ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロデューサー」最新記事一覧

映画「20世紀少年」プロデュース担当企業「アグン」が破産 外注費や人件費など先行投資が負担に
近年はヒット作に恵まれず、4月には事業を停止していた。(2017/6/14)

映画「20世紀少年」「蟲師」などプロデュース アグンが破産
映画「20世紀少年」「蟲師」などのプロデュースに携わった映画企画・制作・配給会社アグンが破産した。(2017/6/14)

「カウボーイビバップ」実写ドラマ化が正式発表 製作に「プリズン・ブレイク」プロデューサー
今度こそ実現なるか。(2017/6/7)

任天堂のプロデューサーが「ファミコンウォーズ」の今後に言及 「やりたいが、キャラの関係性を作るのが難しい」
「キャラクター同士の関係性」について語ったのは、ファイアーエムブレムの影響が大きい?(2017/6/2)

「ジブリパーク」が愛知に登場 愛・地球博記念公園をリニューアル、2020年初頭開園目指す
スタジオジブリの鈴木プロデューサーと愛知県知事が方針に大筋合意しました。(2017/6/1)

サイト盗用、ソースコードごとコピペ 「堀江貴文プロデュース」アイドルプロジェクト中止
「堀江貴文プロデュース」をうたうアイドルプロジェクトの公式サイトに、他サイトからの盗用があり、プロジェクトが中止に。(2017/5/31)

堀江貴文総合プロデュースのアイドルプロジェクトが中止へ サイトデザイン盗用の指摘受け
総合プロデューサーの堀江貴文さんはサイトの発注・管理に一切関与していなかったそうです。(2017/5/31)

ソースコードまで酷似 「堀江貴文プロデュース」アイドルサイトに盗用多数 運営者が謝罪
「堀江貴文プロデュース」をうたうアイドルプロジェクトの公式サイトに、他サイトからの盗用が多数あると指摘。サイトは削除された。(2017/5/22)

「堀江貴文プロデュース」のアイドルオーディションサイトに盗用発覚 現在はサイトを削除
盗用を認め、「大変なご迷惑をお掛けしてしまったこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。(2017/5/21)

ニコニコ超会議2017:
「歌舞伎を若者に知ってほしい」――デジタル技術と融合「超歌舞伎」再び、見どころは プロデューサーに聞く
新作歌舞伎「花街詞合鏡」が「ニコニコ超会議2017」で上演される。最新技術を生かし、昨年話題を呼んだ「超歌舞伎」の第2弾は、どんな舞台になるのか。見どころを聞いた。(2017/4/27)

表参道に開いたソニープロデュースのインテリアショップを見てきた プロジェクターで生活を飾る提案
(2017/4/14)

「この世界の片隅に」大ヒットでも……クラウドファンディングによる映画制作が「とてつもなく難しい」理由
「クラウドファンディングで映画を作るのは、とてつもなく難しい」――クラウドファンディングで成功した映画「この世界の片隅に」のプロデューサーはこう話す。なぜか。(2017/4/14)

ソニーがプロデュースするインテリアショップが表参道にオープン
(2017/4/13)

アメコミ界の巨匠スタン・リーが製作総指揮 アニメ「THE REFLECTION WAVE ONE」7月放送開始
「蟲師」「惡の華」などを手がけた長濱博史さんが監督を、イギリスの音楽プロデューサー、トレヴァー・ホーンさんが音楽プロデュースを担当。(2017/3/25)

西川貴教×志倉千代丸プロデュースのBIGアイドルプロジェクト「B-PROJECT」舞台化決定
第1弾キャストも発表。3月26日に開催予定の「AnimeJapan 2017」では一部キャストが出演予定。(2017/3/20)

金ロー3月24日は「おおかみこどもの雨と雪」 “愛を感じるシーン”の読者投票も
LINE LIVEではプロデューサーや制作陣を交えた特別番組。(2017/3/11)

きゃりーぱみゅぱみゅ、14thシングルはイースターを祝う「良すた」(いいすた)
プロデュースはもちろん中田ヤスタカさん。(2017/3/9)

