ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「逮捕」最新記事一覧

関連キーワード

『るろうに剣心 北海道編』は当面の間休載へ 和月伸宏さん書類送検で
児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)で11月21日、書類送検されていました。(2017/11/21)

アスクルの子会社および従業員が不起訴に 物流センターでの火災めぐり
消防法違反の疑いで書類送検されていた。(2017/11/14)

チャゲアスのCD、一部出荷再開 逮捕以来3年ぶり
ASKAさん逮捕以降、出荷を停止していたチャゲアスのCDの一部の出荷が再開される。(2017/11/14)

てるみくらぶは禁断の「粉飾くらぶ」 逮捕2日前、「カネ返せ!」怒号飛び交った債権者集会
今年3月、経営破綻した「てるみくらぶ」。山田社長は破綻の危機に直面しながらも高額の役員報酬を受け取っていた。さらに破綻直前まで集客を続けており、旅行客らの怒りは大きい。(2017/11/13)

「首吊り士」名乗り、自殺志願者と接触か 座間9人遺体事件
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「首吊り士」などのTwitterアカウントを使い、自殺志願者を手助けする内容を投稿していた。(2017/11/2)

セキュリティ企業のP2P監視サービス管理者逮捕 ウイルスを「Share」に保管 会社は反論
Shareにウイルスを保管していたとして、セキュリティ企業でP2P監視サービス担当していた社員が逮捕。会社は「ウイルスの取得・保管は、ファイル流出監視サービスを行うという正当な理由に基づいている」と反論している(2017/11/2)

市の公衆WiFi、ストーカーが悪用 好意寄せる女性にわいせつ画像送信
知人女性へわいせつ画像を繰り返しメールで送りつけたなどとして、男がストーカー規制法違反容疑で逮捕された。京都市が整備した無料公衆無線LANサービスを悪用。匿名性の高い約20種類のメールアドレスを使い分けて身元の特定や捜査から逃れようとしていたとみられる。(2017/11/2)

Twitterや自殺サイトで被害者誘い出しか 座間複数遺体
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「自殺サイト」やTwitterで被害者と接触していた形跡がある。(2017/11/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
これから急増する英語教師を「警戒」すべきか
都立高校に勤める米国人の英語教師が、16歳の女子高生にわいせつ行為をしたとして逮捕された。このようなニュースが報じられると、「外国人は危ない」といった声が出てくるが、本当にそうなのか。大切なことは……。【訂正】(2017/11/2)

出版海賊サイト「はるか夢の址」、運営者および漫画を違法にアップロードした者9人逮捕
ACCSによる1年間の推定被害額は約731億円にも。(2017/10/31)

日本最大級:
海賊版リーチサイト「はるか夢の址」運営者ら9人逮捕
不正アップロードされた漫画や雑誌のダウンロードリンクをまとめた「リーチサイト」として最大級だった「はるか夢の址」の運営者ら9人が逮捕された。(2017/10/31)

TwitterにあふれるJKビジネス “裏オプ”前提、危険な少女たち
“女子高生”によるサービスを売りにした「JKビジネス」店を経営していた男2人が警視庁に相次いで逮捕された。少女らはTwitterなどで男や客とやり取りし、非合法の性的サービス(裏オプション)をしないと稼げない仕組みになっていたという。(2017/10/27)

フィクサー、仕手集団、中国人企業家……「ストリーム」株価操縦事件の“深い闇”
ネット通販業「ストリーム」をめぐる相場操縦事件。この事件では既に「最後のフィクサー」と呼ばれる人物の関係者ら6人の男が警視庁に逮捕されたが、単純な株価操縦事件とは異なる深い闇もうかがわせる。(2017/10/27)

激高、あおり……ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故
東名高速道路でトラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。(2017/10/24)

「危険運転致死傷罪」は適用困難か:
東名の夫婦死亡事件、執拗かつ悪質な進路妨害は「過失」か「危険」か
東名高速道路で停車中のワゴン車にトラックが追突して夫婦が死亡した事件で、神奈川県警は進路妨害により事故を誘発したとして男を逮捕したが、容疑は運転時の過失を問う自動車運転処罰法違反の「過失致死傷」などだった。(2017/10/18)

AV業界「アングラ化」 女優売春も……摘発相次ぎ“地下”で生き残り図る
アダルトビデオ業界が岐路に立たされている。無修正動画の配信や出演強要で制作会社やプロダクションが摘発される事案が相次ぎ、女優に売春させるなど「アングラ化」する業者もいるという。(2017/10/18)

