ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テレワーク」最新記事一覧

12月4日開催:
宇宙に挑む植松電機社長も登壇! 中小企業に求められる新しい働き方改革とは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部とITmedia エンタープライズ編集部が主催するセミナー「ビジネスを加速する『ITと働き方改革』カンファレンス 中堅中小企業から変える、日本の働き方 〜いま、そして2020年に向けて〜」が12月4日に開催!(2017/11/9)

データのじかん:
IoTとAIで実現する“社員の幸せ”と“生産性向上”を両立する働き方改革
働き方改革を正しく評価するには、削減した残業時間やテレワークの回数をはかるだけでなく、「会社や社員にとって良い結果をもたらす行動につながったかどうか」を見極めることがカギになる。その成果をはかる方法とは?(2017/11/10)

中小向けに「Microsoft 365」廉価版 LTE対応「Surface Pro」とセットで「働き方改革」推進
日本マイクロソフトが中小企業の働き方改革を促進するソリューション「Microsoft 365 Business」の提供を11月1日に開始した。(2017/11/1)

月額2180円:
マイクロソフト、中堅中小向けに安価なOfficeソリューション
日本マイクロソフトが「Microsoft 365 Business」を提供開始。中堅中小企業に特化した働き方改革ソリューション。(2017/11/1)

「人がハッピーになれなければ、ITに意味はない」:
企業が“デジタルジャーニー”に旅立てない理由――Lakeside Software創業者マイケル・シューマッハ氏に聞く
クラウドやモバイルが社会に深く浸透し、ITがビジネスや生活、社会に直結している今、ITサービス/システムの運用方法にも再考が求められている。では、どうITを運用すれば、人、企業、社会を幸せにすることができるのか?――2017年9月に日本法人を立ち上げたLakeside Software創業者 マイケル・シューマッハ氏に話を聞いた。(2017/10/26)

ネットワークに関する調査レポート
読者調査で分かったギガビットイーサネットやSD-WANへの高い関心
TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、「企業のネットワーク環境に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2017/11/1)

PR:ワークスタイルに“快”をもたらす「VAIO Pro」という選択
企業の働き方改革を推進するうえで、多様なワークスタイルに対応できるクライアントPCの選定は重要だ。ビジネスニーズを追求した末に誕生したVAIOの新たなPCソリューションの提供価値に注目する。(提供:VAIO株式会社)(2017/10/17)

総務省が7月24日「テレワーク・デイ」当日の分析結果を発表 都内の幅広い地域で出勤率が5%以上減少へ
一定の人口減少が認められました。(2017/10/16)

同価格帯では目立つ存在
「HP Stream 11」は単なる低価格PCではない、199ドルノートPCを使い倒す
Hewlett Packard(HP)の「HP Stream 11」は、耐久性のあるコンパクトなデザイン、手堅いパフォーマンス、優秀なキーボードを備えている。手頃な価格の製品を求めるユーザー向けに用意された持ち運び用ノートPCだ。(2017/10/15)

妻らから非難ごうごう:
「働き方改革」でも真っすぐ帰らない「フラリーマン」
「働き方改革」が叫ばれる中、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。(2017/10/13)

まっすぐ帰らない「フラリーマン」 妻らから非難ごうごう
「働き方改革」が叫ばれるなか、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。NHKが“フラリーマン”として特集するとネットでは非難の声があがった。(2017/10/13)

CADニュース:
テレワーク人材の3D CADスキル教育や業務受託で協業を開始
ワイズスタッフ、応用技術、SEEZ、オートデスクは、テレワークを活用した建築設計の人材育成と業務の受託において協業を開始した。3次元CADのスキル教育/業務発注などをワンストップで提供する。(2017/10/6)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(5):
侵害の検出と対策をどう考えるか、Windows 10の「WDATP」
Windows 10が備える5段階のセキュリティ対策機能を順に解説する本連載。連載第5回は侵害の検出と対策について紹介する。Microsoftが考える「Protect」「Detect」「Respond」という3つのフェーズと、Detect、Respondを担う「WDATP」について紹介する。(2017/9/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
需要増す「プチ労働」 人手不足解消のカギとなるか
深刻化する人手不足問題――。労働条件を柔軟に設定した、いわゆる「プチ労働」を拡大させることが解決のカギになるかもしれない。(2017/9/27)

