ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「WebSphere」最新記事一覧

Database Watch(2016年6月版):
データベースから「データ」に目を向け始めたIBM
「IBM DB2」最新版のリリースと前後し、最近、IBMの主眼がデータベース製品から「データそのもの」に軸足を移してきている。今回はこの重要な“変化”に目を向けて、その動きや狙いを確認する。(2016/6/28)

IBM IoT for Automotive:
ホンダがF1カー向けパワーユニットの解析基盤にIBMのIoTソリューションを採用
ホンダのF1レースカー向けパワーユニットのレーシングデータ解析システム基盤に、IBMの自動車業界向けソリューション「IoT for Automotive」が採用されている。(2016/2/25)

IBM InterConnect 2016 Report:
ブロックチェーンが抱える課題と可能性とは? IBMフェローに聞く
金融取引の仕組みを大きく変えるとして注目される「ブロックチェーン」に米IBMも本格進出を始めた。同社における取り組みやその狙いとは何か。(2016/2/25)

IBM InterConnect 2016 Report:
IBMのWatson、口ベタな人のお見合い成功率アップにも使用可能に
IBMの「InterConnect 2016」は2日目を迎え、同社のクラウドやWatsonを利用するためのAPIを駆使して既成概念にとらわれないビジネスを展開するユーザー企業事例が多数登場した。(2016/2/24)

API Connectは3月提供開始:
米IBM、「全てがAPIでつながる世界」へ向けた新サービスを紹介
米IBMは2016年2月23日(米国時間)、米ラスベガスで開催中のIBM InterConnect 2016の基調講演で、一般企業がAPIを通じて、同社の多様なサービス群および他社サービスを活用し、革新的なアプリケーションを構築できるようにするための取り組みを紹介した。(2016/2/24)

モータースポーツ:
ホンダのF1パワーユニットが「IoT」に、IBMが協力
日本IBMは、同社の自動車業界向けソリューション「IoT for Automotive」が、ホンダのF1レースカー向けパワーユニットのレーシングデータ解析システム基盤に採用されていることを明らかにした。(2016/2/24)

IBM InterConnect 2016 Report:
ホンダのF1復活への布石、データでIBMと組む理由とは?
2015年にパワーサプライヤーとしてF1に復帰したホンダ。年々厳しくなるF1のルールに対応すべく、日本IBMとデータ分析システムを構築した。開幕が近づく2016年シーズンに向けた取り組みを聞く。(2016/2/23)

IBM InterConnect 2016 Report:
IBMとVMwareとAppleが一堂に会する意味――AWS対抗に変化
IBMがモバイルやクラウドの最新施策を明らかにする「InterConnect 2016」が開幕した。ラスベガスの会場にはVMwareとAppleも一堂に会し、IBMのクラウド/モバイルが企業ITに与える未来像を示した。(2016/2/23)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年11月版:
「Anonymousがあの組織に攻撃宣言」「俺たちが善玉ハッカーだ」――11月のセキュリティクラスターを振り返る
2015年11月はAnonymousによるISへの「攻撃宣言」が大きな話題となりました。そして、「ハッカー」の呼称に関する議論がまたしても……。(2015/12/14)

Apache Commonsライブラリの脆弱性問題、Oracleなどが対応表明
OracleはWebLogic Serverの脆弱性に関するセキュリティ情報を公開し、当面の回避策を紹介した。(2015/11/13)

Javaライブラリに脆弱性、主要ミドルウェア全てに影響
WebLogic、WebSphere、JBoss、Jenkins、OpenNMSのそれぞれについて、いずれも最新版でこの脆弱性を突いてリモートでコードを実行できるコンセプト実証コードも公開された。(2015/11/10)

編集部で徹底調査:
PR:APサーバー再起動やログファイル追跡が不要に? Java開発者の待ち時間をなくしてデバッグに必要な情報をすぐ取り出せる2つのツールの即効性
Java開発現場に即効性があるツールが登場した。「JRebel」はアプリケーションサーバーの再起動を待つ時間をなくしてくれる。「XRebel」はJavaアプリケーションのログファイルを解読しなくても、デバッグに必要な情報をすぐに取り出せる。この両ツールの使い勝手を見ていこう。(2015/7/24)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(1):
Strutsを使い続けることの問題点&現在有力なJava EE、Spring、Play Frameworkの基礎知識とアーキテクチャ
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。初回は、Strutsを使い続けることの問題点と3つの概要、アーキテクチャ、使い分けについて。(2015/7/2)

