ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウルシステムズ」最新記事一覧

「生活者DMP]+「White-eYe」:
博報堂とウルシステムズ、デジタルトランスフォーメーション領域で協業
博報堂はウルシステムズと協業し、デジタルトランスフォーメーションを支援するコンサルティングサービスを開始する。(2017/7/14)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(3):
いまさら聞けないRESTの基礎知識、JAX-RSを使ったREST APIの作り方と使い方
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。前回から複数回に分けて、MVCのViewとControllerにフォーカスして各要素を紹介しています。今回はJava EEのJAX-RSについて。JAX-RSの基本的な設計方針であるRESTについて解説し、Struts 1、JSFとの違いやJAX-RSの使いどころを紹介します。(2016/4/18)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(2):
Strutsと比較して理解するJSFとCDI、アクションベースとコンポーネントベースの違い
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。今回から複数回に分けて、MVCのViewとControllerにフォーカスして各要素を紹介していきます。今回はJSFについて。サンプルコードを通じてJSFの機能を紹介し、JSFの特徴を3つ挙げた上で、JSFのメリット・デメリットを検討します。(2016/1/18)

Google Carの自動運転技術大解剖(終):
人工知能の歴史と、グーグルの自動運転車が事故を起こさないためにしていること
本連載では、公開情報を基に主にソフトウエア(AI、アルゴリズム)の観点でGoogle Carの仕組みを解説していきます。今回は、ロボットの思考と行動のサイクルのうち「行動計画の立案」と「計画した動作の実行」について解説。最後に人工知能の歴史も。(2015/12/9)

Google Carの自動運転技術大解剖(2):
自動車を制御するロボットの思考と行動の仕組み――Google Carが現実世界を認識する際の3つのアルゴリズムと実用化への課題
本連載では、公開情報を基に主にソフトウエア(AI、アルゴリズム)の観点でGoogle Carの仕組みを解説していきます。今回は、制御AIの思考と行動のサイクル、位置推定の考え方「Markov Localization」における3つのアルゴリズムと、その使い分け、現実世界の認識における課題などについて。(2015/7/3)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(1):
Strutsを使い続けることの問題点&現在有力なJava EE、Spring、Play Frameworkの基礎知識とアーキテクチャ
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。初回は、Strutsを使い続けることの問題点と3つの概要、アーキテクチャ、使い分けについて。(2015/7/2)

Google Carの自動運転技術大解剖(1):
あなたの知らない自動運転技術の歴史とGoogle Carの自動運転に使用するセンサーの基礎知識
本連載では、公開情報を基に主にソフトウエア(AI、アルゴリズム)の観点でGoogle Carの仕組みを解説していきます。初回は、自動運転の歴史やGoogle Carの位置付け、Google Carで使われているセンサーの基礎知識などについて。(2015/5/29)

Database Watch(2015年4月版):
「“サーバーは止まるもの”を前提とするCassandraの実装はIoTと相性がいい」説
今月は「Cassandra Summit Tokyo 2015」から、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を支えるデータベースとして活躍する「Cassandra」のいまを取材してきました。(2015/4/27)

一般企業をグーグルやフェイスブックのように:
事業を急速に拡大するPivotal、その狙いと日本での戦略は
従量員数約1600人の「巨大スタートアップ」企業、Pivotalが急速な事業展開を進めている。10月23、24日にはシンガポールで「Asia Pacific Pivotal Summit 2013」を開催、CEOのポール・マリッツ(Paul Maritz)氏をはじめとした幹部がアジア太平洋地域での事業展開について説明するとともに、同社の製品・サービスを同地域で初めて詳しく紹介した。(2013/10/25)

ウルシステムズ、AWS基盤のデータウェアハウス利用サービスを発売
ウルシステムズは、クラウド型データウェアハウスプラットフォーム「White-eYe」サービスの提供を開始した。(2013/9/2)

ウルシステムズとPivotal、リアルタイム・ビッグデータ処理技術で協業
ウルシステムズは、「Pivotal GemFire」を中心とした超高速トランザクション処理に関するプロフェッショナルサービスを提供し、大規模かつミッションクリティカルな基幹システムへの導入を支援する。(2013/8/2)

企業動向:
「Pivotalジャパン」設立、EMC、VMware、GE連合のPaaS製品群が本格展開へ
Cloud Foundryを活用したPaaS環境や大量データ分析向けの製品群を展開するPivotalが、日本法人を設立。日本企業のデータ活用を本格的に支援する体制を整えた。(2013/8/2)

PaaS向けソフトウェア企業のPivotal、日本法人を設立
EMCやVMware、GEが出資するPivotalが日本法人「Pivotalジャパン」を設立。ビッグデータやクラウドを活用したアプリケーション開発・運用のための製品やサービスを提供する。(2013/8/1)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
OSSビジネスに挑むノーチラス・テクノロジーズ
Hadoop上での基幹バッチ処理製品を提供するノーチラスの神林社長は「オープンソース・ソフトウェアを商売にする」と鼻息が荒い。(2013/5/8)