PR:テレワークに欠かせないセキュリティ対策を考える
働き方改革やワークスタイル変革に役立つ「テレワーク制度」。企業にとっても働き手にとっても効果が高いことが分かってきた。だが、社外の端末に対しては効果的なセキュリティ対策を打ちにくい。この課題を解決するのが導入に手間がかからず、コスト効果が高い「Cisco Umbrella」だ。シスコとソフトバンク コマース&サービスに狙いを聞いた。(2017/9/15)

難しい:
ワークライフバランスが、いっこうに進まない理由は3つ
「ワークライフバランス」とは、仕事(労働時間)と生活(労働以外の生活時間)の調和がとれた状態を言う。女性のライフイベントや親の介護などにも柔軟に対応できるようにするために、労働時間を減らしていくことと理解されている。ただ……。(2017/9/1)

ビジネスのデジタル化が働き方を変える:
PR:働き方改革を実現するヴイエムウェアの「デジタルワークスペース」
「デジタルトランスフォーメーションをビジネスの現場にも適用すれば、働き方改革のベースとなる」――ヴイエムウェアのソリューションが働き方を変える!(2017/9/1)

仮想デスクトップで高品質なリアルタイムコミュニケーションを実現
相性が悪い仮想デスクトップとWeb会議、この問題を解決する画期的な手段とは
働き方改革を目的に仮想デスクトップを導入する際、コミュニケーションツールを並行して検討する企業は多い。一見、当たり前に見える2つのアプローチの落とし穴とは。(2017/8/30)

製造ITニュース:
設計者の働き方改革に必要なのはクラウドPLM、キヤノンITSとPTCがサービス提供
キヤノンITソリューションズとPTCジャパンは、製造業の設計・開発業務に携わる技術者が、在宅でも安全かつ安心にリモートで作業を行える「スマートPLMサポートサービス」の提供を始める。同サービスの鍵になっているのは、PTCのクラウドPLM「PTC PLM Cloud」だ。(2017/8/24)

セゾンが社員区分を撤廃し全員と正社員契約 無期雇用で福利厚生や賃金を統一し賞与も年2回
テレワークや短時間勤務など働き方改革も実施。(2017/8/14)

クレディセゾン、全従業員を正社員化 背景に「AIやFinTechの興隆」
クレディセゾンが全従業員を正社員に。時給制のパート社員など2200人を、月給制・無期雇用の正社員にする。(2017/8/14)

まるでWeb会議用の電話ボックス!? テレワーク難民を救う“究極の個室”とは
防音機能付き個室「テレキューブ」を、オフィスや店舗に――。テレキューブコンソーシアムが仕掛ける「働き方改革」とは!?(2017/8/2)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
高性能なPCほど省エネになる? 業務効率化とエコを両立するPC選びのテクニック
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は「PCと省エネ」について説明します。(2017/8/1)

週刊「調査のチカラ」:
かき氷に1000円以上払える人はどのくらいいるの?
トレンディーかつナウでヤングな若者たちは何にハマっているのか。そのブームはいつまで続くのか。ブームが去った後はどうなるのか。(2017/7/29)

キャリアニュース:
テレワーク経験者の67%が「引き続きテレワークで働きたい」と回答
転職支援サービス「エン転職」が、「テレワーク」についての調査結果を発表。テレワーク経験者は5%だった。通勤時間が有効活用でき、育児や介護との両立がしやすいことなどを理由に、経験者の67%が引き続きテレワークで働きたいと回答した。(2017/7/28)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「時差Biz」を成功させるために必要なこと
東京都が2017年7月11〜25日にかけて実施した「時差Biz」――。満員電車を解消するためには何が問われているのか。(2017/7/28)