「いい子に育つか、悪い子に育つか」――Twitterで“人工知能少女”育成、バンナムが結果報告
バンダイナムコが、Twitterユーザーが人工知能(AI)キャラに言葉を覚えさせるプロジェクトを実施。どんな人工知能少女に育ったのか、同社の二見鷹介プロデューサーが報告した。(2017/3/7)

「デレマス」キャラと一緒にドライブ! Yahoo!カーナビに渋谷凛、島村卯月などの「きせかえボイス」登場
渋谷凛、島村卯月、本田未央の音声でプロデューサー気分。(2017/3/2)

Perfume、地上波ドラマで初主演! ソファでくつろぐ3人のビジュアルが公開
脚本を手掛けるのは「野ブタ。をプロデュース」の木皿泉さん。(2017/2/28)

宮崎駿監督が長編復帰へ 鈴木敏夫プロデューサー「一生懸命、東京で作ってます」(※鈴木Pの発言追記)
おかえりなさい!(2017/2/24)

佐賀県プロデュースアニメ、再び 3月に「ただいま」「おかえり」2作品同時公開
留まることを知らない佐賀のアニメPR。(2017/1/31)

石野卓球プロデュース! “孤高のピン芸人”ハリウッドザコシショウが歌手デビューするも曲名は「ゴキブリ男」
「嘘なのに」とツイートしていたのにー!(2017/1/6)

実写ドラマ「聖☆おにいさん」を山田孝之がプロデュース!? 福田雄一監督との「勇者ヨシヒコ」タッグに
山田さんは出演しないのかな?(2016/12/21)

映画「この世界の片隅に」幻の30分拡張版が製作決定か プロデューサーが“さりげなく”ツイート
興行収入10億円突破したら作ると明言していました。(2016/12/21)

GOING UNDER GROUNDのキーボード&共同プロデューサー・橋口靖正が逝去 「これからも彼と作った音楽を演奏していきます」
12月3日・4日に共演したばかりでした。(2016/12/11)

朝本浩文さん53歳で死去 UAなどの音楽プロデューサーとして活躍
妻の由美さんがFacebookで報告しました。(2016/12/3)

「ハリポタ」「ファンタビ」Pに聞く:
大ヒット「ファンタビ」Pの仕事術に迫る
11月23日に公開し、興行収入100億円超も視野に入るヒット映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。社会現象となった「ハリー・ポッター」の新シリーズだ。大ヒット映画において、プロデューサーはどのような仕事をしているのか? 本作のプロデュースを担当するデイビッド・ヘイマン氏に聞いた。(2016/12/3)

ドコモが「バーチャルアイドル」プロデュース 日中で展開
NTTドコモが中国の大手携帯事業者と共同で「バーチャルアイドル」を制作。音楽やダンス、ライブ番組などを展開していく。(2016/12/2)

松本人志プロデュースの密室笑わせ合いサバイバル「ドキュメンタル」、Amazonプライム・ビデオが独占配信
勝者は1000万円をゲット! ただし参加費1人100万円(自腹)。(2016/11/22)

GACKTプロデュースの「ビューティープロジェクト」だと!? まずは基礎化粧品から登場
22日から予約販売がスタートするそうです。(2016/11/16)

宮本亜門がキンタロー。をプロデュースするとこうなる 印象深いシーンは「股からピンポン玉をポンポン飛ばすところ」
全体的に気になる舞台だ。(2016/11/13)

「ホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたい」 イスラエル大使館が欅坂46、秋元P、ソニー・ミュージックへ名指しツイート
11月1日に、秋元プロデューサーらが公式に謝罪していた。(2016/11/3)

「欅坂46」所属会社、「衣装がナチスの軍服に似ている」との抗議受け謝罪
ユダヤ系人権団体がプロデューサーの秋元康氏などに謝罪を求めていた。(2016/11/1)

ジョーンズ父娘が音質とデザインを監修したプレミアムなヘッドフォン――AKG「N90Q」登場
AKGから新技術を詰め込んだ密閉型ヘッドフォン「N90Q」が登場した。ノイズキャンセリング機能やUSB-DACなど数多くの先端技術を詰め込んだプレミアムモデル。音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズ氏が音を監修した。(2016/10/25)

