ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トランスフォーマー」最新記事一覧

一部仕様に変更あり:
「トランスフォーマー」に変形する「INFOBAR」のおもちゃが数量限定で再販売 3800円
KDDIとタカラトミーがクラウドファンディングで販売した「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」。再販売を臨む声に応えて、一部仕様を変更した上で再販売されることになった。数量限定なので、気になる人はお早めに。(2017/12/11)

「ダークナイト」のバットスーツに「BTTF2」のパトカー 東京コミコン2017のブース・展示を画像235枚で振り返る
「ブレードランナー」の小道具にはカール・アーバンさんも興味津々。(2017/12/4)

お前らが変形するんかい! 「ストII」のリュウやベガがコラボ企画でトランスフォーマー化
変形過程を想像するとシュール。(2017/11/22)

「スト2」とトランスフォーマーがコラボ 波動拳、昇龍拳も再現
「ストリートファイター2」とトランスフォーマーがコラボした変形フィギュアが登場。(2017/11/22)

「ニコラス・ケイジうまい棒」配布前日にまさかの配布中止が決定
えええ……。(2017/10/12)

もしもマイケル・ベイがワッフルを作ったら? 想像で描いた映像が爆発的にスタイリッシュ
変形こそしないものの、ものすごくトランスフォーマー感ある。(2017/8/14)

プラレールで再現した葛飾やダイヤで飾ったリカちゃんを披露 タカラトミー、地元葛飾区と連携して特別展を開催
区と協定を締結しての連携企画第1弾。(2017/7/28)

「au Design project」15周年:
INFOBARやiida、幻のコンセプトモデルも展示 「ケータイの形態学 展」を見てきた
au Design projectが発足してから15年がたった。KDDIは15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展」を、東京・丸の内の「GOOD DESIGN Marunouchi」で7月21日から7月31日まで開催する。au Design project〜iida、そして幻のコンセプトモデルまでを展示する。(2017/7/20)

今度は白のオプティマスだっ! INFOBAR×トランスフォーマーコラボの変形玩具に「ANNIN」モデル追加
2004年の名機がロボットモードへ。(2017/7/18)

auのINFOBAR×トランスフォーマーコラボ玩具に「ANNIN」が追加
「au×TRANSFORMERS PROJECT」の新製品として「INFOBAR OPTIMUS PRIME (ANNIN)」が登場。今回はauショップでも購入できる。価格は5400円(税込)。(2017/7/18)

撮った車がグゴガガギギッ! 映画「トランスフォーマー 最後の騎士王」とARアプリのコラボで愛車の変形が楽しめる
愛車がオートボットの仲間に(たまにディセプティコン)。(2017/6/26)

ニコニコ超会議2017:
動画&写真60枚でニコ超2017の見どころを一挙振り返り! オープニングダッシュから小泉進次郎議員視察までを網羅
会場でGETしたノベルティーグッズ33点も公開します!(2017/5/1)

初代「INFOBAR」と「トランスフォーマー」がコラボ スマホ連携もできる変形おもちゃに
INFOBARがロボットに変形する玩具を、クラウドファンディング経由で発売する。(2017/2/1)

「携帯モード」から「ロボットモード」にトランスフォームというロマン 「au×TRANSFORMERS PROJECT」始動
人間にも“運命(情報)”を選ぶ権利はある。(2017/2/1)

auの「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形!――KDDIとタカラトミーがコラボ
auの「INFOBAR」が、新たなカタチでよみがえる。初代「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形する携帯電話型玩具が登場。クラウドファンディング限定で販売する。(2017/2/1)

「Amazon Echo」「Google Home」などのプレゼント候補を紹介
品薄“ファミコンミニ”かAI家電か――ITギークが歓喜する一押しプレゼントは?
2016年版のITギークの欲しいものリストは、例年と様相が違うようだ。本稿では、複数の専門家の意見を基に、懐かしいものから最新の製品までギークへのプレゼントの候補を提案する。(2016/12/17)

SWの内装設計デザイナーやコミック版バットマンの作者も 東京コミコンにはビッグアーティストが大集合!
アメコミファン垂涎のアーティストが集結しています!(2016/12/3)

あなたの本好き、病気じゃないですか?
SFに一生を捧げたSFバカ、SF作家・山本弘が考える。今回のテーマは「本を捨てられない人は冗談抜きで病気かも?」。(2016/10/12)

