ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「腫瘍」最新記事一覧

医療機器ニュース:
尿中代謝物で、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体を識別
日立製作所は、住友商事グループと共同で、尿中の代謝物を網羅的に解析することにより、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体を識別する基礎技術の開発に成功した。(2016/6/28)

知っておきたい医療のこと:
がんと並び死亡の主原因となる血管病について
発病したら重症化する血管病だが、発症メカニズムを知り、注意しなければいけない生活習慣を実行し予防することができる。(2016/6/22)

「生かされている」ことに感謝 新田恵利、脳動脈瘤手術を受けていた
6月15日に手術。その週の日曜日には早速仕事をしたそう。(2016/6/20)

医療技術ニュース:
卵細胞の因子を用いて、高品質のiPS細胞を高効率に作製
慶應義塾大学は、卵細胞にのみ発現するタンパク質「H1foo」を用いて、従来の方法よりも高品質なiPS細胞を効率良く作製することに成功した。(2016/6/17)

がん細胞を放射線で“狙い撃ち” 量研機構、副作用少ない治療薬を開発
副腎のがん細胞に効く新薬を、量研機構が開発。投与した薬剤ががん細胞に到達し、体内で放射線を照射してピンポイントに治療する。(2016/6/14)

携帯電話の電磁波は人体に悪影響がある? ない?
携帯電話の発する電磁波が脳腫瘍の発生率に与える影響については長年議論されてきたが、結論が出たようだ。ただし……。(2016/6/10)

医療機器ニュース:
2つの新たな高精度陽子線治療の臨床適用を開始
日立製作所は、北海道大学と共同で、2つの新たな高精度陽子線治療の臨床適用を本格的に開始したと発表した。両者が開発した動体追跡照射技術とスポットスキャニング技術を適用した陽子線治療システムを用いる。(2016/6/6)

BOOM BOOM SATELLITESが活動終了を発表 メンバーに脳腫瘍による後遺症が 最後の作品は「バンドの生涯を22分で描ききった」
昨年からメンバー・川島道行さんの脳腫瘍再発によってライブ活動を休止していたBOOM BOOM SATELLITES。6月発売の新アルバムで活動を終了すると発表しました。(2016/6/1)

医療技術ニュース:
がんになりにくい長寿ハダカデバネズミからiPS細胞の作製に成功
北海道大学は、長寿命でがんになりにくい体質のハダカデバネズミからiPS細胞を作製することに成功し、その腫瘍化耐性メカニズムを解明した。将来、人間にも応用できるがん化抑制法の開発やがん予防に役立つことが期待される。(2016/5/27)

知っておきたい医療のこと:
がんを克服するためにすべきこと
治療が困難ながんも存在するが、誰にでも日常的に発症し得る疾患であること、早期に発見して適切な治療を施せば治すことができる疾患であることを認識して対応して欲しい。(2016/5/18)

医療機器ニュース:
超音波内視鏡下穿刺吸引術向けのディスポーザブル吸引生検針を発売
オリンパスは、超音波内視鏡下穿刺吸引術向けのディスポーザブル吸引生検針「EZ Shot 3 Plus」を発売した。挿入部に柔軟なコイルシースを採用し、アプローチが困難だった部位にも容易にアクセスできる。(2016/5/9)

知っておきたい医療のこと:
日本のがん医療の現状と課題
日本では社会の中核となって活躍している世代で、がん死の割合が大きくなっている。治療はもちろんだが予防も重要。余生をまっとうするために、今できることとは。(2016/4/27)

いしゃまち:
近ごろ疲れやすい……その原因には病気が潜んでいるかも?
外出するとすぐに疲れる、常に全身がだるい――そんな症状に悩まされていませんか? 今回は、慢性的な疲労感を伴う病気をピックアップします。(2016/4/22)

「体験型展示はもう古い」――日本科学未来館、開館以来初の大幅リニューアルがすごかった
日本科学未来館の常設展が新しくなってオープン。その様子をレポートする。(2016/4/20)

知っておきたい医療のこと:
【新連載】人生に関わる疾病から命を守るには
がん、脳梗塞、心筋梗塞そして認知症。尊厳を奪い人生を台無しにし得る疾患から自分を守るためにはどうすればよいのか。(2016/4/13)

特集: Build 2016:
現在そして未来のマイクロソフトを示す2つのキーワード
Build 2016で示された2つのキーワードを通して、マイクロソフトはどんな会社になったのか、何を成し遂げようとしているのかを見てみよう。(2016/4/11)

シャープ巡る台湾メディア「恋のから騒ぎ」 「三角関係の末……結婚間際にドタキャンか?」
シャープが鴻海の買収受け入れを決めたことに対し、台湾メディアの報道が過熱している。「鴻夏恋」が成就したと報じたと思ったら、「結婚間際にドタキャンか」といった見出しが踊った。(2016/3/24)

