ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Apache Hadoop」最新記事一覧

【最終回】古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第50回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付ける(活用編)
前回は、Dockerプライベートレジストリ(DPR)の構築手順をご紹介しました。今回は、実際にユーザー認証付きのDPRを使用してみましょう。(2017/10/16)

LinuxとDockerコンテナにも新たに対応し、多数の新機能を提供:
Microsoft、「SQL Server 2017」を正式リリース
Microsoftはデータプラットフォームの最新版「SQL Server 2017」を正式リリースした。クラウドでもオンプレミスでも利用でき、Windows ServerだけでなくLinuxとDockerコンテナにも新たに対応している。(2017/10/5)

リレーショナルデータベースの限界(後編):
クエリでは分析できない? より進化したデータ分析技術
現在のデータ分析ニーズに、リレーショナルデータベースと従来のクエリでは対応できない。現在進みつつある、人工知能やディープラーニング、コグニティブアナリティクスなどについて整理しよう。(2017/10/4)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第49回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付ける(準備編)
インターネットを経由しないDockerプライベートレジストリに、ユーザー認証を用意することで、社内LANなどにDockerイメージ配信システムを構築できます。今回はこのユーザー認証付きのプライベートレジストリを用意する具体的な方法を解説します。(2017/10/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
ハイパーコンバージェンスのメリットとデメリット
ハイパーコンバージド技術に弾みがついている。だが自分の組織にとってはどんなメリットがあるのか。(2017/9/29)

NoSQLベストプラクティス(3):
NoSQLデータベースの長所と短所
本連載では、「NoSQLデータベースの今」を正しく理解し、ビジネス躍進の実現に向けて対策していくための「ベストプラクティス」を掲示していきます。今回は「NoSQLの特性と、種類別の長所と短所」を説明します。(2017/9/29)

Hortonworks製品や運用支援サービスをNECが提供:
NECとHortonworks、ビッグデータ分析基盤分野での協業を強化
NECとHortonworksがHadoop分散処理プラットフォーム分野での協業強化を発表。NECは国内で初めてHortomworksのプラチナパートナーとなり、Hadoopアプライアンス「Data Platform for Hadoop」の共同開発体制を強化する。(2017/9/26)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第48回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付けるには(概要編)
前回までは、インターネットを経由せずに使えるDockerプライベートレジストリを紹介しました。今回は、ユーザー認証機能付きのDockerプライベートレジストリ(DPR)について紹介します。(2017/9/25)

クラウド利用にも実は必須
「テープ」はその役目をまだ終えてはいない
クラウド全盛期ともいえる現在だが、これまで使われてきた技術が急に無くなるわけではない。アーカイブで活躍していたテープも、時代に合った進化を遂げている。(2017/9/20)

コンテナ採用、新課金モデルの動きも
超速で進化するハイパーコンバージド(HCI)技術、次は脱ハイパーバイザー
ハイパーコンバージド技術が進化している。従来のハイパーバイザーではなく、コンテナ技術をサポートする製品も登場。新しい課金モデルが現れるなど市場の変化が激しい。(2017/9/11)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(9):
Googleはインターネットを再構築したいのか(前編)
Googleが、SDNスタック「Espresso」を開発した。Googleは、Espressoがインターネットで自社のユーザーのために行われるルーティングの在り方を変える可能性だけでなく、インターネットルーティングの全体的な在り方を形作る可能性もあると考えている。これまでにも見られたように、Googleのアイデアが世界を変える決定的瞬間の1つが訪れようとしているのかもしれない。(2017/9/7)

PR:ディープラーニングに魅せられ、「天気予測システム」まで自作してしまった男
機械学習の中でも、応用範囲の広さから注目を浴びている「ディープラーニング」。この技術に魅せられ、エバンジェリストになろうと決意した男が日本ヒューレット・パッカードにいる。PC歴37年の“自作オタク”が、なぜディープラーニングにハマったのか。(2017/8/30)

リアクティブプログラミング超入門(2):
Play、Akka、Akka Streams、Lagom、Apache Spark――Lightbend Reactive Platformとは何か
本連載では、リアクティブプログラミング(RP)の概要や、それに関連する技術、RPでアプリを作成するための手法について解説します。今回は、Lightbend Reactive Platformがどういったものなのか詳細に見ていきましょう。Playのセットアップも行います。(2017/8/28)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第47回 Dockerのプライベートレジストリを活用する(運用編)
Dockerプライベートレジストリが構築できたら、実際にプライベートレジストリを使って、Dockerイメージの登録、入手などを行ってみましょう。プライベートレジストリは、閉じたネットワーク環境でのDockerハブのようなDockerイメージ管理が可能になります。(2017/8/25)

