ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「野菜」に関する情報が集まったページです。

イモとカボチャが楽器に変身! TOTOの名曲「アフリカ」を演奏する動画がYouTubeで人気
野菜オカリナで奏でる名曲。(2019/1/13)

圧倒的不審者の工房:
牛乳から包丁を作ってみた → 牛の持ち手も作って紙も野菜もスパスパ切れる包丁が完成
これはあくまで教育ドキュメンタリー動画です(2018/12/30)

俵万智さんの短歌「サラダ記念日」、実際に作ったのは「カレー味のから揚げ」って知ってた?
歌人の感性。(2018/12/20)

ときめき不可避! 「今日から俺は!!」清野菜名&賀来賢人、至近距離“ヒソヒソ話”ショットに恋の予感
しかも理子から耳打ちしにいってる。(2018/12/2)

セブン&アイHDなど野菜工場公開 天候影響受けずレタス供給
天候などの影響を受けずに1日約300キロに上るレタスの生産が可能で、コンビニエンスストアのセブン−イレブン・ジャパン向け商品の安定供給が実現する。(2018/11/29)

「キャベツの葉で熱がグングンと下がる」?……問われる民間療法の科学的根拠
キャベツの葉で熱が下がるとする民間療法を育児関連情報サイトが紹介したところ、ネット上で疑問の声が噴出。運営会社が記事を削除のうえ、謝罪する騒ぎとなった。民間療法の中には科学的根拠が不明のものも少なくない。専門家は「内容を見極めて」と呼びかけている。(2018/11/26)

「トマトが赤くなると医者が青くなる」→医者vsトマト農家のバトル漫画に発展 人知を超える超展開がとにかくすごい
1つの言い回しから生まれた発想が、果てしなく転がってカオスを招く奇跡。(2018/11/24)

細かいニーズに応える:
カット野菜、広がるラインアップ 栄養や利便性UP 専門家も太鼓判
買ってきてすぐに食べられるカット野菜のニーズが、ますます高まっている。調理の時短につながり、価格が安定していることも魅力だが、昨今は「生野菜の代わり」から、カット野菜ならではの魅力を生かした商品が続々と登場。積極的にカット野菜が選ばれる時代へと変化しつつある。栄養価や内容、カット方法まで、細かなニーズに応えた商品が人気のようだ。(加藤聖子)(2018/11/22)

語源は不明:
「シュッとしている」野菜や文字にも……広まる新関西弁
「シュッとしている」――。関西人の会話に出てくるこの言葉はさまざまな意味、場面で使われている。大阪市内で大阪府民に聞くと、9割近い人々が使っていた。「すらっとしている」「背が高い」「スマート」「清潔感がある」「スタイリッシュ」「男前」といった意味だが、野菜や文字、建物、道、仕事にも用いられていた。専門家によると、この20〜30年で浸透した言葉とみられ、擬態語特有のインパクトがある。語源は不明だが、すでに東京などでも使われており、全国に広がる可能性がある。(張英壽)(2018/11/22)

「正直怯えてました」 橋本環奈、アクション女優・清野菜名との“タイマン”撮影にビクビク
よく戦った。(2018/11/21)

「シュッとしている」野菜や文字にも……広まる新関西弁
「シュッとしている」――関西人の会話に出てくるこの言葉はさまざまな意味、場面で使われている。大阪市内で大阪府民に聞くと、9割近い人々が使っていた。「すらっとしている」「背が高い」「スマート」「清潔感がある」「スタイリッシュ」「男前」といった意味だが、野菜や文字、建物、道、仕事にも用いられていた。(2018/11/21)

糖質が気になる人に 「お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー」イオンから登場
ご飯のかわりに、炒飯やリゾットにもなる……野菜!?(2018/11/14)

かわいくて強いって最高じゃん! 橋本環奈&清野菜名、道着姿で正拳突きした2ショットに「ど突かれたい」の声
ど突かれてもいい。(2018/11/8)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの次の100年を担う新規事業、それはIoT急須か自分語りする野菜か
パナソニック初の全社ユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」では、同社のオープンイノベーションを基にした新規事業創出活動が一堂に会する「NEXT100」という展示が行われた。(2018/11/5)

「可愛さの暴力」「天使っていたんだね…」 橋本環奈&清野菜名が見せた“今日俺ダンス”がキュートでキレッキレ
ずっと見ていられる。(2018/11/4)

500円でガチャ回す→600円〜2355円のパスタが当たる「ガチャパスタ」 Twitterで人々の好奇心くすぐる
SR「オマール海老のトマトソース」は7%……「ガチャパスタ」が話題に。(2018/10/29)