残業代未払いなど相次ぐ:
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。残業代未払い問題で書類送検されたヤマト運輸などが新たに掲載された。(2017/10/16)

ガイアックス社長、釈放 被害届取り下げ
妻の実家に住居侵入した疑いで福岡県警に逮捕されていた同社の上田祐司社長が釈放された。(2017/10/4)

福岡・博多高校の加害生徒が自主退学 9月29日付で逮捕後10月2日に釈放
学校と福岡地検を取材しました。(2017/10/3)

ガイアックス、社長逮捕でコメント
ガイアックスが社長逮捕の報道にコメント。「逮捕の事実は把握している」という。(2017/10/3)

住居侵入容疑:
ガイアックス「社長逮捕」伝わり株価急落
ガイアックスの創業社長が住居侵入容疑で逮捕されたと報じられ、同社株価が急落。(2017/10/2)

違法コピーしたOffice入りPC、「メルカリ」で販売 夫婦を逮捕
フリマアプリ「メルカリ」で、Officeを違法に複製・インストールしたPCを販売していたとして、岡山県内の夫婦が逮捕された。(2017/9/28)

「のぞき見できる」他人の人事情報に不正アクセス 市役所の甘いセキュリティ
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が摘発された。事件を通じて見えてきたのは、やろうと思えば簡単に内部情報にアクセスできてしまう市の管理体制の甘さだった。(2017/9/27)

市職員連続立件の背景:
「のぞき見できるものなら……」他人の人事情報に禁断の不正アクセス
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が8〜9月、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大阪府警サイバー犯罪対策課に相次いで摘発された。(2017/9/26)

ヤマト運輸、労基法違反の疑いで書類送検 労働時間管理の不備で
各所報道では違法な長時間労働があり、残業代の一部を支払っていなかったとされています。(2017/9/22)

踏み外した人生の“レール”:
線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカート姿で
群馬県内にあるJR吾妻線の3駅でポイントに「置き石」をして逮捕された犯人は、意外にも、鉄道をこよなく愛するはずの“鉄道オタク”だった。(2017/9/15)

「女子中学生チケット詐欺事件」をシーケンス図化 「分かりやすい」GitHubで話題に
チケット転売をめぐり、専門学校生が誤認逮捕された後、中学生が詐欺容疑で書類送検された事件を説明したシーケンス図がGitHubに投稿され、「分かりやすい」と話題になっている。(2017/9/14)

「警察官の前でわざと白い粉落としてみた」 迷惑YouTuberを偽計業務妨害の疑いで逮捕
悪質だとして批判の声があがっていました。(2017/9/8)

米政府機関の大量情報漏えいに関与との疑いも
マルウェア「Sakula」関与の容疑者を逮捕、複雑な背景とは
米連邦捜査局(FBI)は、米連邦政府の人事管理局(OPM)の大規模な個人情報流出を引き起こしたマルウェア「Sakula」を使った別のサイバー攻撃に関与した疑いで、中国籍の男を逮捕した。(2017/9/8)

ネタバレサイトの運営者逮捕 『ONE PIECE』など発売前に掲載し広告収入およそ3億円
運営者はアフィリエイト広告で少なくとも3億円近くの収入を得ていました。(2017/9/7)

「ワンピース」ネタバレサイトの運営者を逮捕 広告収入3億円以上か
ワンピースの「ネタバレ」サイト運営者が逮捕。3億円以上の広告収入を得ていたとみられる。(2017/9/7)

警察指導「慢心スルー」の末路 人気「コスプレバー」、違法接待で摘発
無許可で女性従業員に客を接待させたとして、大阪・ミナミの繁華街にある人気コスプレバーが摘発された。府警は店側を指導していたが、従わなかったとして経営者の男(39)の逮捕に踏み切った。(2017/8/23)

世界を襲ったマルウェア攻撃、ウクライナ警察が容疑者逮捕
逮捕された51歳の男は、6月下旬の大規模サイバー攻撃に使われたマルウェアの拡散に関与したとされる。(2017/8/14)

犯人逮捕の決め手は「流さなかった便」
不法侵入した家のトイレで用を足したまま流さなかった窃盗犯。(2017/8/13)

