ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バーチャルリアリティ」最新記事一覧

関連キーワード

製造業IoT:
マイケル・ポーターが語る、IoT時代に取り残される“人”の存在
PTCジャパンのユーザーイベント「PTC Forum Japan 2016」の特別講演に米国の著名経済学者であるマイケル・ポーター氏が登壇。米国PTCのCEOであるジェームズ・ヘプルマン氏とともに「『接続機能を持つスマート製品や拡張現実(AR)』が変えるIoT時代の競争戦略」をテーマにIoT時代を勝ち抜くために必要な要件などについて紹介した。(2016/12/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10がHoloLens世代に向けたUI刷新を計画か
かつてデスクトップUIとタッチUIの両立に悩んだMicrosoftだが、今度はAR/VR/MRに適した新しいWindowsのUIを模索しているようだ。(2016/12/6)

今年の新語大賞は「ほぼほぼ」 「『ほぼ』2回繰り返すのは嫌」の意見もあるが……
「今年の新語 2016」を三省堂が発表。大賞は「ほぼほぼ」だ。好き嫌いが分かれる言葉だが……。(2016/12/5)

「PlayStation VR」12月17日から追加販売 どこで買える?
PlayStation VRが12月17日からオンラインショップと量販店で追加販売される。(2016/12/5)

PTC Forum Japan 2016:
「フィジカル」と「デジタル」が融合するIoT時代、PTCはオープン化を加速する
PTCジャパンのユーザーイベント「PTC Forum Japan 2016」の基調講演に米国本社PTCの社長兼CEOを務めるジェームズ・E・ヘプルマン氏が登壇。「IoT時代のモノの新しい見方〜現実世界とデジタル世界の収束」と題して、IoTプラットフォーム「ThingWorx」を中核とする同社の事業戦略を説明した。(2016/12/5)

仮想現実から現実の床に「バタンッ!」 VRで崖登りをしていた人、崖から落ちてリアルに転ぶ
転んだ音がバーチャルじゃないリアリティ。(2016/12/4)

2030年のキャリアはどうなる:
人工知能に「仕事を奪われない」働き方はある?
リクルートワークス研究所が、日本の労働市場シミュレーションの結果を発表。ビジネスパーソンがキャリアを構築するための取り組み方を提案した。(2016/12/2)

事例で見るVRの訴求効果 後編:
VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イベント連動アトラクション型」「エンタメ訴求型」について紹介する。(2016/12/5)

サイバーエージェント、子会社「VR Agent」設立 VRコンテンツの受託開発強化
リアルイベントやアミューズメント施設のVRコンテンツを受託開発する。(2016/12/1)

SEMICONの開催迫る:
半導体を応用した分野へと活動を拡大するSEMI
SEMIジャパンは2016年12月1日、SEMIの「戦略的パートナーシップ」における取り組みについて説明した。また、開催が迫る「SEMICON Japan 2016」についても言及した。(2016/12/1)

PTC/GE ThingWorx for Predix:
Predix上のカスタムアプリ開発をThingWorxで迅速化――IIoT市場で関係強化
米PTCは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の年次カンファレンスにおいて、2015年に締結した両社の戦略的アライアンスを拡大し、IIoT市場に統合ソリューションを提供していく計画を発表した。(2016/12/1)

事例で見るVRの訴求効果 前編:
「360度コンテンツ」「VR体験」を広告コミュニケーションにどう活用するか
「VR元年」といわれた2016年。広告コミュニケーションの領域にVRを活用しようという機運が高まっている。その具体的な方法を事例とともに紹介する。(2016/12/2)

VRアダルトゲーム「VRカノジョ」のスマホ向け無料デモコンテンツ「ARカノジョ」登場
VR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」の無料デモコンテンツとして、スマートフォンのカメラで撮影した映像にキャラクターを重ねて遊べる「ARカノジョ」が登場。(2016/11/30)

「ホログラフィック」と本当に名乗っていいの? 米MS担当に聞く「HoloLens」命名の理由
「HoloLensって本当にホログラムなの?」「視野角の狭さは?」「日本の開発者に期待することは?」――来日した米MicrosoftのHoloLens担当者に数々の疑問を聞いてみた。(2016/11/30)

インターシル ISL9238/ISL9238A:
OTG対応のType-C昇降圧バッテリーチャージャー
インターシルは2016年11月、モバイル機器向けにUSB Type-C昇降圧バッテリーチャージャー「ISL9238」「ISL9238A」を発表した。USB3.1 On-The-Go機能に対応し、USB Type-Cポートからスマートフォンなどの外部機器へも充電できるという。(2016/11/30)

Enterprise IT Kaleidoscope:
次期Windows 10のCreators Update 3D機能は企業にメリットあり?
Windows 10の次期アップデート「Creators Update」の新機能は一見企業ユースとは無縁だが、意外な可能性を秘めるかもしれない。2017年の展望も占ってみたい。(2016/11/30)