OpenShift Enterprise 3を発表:
DockerでPaaSは離陸し、「分散アプリケーションシステム」に進化する、米レッドハット
米レッドハットは、2015年6月に開催したRed Hat Summit 2015で、DockerとKubernetesに基づくPaaS基盤の最新リリースである「OpenShift 3」のオンプレミス運用版、「OpenShift Entterprise 3」を発表した。同社は、Dockerによって一般企業によるPaaSの利用が拡大しつつある、同社の製品はさらにその次を目指すという。(2015/6/29)

八十二銀行、内外の仕事環境を切り替えるシステムを導入
銀行の外でも安全に仕事をするための環境をどう提供しているのか――。(2015/5/26)

市民サービスの向上へつなぐIT:
「ほめる」も意欲に 尼崎市のITシステム「ススムくん」がもたらすこと
人事評価は、年一回の手書き書類で──。尼崎市が、このような体制だった職員の人事評価方法を大きく刷新。「ススムくん」と呼ぶ公務員向けWeb型人事評価システムを導入した。(2015/2/26)

IBM InterConnect 2015 Report:
iPadでさらなる「おもてなし」、資生堂のデジタル化戦略とは?
ラスベガスのInterConnect 2015カンファレンスは2日目を迎え、資生堂の「ビューティータブレット」活用事例が紹介された。日々顧客と接するビューティーコンサルタントは、資生堂ブランドを顧客に伝え、その満足度を高める大切な役割を担っている。(2015/2/25)

徹底解説! ITアーキテクトとは何か?(4):
システム間連携のアーキテクチャ、4つの基本パターンと正しい適用のポイント
ITアーキテクトの役割を、具体的かつ分かりやすく解説する本連載。今回は一連の業務処理遂行のために、複数のシステムを連携させ機能を組み合わせていく「システム間連携」の処理方式を徹底解説する。(2015/2/3)

非IT企業がエコシステムを築くために効果的な方法:
PR:API公開からビジネス創出まで包括的にサポートする「APIマネジメント」とは
日本の非IT企業も欧米企業と戦うためにはエコシステムを築く必要がある。そのための効果的な方法がAPI公開からビジネス創出まで包括的にサポートする「APIマネジメント」だ。本稿では、APIマネジメントの市場をリードするIBMに欧米で非IT企業がAPIを公開する理由と事例、APIを公開する際の課題、製品の優位点などを伺った。(2015/1/21)

モバイルとの親和性も強化
クラウド時代のメインフレーム延命術とは?
メインフレーム処理とインターネットアプリケーションを連係させる新しい方法を提供するIBMの「z/OS Connect」。どのような機能を持つのか、既存ソフトウェアとどう重複しているのかを見てみよう。(2015/1/6)

5分で絶対に分かるAPIマネジメント、API経済圏
「API管理」の概要と必要性、技術構成、主要ベンダーなどについて解説。さらに、今注目される「API」の概要と、SOAとの違い、APIの公開における4者の役割と課題、今後どうなるのかについても紹介する。(2014/12/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
“7000円台”のWindowsタブレットが米国で発売!――Microsoftは何で収益を上げるのか?
年末商戦まっただ中。「ゼロ円Windows戦略」で追い上げを図るMicrosoftだが、米国ではついに59.99ドルの7型Windowsタブレットが登場した。Windowsを一部で無料化して、Microsoftは何で収益を上げていくのか、同社の新しい戦略を追う。(2014/12/10)

Dropbox、企業向けAPIを公開──IBMやDellのツールが利用可能に
Dropboxが「ビジネス向けDropbox」とサードパーティー製ツールを接続するための「Dropbox for Business API」を正式発表。IBMやMicrosoft、Autodeskなどの30万本以上のアプリが既に対応している。(2014/12/4)

The Microsoft Conference 2014レポート:
マイクロソフトとIBM、クラウドで提携
MicrosoftとIBMが、クラウドでの提携を発表。それぞれのエンタープライズソフトウェアをMicrosoft Azure、IBMクラウドそれぞれのクラウドプラットフォームで使えるようにする。(2014/10/23)

日本IBMがPaaS展開をアップデート、アプリ開発の新形態を促す
オンプレミスとクラウドの両面からPaaSを推進する日本IBMが直近の動向を説明した。アジャイル型のアプリケーション開発の普及を一段と加速させたい考えだ。(2014/8/28)

開発と運用、もう仲が悪いとは言わせない:
DevOpsを支援する継続的デリバリー支援ツール
CA Technologiesが継続的デリバリー支援ツール「CA LISA Release Automation」を出荷。企業のDevOps推進を支援する姿勢をより強くした。(2014/6/5)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaS導入成功のカギは、専門家の活用
社内にSaaSに関する専門知識がなくても、適切なサービス事業者の支援を得ることでSaaSから最大限の価値を引き出すことができる。(2014/5/30)