進研ゼミの学習用タブレットPC、ウルシステムズが開発支援
ベネッセが提供を始めるオリジナルタブレットの開発支援をウルシステムズが行った。(2013/3/13)

ビッグデータ活用の切り札、ストリームコンピューティングで顧客企業を変革するウルシステムズ
ビッグデータ活用では欠かせない「リアルタイムデータ処理」が注目を集めつつある。最先端のテクノロジーで顧客企業のビジネスを変革し、収益増へとつなげるウルシステムズは、「膨大なデータをフィルターに通し、リアルタイムでインテリジェンスを獲得していくノウハウや知恵が、これからの企業に不可欠になってくるはずだ」と話す。(2013/2/21)

ウルシステムズとTalend、クラウド分野で協業
ウルシステムズと米Talendは連携してエンタープライズに向けたクラウド基盤構築ソリューションを提供していく。(2012/6/6)

ヘッドハンターのIT業界・転職動向メモ(3):
伸びる新興SIerと旧来型SIer、スタンスに明確な違い
IT・Web業界専門のヘッドハンターは、日々の情報収集を欠かさない。本連載では、ヘッドハンターならではの視点でIT業界の転職動向を眺め、気になったネタを紹介していく。(2012/3/12)

Hadoopを基幹システムに、EMCとノーチラス・テクノロジーズがソリューション提供
基幹バッチシステムの高速処理、信頼性および運用性を高めるためのソリューションを、EMCの「Greenplum HD Enterprise Edition」と「Asakusa Framework」を組み合わせて提供する。(2012/1/19)

レポート スマートデバイス導入セミナー:
先進企業に学ぶ、スマートデバイス導入効果と管理術
@IT情報マネジメント編集部では2011年11月8日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで「第13回 @IT情報マネジメントカンファレンス 先進企業に学ぶ、スマートデバイス導入効果と管理術 〜うまく使えば業務効率アップ、不用意に使えばリスク倍増〜」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2011/12/8)

もうサービスは止めない!:
毎日11億円を売り上げる「ANA SKY WEB」システム刷新の舞台裏
全日本空輸は今年5月にインターネット航空券予約サイト「ANA SKY WEB」のシステム基盤を刷新。これまで割引キャンペーンの発売日には必ずといっていいほどダウンしていたシステムからの脱却を図った。(2011/12/6)

ANA、国内線予約システム「ANA SKY WEB」を刷新
ANAは、国内線予約システム「ANA SKY WEB」を、ウルシステムズの支援を受けて全面刷新した。(2011/8/24)

クラウド&スマホ徹底“運用”術(1):
クラウド&スマホ時代、運用管理の在り方を再考する
多くの企業で、クラウドサービスとスマートフォンの導入が急速に進んでいる。だが、こうした新しいテクノロジ・トレンドが浸透しつつある今だからこそ、新時代の運用管理と情シスの在り方を、再考しておきたい。(2011/6/9)

社運を賭けた広告配信システムの開発――品質管理の徹底が鍵に
モバイル広告サービスのD2Cは2010年秋に広告配信システムを構築した。このシステムには新たなビジネスモデルを担う役割と高度なサービスレベルが要求されたという。(2011/1/19)

受発注システム選びの勘所【第4回】
流通BMS対応は適材適所のクラウド活用を検討しよう
流通BMS対応の受発注システム構築を考える際にも、クラウド活用は有効だ。サーバのサイジングが難しい場合や、取引先の都合ですぐに対応しなければならない場合には特に有効な選択肢になることだろう。(2010/9/6)

受発注システム選びの勘所【第3回】
流通BMS対応の受発注システムの種類と製品選定方法
流通BMS対応製品はどのような種類があって、どう選べばいいのか。本稿では流通BMS対応製品の種類と機能を解説するとともに、製品を評価して選定する方法の一例を示す。(2010/5/20)

受発注システム選びの勘所【第2回】
流通BMS対応の受発注システム導入、初めの一歩
基幹システムとの連携が容易にできなければ、流通BMS本来のメリットを引き出したシステムとは呼べない。場当たり的な導入は結果として自らの首を絞めかねないのだ。(2010/5/7)

受発注システム選びの勘所【第1回】
流通BMSの先行事例から見えてきた受発注システムの課題
流通業界の受発注システムに大きな影響を及ぼした流通BMS。連載の第1回では、流通BMSの先行導入から見えてきた現状の課題点を整理する。(2010/3/15)

流通BMS対応製品紹介
中小流通業にもやさしい流通BMS対応EDI「UMLaut/J-XML」
流通BMSへの移行はレガシーからの載せ替えが大きな負担となる。「UMLaut/J-XML」はレガシーを切り離し、豊富なオプションで短期かつ容易な導入を支援する。(2009/12/25)

流通BMS対応製品紹介
中小取引先の流通BMS普及を加速する「WinWin-EDI」
流通BMSは大手小売業の動向に注目が集まりがちだが、取引関係にある多くの中小企業が導入できるかどうかで普及が左右される。「WinWin-EDI」はその課題に挑戦している。(2009/7/23)