ASKA容疑者「ギフハブという組織にARで監視されている」……逮捕直前の会話を「ミヤネ屋」が公開
覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたASKA容疑者について、逮捕直前に「情報ライブ ミヤネ屋」で司会の宮根誠司や芸能リポーターの井上公造氏と交わした全通話が番組内で公開された。(2016/11/29)

ライバルはVR路線:
任天堂スイッチ、チラ見せ動画で全容見えず
任天堂が2017年3月に発売する新型ゲーム機「Nintendo Switch」。全容はまだ明らかにされておらず、発売までに任天堂が何を仕掛けてくるのか注目が集まっている。(2016/11/29)

【対談】Fusion 360エバンジェリスト×AR/VRプログラマー:
PR:3D CADとAR/VRの融合で加速するモノ作り
AR/VRのトレンドは、ゲームや映像コンテンツのみならず、モノ作りにも大きな影響を与えつつある。この対談ではオートデスクFusion 360エバンジェリストの藤村祐爾氏、AR/VRの最新動向に詳しいプログラマーである中村薫氏が、3D CADとAR/VRの連携により製造業がどのように変わっていこうとしているのかを語る。(2016/11/29)

Autodesk University 2016:
設計や製造でVRを使いこなせ、オートデスクが4種の体験型デモでアピール
Autodesk(オートデスク)は、ユーザーイベント「Autodesk University 2016」の展示会場で、製品設計や製造プロセスといったエンジニアリングにVR(仮想現実)を生かすための体験型デモンストレーションを実施した。(2016/11/28)

SEMIジャパン代表に聞く:
「地図はここに」 40周年SEMICONが魅せる世界
マイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2016」(2016年12月14〜16日/東京ビッグサイト)は、2016年の開催で40周年を迎える。主催者であるSEMIジャパンの代表を務める中村修氏に、その見どころなどについて聞いた。(2016/11/25)

Autodesk University 2016:
ミスター・スポックからカーク船長になったAIは「脅威ではなく利用すべきもの」
Autodesk(オートデスク)のユーザーイベント「Autodesk University 2016」の基調講演に、同社CEOのカール・バス氏とCTOのジェフ・コヴァルスキ氏が登壇。機械学習に代表される人工知能や、同社が注力している「ジェネレーティブデザイン」、VR、ロボットなどの最新技術が、設計/エンジニアリングにどのような影響を与えるかについて語った。(2016/11/25)

ネット黎明期に大人気:
20周年迎える「PostPet」、新作はVR
愛玩電子メールソフト「PostPet」が来年20周年を迎える。(2016/11/24)

特集:成熟するOpenStack、企業における利用の現場(3):
フォルクスワーゲンのOpenStackプライベートクラウド、究極の目的とは
ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン・グループ(VWグループ)がOpenStackに基づくプライベートクラウドへの取り組みを拡大している。究極の目的は何なのか。OpenStack Summitにおける同社の講演をまとめ、何を目指しているのかを探った。(2016/11/24)

VRでヒット「女子高生の家庭教師」体験ソフトで見えた新技術の方向性とは
VRを体験できる端末の本命として10月に発売された「プレイステーション(PS)VR」対応ソフトの中で、あるゲームのヒットが業界で話題になっている。(2016/11/18)

女子高生と“目が合う”――PS VRで「家庭教師」体験 「サマーレッスン」ヒットから見えたVRの可能性とは
PS VR用ゲーム「サマーレッスン」では何と、プレーヤーは家庭教師となり、「女子高生の部屋」を訪れる。開発者に誕生の経緯を聞き、このゲームが指し示すVRの可能性を探った。(2016/11/18)

壁の向こうを透視できる世界が実現するかも
ARは「Pokemon GO」だけではない、驚きをもたらすAR活用事例とは
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」によって、拡張現実(AR)が世の中に広く認知されるようになった。ビジネスでは、AR技術をどのように活用されているのかを紹介する。(2016/11/17)

山本弘の「今、ここにある未来」:
戦争に行かなかったロボット
SFでロボットというと、すぐにアイザック・アシモフの作品が思い浮かびますが、現代では時代遅れ? 非アシモフ的なロボットの話はないのかというと、ちゃんとあるんですね。しかもアシモフより前に。今回はそんなお話。(2016/11/16)

製造マネジメントニュース:
2017年の戦略的テクノロジー・トレンドのトップ10を発表
ガートナーは、2017年に企業や組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられるテクノロジー・トレンドのトップ10を発表した。高度な機械学習とAI、インテリジェントなアプリやモノなどが挙げられている。(2016/11/16)

VRニュース:
VR空間での“ワイガヤ”設計レビューが合理化で失われた設計情報の共有を可能に
サイバネットシステムは、VR(仮想現実)を用いた設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の販売を開始した。3D CADツールやCAEツールの導入/普及に合わせて進んだ合理化によって失われた、設計業務におけるノウハウやちょっとしたコツなどの情報共有を可能にする「ワイガヤ設計レビュー」をコンセプトに開発された。(2016/11/15)

3DやInFOで微細化を補う:
ムーアの法則の“新たな意味”とは
台湾半導体産業協会の専門家は、今後ムーアの法則は、「半導体の集積率の向上」というよりも、より実質的な意味を持つようになると指摘する。3次元構造やTSMCの「InFO」のようなパッケージング技術によって性能の向上を図っていくというものである。(2016/11/14)

