ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イギリス」最新記事一覧

イギリスの動物園で生まれたカピバラの赤ちゃん うまく動けなくてコロンとしちゃう姿も愛らしい!
チェスター動物園生まれのカピちゃん達。(2016/5/24)

最も飲酒に厳しい国は●●? 日本の飲酒ガイドラインと比較
イギリスが飲酒にまつわるガイドラインを厳格化。日本と比べると飲酒量の制限はどれくらいなのでしょうか?(2016/5/19)

実用化が現実的に:
1cm角の全固体リチウムイオン電池、IoT向けに発進
英国のIlika Technologiesが、1×1cmと超小型の全固体薄膜リチウムイオン電池を発表した。容量は250μAhで、環境発電技術と組み合わせて、まずはIoT(モノのインターネット)機器をターゲットとする。(2016/5/18)

英国YouTubeチャンネル、一般人を巻き込むドッキリ映像でメンバー4人に実刑判決 美術館強盗のふり
16〜20カ月の懲役刑が下りました。(2016/5/17)

待ってたよ! イギリスのロックバンド「ストーン・ローゼズ」が約22年ぶりに新曲リリース
1994年のセカンドアルバム以来。(2016/5/13)

R25スマホ情報局:
歩くとポイント貯まる!歩数計アプリ登場
歩くほどにポイントが貯まるアプリ「Sweatcoin」がイギリス限定で公開中。(2016/5/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界で目の敵にされるイスラム教徒が、なぜロンドン市長になれたのか
ロンドンでイスラム教徒の市長が誕生した。市長に選ばれたのは、パキスタン移民2世のサディク・カーン。英国だけでなく欧州の主要都市を見渡しても、いまだかつてイスラム教徒が市長になったことはないのに、なぜ彼は選挙に勝つことができたのか。(2016/5/12)

屋外デジタル広告の成長をグローバルで加速:
電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社を完全子会社化
電通イージス・ネットワークは、英国のデジタルOOH専門の広告会社であるLiveposterを完全子会社化することを発表した。(2016/5/6)

英国王室 シャーロット王女の1歳の誕生日を前にママ(キャサリン妃)が撮影した写真を公開
王女様の愛らしい表情に世界中がほっこり。(2016/5/2)

電力供給サービス:
過去の電力使用量から未来を予測、独自解析アルゴリズムの特許を取得
電力比較サイトを運営するエネチェンジ(東京都墨田区)は、2016年2月に英国SMAP Energy社より日本独占利用権を取得した「スマートメーターのデータを統計解析し、時間帯別プランに移行した場合の行動変容を予測するアルゴリズム」に関し、このほど日本での特許を取得した。時間帯別料金プランに消費者が移行した際の電力消費量のカーブを予測できる独自のアルゴリズムだという。(2016/4/28)

PS4「アンチャーテッド」最新作、発売前に盗まれる ネタバレに注意喚起
発売前のPS4ゲーム「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」が移送中に英国で盗まれ、流通し始めていると、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発表した。(2016/4/28)

PS4「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」が移送中に英国で盗難 すでにソフトが流通していることも判明
楽しみにしているユーザーはネタバレ映像注意。(2016/4/27)

自閉症の人たちは普段どんな世界を見ている? イギリス自閉症協会が動画を公開
まずは知ることから。(2016/4/24)

Twitter、シェークスピア没後400年で記念絵文字やPeriscopeでの演劇ライブ
4月23日は英劇作家ウィリアム・シェークスピア没後400年。これを記念してTwitterがハッシュタグ「#ShakespeareLives」で顔文字を表示できるようにした。英国時間の23日を通して英国の名門シェークスピア劇団が、TwitterやPeriscopeで演劇をライブ実況する計画だ。(2016/4/23)

猫がイギリス外務省「ネズミ捕獲長」に 野良猫から大出世
ネズミを捕まえるニャン。(2016/4/15)

首都圏を中心に92店舗:
「英国パブ文化」普及の使命、事業に懸けるHUBの戦略に迫る
20年近く続く英国研修や徹底した福利厚生など、英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが社員に対して行う莫大な“先行投資”。その背景には、創業時から受け継がれてきた「英国パブ文化の“伝道師”」としての使命感があった。(2016/4/15)

