ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トップランナー基準」最新記事一覧

三菱、新電気料金プランに対応したエコキュートを発売
三菱電機は、ヒートポンプ給湯器「エコキュート Sシリーズ/Aシリーズ」の新製品32機種を発表した。23種類の「電気契約モード」を用意して自動調整で運転できる範囲を拡充した。(2016/3/23)

経済産業省 省エネ基準:
冷蔵・冷凍庫の省エネ性能に関するトップランナー目標値が約9年振りに見直し
経済産業省 資源エネルギー庁は電気冷蔵庫および電気冷凍庫の省エネ基準を新たに策定した。(2016/3/10)

省エネ機器:
冷蔵・冷凍庫の省エネ基準が見直しに、2021年度までに22%の改善へ
電気冷蔵庫と電気冷凍庫の省エネルギー性能に関するトップランナー目標値が、約9年振りに見直された。これと同時に小売事業者表示制度における順守事項も改正される。(2016/3/7)

省エネ機器:
蛍光灯は強制的に政府に禁止されるわけではない
経済産業省は、「蛍光灯を2020年に禁止する」という一部報道に端を発した誤解に対し「政府が強制的に禁止するのではない」ということを表明。蛍光灯や白熱灯、LEDを含む照明全体で省エネ基準である省エネトップランナー制度を採用するということを明らかにした。(2015/12/10)

省エネ機器:
白熱灯に2016年度から省エネトップランナー制度を適用、蛍光灯には言及なし
政府は官民対話の中で省エネ関連政策についての方針を示した。新たに白熱灯に省エネトップランナー制度を適用する他、従来製造業向けに展開してきた同制度を流通・サービス業に拡大するという。一部報道であった蛍光灯についての言及はなかった。(2015/11/27)

TECHNO-FRONTIER 2015:
これぞIoT! 産業用モーターの「温度・振動・異常」が全てスマホで監視可能に
三協(TECO JAPAN)は「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」において、スマートフォンを利用した産業用モーターの遠隔管理システム「TECO IE3 スマートモータ」を展示。モーターの稼働状況をリアルタイムに把握することで、異常の早期発見や設備メンテナンスの効率化に貢献するという。(2015/5/27)

TECHNO-FRONTIER 2015:
永久磁石を使わずIE5相当の高効率、東芝がリラクタンスモーターを参考出展
東芝産業機器システムは「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」において、「高効率同期リラクタンスモータ」を参考出展した。リラクタンストルクを最大限に活用することで、永久磁石を使用せずに国際高効率規格でIE5相当の高効率を実現できるという。(2015/5/26)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
パラレルリンクロボや6軸制御ロボの実演でモーター技術をアピール――山洋電気
山洋電気は、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、幕張メッセ)内で開催される「モータ技術展」において、同社のサーボシステム新製品とともに多彩なデモを出展。高速動作のパラレルリンクロボや6軸多関節ロボの実演などを行い、同社のモーター技術や製品ラインアップをアピールする。(2015/5/19)

テスト/計測:
損失25%オフの高効率モーター実現へ2つの評価装置を開発――NEDOとMagHEM
NEDOと高効率モーター用磁性材料技術研究組合(以下、MagHEM)は2015年4月13日、磁気浮上する磁気軸受を採用したモーター損失分析装置など超高効率モーター向け分析装置を開発した。(2015/4/13)

「FA」年間記事ランキング2014:
「次世代工場」の足音が響いた2014年
2014年にMONOist「FA」フォーラムで多く読まれた記事にはどういうものがあるでしょうか? 公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。(2014/12/26)

注目製品/LED照明:
E17口金用LED電球、最高効率をうたう
日立アプライアンス、2014年9月発売(2014/9/3)

注目製品/LED照明:
133.3lm/Wと効率の高い100W形LED電球
日立アプライアンス、2014年9月発売(2014/8/11)

TECHNO-FRONTIER 2014:
トップランナーモーター百花繚乱! 産業用モーター各社の提案ラストスパート
「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示するとともに、高効率モーターの利点を訴えた。(2014/7/29)

TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:
規制開始まで1年を切る「トップランナーモーター」についておさらい
2015年4月から規制開始となる産業用モーターの「トップランナー基準」による省エネ規制。産業用モーターメーカー各社は規制に対応した「トップランナーモーター」のリリースを加速させている。注目が高まる中、あらためて産業用モータートップランナー基準についておさらいしておく。(2014/7/15)

FAニュース:
安川電機、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズに4kW〜15kWを拡充
中規模装置の搬送機構や、射出成形、金属加工などの高トルクが必要な用途にも対応。Σ-7シリーズは今回の容量拡充により、全容量機種(50W〜15kW)のラインアップが完了したことになる。(2014/7/14)

FAニュース:
日立、効率96%を実現するIE5レベルのアモルファスモーターを開発
日立製作所と日立産機システムは、産業用モーターの国際高効率規格で、最高レベルのIE5を達成するアモルファスモーターを、共同開発したと発表した。(2014/7/9)

FAニュース:
富士電機、トップランナー基準対応の新「低圧三相プレミアム効率モータ」を発売
省エネ法に定められた基準エネルギー消費効率値を上回る製品。同社従来製品と比較してモータ損失を平均30%削減し、消費電力を大幅に減らすことができる。従来製品とはモータ枠番・取り付け寸法を同一にし、置き換えも容易になっている。(2014/7/8)

TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:
トップランナー基準、次世代パワーデバイス……テクノフロンティア2014の見どころを一挙紹介
メカトロニクス/エレクトロニクス関連の最新の要素技術が一堂に集結する「TECHNO-FRONTIER 2014」が、2014年7月23〜25日の会期で開催される。“世界最強の製品を目指して”を開催テーマに掲げるTECHNO-FRONTIER 2014の見どころを主催者である日本能率協会(JMA)に聞いた。(2014/6/26)

FAニュース:
日立産機システム、超高効率変圧器「SuperアモルファスZero」シリーズを受注開始
アモルファス変圧器「SuperアモルファスX」シリーズをモデルチェンジ。鉄心素材に最新のアモルファス合金を採用し、無負荷損を大幅に低減した。(2014/5/8)

FAニュース:
「低圧トップランナーモーター」のJIS規格策定――2015年春の省エネ基準後押し
経済産業省は新たに「低圧トップランナーモーター」のJIS規格を制定し、省エネ法のトップランナー制度の対象機器となった三相誘導電動機(産業用モーター)において、トップランナー基準を満たした製品を普及しやすいように後押しする。(2014/3/25)

「FAフォーラム」年間記事ランキング2013:
制御システムセキュリティ元年となった2013年
2013年7月に産声を上げたMONOist「FA」フォーラムですが、最も多く読まれた記事はどういうものがあるでしょうか? 公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。(2013/12/27)

FAニュース:
東芝、産業用モータ・変圧器関連子会社2社を合併
産業用低圧モータ・変圧器の販売・サービス事業と開発・製造事業に分かれていた子会社2社を合併して事業体質を強化する。(2013/8/26)

FAニュース:
三菱電機、第二次トップランナー基準対応の配電用変圧器
鉄心などの材料や設計を最適化し、現行の「トップランナー変圧器Nシリーズ」からエネルギー消費効率を平均で約12.5%改善した。(2013/8/5)

FAフォーラム・イベントリポート/TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展:
2015年春の規制開始に向け各社がトップランナー基準適合モーターをアピール
「TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展」(会期:2013年7月17〜19日)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示していた。(2013/7/25)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
医療や省エネモータ関連展示も充実! TECHNO-FRONTIER 2013の開催概要
2013年7月17〜19日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクス関連の最新の要素技術が一堂に集結する「TECHNO-FRONTIER 2013」が開催される。主催の一般社団法人日本能率協会(JMA)にTECHNO-FRONTIER 2013の見どころを聞いた。(2013/7/2)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
2015年施行予定のトップランナー基準をクリア、富士電機のモーター
富士電機は、省エネなど環境配慮を意識した製品の展示に力を入れる。注目すべきは、2015年に施行が開始される予定のトップランナー基準値をクリアしたというプレミアム効率モーターだ。(2013/6/25)

ウインターセミナー/電気の法律(3):
エネルギー使用量の管理・報告を徹底する「省エネ法」
いま電力危機によって節電が求められているのと同様に、1970年代の石油危機をきっかけに「省エネ」が国の最重要課題になった。燃料と熱、さらには電気を効率的に使うことを目指して作られたのが「省エネ法」である。この法律には電気機器のエネルギー消費効率に関する基準も含まれている。(2012/12/27)

省エネ機器:
今すぐ始めよう!冬の節電対策 −エアコン編−
日本の多くの地域では夏よりも冬のほうが電力を使う。九州や四国のような温暖な場所でも冬の電力使用量は大きい。ただし1日のうちの電力の使われ方は夏と違う。暖房に使うエアコンは設定温度のほかに、冬ならではのピーク抑制方法があり、年間を通した節電対策と組み合わせると効果的だ。(2012/10/17)

相場英雄の時事日想:
その燃費、基準はナニ? 消費者に誤解与える“低燃費”
「1リッター当たりの燃費は○○キロ。世界最高水準」――。ハイブリッドやEV(電気自動車)の新車が発表されるたびに、このような報道が増えてきた。しかし“低燃費”にこだわることで、消費者に誤解を与える恐れがある記事も増えてきているのだ。(2011/10/6)

新生活テレビ特集(3):
15日スタート、知っておきたい「エコポイント」の基礎知識
5月15日から「エコポイント」がスタートする。まだ不透明な部分が多い制度だが、補正予算案が衆議院を通過したことで実施の見通しはたった。テレビの買い替えを考えている人は、とりあえず“皮算用”を始めてはいかが?(2009/5/14)

洞爺湖サミット迫る:
グリーンITに取り組まないリスク
地球温暖化問題を扱う北海道洞爺湖サミットが7月7日から開催されることもあり「グリーンIT」に大きな注目が集まっている。グリーンITは単に企業のCSRやイメージ向上のためだけでなく、企業がITを活用する際の必須事項になってきている。(2008/6/27)

規制強化の現状と、効率向上のポイントを探る:
外部電源、その「高効率化」に待ったなし!
電源アダプタなどの外部電源(EPS)が満たすべき、電力効率の規格制定が各国で進められている。ベンダーは、こうした要求を満たす製品を開発しなければ顧客を失ってしまう。結果として、EPSにおいても、より高度な変換方式を採用することが合理的な策となりつつある。本稿では、米国の任意規格「ENERGY STAR」をはじめとする各種規格の動向と、EPSの効率向上策について解説する。(2008/6/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。