逮捕された「WannaCry」拡散阻止の英雄、保釈が決まるも依然拘束中
世界中で猛威を振るったランサムウェアの「キルスイッチ」を見つけた功績で英雄視されていた青年はどうなるのか。(2017/8/8)

厚労省の“ブラック企業リスト”をグラフで可視化 Webサイト「ブラック・ブラック企業」登場
労働関係の法令違反で書類送検された企業を、都道府県や違反法令別などで一覧・検索できるWebサイト「ブラック・ブラック企業」が登場した。(2017/8/7)

ZOZOTOWNに他人住所で登録、「ツケ払い」で商品受け取り 容疑で18歳逮捕
ZOZOTOWNに虚偽の会員登録して注文したとして18歳の少年を逮捕。「ツケ払い」を使って他人の住所に送っていた。(2017/8/7)

ブラックな事案で送検された企業を一覧にしたサイト「ブラック・ブラック企業」が登場 件数が棒グラフで一目瞭然に
厚労省の“ブラック企業”リストから知りたい情報を得るためのサイトです。(2017/8/6)

「WannaCry」の拡散を阻止した英国人、FBIがラスベガスで逮捕
WannaCryのキルスイッチを発見したことで知られるマーカス・ハッチンズ氏が、別のマルウェアに関与したとしてFBIに逮捕された。(2017/8/4)

Twitterに産経の偽号外 「安倍総理逮捕」と嘘掲載 産経は法的措置も
「安倍総理逮捕」などの見出しがついた産経新聞の偽号外の画像がTwitter上に投稿されていることが分かり、産経新聞社は「極めて悪質」とするコメントを出した。(2017/8/4)

「恥ずかしい……でも解決したい」の心理突き 「アダルトサイトのトラブル解決」真っ赤なウソ
アダルトサイトとのトラブル解決をうたう詐欺容疑で、探偵業者の男が逮捕。検索連動型広告を悪用して集客していた。(2017/7/31)

アスクル子会社と従業員1人が消防法違反で書類送検 2月に大規模火災、鎮火まで13日
危険物の管理方法について関係当局から指摘を受けたとのこと。(2017/7/28)

アスクルは「確認を行う」とコメント:
アスクル倉庫火災、消防法違反容疑で子会社書類送検か
2月に発生したアスクルの倉庫火災で、埼玉県警が子会社のアスクルロジストを消防法違反容疑で書類送検か。アスクルの広報は「確認を行い、事実が判明したら改めて公表する」とコメント。(2017/7/28)

Google装う偽サイトで1000人から2000万円以上だまし取る 詐欺の疑いで男2人を再逮捕
Googleを装ったSMSを送りつけてスマートフォンなどがウイルスに感染したと思わせ、対策費用として現金をだまし取るなどしたとして、男2人が再逮捕。(2017/7/27)

世界最大の闇市場、国際捜査で摘発 禁止薬物やマルウェアを大量売買
AlphaBayは、約4万の販売業者と20万人のユーザーが利用。禁止薬物や毒物、盗まれた個人情報や偽造品、マルウェアなどのハッキングツール、火器などがダークWebで売買されていた。(2017/7/21)

おふざけ動画の「生主」:
少女買春容疑の千葉県市川市議に「やんちゃ」過去
中学1年の女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をしたとして警視庁に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで摘発された千葉県市川市の三浦一成市議。知人らを取材すると、過去の「やんちゃ」の数々が聞こえてきた。(2017/7/13)

「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷ブログで拡散 男女3人書類送検 「広告収入増やしたかった」
西田敏行さんを誹謗中傷する記事をインターネットのブログなどでまとめて拡散した偽計業務妨害容疑で、40代の女ら男女3人が書類送検。(2017/7/7)

熾烈な客引き:
赤ケバブ、青ケバブ 仁義なき“六本木ケバブ戦争”に幕?
東京・六本木のケバブ店で強引な客引き行為をしたとして、警視庁麻布署は風営法違反容疑で、トルコ国籍の20代の兄弟を逮捕した。(2017/7/6)

がっかりすぎる内容で物議を醸した高額イベント「Fyre Festival」主催者が逮捕 虚偽報告で投資を得た疑い
主催者のひとりであるウィリアム・マクファーランド容疑者を逮捕。(2017/7/3)

「性の悦びおじさん」宅に侵入……17歳「ドローン少年」逮捕
故「性の悦びおじさん」のマンションに立ち入り、動画配信をしたとして、17歳のドローン少年が逮捕。(2017/6/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。