い出しか 座間複数遺体
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「自殺サイト」やTwitterで被害者と接触していた形跡がある。(2017/11/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
これから急増する英語教師を「警戒」すべきか
都立高校に勤める米国人の英語教師が、16歳の女子高生にわいせつ行為をしたとして逮捕された。このようなニュースが報じられると、「外国人は危ない」といった声が出てくるが、本当にそうなのか。大切なことは……。【訂正】(2017/11/2)

出版海賊サイト「はるか夢の址」、運営者および漫画を違法にアップロードした者9人逮捕
ACCSによる1年間の推定被害額は約731億円にも。(2017/10/31)

日本最大級:
海賊版リーチサイト「はるか夢の址」運営者ら9人逮捕
不正アップロードされた漫画や雑誌のダウンロードリンクをまとめた「リーチサイト」として最大級だった「はるか夢の址」の運営者ら9人が逮捕された。(2017/10/31)

TwitterにあふれるJKビジネス “裏オプ”前提、危険な少女たち
“女子高生”によるサービスを売りにした「JKビジネス」店を経営していた男2人が警視庁に相次いで逮捕された。少女らはTwitterなどで男や客とやり取りし、非合法の性的サービス(裏オプション)をしないと稼げない仕組みになっていたという。(2017/10/27)

フィクサー、仕手集団、中国人企業家……「ストリーム」株価操縦事件の“深い闇”
ネット通販業「ストリーム」をめぐる相場操縦事件。この事件では既に「最後のフィクサー」と呼ばれる人物の関係者ら6人の男が警視庁に逮捕されたが、単純な株価操縦事件とは異なる深い闇もうかがわせる。(2017/10/27)

激高、あおり……ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故
東名高速道路でトラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。(2017/10/24)

「危険運転致死傷罪」は適用困難か:
東名の夫婦死亡事件、執拗かつ悪質な進路妨害は「過失」か「危険」か
東名高速道路で停車中のワゴン車にトラックが追突して夫婦が死亡した事件で、神奈川県警は進路妨害により事故を誘発したとして男を逮捕したが、容疑は運転時の過失を問う自動車運転処罰法違反の「過失致死傷」などだった。(2017/10/18)

AV業界「アングラ化」 女優売春も……摘発相次ぎ“地下”で生き残り図る
アダルトビデオ業界が岐路に立たされている。無修正動画の配信や出演強要で制作会社やプロダクションが摘発される事案が相次ぎ、女優に売春させるなど「アングラ化」する業者もいるという。(2017/10/18)

残業代未払いなど相次ぐ:
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。残業代未払い問題で書類送検されたヤマト運輸などが新たに掲載された。(2017/10/16)

ガイアックス社長、釈放 被害届取り下げ
妻の実家に住居侵入した疑いで福岡県警に逮捕されていた同社の上田祐司社長が釈放された。(2017/10/4)

福岡・博多高校の加害生徒が自主退学 9月29日付で逮捕後10月2日に釈放
学校と福岡地検を取材しました。(2017/10/3)

ガイアックス、社長逮捕でコメント
ガイアックスが社長逮捕の報道にコメント。「逮捕の事実は把握している」という。(2017/10/3)

住居侵入容疑:
ガイアックス「社長逮捕」伝わり株価急落
ガイアックスの創業社長が住居侵入容疑で逮捕されたと報じられ、同社株価が急落。(2017/10/2)

違法コピーしたOffice入りPC、「メルカリ」で販売 夫婦を逮捕
フリマアプリ「メルカリ」で、Officeを違法に複製・インストールしたPCを販売していたとして、岡山県内の夫婦が逮捕された。(2017/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。