任天堂の職種紹介ページが遊び心たっぷりで話題 制作チームの役割をクッパやドンキーに見立てて説明
クッパはゲームプロデューサー。(2016/10/19)

秋元康さんプロデュース「次元を超えたアイドルグループ」始動 アニメ界の著名クリエイターがデザイン 声優募集
「次元を超えたアイドルグループの誕生!!」――秋元康さんが新たに総合プロデュースする2次元アイドルグループの“メンバー募集”が始まった。(2016/10/17)

青山に1号店:
オーダースーツ作りをスマホで コナカが新ブランド 佐藤可士和さんプロデュース
スーツ専門店大手のコナカがオーダースーツの新ブランド「ディファレンス」を立ち上げた。1号店を東京・青山にオープン。特徴はスマホ上でスーツの生地やデザインなどをカスタマイズできる点だ。(2016/10/3)

コンセプトは「世界初」 イケメン大暴れ『HiGH&LOW』が10代女子の心をツカむ理由
LDHグループ総出演の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』。コンテンツとメディアミックスの成功例として学ぶべき点が多い本作は、何を目指して生まれたのか? 日本テレビ植野浩之プロデューサーに聞いた。(2016/9/29)

夜間のサンシャイン水族館が恐怖に染まる…… 五味弘文プロデュースの“ホラー水族館”がいよいよ開幕
お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さん初の水族館ホラー。(2016/9/15)

スキマスイッチ「全力少年」が奥田民生プロデュースで再リリース! 秋アニメのEDに起用
「大橋は何度も歌いたがるので、途中でやめさせました」(奥田民生)(2016/9/15)

アイドルが国会議員の「アイドル事変」、1月からアニメ化 主題歌のサウンドプロデュースはつんく♂
つんく♂さんも二次元アイドルをプロデュースする時代に。(2016/9/10)

「鬼平犯科帳」テレビアニメ化 主人公・鬼平は“現代風のイケメン”に
池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」がテレビアニメ化。プロデューサーは「時をかける少女」の丸山正雄さん。(2016/8/31)

韓国版「アイマス」、Amazon プライム・ビデオでの配信が決定! 2017年初頭を予定
プロデューサーさん! 実写ドラマですよ、実写!(2016/8/25)

「ゴジラ」シリーズ「今後も何らかの形で作り続けていく」 次回作に意欲を見せた東宝・山内プロデューサーが作品を振り返る
(ネタバレ注意)「映画公開後の今だから話せる話」を伺ってきました。(2016/8/28)

ゲーム開発者に大卒者増加、平均年収は前年比28.3万円減の524.6万円 CEDEC運営委がアンケートの速報を発表
開発に携わるプロデューサーやディレクター、プログラマーなどを対象に、1978件の有効回答を集めた。(2016/8/23)

サンシャイン水族館が10月にホラーイベントを開催 お化け屋敷プロデューサーの五味弘文とコラボ
水族館特有の視覚・聴覚を生かして恐怖を演出。(2016/8/22)

劇場アニメ「傷物語」の舞台あいさつに神谷浩史、櫻井孝宏ら アフレコは原作とのニュアンスの違いに悩み
音楽を担当した神前暁さん、プロデューサーの久保田光俊さんも登壇しました。(2016/8/20)

異色のテクノロジー番組『徳井バズる』は若手2人の“社内副業”で生まれた 思いを形にするコツは?
「遊べる学べるテクノロジー」をコンセプトにMBS毎日放送で始まった番組『徳井バズる』。ロボホンやPepperが出てきたかと思えば、デリケートな部分をナデると反応してくれる等身大抱き枕なんてものも登場する。番組の誕生秘話を、毎日放送(MBS)のプロデューサーと営業マンに聞いた。(2016/8/19)

エンターテイメント特化型マーケティングレーベル「Modern Age」が支援:
トライバルメディアハウス、サマーソニックでVRライブをプロデュース
トライバルメディアハウスのマーケティングレーベル「Modern Age」は音楽フェスティバル「サマーソニック」において、VR映像を活用した視聴体験の企画とディレクション、プロデュースを担当したと発表した。 (2016/8/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。