ポテチに「ラーメンサラダ味」「山うに味」など カルビーから47都道府県の味のポテトチップスが今年も登場
気になる味が多すぎる。(2018/10/26)

ロボット導入事例:
ブロンコビリーはなぜロボットを導入したのか「より良いもの求めて常に試行錯誤」
ステーキレストランチェーンのブロンコビリーは、店舗内でのバッシング(食器の片付け)やサラダバーの補充といった業務の支援を目的にロボットを導入した。同社はなぜロボットを導入したのか、担当者に聞いた。(2018/10/24)

チョーヒカルのゲテモノデート:
野菜がおいしい=土もうまい? “土のフレンチ”が想像以上にリッチすぎた
土おいしいよぉ(錯乱)。(2018/10/22)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
しさくひんのきゅうりけーきです… こぐまのケーキ屋さん(35)「きゅうりのでざーと」
かわいい漫画のキャラクター「かっぱ」さんが登場です!(2018/10/14)

「ジャパン・ベジタブルシード」を設立:
三井物産、中小野菜種子会社と海外展開 アジア、欧州で販路開拓
三井物産は、中小の野菜種子会社とタッグを組み、海外進出を後押しする事業を本格化させる。今年2月に日本農林社(東京都北区)、久留米原種育成会(福岡県久留米市)の両社と共同で野菜種子の海外展開を行う「ジャパン・ベジタブルシード」を設立、既に中国とインドで試験栽培に着手しており、数年後に海外販売を開始する。日本の中小野菜種子会社は遺伝資源を持ち、新種改良の技術力も定評があるが、単独では海外進出しにくい。三井物産傘下のイスラエル企業が持つ、イタリアやトルコなどの販売開発拠点などを活用し、販路開拓する。(2018/10/5)

今日のリサーチ:
フリマアプリで「米」や「野菜」など農作物の取引が急速に拡大──楽天調査
楽天は、フリマアプリを使った農作物の取引実態について調査しました。(2018/10/5)

海上自衛隊、「海軍カレー」の国家機密レシピ公開 「まず、香味野菜を4時間煮込みます」
お手軽簡単レシピ。(2018/10/4)

「野菜をもう一重覆う」など防止策強化:
モスバーガー、9月以降は食中毒被害なしも感染経路は「いまだ不明」
モスフードサービスが、食中毒事件の経過と再発防止策を改めて発表。9月中旬以降は顧客からの新たな体調不良の申し出はないという。野菜の運搬方法や社内研修のカリキュラムを変更し、再発防止を図っていく。(2018/10/3)

供給経路をすぐに把握:
米小売大手Walmart、野菜などの管理にブロックチェーン導入へ 大腸菌対策で
米小売大手Walmartが、レタスなどの供給業者に対し、野菜の取り扱い状況をブロックチェーン上で管理することを求めた。ブロックチェーン上で保管状況などの情報を管理することで、食の安全の向上を図る狙い。(2018/9/25)

野菜をコンセプトにしたカップヌードルショップ「MOMOFUKU NOODLE」がオープン スープと具材を組み合わせて自分好みの一杯を注文
オーダーメイドのヌードル専門店が登場。(2018/9/25)

ねとめし:
レンジでチンするだけの常備菜! 「春雨のマヨネーズサラダ」がさっぱりうますぎる
お休みの日に作っておきたい常備菜。(2018/9/24)

「少子高齢化で消費減」という常識に挑む:
キユーピーが業界の少量志向に反しドレッシングを「増量」した理由
キユーピーが主力ドレッシングのうち150ミリリットルのボトルを増量。少量こそ利便性が高いとする業界の常識に反するが家庭への精密な調査でサラダの消費が増えていると判断した。(2018/9/19)

自信作がたくさん:
お湯をかけるだけでモグモグ 「フリーズドライ」の進化がスゴい
お湯をかけるだけですぐに温かな食事ができるフリーズドライ(凍結乾燥)食品。その進化がスゴイ。カツカレーや親子丼、水でもどるサラダなど、汁ものだけではない本格グルメが続々誕生している。(2018/9/16)

9月18日から:
ローソン、サンドイッチを刷新へ 具材の味わい向上、「プレミアム」シリーズも登場
ローソンが9月18日からサンドイッチを刷新する。具材に使用する「たまごサラダ」などの配合を、より味わいを感じられるものに変更する。25日からは「プレミアムサンドシリーズ」の発売も開始する。(2018/9/14)

モヤシだけ自社生産:
リンガーハットに新工場建設を決断させたモヤシへの情熱
リンガーハットは2019年6月の稼働を目指し、モヤシを製造する新工場を建設する。実は、ちゃんぽんに使う野菜の中でモヤシだけは自社生産しているのだが、その背景には商品力向上に向けた強い情熱があった。(2018/9/7)