ゴスペラーズ北山陽一さん活動再開 「再び頂いた命、感謝とともに生きて行きます」
脳腫瘍の治療のため、昨年11月から活動を休止していました。(2016/3/13)

舞台で共演経験のある釈由美子 脳腫瘍で療養中の松方弘樹へメッセージ
松方さんは、釈さんの結婚披露宴に出席する予定だった。(2016/2/24)

どこでも自分のデスクトップにアクセス
働き方がこんなに変わる「ゼロクライアント」導入成功事例
Windows XPから7への移行を機会に、仮想デスクトップを利用したゼロクライアント環境を構築。これにより多くの課題が解決し、働き方が大きく変わったという。(2016/2/19)

便利で安全な世界を実現
iPhoneの指紋認証は使いづらくない? 生体認証の次の進化を占う
スマートフォンやタブレットに搭載されることが増えている「生体認証」。最新技術では、個人の顔や超えも認識できるようになってきている。生体認証が持つ弱点と併せて、最新動向を紹介する。(2016/2/18)

負け組にならないための新技術
技術オタクだけが知っている「ブロックチェーン」の可能性、“スマート契約”とは?
ビットコインの基盤として使われている「ブロックチェーン」技術だが、金融業界と法務処理の形を大きく変える可能性があるという。(2016/2/4)

医療技術ニュース:
細胞の代謝とがん化をつかさどる、GTPセンサーを発見
高エネルギー加速器研究機構は、細胞内のエネルギー物質GTPの濃度を検知し、細胞の働きを制御する「GTPセンサー」を世界で初めて発見したと発表。このセンサーが、がんの増殖にも関与していることを確認した。(2016/1/29)

東芝 回転ガントリー:
360度任意の角度から重粒子線を照射できる回転ガントリー
東芝は放射線医学総合研究所と共同で腫瘍に対して360度の任意の角度から重粒子線照射を可能とする回転ガントリーを完成させた。「世界で初めて」(同社)超伝導磁石を採用し、従来に比べ大幅に小型化・軽量化したという。(2016/1/28)

医療機器ニュース:
超伝導技術を用いた重粒子線がん治療用の回転ガントリー
東芝は、放射線医学総合研究所とともに、腫瘍に対して360度の任意の角度から重粒子線を照射できる回転ガントリーを完成させたと発表した。世界で初めて超伝導電磁石を採用し、従来の大型機器から大幅に小型化・軽量化することに成功した。(2016/1/28)

夢の「ナノ医療技術」実用化へ がん治療に希望の光「日帰り治療も可能に」
腐ったパンを食べた男の子と初老の男。なぜか身長がナノメートル級に小さくなり、結核を患う少年の体内に入る。そこで2人は結核菌と戦う――。(2016/1/5)

ゴスペラーズ北山陽一さん 脳腫瘍の治療のため活動休止へ
既に手術済みで順調に回復に向かっています。(2015/12/1)

「スター・ウォーズ」最新作にピンクのドロイド「R2-KT」出演 病気の少女のためにファンが製作
10年前、病気のスター・ウォーズファンの少女のために有志が作ったピンクのドロイドが、映画に2度目のカメオ出演を果たします。(2015/11/29)

医療技術ニュース:
膵がん早期診断の血液バイオマーカーを発見、検査キットの開発にも成功
国立がん研究センターは、米国立がん研究所との共同研究で、血液中のアポリポプロテインA2(apoA2)アイソフォームを測定することで、既存のバイオマーカーに比べて高い精度で早期膵がんを検出できることを確認した。(2015/11/27)

医療技術ニュース:
前立腺がんに対するリプログラミング療法の臨床試験に成功
慶應義塾大学は、進行性の前立腺がん患者に対し、抗肝炎ウイルス薬リバビリンによるリプログラミング療法を用いた臨床試験に成功した。抗がん剤とリバビリンを併用して投与し、5例中2例で腫瘍マーカーが低下した。(2015/11/20)

医療機器ニュース:
信号ノイズ比を200%改善したPET・CTシステムを販売開始
シーメンス・ジャパンは、次世代の新型PET・CTシステムを発売した。Hi-Rez LSO検出器とTOFテクノロジーで、より正確で効率的な検査が可能になり、患者や検査者の負担に加え、運用コストも削減できる。(2015/11/17)

医療技術ニュース:
抗がん抗原抗体を高感度に検出する新技術を開発
岡山大学は、抗がん抗原抗体を高感度に検出する新技術を開発した。大量調製を困難にしていた課題を解決して開発された試薬と調製技術は、がん免疫治療や関連医薬品開発における重要なツールとして期待される。(2015/11/10)