7日間で探る「原点」:
離職率「5%」のHUBが、英国研修にこだわる本当の理由
英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが、本場英国で入社式を行った。幹部クラスならまだしも、駆け出しの新人社員すべてを対象に海外研修を続ける意義は何なのか。同社の足跡と今後の展望を探った。(2016/4/15)

約1万3000枚のポケモンカードがピカチュウに! 20周年記念の巨大モザイク画がギネス記録
英国のアーティストの協力により、約70平方メートルの大作が完成。(2016/3/24)

PCやモバイル端末につないでコーディングを学習できる:
BBC、超小型コンピュータ「micro:bit」を英国の子ども100万人に無償配布
英国営放送(BBC)はIT教育を支援する取り組みの一環として、100万人の英国生徒への超小型コンピュータ「micro:bit」の無償配布を開始した。(2016/3/23)

完実電気が英「Rega」ブランドの取扱いを開始、第1弾はアナログターンテーブル
完実電気が英国「Rega」(レガ)ブランドのオーディオ製品を国内で販売する。第1弾は、アナログレコードプレーヤー「RP」シリーズの3モデル。価格は17万円(税別)から。(2016/3/17)

イギリスのゲームファンが自主制作した「R-TYPE」アニメのクオリティが神がかりで鳥肌ビッシリ
まるで3Dゲームとしてリメイクされたみたい。(2016/3/9)

約6億円を投じる3カ年計画:
欧州、III-V族半導体の開発プログラムを始動
欧州が、III-V族化合物半導体の開発に本腰を入れる。IBMをはじめ、ドイツやフランスの研究機関、イギリスの大学など、欧州の知識を集結させて、III-V族半導体を用いたトランジスタの研究開発を進める。(2016/3/9)

スポーツ界に進出するデータ分析
データ分析を選手育成に活用するラグビーフットボールリーグ
英国ラグビーフットボールリーグは、全選手をデータ化し、選手の起用や育成に活用している。知られざるラグビーリーグ界の舞台裏とは?(2016/3/7)

伝説の蒸気機関車「フライング・スコッツマン」復活 走る英国の至宝に全英興奮
「きかんしゃトーマス」か、「銀河鉄道999」か。(2016/2/29)

「全ての食べ物がまずい」「栄養失調寸前」 英国へ留学した姉から届いたLINEが切実で泣きそう
追い詰められている……!(2016/2/26)

日産「リーフ」のアプリに脆弱性、他人の車を遠隔操作可能に
アプリのAPIに認証の仕組みがなく、車両識別番号の下5ケタが分かれば、他人の車を制御できることが判明。オーストラリアからインターネット経由で、英国にあるリーフのエアコンやファンを作動させたり、運転履歴を取得することができてしまった。(2016/2/25)

ロンドンを含む世界6都市に営業拠点:
電通、海外でB2B専門のグローバルブランドを展開
電通イージス・ネットワークは、新たにB2B専門のグローバルブランド「Interprise」(以下、インタープライズ)を英国ロンドンに設置した。(2016/2/24)

電気自動車:
「ロードスター」サイズの小型燃料電池車、英国ベンチャーが開発
英国のベンチャー企業であるRiversimpleは、2シーターの小型燃料電池車「Rasa」の最初のプロトタイプを完成させたと発表した。2018年に市場投入を目指すとしている。(2016/2/22)

これが各国の“パーフェクトボディ”だ! 1人の男性モデルをレタッチして判明した19カ国の理想の外見
マッスルなアメリカやエジプト、スリムな中国やイギリス。しかし見た目よりも健康が第一ですよ!(2016/2/20)

電力供給サービス:
自由化時代に必須のスマートメーター活用、英国企業の解析技術を独占展開
電力料金の比較サイトを運営するエネチェンジは、英国ケンブリッジ大学発の産学連携ベンチャーSMAP Energy社のスマートメーターデータ解析技術について、日本独占利用権を取得した。スマートメーターによるビッグデータを活用した電力事業者向けのデータコンサルティング事業を強化する。(2016/2/17)

ジュネーブモーターショー2016:
新型「シビック」出そろう、欧州主力のハッチバックは2017年発売
ホンダの英国法人ホンダモーターヨーロッパは、「ジュネーブモーターショー2016」(一般公開日:2016年3月3〜13日)において、「シビック ハッチバック」の次期モデルのプロトタイプを世界初公開すると発表した。(2016/2/12)