新興国自動車事情(3):
小型バイクが減少し始めたバンコクの街並み、次に減るのはピックアップトラックか
タイは以前から「アジアのデトロイト」を掲げ、自動車産業の集積と育成を進めてきました。そのかいあってASEAN地域のなかではいち早く、生産拠点としての地位を確立。2015年の国内自動車販売台数は約80万台ですが、生産台数は191万台に達しています。今回はそんなタイの首都で3月末に開催されたバンコクモーターショーと、街の様子を紹介したいと思います。(2016/9/23)

レンダリング工程を支える高性能サーバ:
PR:時代の先端を行く映像制作を――ポリゴン・ピクチュアズが「Lenovo NeXtScale System」を採用した理由
世界でも有数の歴史と実績を誇るデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。同社はレンダリング・サーバとして高密度コンピューティング向けの最新プラットフォーム『Lenovo NeXtScale System』を導入。最近ではVR(仮想現実)などの用途でワークステーションを社外に持ち出す必要も出ていることから、モバイル・ワークステーションの導入も検討しているという。(2016/8/12)

お待ちしておりました司令官! 映画「トランスフォーマー」最新作でオプティマスプライムが帰還
すべてのオートボットへ。オプティマスプライムは闘う準備ができている。君たちはどうだ?(2016/5/17)

トランスフォーマーに変形するタブレット、XiaomiとHasbroがコラボ
エイプリルフールではない模様。(2016/4/7)

瞬時に球体へ変形するポップアップカードが匠の技すぎてもはやトランスフォーマー
平面から球体へ一瞬でトランスフォーム。(2016/3/29)

外装が変形! BMWが次の100年を見据えた未来的コンセプトカーを発表
自動運転の時代にも運転の楽しさを。(2016/3/12)

「ガルパン」をこえる超絶技能 雪の上で戦車がギュラララララとドリフト
軍人「ガルパン越え余裕でした」(2016/2/29)

「ビーストウォーズ」がYouTubeで配信開始! アドリブが乱れ飛ぶ“声優無法地帯”アニメの復活にTLが歓喜の渦
タカラトミーさんありがとう。(2016/2/3)

インパクトしかない 「ミス・ユニバース」タイ代表の衣装が車だった
トランスフォーマーみたい。(2015/11/27)

なにこのトランスフォーマーみたいなバイク! ヤマハの新型バイク「MT-10」が中二病心をくすぐると話題に
やだ……かっこいい……。(2015/11/17)

未来が僕らの手の中に 机にレーザーを投影して操作する「プロジェクションマウス」が9999円で発売
会社で使ってドヤりたくなる。(2015/10/28)

トランスフォーマーの起源:
タカラトミーの変形合体ロボ「ダイアクロン」が35年ぶりに復活 「ダイアバトルスV2」予約開始
1980年代の変形ロボット玩具「ダイアクロン」が35年ぶりに再始動。第1弾として10月7日に主力メカ「ダイアバトルスV2」の予約受付を開始した。(2015/10/7)

このケーキ、変形するぞ! 息子の誕生日にママが作った「トランスフォーマーケーキ」がすごい
「すげえええええ!」と大盛り上がり。(2015/8/27)

シネマDSPとの掛け合わせも:
ヤマハ、Dolby AtmosとDTS:Xに対応したAVプリ新製品「CX-A5100」
ヤマハはAVプリアンプの新製品「CX-A5100」を発表した。同社のセパレート式AVアンプ「CX-A5000/MX-A5000」のうち、プリアンプをアップグレード。“2年間の進化”を凝縮させたモデルになった。(2015/8/26)

Hulu、パラマウント映画の配信を開始――第1弾は「トランスフォーマー」「インディ・ジョーンズ」「シュレック」など48作品
動画配信サービス「Hulu」は、パラマウントとライセンス契約を結び、9月7日から順次映画作品の配信を開始する。第1弾は「トランスフォーマー」シリーズ、「インディ・ジョーンズ」シリーズなど。(2015/8/25)

「スプラトゥーン」が北米で「トランスフォーマー」とのコラボフェス開催 日本のファンからうらやむ声が続出
日本でもやってよー!(2015/8/22)