初の「テレワーク・デイ」6万人参加 新しい働き方、普及なるか
政府は24日、自宅など職場から離れた場所で働くことを促す「テレワーク・デイ」を初めて実施した。(2017/7/25)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

灼熱38℃ 選手と観客襲う 東京五輪のマラソン「過去120年で最も暑い環境」
東京五輪の会期は7月24日から8月9日までの17日間。東京では昨年のこの期間、最高気温が30度を超える日が12日あった。マラソンは無事開催できるのか。(2017/7/24)

分身ロボットで“遠隔出社” 「働くTECH LAB」プロジェクト
オリィ研究所は、ロボットを用いたテレワークについての研究を行う「働くTECH LAB」プロジェクトの開始を発表した。(2017/7/21)

VMware Conference 2017 Summer:
思い込みを捨てよ!! 非ITでも成果は出せる――「働き方改革」の実践者が語る大切なポイント
SCSKとサイボウズで「働き方改革」に取り組んできた担当者に、そのきっかけや道のり、苦悩などを聞いた。(2017/7/19)

待ったなしの「働き方改革」、3つの課題とは?:
PR:強固なセキュリティと生産性向上、運用負荷軽減の全てを実現する方法
社会の変化とITの進化によって着実に進みつつある「働き方改革」。その実現には強固なセキュリティ対策が欠かせないが、従業員の生産性を阻害したり、IT管理者の負荷を増大させたりするようでは“改革”は難しい。では働き方改革を実現するには、具体的にどのような施策が必要なのだろうか? 2017年6月30日に開催された「@ITセキュリティセミナー」でのソリトンシステムズの講演に、その解を探る。(2017/7/25)

PR:“快”を実感できるストレスフリーPC「VAIO S13」
オフィスでも外出先でも快適に使えること――そんな幅広いワークスタイルに最適なクライアントPCを探しているならば、VAIOの主力ノートPC「VAIO S13」に注目したい。(2017/7/12)

PR:IoTを活用した働き方の可視化で生産性を向上 “働き方改革”推進の切り札はこれだ!
「働き方改革」の推進が急務とされる日本。しかし、これまでの仕事の仕方はなかなか変えられない。そのための近道とされるのは、ITなどによる新たな仕組み作りだが、実践にあたり、既存の知識やノウハウでは対応しきれないことも少なくない。そうした中、企業を支援するサービスとして発表された、NECの「働き方見える化サービス」。果たしてその具体的な“中身”とは――。(2017/7/10)

PR:ビジネスPCにオールインワンの安心感 「VAIO S15」だからできること
日本のオフィス環境が多様化しているとはいえ、今後も内勤中心で働くケースは多いはず。その場合、どのようなクライアントPCを選べばよいのだろうか。(提供:VAIO株式会社)(2017/7/10)

手続きを簡略化し、データで勤務実態を可視化する「働き方見える化サービス」 NECが発表
NECが、勤務実態を可視化するクラウドサービス「働き方見える化サービス」の販売を開始した。初期費用0円、1IDあたり月額500円からという低価格で利用でき、企業の働き方改革推進をサポートする。(2017/7/6)

働き方改革の問題点は技術ではない、文化だ
経済産業省などが、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「働き方改革」の一環で「テレワーク・デイ」を展開する。テレワークのポイントとは!?(2017/7/5)

PR:「VAIO」をビジネスPCに選ぶ5つの理由
政府主導でワークスタイル改革の取り組みが本格化する中、「VAIO」の法人導入が進んでいる。そこには長年培ってきた世界有数のPC開発・生産技術に裏付けられた「5つの提供価値」があった。(2017/6/28)