日清、「AIが考えた」商品発売 ファンの好みを解析、“最適な食材”を使用
日清食品は20日、人工知能(AI)を活用して初めて開発した即席ライス「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」を9月3日に発売すると発表した。(2018/8/21)

パウダー状のしょうゆ「キッコーマン パウダーしょうゆ」が9月10日発売 サラダやお弁当に最適
しょうゆの味と香りを損なうことなく液体から粉末へ変えることに成功。(2018/8/20)

“追いチーズ”が需要に追い付かず:
ピザーラ、注文殺到で「激盛りトマチーピザ」販売休止
ピザーラが、バラエティー番組「有吉弘行のダレトク!?」の企画で発売した「激盛りトマチーピザ」の販売を休止。チーズとトマトを大量に使用した商品だが、チーズの製造が追い付かなくなったという。(2018/8/14)

製造業派遣労働者を対象にしたライフスタイル実態調査:
「仕事力」に効くのは野菜や果物、「やる気」は現場のロールモデル
製造業の派遣労働者を対象としたライフスタイル実態調査「モノづくりの現場での、派遣という働き方白書」をUTグループが発表。派遣労働者のパフォーマンスを最大限発揮させ、仕事のやる気を起こさせるヒントが白書から垣間見ることができる。(2018/8/10)

製造マネジメントニュース:
野菜生産システム用装置を生産・販売する新会社を設立
安川電機は、野菜生産システム用装置の生産・販売を主力事業とする新会社「株式会社FAMS」を2018年8月1日設立する。これまで取り組んできた「食」の生産自動化の事業化を進める。(2018/8/6)

リンガーハット、8月10日から価格改定 天候不順で野菜の確保厳しい
人件費及び物流費も今後上昇することが予想されるため。(2018/8/3)

松屋「ごろごろチキンのトマトカレー」全店販売決定 人気のトマトカレーとごろごろチキンカレーが悪魔的合体
8月7日からスタート。価格は並で590円(税込)。(2018/7/27)

「FGO効果」で続々重版、ついに4刷目へ 大反響『正伝 岡田以蔵』の版元に聞く
「嫌いな野菜、特徴的なしぐさ、女性経験の有無といった以蔵の内面にまで踏み込んだ」本が売れてます。(2018/7/18)

うさぎさんの小さなお口にどんどん吸い込まれていく……! すごい吸引力で野菜を食べる姿がかわいい
モグモグモグモグモグモグ。(2018/7/17)

お皿の上がキャンバスみたい 色鮮やかなサラダを作れる青いドレッシングが新登場
グレープフルーツ風味のノンオイルドレッシングです。(2018/7/13)

何かくれるまで動かないぞー キッチンにやって来ておねだりをするプレーリードッグが愛らしい
無事お野菜をもらえました。(2018/7/5)

スタバの「ティバーナ」シリーズに新作! ひんやりフローズンティー「ハーバル レモネード」「グレープフルーツ & トマト」
夏の暑さを忘れられそうな爽やかドリンク。(2018/6/25)

「きゅうりは世界一栄養がない」「食べると逆にビタミンCが壊れる」って本当? “きゅうりダメ野菜伝説”を検証してみた
「ギネス世界記録に登録されている」なんていわれていますが……?(2018/6/22)

Amazonのダンボールで包丁を作ってみた → 紙や野菜を楽々切断するAmazon製包丁が完成
頭にハテナしか浮かばない製作風景です。(2018/6/23)

朝も昼も夜もトマトを食べて:
コンビニの蛇口からトマトジュースと牛乳が!? ローソンが「トマト尽くし」戦略
ローソンがトマトを多く使った新商品を相次ぎ発売する。朝昼夜の全シーンに対応した食べ方を提案し、健康に特化した商品戦略を打ち出す。(2018/6/8)

カゴメが「具だくさんピザソース200g」など6品目を自主回収 樹脂部品の一部が混入した可能性
トマトを使った商品が並んでいます。(2018/6/6)

キュウリの戦闘機「きゅうりファイア」爆誕 違和感ゼロ「お盆にご先祖様が猛スピードで帰ってきそう」
「ミソで食べたい」「塩水に特攻せねば!!」。おいしそう。(2018/6/6)

【マンガ】ズッキーニはキュウリの上位互換じゃない! 本当は“あの野菜”の仲間
本当は、キュウリっぽくないズッキーニもあります。(2018/5/29)

U.F.O.の“フタ裏キャベツ”を落とすためだけの魔道具「キャベバンバン CBB-001」、日清食品が生み出す
あいつらあの「#キャベバンバン」プロジェクトを本気で続けてやがった……!(2018/5/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。