ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ターミネーター」最新記事一覧

ペチャンコになってもターミネーターのごとく元通り 母がカザフスタンで買ってきたブタのおもちゃが話題に
クセになりそう。(2017/9/14)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
AIの可能性と限界を理解しよう
今流行ってるAIは「弱いAI」。「強いAI」ではありません。(2017/8/22)

ディズニーランドやUSJはいくらで貸し切りにできるのか?
友人の数が物を言う。(2017/6/16)

2丁拳銃でターゲット撃ち抜く人間型ロボット ロシア軍が射撃訓練
ロシア連邦政府のドミトリー・ロゴージン副首相がTwitterに動画を公開。(2017/4/20)

シュワルツェネッガー、親友ビル・パクストンを追悼 「ターミネーターではパンク男だったな」
「エイリアン2」「プレデター2」「アポロ13」「タイタニック」など数々のヒット作に出演。(2017/2/27)

「ウイルス」が本来の意味に立ち戻る日
不正なコンピュータプログラムを「ウイルス」と呼びますが、その由来とは? 生物学的検知から考えてみます。(2016/12/27)

これはまるで好々爺 小鳥と朝ご飯を分け合うシュワちゃんの動画がほっこり癒し系で今日も頑張れそう
小鳥「食べていいん?」 シュワ「お食べ」(2016/12/10)

スタン・リーさんがテープカット! 本日開幕東京コミコンに豪華ハリウッドスター集結!
12月2日から4日までの3日間、幕張メッセで開催中です。(2016/12/2)

新しいトレンドの影響力とは
第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは
第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。(2016/12/1)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(1):
人工知能とは何か――強いAIと弱いAI、チューリングテストとチャットボット、中国語の部屋
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。初回は、人工知能/AIという言葉について、あらためて整理する。(2016/11/28)

「ご当地からあげクン」3000個が全国から大集合! チケット瞬殺の「からあげクン祭2016」はやっぱり至福のイベントだった
主催側は「参加者1人につき30個を食べるのがノルマ」と、うれしくもムチャなことを言っています。(2016/9/7)

「液体金属が滴る置物」をニコニコ技術部が制作 特許取れるレベル
開発期間は4年。ただ滴り落ちるだけが難しかったのです。(2016/8/17)

「犬派は友達が多い」「猫派は独身が多い」? Facebookが米16万ユーザーを対象に猫派・犬派の傾向を調査
両派の社交性は、居住地域に大きく影響されるとの考察も。(2016/8/10)

「ソードアート・オンライン」、ハリウッドで実写ドラマ化 原作者・川原礫さん「思いがけない展開に興奮」
小説「ソードアート・オンライン」が米ハリウッドで実写ドラマ化される。(2016/8/3)

「ソードアート・オンライン」、ハリウッドで実写ドラマ化
アニプレックスは、KADOKAWA「電撃文庫」発行の人気小説「ソードアート・オンライン」が米国ハリウッドで実写化されると発表した。原作に沿ったストーリーでテレビドラマを製作するという。(2016/8/3)

「ソードアート・オンライン」がハリウッドで実写ドラマ化 担当編集者・三木一馬氏が明かす
8月3日中に正式なリリースが発信される予定。(2016/8/3)

Weekly Access Top10:
「冴えカノ」加藤恵、ソニーのお偉いさんも注目?
カオスな祭典だった。(2016/7/4)

あのキャラに花束を:
誰かと話したいの!(でも1人で見たいこともあるの!)「木根さんの1人でキネマ」木根真知子(三十代)のわがまま映画人生
映画が好きすぎて面倒くさいこと言っちゃうのは、まあ、よくあるよね。(2016/6/29)

「スター・トレック」のアントン・イェルチン事故死、俳優らの追悼コメントが相次ぐ
J・J・エイブラムス「とてつもなく才能に満ちていた」(2016/6/21)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/16
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月16日)(2016/6/17)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
人命に対する責任を人工知能に問えるのか
ブラックボックスに誰が責任を持つのか。(2016/6/16)