東亜重工コラボモデルも:
前代未聞のギミックを搭載した“トランスフォーミング・ヘッドフォン”「THP-01」誕生
グッドスマイルカンパニーは、前代未聞のギミックを搭載したという“トランスフォーミング・ヘッドフォン”「THP-01 Stealth Black」を発売する。(2015/7/9)

V-Sido OS:
「V-Sido OS」搭載完全変形ロボット、タカラトミーが市販検討
ロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」を搭載した、ヒト/クルマの完全変形ロボットをタカラトミーが東京おもちゃショーに展示。商品化も検討する。(2015/6/19)

ロボット開発ニュース:
「乗れる完全変形ロボット」2017年完成を目指して開発開始
「V-Sido OS」のアスラテックらが参加するプロジェクト「Project J-deite」が、全3.5メートルの搭乗可能な変形ロボット「J-deite Half」の開発に着手した。(2015/6/12)

ハリウッドで「ベイブレード」の実写映画化が進行中? Twitterで驚きの声があがる
3・2・1・ゴォォォォー! シュート!(2015/5/29)

次世代オフィス探訪記:
「シドニアの騎士」の制作現場に潜入 オフィスに込められた仕掛けとは?
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第5回は、「シドニアの騎士」「トランスフォーマー プライム」などの有名CGアニメを手掛けるポリゴン・ピクチュアズのオフィスを紹介します。(2015/5/15)

達人IKEDA氏に聞く:
3D作家がこの先生きのこるためには――達人が語る「4倍処理できる」ワークステーションの魅力
ニコニコ動画で“プロの犯行”を繰り広げる3DCGの達人ことIKEDA氏に、最近の創作活動や最新ワークステーションの魅力を聞いた。そろそろ新作PVが公開されるらしいよ!(2015/5/1)

山本浩司の「アレを見るならぜひコレで!」:
始めるなら今! Dolby Atmos対応Blu-ray Disc 6タイトルを一気にインプレッション
昨年秋以降熱心なAVファンの間で話題を集めているのが、新しいサラウンド・フォーマット「Dolby Atmos」だ。今回は機器の最新動向からトップスピーカー設置のコツ、対応Blu-ray Disc 6タイトルのインプレッションまでをお届けしよう。(2015/4/21)

かっこよすぎわろた トランスフォーマーの飛び出す絵本のレベルが高すぎてビックリ
司令! かっこよすぎっす司令!(2015/3/19)

未来感がすごいのに古代感もすごいレーザー投影式マウス「ODiN」誕生
なんかトランスフォーマーのロゴみたいだな。(2015/3/19)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
これぞ高画質&高音質のBlu-ray Disc、第7回DEGジャパン・アワード(前編)
「第7回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の授賞式が行われ、画質や音質に優れたタイトルが選出された。今年も審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に各賞の評価ポイントや審査の裏話を聞いていこう。(2015/3/11)

NASA何やってんの!! ISS長期滞在クルーの最新ポスターが完全にジェダイな件
油井宇宙飛行士もライトセーバーを手にポーズ! 遊び心にシビれます!(2015/2/13)

ワンダーフェスティバル2015[冬]:
1体20万円超えも! 超精巧なタートルズ&トランスフォーマー立体造形が大人気
今にも動き出しそうなリアルさに驚愕。(2015/2/8)

どんどん増えるカテゴリー:
第7回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」、各部門の入賞作45タイトルが決定
DEGジャパンは第7回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の入賞作45タイトルを発表した。今年は「ベスト高画質賞ライブエンターテイメント部問を新設し、カテゴリーは過去最高の14部問となった。(2015/1/22)

5分アニメ「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」があらゆる意味でフリーダムすぎる件
オプティマスプライム役の細谷佳正さんが全力でアワアワするアニメ。(2015/1/15)

『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』の舞台裏:
ヒーローロボット対決再び、早とちりで変形〜「リアルロボットバトル 2014」密着取材リポート(前編)
日本テレビ系列で2014年12月2日に放送された「ロボット日本一決定戦! リアルロボットバトル」。2mの巨大ロボットが“ガチ”で殴り合うこの企画の舞台裏をお届けする。(2015/1/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
年に一度の総決算! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
この1年間を振り返り、とくに印象に残ったデジタル機器やコンテンツをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。長年オーディオ・ビジュアル業界をウォッチしているAV評論家・麻倉怜士氏が太鼓判を押した製品とは?(2014/12/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。