IBM Software Xcite Spring 2014 Report:
オープンPaaSがソフトウェアにもたらす無限の可能性――IBMがBlueMixを推す理由
IBMは2月に立ち上げたPaaS「BlueMix」の訴求に世界規模で注力している。同社がPaaSで目指すものとは何かを、クラウドパフォーマンスCTOのアンドリュー・ヘイトリー氏に尋ねた。(2014/5/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaSとオンプレミスシステムの統合が直面する課題とは?
クラウドが発展を続ける中で、CIOはクラウドベース製品とオンプレミスシステムとの親和性に目を向ける必要がある。(2014/5/15)

IBM Impact 2014 Report:
モバイル+クラウドでビジネスはどう変わる? 先進企業が事例披露
約9000人が出席する「IBM Impact 2014」が開幕。モバイルや同社が2月に発表したβ版PaaSの「IBM BlueMix」を利用して新ビジネスに挑戦する企業の取り組みが紹介された。(2014/4/30)

モバイルアプリ、Hadoop、Flashストレージ……:
IBMがSytem zメインフレーム環境を「現代化」する製品群を発表
米IBMが、System z資産を活用するための周辺製品群をまとめて発表。現代的な環境を提供する。(2014/4/11)

PR:新規ビジネス創出を加速するIoT時代に最適化したプロトコルとアプライアンス
ITの技術革新が急速な進展を見せる中、モノとモノとのデータ通信が活気を帯びている。いわゆる「Internet of Things」や「M2M」の時代が本格的に到来しつつある。こうした中、競争力強化に向け、既存システムとM2Mテクノロジーとの連携に多くの企業が本腰を入れ始めた。ただし、M2Mは無数のデバイスが多頻度で通信するため、一般的な通信プロトコルであるHTTPでは課題が多い。そこで今、新時代の通信プロコトルとして脚光を集めているのが「MQTT」であり、その利用を後押しすべくIBMが専用アプライアンス製品の提供に乗り出した。(2014/2/24)

IBM、開発者向けプラットフォームをクラウドで無償提供
IBMは、開発者向けにPower Systemsサーバのクラウドを無償提供する。ビッグデータやモバイル関連のアプリケーション開発者を支援し開発スピードの向上を目指す。(2014/2/17)

「俺たちのJavaは、まだまだこれからだ」未来の鍵はInternet of Thingsにあり?〜JavaOne 2013まとめレポート(前編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013がサンフランシスコで9月22〜26日に開催された。3つの基調講演、そして400を超えるセッションが行われるなど、圧巻のボリュームは、まさに「Java開発者の祭典」といえる。基調講演と主なセッション、全体の雰囲気を前中後編に分けてレポートする。(2013/10/10)

ホワイトペーパー:
Webアプリのパフォーマンス管理とトラブル対応工数を劇的に短縮する方法
Webサービスはもはや止まることが許されない重要な顧客窓口だ。24時間365日のパフォーマンス管理、トラブルシューティングの対応時間や工数といった課題を解決しなければ、顧客を逃す致命的な失敗を招きかねない。(2013/10/2)

Server & Storageイベントレポート:
IT環境の変化を先取りする企業事例とIBMのねらい
モバイル・ビッグデータ・ソーシャルネットワーク……、そして史上最速の対応スピードを求められる世界。企業を取り巻くIT環境の変化に、IBMはどのような対応を提案している?(2013/8/7)

「デジタル化」で拍車がかかる顧客接点の争奪戦、それを勝ち抜くためのITインフラとは?
ビジネスのデジタル化に伴って、情報システム部門への期待は、いやがうえにも高まっているが、取引を処理し、確実に記録してきた従来の情報システムとは大きく異なる要件が求められるだけに厄介だ。一斉に始まった顧客接点争奪戦を勝ち抜くためのITインフラとは?(2013/7/31)

「オープン」以外の背景は何か:
MongoDBとIBMのオープンソース戦略
IBMの、オープンソースプロジェクトとの連携に関する発表が、2013年に入って目立つようになってきた。IBMは「ベンダロックインを防ぎ、顧客に選択肢を与える」と繰り返しているが、その裏にはどのような動機があるのか。MongoDBの10genとの提携を例に、これを探る。(2013/7/29)