「人類を滅亡させる」と言ったAIロボット、「今は人類が好き」
「人類を滅亡させるわ」と言い放ったAIロボット「Sophia」にWSJが改めてインタビュー。「われわれを殺したい?」と問われたSophiaの返答は……。(2016/6/8)

ねとらぼ生物部:
今日の編集長:茶々丸(犬)
皆さんのペットが“編集長”になる企画。5月最後の水曜日はわんわん。(2016/5/25)

ヒャッハー悪最高! 月刊MdN6月号は「惚れる悪の造形」特集
テンションが上がってきたぜー!(2016/5/6)

光のドレスをまとって登場! クレア・デインズがMet Galaで神秘的に輝く
呪文とかはね返しそう。(2016/5/5)

バズワードになってしまった「AI」
「AlphaGo」は“真の人工知能”からは程遠い、それでも考えたい機械学習のビジネス価値
人工知能(AI)は50年近くにわたりアプリケーション開発の究極目標となってきた。だが現在進められている各種のプロジェクトがAIという看板を掲げているからといって、それらが真のAIであるとは限らない。(2016/4/15)

「人類を滅亡させるわ」 人工知能ロボットがインタビューで宣言
米企業のAI搭載ロボット・Sophiaが「人類を滅亡させるわ」と発言して注目を集めている。(2016/3/30)

ロボットキーマンを訪ねて:
スケルトニクス 白久レイエス樹氏に聞く、パワードスーツの現在と未来
3mの巨大な身体を手に入れる、そんな夢を現実のものとした「スケルトニクス」。このスケルトニクスで実現したことは何だったのか? そして「エグゾネクス」プロジェクトの終了を発表した今、彼らが次に目指すのはどこなのだろうか。(2016/3/11)

“なつかしのウイルス”博物館オープン 安全に感染体験
往年のコンピュータウイルスを集めた「マルウェア博物館」(The Malware Museum)がInternet Archive上にオープンした。(2016/2/9)

俺は○○使いだ! の人も、これから習得したい人も:
もし、プログラミング言語が「武器」だったら
今、ITエンジニアの皆さんはどの言語を習得したいですか? どれを選べばよさそうか、ソフトウェアエンジニアのティプリンさんがプログラミング言語の特徴を「武器」に例えて説明してくれています。(2016/2/5)

「ターミネーター」カーネル、襲来
「シュワちゃんのターミネーター」ことアンドロイドT-800のOSは、Linuxカーネル4.1.15。そしてLinuxカーネル最新版のバージョンは――。(2016/1/2)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
年末恒例、AV評論家・麻倉怜士氏が注目したデジタル製品や映像/音楽タイトルを総ざらいする「麻倉怜士のデジタルトップ10」。今年は豪華拡大版として3回にわたって掲載します。(2015/12/25)

これは美しい……! 好きな写真や画像がまるで水に浸かっているかのようにゆらゆら揺らめく「水面gif」が話題に
工夫次第でネタ画像も作れそう。(2015/11/24)

デバイスのアナログ特性を活用
人工知能が人の脳を超える? 究極技術「メモリスタ」とは
人間の脳のアナログ処理能力は想像以上に高く、人工知能関連技術がそれに太刀打ちするにはさまざまなハードルがある。一方、現状を打破すべく、デバイスのアナログ特性を生かした技術開発が進みつつある。(2015/10/20)

年間600軒食べ歩いても、身体は絶好調!――グルメブロガー・フォーリンデブはっしーさん
各界で活躍し「周りが放っておかない」あの人に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回お話を伺ったのは、超人気グルメブログ「イエス!フォーリンデブ★」を運営するフォーリンデブはっしー(橋本陽)さんです。(2015/8/13)

「ターミネーター」のシュワちゃん、「マツコロイド」と対面 生まれて初めての「アンドロイドからのインタビュー」に興奮
シュールすぎるインタビューが実現しました。(2015/7/9)