もはや「次世代」とはいえない!?
数百の流通業企業が対応する次世代EDI「流通BMS」のメリット
流通業界における新しいEDIの標準「流通BMS」。既に数百の流通業企業が対応しているが、その実態は意外と知られていない。流通BMSの特徴とメリット、対応製品を紹介する。(2009/5/19)

非定型文書にメタデータを登録:
ウルシステムズとジャスト、企業内検索システムを共同開発
ウルシステムズとジャストシステムは、企業内検索ソフトを共同開発したと発表した。(2009/2/27)

月刊エンジニアライフ(3):
下流プログラマ、IT産業の空洞化を嘆く
(2008/11/5)

アジャイル開発で:
東邦チタニウム、チタン需要増に対応し新生産管理システムを構築
チタン製造の東邦チタニウムは、生産管理システム構築を刷新し2008年4月竣工の福岡県北九州市八幡新工場など3工場で稼働を開始させた。(2008/10/6)

NEC、SaaS基盤事業を強化
NECは、SaaSを利用したアプリケーションサービスとマネージドサービスを強化する。同社のSaaS基盤に関わるパートナー企業の支援制度も導入する。(2008/3/31)

食の安全を実現、タカキベーカリーがウルシステムズのソフトで新EDI構築
ウルシステムズはパン製造業のタカキベーカリーの流通ビジネスメッセージ標準に対応したEDIシステム環境を約2カ月で構築し、実稼働させたと発表した。(2008/2/27)

ウルシステムズ、情報システム部門強化のためのトレーニングを開始
ウルシステムズは情報システム部門強化のためのノウハウを、ユーザー企業向けに提供するトレーニングを開始すると発表した。(2008/2/21)

次世代XML-EDIの普及に向けウルシステムズとサイベースが協業
ウルシステムズとサイベースは共同で、国内流通業を対象とした次世代XML-EDIパッケージ製品「UMLaut/J-XML」オールインワン製品を提供していく。(2006/10/31)

儲けるためのネットモデル設計【最終回】
ネットモデルの顧客コミュニケーション設計
ネットモデルで一番肝になるのが、ネット上の顧客とどうコミュニケーションをとるかの基本設計である。ネット上の特性を踏まえつつ、特にケガをしやすい部分を解説したい。(2006/7/31)

涼宮ハルヒのWeb2.0的成功要因分析、ウルシステムズ
Web2.0の一般論を整理し、その本質を抽出しながら、Web2.0が企業システムの開発にどのような有効性があるのかを論じた講演で、事例として取り上げられたのは人気アニメ番組だった。(2006/7/6)

儲けるためのネットモデル設計【第2回】
「フラット化」に負けない「無敵の組織」設計
円滑な組織設定をするには何が必要になるのだろうか。スピード、チーム編成、情報の流通方法といった要件を前提に、筆者が推奨したい理論「デザイン・ストラクチャー・マトリックス法(DSM)」について解説したい。この方法が「無敵の組織」を作るための足がかりになればと思う。(2006/6/26)

儲けるためのネットモデル設計【第1回】
Web2.0議論よりも目の前の事業をどうする
第1回目の今回は、「何のために事業のインターネット化をすすめるのか」という「そもそも論」について、IT戦略と関連付けて考察していく。(2006/5/22)

構造改革としての2007年問題:
団塊後を担う若手エンジニアに求められる「JML」――ウルシステムズ漆原社長
ウルシステムズの漆原茂社長に2007年問題について聞いた。同氏はシニアのエンジニアが退職した後に、若手がJMLを持ってシステムを構築するべきと話す。さて、JMLとは?(2006/1/31)

構造改革としての2007年問題:
次世代の基幹システム構築を成功させるキーワードは?
2007年問題を1つのきっかけに今後企業の情報システムが再編されていく。次世代の基幹システム構築に必要なものを探る。(2006/1/18)

Interview:
ビジネスとITの統合は「技術屋」にしかできないこと――ウルシステムズの漆原氏
ウルシステムズの漆原氏にSEの現状と今後について話を聞いた。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/5/26)

進化する設計手法:
コミュニケーションに方法論を持ち込もう
SEは顧客から要件を聞き出し、設計書を書かなくてはならない。そこで要求されるのはコミュニケーション力だ。そして、コミュニケーション力に頼る設計の限界を打破するべく、Openthologyという方法論も登場した。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/4/25)

特別企画:要求開発方法論のススメ:
ビジネス要求に基づく“役立つシステム”の実現手法
なぜ、“役に立たない”システムが作られてしまうのか──それは、ユーザーから集めたあいまいな要求を基に、プロジェクトがスタートするからだという。要求をロジカルな手法で開発することを目指す「要求開発」とは?(2005/3/3)

マーチン・ファウラー特別ラウンドテーブル 現場レポート [後編]:
アナリシスパターンは難しすぎる?
(2004/6/15)

マーチン・ファウラー特別ラウンドテーブル 現場レポート [前編]:
パターンを学べばどんな技術にも対応できる
(2004/6/8)

ITアーキテクト宣言! :
ITアーキテクト宣言!
(2004/2/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。