柔軟性とスケーラビリティが鍵
いまさら聞けない「SoE」、従来の「SoR」とは何が違う?
データ管理の分野では今、イノベーションを創出するシステムとして「Systems of Engagement」(SoE)を構築する動きが活発化している。鍵となるのは、柔軟性とスケーラビリティ。そして「Systems of Record」(SoR)との違いは?(2017/8/17)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ファイアウォール管理の悩み
ファイアウォールルールを手作業で管理するのは困難だ。そこでルール変更のリスク評価を自動的に行っている事例を紹介する。他に、スウェーデン国立図書館CIOインタビュー、ハイブリッドクラウド環境に適したストレージの実装方法を解説する。(2017/8/14)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(6):
GOAIはデータベース、アナリティクス、機械学習を全てGPUに統合しようとしている
GPUベースのソフトウェアを開発する新興ベンダー数社が、データベース、アナリティクス、機械学習を同一のGPUメモリで動かすことで、データ移動をしなくて済むような基盤を生み出すための活動「GOAI」を始めた。この取り組みについて取材した。(2017/8/14)

キーパーソンインタビュー
Hadoopの父、カッティング氏に聞く今後のビッグデータ活用法
「Hadoop」の生みの親の1人であるカッティング氏に、現在の活動、Hadoopの今後、サイバーセキュリティとビッグデータの関係について聞いた。(2017/8/14)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第46回 Dockerのプライベートレジストリを活用する(準備編)
インターネットを経由せずに、プライベートLAN内で、Dockerイメージをユーザーに配布したいといったニーズに対応するには、「プライベートレジストリ」を活用するのがおすすめです。実際にプライベートレジストリを立ち上げる方法をご紹介します。(2017/8/10)

「Google Cloud Next 2017」メルカリ事例【前編】
メルカリがデータ分析基盤に「Google BigQuery」を採用する理由
データ分析基盤に「Google Cloud Platform」(GCP)をはじめ、Googleのサービスを多数採用しているメルカリ。中でも積極的に活用しているのが「Google BigQuery」だ。BigQueryを中心としたGCP活用事例を紹介する。(2017/8/9)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(5):
あまり知られていないFacebookの機械学習ツール「FBLearner Flow」とは
機械学習フレームワークでは、GoogleのTensorFlowが人気を博しているが、Facebookは「FBLearner Flow」というツールを自社開発し、同社エンジニアの4分の1が使っているという。このツールは、業界に大きな影響を与える可能性を秘めている。(2017/8/3)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第45回 「プライベートレジストリ」を知る――HPEが使っているDockerイメージ管理
ホステッドレジストリは、インターネット経由でクラウドサービスのように利用できますが、インターネットを経由せずに、プライベートLAN内で、Dockerイメージをユーザーに配布したいといったニーズもあります。そんなときに活用したいのが、プライベートLAN内でDockerイメージを配布する「社内プライベートレジストリ」です。(2017/7/28)

オンプレミスにOracle Cloudを構築:
Oracle、「Oracle Cloud at Customer」の機能を拡充 SaaSも利用可能に
Oracleが、Oracle Cloudを自社ネットワーク内に構築するサービス「Oracle Cloud at Customer」の機能を大幅に拡充。これまで準備中とされていたPaaSの全機能に加え、SaaSも利用できるようになった。(2017/7/21)

OpenStack Days Tokyo 2017直前スペシャル(1):
IoTのデータモデルとAPIを実装したOSS、FIWAREとは
OpenStack Days Tokyo 2017で紹介されるFIWAREは、スマートシティなどにおけるIoTの、データモデルとAPIを実装したオープンソースソフトウェアだ。本記事では、これがどのようなものなのか、概要を紹介する。(2017/7/18)

一般企業も待ったなし。「データはあるが生かせない」に終止符を:
PR:デジタル時代、ビジネス差別化に欠かせない「データ資産化」の要件とは?
IoT/ビッグデータの取り組みが本格化し、「大量データからいかに価値を引き出すか」「有効なアクションにつなげるか」が、企業収益を左右する一大要件となっている。だが、データを蓄積していても有効活用できていないケースは非常に多い。その真因とは何か? データの蓄積基盤となるデータレイクにフォーカスしながら、「データを資産化できない」本当の理由を探る。(2017/7/18)