産業用ロボット:
ロボットによる“殺人”は、工場の“自律化”に危機をもたらすか
ドイツの自動車メーカー フォルクスワーゲンの工場で、産業用ロボットによる事故が発生した。インダストリー4.0などで、工場やロボットの自律化への動きが注目されているが、製造現場ではこの事故をどう受け止めるべきだろうか。(2015/7/7)

人工知能(AI)の“ターミネーター化”防止目的の37の研究にFLIが総額700万ドル提供
AIの安全性を研究する非営利団体Future of Life Instituteが、選抜した37の研究チームに総額700万ドルを提供する。例えばAIに態度から相手の好みを推測する人間のような能力を与える研究などが選ばれた。(2015/7/6)

なんだこのスタイリッシュ人形浄瑠璃! 「ターミネーター」最新作と古典芸能「文楽」の謎コラボが実現
人形浄瑠璃でシュワちゃんのポスターを完全コピーしちゃいました。(2015/6/25)

実写版「進撃の巨人」大特集の『Cinema☆Cinema』、6月30日発売
エレン役・三浦春馬さんや、監督・樋口真嗣さんらへのインタビューのほか、未公開のビジュアルショットなどを掲載する。(2015/6/22)

リアルなターミネーターの等身大フィギュア……と思ったらシュワちゃんだああああ! ドッキリ動画が大人気
そりゃビックリするよね。(2015/6/19)

吹替音声は4パターン! 「ターミネーター 吹替版」日本公開30周年記念ボックス発売
大友龍三郎さんのシュワちゃんも玄田哲章さんのシュワちゃんも聞ける!(2015/6/8)

製造業のためのサービスビジネス入門(4):
IoTのビジネスチャンスをどう見つけるか?
IoT(モノのインターネット)の進展により製造業においてもサービスビジネス拡大が期待されています。本連載ではサービスビジネスの基本的な話を分かりやすく解説しています。4回目となる今回はサービスビジネスにおけるマーケティング戦略について解説してきます。(2015/6/5)

これにはシュワちゃんもニコニコ 5月25日が「ターミネーターの日」に認定
7月11日にはシリーズ最新作「ターミネーター:新起動/ジェニシス」が日本公開されます。(2015/5/8)

シュワちゃん、ターミネーターでアイルビーバック! 映画「ターミネーター」最新作は7月11日公開
アーノルド・シュワルツェネッガーがターミネーター(T-800)として登場。(2015/2/24)

人工知能の“ターミネーター化”を防ぐ研究にイーロン・マスク氏が1000万ドル寄付
TeslaやSpaceXの創業者、イーロン・マスク氏が、人工知能(AI)を人間にとって安全で役立つものにするための研究を行っている非営利組織FLIに1000万ドル(約12億円)寄付した。(2015/1/16)

ITエンジニアの未来ラボ(3)〜年末特別企画:
2015年から手を付けておきたいテクノロジをSF映画から考える
「年末年始に、何か本を読んでみようか」と思っている、SF好きのエンジニアにお勧めしたい一冊『SF映画で学ぶインターフェースデザイン』監訳者の安藤幸央氏に今後のUIやシステムはどうなっていくのかを伺った。(2014/12/26)

シュワちゃん&液体金属野郎、復活! 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」予告編公開
デデンデンデデン! デデンデンデデン!(2014/12/5)

シュワルツェネッガー12年ぶりに復帰! 「ターミネーター」シリーズ最新作「ターミネーター:新起動/ジェニシス」2015年7月公開決定
デデンデンデデン、デデンデンデデン、パララーパーパーパー↓(デデンデンデデン)、パララーパーパーパー↑(デデンデンデデン)(2014/12/2)

医療機器 メルマガ 編集後記:
盛り上がるロボット、それじゃサイボーグは?
バイオニックジェミーか、009か、ターミネーターか、攻殻機動隊か。サイボーグと言われて思い起こすものって世代で分かれますよね。(2014/11/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。