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

実演デモも展示:
4K HEVC対応コーデックLSIなどを開発
ソシオネクストは、4K/8K映像配信機器向けの映像信号処理LSIやソリューションを発表した。これら専用LSIと組み合わせ、次世代のハイブリッドコーデック技術に対応するためのマルチコアプロセッサも開発中である。(2016/11/11)

建設×VR:
いまさら聞けないVRの基礎ーー2D/3Dとの関係性
建築土木分野での活用が広がっているVR(バーチャルリアリティ)技術。一方、そもそものVRのやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の仕組み、これらを活用してくいく上での注意点などについては、意外と知られていないのではないだろうか。本稿ではこうしたVRの基礎的な部分について解説する。(2016/11/10)

「なまはげ」×最新テクノロジー 日本文化を伝える新プロジェクト
電通国際情報サービスが、IoTやVRなどのテクノロジーを活用して日本の文化を再解釈し、国内外に発信するプロジェクトを開始した。「なまはげ」を題材とした映像作品が第1弾となる。(2016/11/9)

純粋な金銭的動機:
Lattice、投資ファンドが13億ドルで買収へ
FPGAベンダーであるLattice Semiconductor(ラティス セミコンダクター)が、投資ファンドに買収されることで合意したと発表した。(2016/11/7)

i.MX8はどうなる?:
QualcommのNXP買収、業界に及ぼす影響(後編)
後編となる今回は、NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)の「i.MX8」アーキテクチャや、プロセス技術、マシンビジョンなどの側面から、今回の買収による影響を掘り下げる。(2016/11/7)

カラオケ市場が再び成長中、それでもシダックスは2期連続の最終赤字に
今週半ば、カラオケチェーン大手のシダックスが業績予想の下方修正を発表。17年3月期通期は33億円の赤字になる見通しだ。これで最終赤字は2期連続。店舗を大量閉鎖するなど収益改善に躍起になっているが……。(2016/11/5)

Windows 10次期更新と同時に登場か
「Surface Pro 5」の発売は2017年春? 気になるうわさをまとめた
Windows搭載2-in-1デバイスの最右翼とも目される「Surface Pro」シリーズ。その最新版の発売はいつになるのか。うわさを基に検証する。(2016/11/5)

視線追跡型VR HMD「FOVE 0」先行予約スタート アスナが照れるも怒るも視線次第なSAOコラボも
視線追跡機能を持つVR HMD「FOVE 0」の先行予約がスタート。価格は599ドルで、1月から順次発送する。(2016/11/4)

「PlayStation VR」はVR界のファミコン的存在か?
VRデバイスに早くから注目してきたVRアプリ開発者が、「PlayStation VR」のメリット、デメリット、そして今後の展望について語ります。(2016/11/3)

VRで江戸時代の景色を楽しめる「タイムスリップタクシー」が登場
日の丸リムジンは、VR技術を活用して江戸時代の街並みを鑑賞できるツアー形式のサービス「タイムスリップタクシー」の開始を発表した。(2016/11/2)

電通、VRビジネス開発専門の新組織を発足
電通は、幅広い業界へのVRビジネス導入に重点的に取り組むグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を発足する。(2016/11/2)

GoogleのVR HMD「Daydream View」、11月10日に5カ国で発売へ
GoogleのVRヘッドセット「DayDream View」が11月10日に米、英、独、加、豪で発売される。(2016/11/2)

マイクロソフトのメガネ型デバイス「HoloLens」が日本でも提供へ 2016年内にプレオーダーを開始
ついに日本にも「複合現実」の未来が。(2016/11/1)

Microsoft、AR HMD「HoloLens」の日本への提供を発表
日本マイクロソフトは、AR(拡張現実)対応のヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を日本の開発者と法人向けに提供することを発表した。(2016/11/1)

機械学習、AI、ブロックチェーン、デジタルツイン、アダプティブセキュリティ……:
「2017年に注目すべき技術トレンド」トップ10、ガートナーが発表
ガートナーが、2017年に企業や組織が戦略的に取り組むべきとする「技術トレンドワード」のトップ10を発表。「機械学習と人工知能(AI)」や「仮想現実(VR)と拡張現実(AR)」「ブロックチェーンと分散型台帳」「アダプティブセキュリティアーキテクチャ」などが挙げられている。(2016/11/1)

連結業績予想の修正も:
TDK、為替影響受けるもHDD堅調などで3.8%増益
TDKは2016年10月31日、東京都内で2017年3月期上半期(4〜9月)における決算発表を行った。(2016/11/1)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第525話 VR元年
いよいよVR(仮想現実)が本格普及の段階を迎えたようですね。この日がくることをどれだけ心待ちにしていたか分かりません……(2016/11/1)

Gartnerが発表:
2017年の「戦略的テクノロジートレンド」トップ10は?
米Gartnerが恒例の戦略的テクノロジートレンドを発表。2017年のトップ10とは?(2016/10/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。