見直されるデータストレージの概念
ハイパーコンバージドインフラ登場でさらに曖昧になるサーバとストレージの境界
コンテナ、ハイパーコンバージドインフラ、ビッグデータなどの新たなテクノロジーは、コンピューティングプラットフォームとストレージプラットフォームの境界を曖昧にし、従来のITのサイロを崩壊させている。(2017/7/19)

Microsoft Inspire 2017:
Microsoftが掲げる「デジタル変革に必須の4要素」とそれを実現するもの
米Microsoftのパートナー企業向けイベント「Microsoft Inspire 2017」が7月9日から13日まで開催されている。10日にはサティア・ナデラCEOが登壇する基調講演「Vision Keynote」が行われ、Microsoftの新年度の戦略などを発表した。(2017/7/11)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(29):
機械学習/Deep Learningが気になる人も要注目、「アルゴリズム」の基本が学べる無料の電子書籍150ページ
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第29弾では「コーディングに役立つ!アルゴリズムの基本」10回分を1冊のPDFとしてまとめた。アルゴリズムとは何か? なぜ学ぶべきなのだろうか?(2017/6/30)

ベンダー発表の性能は信じられるのか
フラッシュストレージの最適解「共有DAS」、本当に性能は向上するのか?
フラッシュストレージの性能を引き出すNVMe。ストレージを効率的に運用する共有ストレージ。両者の融合が共有DASだ。ベンダーはとてつもなく高いIOPS値をアピールするが、本当だろうか?(2017/6/27)

データに潜むストーリーを導出:
BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサービスBI。Qlikが目指す将来像について、CTO(最高技術責任者)が語った(2017/6/22)

IPA/SEC所長対談:
新たな時代を担う組込みシステムの技術者に求められるものとは:組込み適塾 塾長 井上克郎×SEC所長松本隆明(後編)
情報処理推進機構のソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)所長を務める松本隆明氏が、ソフトウェア分野のキーパーソンと対談する「SEC journal」の「所長対談」。前編に続き、組込みシステム産業振興機構(ESIP)が推進する「組込み適塾」の塾長で、大阪大学大学院教授の井上克郎氏に、人材育成と組込み技術の未来についての考えを聞いた。(2017/6/21)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第44回 Dockerfileを「Quay.io」で管理する
ホステッドレジストリを活用すると、Dockerイメージをアップして管理するだけでなく、Dockerfileをアップロードし、ホステッドレジストリでDockerイメージをビルドすることも可能です。今回はその方方を具体的に見ていきます。(2017/6/19)

IBM Power Systemsベースの「Hortonworks DataFlow」も推進:
IBMとHortonworksが提携を拡大 「IBM Data Science Experience」と「HDP」の連携をより密に
IBMとHortonworksがビッグデータソリューション分野で提携を拡大。IBMのデータサイエンスや機械学習の技術を、Hadoopのエコシステム全体でより広く活用できるようにする取り組みを打ち出した。(2017/6/15)

CAGRは8.4%、ソリューション導入は「DXのため」とする意識も高まる:
ビッグデータ・アナリティクスソフトウェア市場、2021年までに約3420億円規模まで成長 IDC予測
IDC Japanが2021年までの国内ビッグデータおよびアナリティクスソフトウェア市場予測を発表。今後2021年までに年平均8.4%の高成長率で推移し、市場規模は約3420億円に達すると予測した。(2017/6/12)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第43回 Dockerイメージを「Quay.io」で管理する(セキュリティ編)
ホステッドレジストリには、アップロードしたDockerイメージのセキュリティ脆弱性をチェックする機能もあります。「Quay.io」を実際に操作しながら、セキュリティチェックの方法を確認します。(2017/6/12)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第42回 Dockerイメージを「Quay.io」で管理する(準備編)
ホステッドレジストリは、一般に「Docker Hub」が有名ですが、今回はNASAやeBayも利用しているホステッドレジストリの「Quay.io」を使って、実際にDockerイメージを管理してみます。(2017/6/5)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

グループ30社の“ハブ”に:
企業を超えたデータ連携、どう進めればいい? SBIホールディングスに学ぶ
Webサイトにおける行動分析……というと多くの事例が出ているが、30以上の会社が相互に連携していたとしたらどうだろう。金融サービス大手の「SBIホールディングス」では、グループ各社の連携と全体最適を一手に担う部署がある。(2017/6/1)