予測より10年早い?:
人工知能が最難関ゲーム「囲碁」を攻略するXデーは近い
英国のベンチャー企業ディープマインドが、プロを負かすレベルの囲碁ソフトを開発したとの論文が英科学誌「ネイチャー」に掲載。人工知能(AI)が棋力を高め、Xデーの予測を10年早めたという。人類は自ら学習する「怪物」を生み出したのか……。(2016/2/8)

下はジャガイモ、上はナス イギリス発、一株で二度おいしい不思議野菜「茄子ジャガ」爆誕
一株で二度おいしい。(2016/2/2)

タイムアウト東京のオススメ:
イアンのイギリス料理を食べる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/2/2)

米国メーン州の工場に移管:
TI、スコットランド工場を閉鎖へ
Texas Instruments(TI)は、スコットランドに保有する製造工場を2019年までに閉鎖すると発表した。米国の200mmウエハー生産工場に移管する予定だ。現時点では、工場閉鎖に伴う人員削減の予定はないとしている。(2016/2/1)

木の棒を投げて犬に取ってこさせる遊びに危険性 英国獣医師会が注意
安全なおもちゃで遊ぶよう呼びかけ。(2016/1/22)

東京オリンピックキャンプ地に慶應義塾大学 正式決定は2月8日
英国オリンピック代表チームのトレーニングなどに利用。(2016/1/22)

「テラスハウス」を「テロリストハウス」と書き間違えて警察沙汰に? 英国で騒動
警察側は「テロ事件として対応したのではない」と主張。(2016/1/21)

製造マネジメントニュース:
英国路線に向けた鉄道車両を生産
日立レールイタリアは、英Great Western Railwayが運営する英国南西部の鉄道路線に向けた標準型都市間車両「AT-300」を生産すると発表した。日立レールのイタリア工場で生産し、2018年に運行を開始する。(2016/1/20)

HMD装着で乗る「VRジェットコースター」がイギリスに登場 宇宙を時速75キロで突き抜ける!
4月から運行開始。(2016/1/14)

蓄電・発電機器:
発電のモバイル化へ、スマートフォンの充電問題を燃料電池で解決
英国Intelligent Energyは、2016年1月6〜9日に米国ラスベガスで開催された展示会「CES2016」において、スマートフォンやタブレット、ドローンなどに組み込める燃料電池を披露した。現行のリチウムイオン電池のみを使用する機器に比べて稼働時間を大きく伸ばせるという。(2016/1/12)

貴婦人の髪を自分好みに盛りまくれるサイトをイギリスの博物館が公開 日本人に発見されたらヤバそう
盛るぜ盛るぜ超盛るぜ!(2016/1/10)

ネコの話じゃないの? 所得格差を訴えるTwitterハッシュタグが「太ったネコ」の写真だらけに
イギリスのシンクタンクが提唱した「Fat Cat Tuesday」のお話。(2016/1/6)

WWFの密猟禁止ポスターで盗作疑惑 英国のデザイナーが指摘
真相ははたして……。(2016/1/3)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/12/31)

イギリスのロックバンド「モーターヘッド」のレミー・キルミスターさんが死去
12月24日に70歳の誕生日を迎えたばかり。(2015/12/29)

わずか5ドルで発売:
日本の科学技術立国の地位いつまで? 「ラズベリーパイ・ゼロ」600円の衝撃
英国で11月26日、子供用のPC「ラズベリーパイ・ゼロ」が、わずか5ドルで発売され、世界のIT界に衝撃が広がっている。(2015/12/28)

蓄電・発電機器:
燃料電池ドローンが登場、水素が飛行時間を数時間レベルに伸ばす
英国のエネルギー関連技術企業であるIntelligent Energyは、燃料電池を搭載したドローン(無人飛行機)の試作機を開発したと発表した。米国ラスベガスで開催される民生機器の展示会「CES2016」に試作機を出展するという。(2015/12/28)

声優・岩男潤子さん、慶應で講義 デビューのきっかけは「キヨスク」のアルバイト 活動休止の原因は病気ではない
講義の後は先生や学生たちと英国風パブ「HUB」へ。(2015/12/11)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/12/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。