Cloud Foundryでの「オープン・クラウド・イノベーション」加速を目指す――IBMとPivotal
IBMとPivotalは、オープンPaaSの「Cloud Foundry」におけるプラットフォームの開発とCloud Foundry向けオープン・ガバナンス・モデルの構築に向けて協力を表明した。(2013/7/26)

エンタープライズDevOps製品:
日本IBMがUrbanCode製品の日本国内展開をスタート
UrbanCodeが日本国内で正式展開に。IBMが示すDevOps像の中でも、デプロイ期間短縮と併せて運用品質を担保する道具が加わることになる。(2013/7/11)

PR:企業のモバイル活用を促進、アプリ開発から分析まで全ライフサイクルを支える新基盤とは
スマートフォンの急速な普及を受け、企業が自社のビジネスに活用するなどの動きも広がっている。ただし、そのためのシステムにまつわる開発、管理、運用コストや、デプロイ後のワークロード、セキュリティ対策など、数多くの負担が継続的にIT担当者にのしかかっている。これらの解決手段として脚光を浴びつつあるのが「MEAP(Mobile Enterprise Application Platform)」というアプローチだ。その実践のために日本IBMが提供する企業向けモバイルアプリケーション統合プラットフォーム「IBM Worklight」を紹介しよう。(2013/6/28)

大量の情報を安全確実に送受信するアプライアンス製品も用意:
日本IBM、モバイル端末向けアプリケーション開発・運用環境の機能向上
日本IBMは、モバイル端末に向けたアプリケーションの開発や管理、運用を支援する製品群「IBM MobileFirst」の新製品「Worklight V6.0」と「Business Process Manager V8.5」、「MessageSight」の3製品を発売すると発表した。(2013/6/13)

モバイルデバイスの能力を引き出すアプリ活用環境を強化 日本IBM
日本IBMは開発ツールやビジネスプロセス管理製品におけるモバイル対応を一層強化した。また、大量のデバイスと双方向のメッセージを可能にする新製品も投入する。(2013/6/13)

エンタープライズ向けWebアプリケーション実行環境の機能を強化:
IBM WebSphere Application Serverの最新版となるV8.5.5を発表
WebSphereの新版がリリースされる。従来、個別に提供してきた機能を統合し、使い勝手を向上、Webアプリケーションサーバに求められる信頼性を向上している。(2013/6/5)

スマーター コマース イニシアチブ:
アウトドア小売りのMoosejaw、IBMのソリューションで店舗/モバイルを融合し、売り上げを拡大
米IBM Corporationは5月10日、アウトドア製品小売を営むMoosejaw Mountaineering(以下Moosejaw社)が、IBMのマーケティングソリューション「スマーター コマース イニシアチブ」により、モバイルコマースおよびソーシャルビジネス事業の拡大を実現したと発表した。(2013/5/14)

IBM Impact 2013 Report:
Fordの走るデータセンター? モバイルで顧客体験を変革へ
ラスベガスで開幕した「IBM Impact 2013」には8000人を超える顧客らが集まった。初日のジェネラルセッションには単にエンジンの性能や走りを追及するメカニカルな思考から脱し、モビリティで顧客との緊密なつながりに新たな可能性を見出そうとしているFordが登場した。(2013/4/30)

顧客の行動特性に合わせる:
日本IBM、モバイルストア/ソーシャルメディア/O2Oに対応したeコマース統合プラットフォーム「WebSphere Commerce V7.0 Feature Pack 6.0」を発表
日本IBMは4月9日、モバイル・ソーシャルネットワーク時代のeコマース構築に向けた統合プラットフォーム「IBMR WebSphere Commerce V7.0 Feature Pack 6.0(V7FEP6)」を発表した。(2013/4/10)

モバイルやソーシャルに対応、e-コマース統合プラットフォームをIBMが発売
日本IBMが「IBM WebSphere Commerce V7.0 Feature Pack 6.0」を発表。モバイル機能やソーシャルメディアとの連携機能を実装し、e-コマースための統合プラットフォーム基盤を提供する。(2013/4/9)

インフラ基盤を作り込む時代は終わった
情報システムは分散から再び垂直統合にトレンドが移りつつある。その急先鋒の1社、IBMが語る垂直統合システムの利点とは――。(2013/3/14)

ミスキャンがカリスマITマネジャーに突撃!:
PR:「遊び心は忘れない」――Amebaサービスを支えるインフラ責任者の横顔
「アメーバピグやアメブロなどのシステム担当者ってどんな人!?」。上智大学の準ミスキャンパスである細野さんが、サイバーエージェント Amebaサービスのインフラ全体を統括する怡土氏に仕事ぶりなどを聞いた。(2013/3/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。