Over the AI ―― AIの向こう側に(11):
おうちにやってくる人工知能 〜 国家や大企業によるAI技術独占時代の終焉
今回のテーマは「おうちでAI」です。といっても、これは「AIを自宅に実装すること」ではなく、「週末自宅データ分析およびシミュレーション」に特化したお話になります。さらに、そうなると避けては通れない「ビッグデータ」についても考えてみたいと思います。そして、本文をお読みいただく前に皆さんにも少し考えていただきたいのです。「ビッグデータって、いったいどこにあるのだと思いますか?」(2017/5/31)

稼働率99.9%のPaaS, SAP Cloud Platform:
PR:アプリ開発に何が必要かを もっとも理解しているのがSAP
SAPジャパンは、新機能や拡張機能を搭載したSAP Cloud Platformにより、PaaSビジネスを強化することを発表した。また、東京データセンターで、SAP Cloud Platformのほか、3つのサービスを新たに稼働することも明らかにしている。(2017/5/31)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第41回 「ホステッドレジストリ」を知る――NASAも使っているDockerイメージ管理
今回からは、Dockerイメージの管理サービスについて紹介していきます。NASAのジェット推進研究所でも利用されているDockerイメージの管理サービスを例に、具体的な操作方法も披露します。(2017/5/29)

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(3):
Google Cloud Platformは、他と比べてどこが「オープン」なのか
米Googleが2017年3月初めのクラウドイベント「Google Cloud Next 17」で強く主張したのは、「オープン」であることだ。だが、他のメガクラウドベンダーもオープンさを強調してきた。では、Google Cloud Platformがオープンさで他社と根本的に異なることはあるのか。また、オープンさがビジネスとどうつながるのだろうか。(2017/5/29)

クラウド対応機能やコネクター機能などを強化、iOSアプリも公開:
クリック・テクノロジーズ、セルフサービスBIツール「Qlik Sense」の最新版を発表
米クリック・テクノロジーズがセルフサービスBIツール「Qlik Sense」の最新アップデート(2017年6月)版をリリース。クラウド対応が完了し、接続可能なデータソースの種類も増やした。また、iOS対応クライアントも用意される。(2017/5/24)

製造ITニュース:
iOS向けのSDKを提供、モバイルとビジネスアプリの融合を強化したクラウド基盤
SAPジャパンは、クラウドプラットフォーム「SAP Cloud Platform」の機能強化を発表した。新機能や拡張機能を搭載して強化し、新しいアプリケーション構築の簡素化やSAPアプリケーションの拡張/統合の迅速化などが可能になる。(2017/5/18)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回
IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2017/5/18)

Sparkのセキュリティ機能強化、MapR-DBとHBaseへ接続対応、Hiveの高速化など:
MapRの最新版「5.2.1」、Spark 2.1との連携を強化した「MapR Ecosystem Pack 3.0」がリリース
マップアール・テクノロジーズはビッグデータ解析に向けたデータ基盤の最新版「MapR 5.2.1」および「MapR Ecosystem Pack 3.0」をリリース。安定性、パフォーマンス、セキュリティ機能を強化した。(2017/5/16)

コンサルティングファームのDeloitteがレポート
深層学習が引き出す非構造化データの“暗黒面”の力とは?
コンサルティング企業のDeloitteが新しく公開したレポートによると、非構造化データとその他のいわゆる「ダークデータ」を分析することで、大きなビジネス価値を得られる可能性があるという。(2017/5/16)

Dell EMC World 2017:
続・Dell EMCはどこへ行くのか、ストレージの今後およびクライアント製品とのシナジーを聞いた
米Dell EMCが、2017年5月8日から開催中の「Dell EMC World 2017」で、何が見えたか。本記事ではストレージ製品群の今後、およびクライアントソリューションとの相乗効果について、幹部に直接質問した内容を交えてお届けする。(2017/5/10)

脅威の分析、判断、拡大防止を自動化して人材不足を解消:
PR:人工知能をセキュリティオペレーションセンター担当者に――SOCをDockerでパッケージ化したらどうか?
サイバー攻撃が巧妙化および複雑化する現在、企業側の対策も複雑化の一途を辿っている。しかし、導入する製品の種類や数が増えるほど、コストや運用負担は大きくなる。特に課題となるのが、技術的なハードルだ。こうした課題を解決するためには、SOC運用をAI技術・機械学習で自動化する必要がある。(2017/5/8)

宇宙ビジネスの新潮流:
Google傘下の衛星企業をPlanetが買収、リモセン事業の未来は?
サンフランシスコに本社を構える衛星ベンチャー・米Planetによる米Terra Bellaの買収が正式に成立。併せて、Terra Bellaの親会社である米GoogleがPlanetの株主となることも発表された。この二大衛星ベンチャーの統合は何を意味するのだろうか?(2017/5/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。