ドコモ、働き方改革に向けたテレワークソリューション「オフィスリンク+」提供開始
NTTドコモは「働き方改革」推進の一環として、テレワークソリューション「オフィスリンク+」を7月3日から提供開始。日本マイクロソフトのコミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」と組み合わせれば、より便利に活用できる。(2017/6/27)

シスコ、クラウドベースのWeb会議ツール「Cisco WebEx」の無償提供でテレワーク推進
シスコは、7月24日の「テレワーク・デイ」に向け、クラウドベースのWeb会議サービス「Cisco WebEx」を、ライセンス数5人分を上限に2カ月間無償で提供する。働き方改革先進企業のノウハウを生かし、テレワーク導入を後押しする。(2017/6/20)

PR:「思い込みは捨てよ!」――ライフネット生命・出口会長が斬る、日本人が働き方を変えなくてはならない理由
政府が躍起になって推進する「働き方改革」だが、日本企業の取り組みはまだこれからといった状況だ。企業で抜本的な働き方改革を進めるには、どうしたらよいのか。自社でいち早く、在宅勤務や同一労働・同一賃金、定年制廃止などの制度を取り入れてきたライフネット生命保険の出口治明会長に聞いた。(2017/6/12)

総務省調査:
テレワークなどIT活用企業は「労働生産性が高い」
総務省が2016年の通信利用動向調査を発表。企業のクラウドサービスの認知度や利用率は上昇中。IT活用企業の1社当たりの労働生産性が高い結果が出た。(2017/6/9)

“痛勤”地獄から逃れたい 企業があの手この手
首都圏の通勤ラッシュ解消のために、鉄道各社はもちろん、都心に位置する会社も知恵を絞っている。(2017/5/31)

今理解すべき「CASB」の実力【第1回】
クラウドセキュリティの“熱い”キーワード「CASB」とは何か? 誕生の理由は?
クラウドサービスのセキュリティ対策を可能にする「CASB」は、どのようないきさつで生まれたのか。誕生の背景を探る。(2017/5/29)

実証実験を行ったところ:
カラオケボックスが第2のオフィスに? ビッグエコーが新サービス
ビッグエコーを運営する第一興商が、ビジネスプランを導入した。カラオケボックスをワークスペースとして提供するサービスだが、事前に行った実証実験でどんな声があったのか。(2017/5/18)

Microsoft Focus:
働き方改革を“企業成長の武器”に MSの取り組み、第2フェーズへ
働き方改革担当を務める現役大臣の訪問を受けたマイクロソフトは、あらためて働き方改革への意気込みを語った。自らの取り組みに確かな手応えを得てきた同社が次に目指す“働き方改革2.0”とは?(2017/5/13)

成功するテレワークの条件とは【後編】
「顔が見えない部下は管理できない」は幻想 テレワークがうまくいく組織文化とは
オンライン秘書サービスを提供するキャスターの従業員は95%が在宅勤務だ。同社の組織文化やルールには、テレワーク制度を確実に運営するための要素が詰まっている。(2017/5/16)

成功するテレワークの条件とは【前編】
テレワーク成功の鍵は生産管理、従業員の95%が在宅勤務の「オンライン秘書」に学ぶ
オンライン秘書サービス「CasterBiz」を提供するキャスターは、従業員の95%が在宅勤務だ。同社のビジネスは、テレワーク制度なしでは成立しない。同社の運営に必要なシステムはどのようなものだろうか。(2017/5/15)

新生マカフィーは協調を重視――新たに目指す3つのポイントとは
ブランドカラーが“青から赤に戻った”新生マカフィーが、今後の事業戦略について発表会を開いた。キーワードは「協調」だ。(2017/4/24)

テレワークでの利用想定:
カラオケボックスを仕事場に ビッグエコーが新プラン
カラオケチェーン「ビッグエコー」で、カラオケの個室をワークスペースとして利用できる新サービス「ビジネスプラン」が開始。(2017/4/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。