スピン経済の歩き方:
「ベーコンやソーセージでがんになる」研究の伏線は20年前の「ホットドッグ戦争」
世界中のソーセージやベーコン愛好家たちの間に衝撃が走った。国際がん研究機関が、加工肉の摂取によってタバコやアスベストと同じレベルの発がん性があると公表したのだ。しかし、この問題の背景には、さまざまな思惑がからんでいて……。(2015/11/3)

精神科医に聞く、アルコール依存症の症状と予防法
理由はのちほど説明いたしますが、結論から言うとアルコール依存症は死に至る病です。ですから積極的に治療をしなければいけません。(2015/10/20)

北斗晶さん術後はじめてブログを更新 「自分ではまだ右胸を見る勇気がない」
川島なお美さんの訃報に触れ。(2015/9/26)

北斗晶さんがブログで乳がんを告白 手術直前まで「元気な埼玉のおばちゃん」としてテレビ出演
24日に右乳房全摘出手術を行います。(2015/9/23)

医療技術ニュース:
細胞死を誘導しiPS細胞由来T細胞療法の副作用を制御するシステムを構築
東京大学医科学研究所研究グループは、iPS細胞の技術を使って若返らせたヒトの免疫細胞(T細胞)が、マウスに移植した腫瘍を縮小させることを確認した。(2015/9/17)

医療技術ニュース:
痛みを感知する神経細胞を光で活性化する手法を開発
京都大学は、ナノメートルサイズの金粒子を用いて、痛みを感知する神経細胞を光で活性化する手法を開発したと発表した。細胞機能をリモートコントロールする新たな技術として重要だという。(2015/9/3)

充電も非接触:
がん組織に埋め込むセンサー、無線でデータ送信
米国のがん研究機関が、がん組織に直接埋め込み、バイオマーカーのデータを無線でリアルタイムに送信するセンサーを開発した。今後、開発チームは、センサーの改良を重ね、MRI(核磁気共鳴画像法)装置を使わなくても同等の検査ができるようにすることを目指すという。(2015/8/19)

医療機器ニュース:
コグニティブ・コンピューティングによるがん研究を開始
日本IBMは、東京大学医科学研究所と共同で、コグニティブ・コンピューティング・システムの「Watson Genomic Analytics」を活用した、新たながん研究を開始した。(2015/8/19)

医療機器ニュース:
京都府初の高精度陽子線がん治療システム
日立製作所は、京都府上京区内に建設予定の「永守記念最先端がん治療研究センター」向けに、京都府初となる陽子線がん治療システムを受注したと発表した。(2015/8/12)

医療技術ニュース:
再生不良性貧血から白血病に至る過程の遺伝子変異を解明
京都大学は、次世代シーケンサーを用いた全ゲノム解析により、白血病の発症に先立って造血系に遺伝子異常が生じ、数年の経過を経て白血病などの造血器腫瘍を発症する場合があることを解明したと発表した。(2015/7/30)

手の震えが止まらない……その原因となる病気は?
自分で動かしているわけではないのに、手が震えるということはないでしょうか? 自分の意志に関係なく動いてしまう手の震えには、もしかしたら病気が隠れているかもしれません。(2015/7/21)

任天堂の次期社長候補は「マリオ」シリーズの宮本茂氏が有力か――WSJ予測
任天堂の岩田聡社長の死去を受け、次期社長候補は「スーパーマリオ」「ゼルダの伝説」シリーズなどの開発で知られる宮本茂氏などが有力か――とWSJが予測している。(2015/7/16)

長びくことも:
まぶたがピクピク。不快なけいれんの原因は?
急にまぶたがピクピクとけいれんし始めたことはないですか? すぐに止まれば良いですが、続く時は不快なだけでなく、治療が必要な病気の症状かもしれません。(2015/7/14)

任天堂、岩田社長が死去 ニンテンドーDSやWiiなどヒットに導く
2002年に代表取締役に就任、ニンテンドーDSやWiiなどをヒットに導きました。(2015/7/13)

任天堂の岩田社長が死去
任天堂は、代表取締役社長の岩田聡氏が11日に胆管腫瘍のため死去したと発表した。(2015/7/13)

自宅でできる遺伝子検査キットは、本当に知りたいことが調べられるのか?
アンジェリーナ・ジョリーの例を知って、「じゃあ私も」とか、「将来に備えて自分の奥さんにも」と思われた方。普通に自宅でできる遺伝子検査を行っても、このような判断はできないということをご存じでしょうか?(2015/7/6)

現役医師が語る「がんもどき理論」何が問題か?
(2015/7/4)

突然の歯ぐきの腫れや痛み……何が起こってるの?
歯ぐきの腫れ・痛みは放置しない方がいい場合がほとんど。原因と症状について解説します。(2015/7/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。