ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Presentation Foundation」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
WPF入門 − @IT

特集:マイクロソフトテクノロジーの現在と未来:
Windows 10 Fall Creators Updateで導入された「Fluent Design System」の4つの機能とは?
Windows 10 Fall Creators Updateで導入された新たなデザイン体系であるFluent Design SystemによりアプリのUIはどう変わるのか。その概要を見てみよう。(2017/11/17)

.NET TIPS:
[WPF/UWP]ListView内のTextBoxがクリックされたときに選択項目を切り替えるには?
ListViewに配置したTextBoxやButtonがクリックされたときに、選択状態を変更するにはトリガーを使用する方法と、GotFocusイベントを使用する方法がある。(2017/11/15)

.NET TIPS:
[WPF/UWP]列挙型をComboBoxにバインドするには?
ComboBoxに列挙型をバインドして、列挙値に応じたテキストを表示し、選択された項目を取得する方法を説明。カスタムコントロールを使う方法やUWPでの注意点も取り上げる。(2017/11/8)

Dev Basics/Keyword:
Avalonia
Avaloniaは、クロスプラットフォームで動作するXAMLベースのUIフレームワーク。Windows、macOS、Linux、iOS、Androidをサポートする。(2017/10/17)

.NET TIPS:
文字列にエスケープ文字を埋め込むには?[C#/VB/WPF]
エスケープ文字を使って、文字列中に改行文字などの特殊文字や変数の値などを埋め込む方法を、C#/Visual Basic/XAMLごとに説明する。(2017/9/27)

Windows 10 Fall Creators Updateに向けたアプリ開発機能を強化:
Microsoft、「Visual Studio 2017 バージョン 15.4 Preview」を公開
Microsoftが「Visual Studio 2017 バージョン 15.4 Preview」を公開。Windows 10 Fall Creators UpdateをターゲットにしたUWPアプリ/マルチプラットフォーム対応アプリ開発者を支援する機能が強化されている。(2017/8/29)

特集:Microsoftテクノロジーの現在と未来:
XAML Standardとは
XAMLはさまざまなプラットフォームでUIを記述するのに使われ、さまざまな方言を生み出してきた。これを統一しようというのが、XAML Standardが目指すところだ。(2017/8/25)

特集:Visual Studioで始めるリファクタリング:
前編 リファクタリングとVisual Studio
リファクタリングとは何か、リファクタリングを効率的かつ安全に行うためにVisual Studio 2017が提供している支援機能の概要を見ていこう。(2017/8/9)

特集:C# 7の新機能詳説:
第3回 型による分岐の改良
変数の型によって処理を分岐したり、その際にキャストをしたりするのは、多くのプログラミング言語でよく行われることだ。C# 7ではこれをとても簡潔に記述できる。(2017/8/2)

「Fate/Grand Order」第6章が舞台化! 本当に3時間で足りるのか、ゲネプロを見てきた
ロマニまじか……。(2017/7/14)

.NET TIPS:
ループをParallelクラスで並列処理にするには?[C#/VB]
Parallelクラスを使って、複数の処理を並列に実行する方法を解説する。また、PLINQを使ったコード例や例外処理を行う上での注意点なども取り上げる。(2017/6/21)

認識系API活用入門(5):
画像/動画認識のComputer Vision APIをOCRとして使うには? フォントごとの精度は?
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Computer Vision APIの概要と使い方を解説し、OCR機能について、日本語/英語、フォントごとの精度の違いを検証する。(2017/6/15)

.NET TIPS:
メソッドを呼び出すときに名前付き引数を使うには?[C#/VB]
名前付き引数を使用すると、メソッド呼び出し時に順不同で特定の引数だけを指定できる。多数のオプション引数を持つメソッドを呼び出す場合には、とりわけ役に立つ。(2017/6/14)

.NET TIPS:
オプション引数が使えるメソッドを作るには?[C#/VB]
メソッド呼び出し時に引数を省略できるようにするには、その引数をオプション引数とするか、メソッドをオーバーロードする。それらの方法と注意点を解説する。(2017/6/7)

アナログ回路設計講座(11):
PR:Avalonバスでの通信 ―― 簡略型FPGAインタフェース
数種類の組み込みプロセッサを使用する昨今のFPGAデザインでは、Avalon Memory Mapped(MM)バスを介して周辺デバイスと接続する手法が用いられる。しかし、プログラミングに高度な知識、ノウハウが必要になり、特にハードウェアエンジニアには課題だ。そこで今回は、組み込みプロセッサに全く触れずに、PLLの周波数やDACの電圧設定などが行える方法を紹介する。(2017/6/1)

認識系API活用入門(4):
音声→テキスト変換のSpeech Recognition APIの使い方と、2017年4月におけるWatson、Google Cloud Speech APIとの違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Speech Recognition APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを3パターンで検証する。(2017/5/10)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第1回 Visual Studio 2017って何ができるの?
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための定番連載をVisual Studio 2017に合わせて改訂。(2017/4/10)

認識系API活用入門(3):
テキスト→音声変換の「Text To Speech API」の使い方と、2017年3月現在のWatsonとの違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Text To Speech APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを4パターンで検証する。(2017/4/5)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

認識系API活用入門(2):
翻訳系API「Translator API」の使い方と2017年2月現在のWatson、Google翻訳との違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Translator APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを5パターンで検証する。(2017/3/2)

.NET TIPS:
構文:キャッチした例外をリスローするには?[C#/VB]
例外の処理時には何らかの理由で、キャッチした例外をリスローしなければならないときがある。C#やVBでこれを適切に行う方法を解説する。(2017/1/11)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:Gridコントロールを分割するには?
Xamarin.FormsのGridコントロールのRowDefinitions/ColumnDefinitionsプロパティを用いて、画面をどう分割するかを指定する方法を解説する。(2016/12/14)

特集:Xamarin+Visual Studioで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第2回:Xamarin.FormsとネイティブUI
Xamarinでは画面を作成するのにXamarin.FormsとネイティブUIの2つの方法がある。それぞれの方法で簡単なアプリを作ってみよう。(2016/11/2)

何てかわいい猫ちゃんニャ! 二階堂ふみ&松岡茉優の猫耳姿にファン「神コンビですわ」
黒猫白猫お好みで。(2016/10/18)

特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第1回:Xamarinでアプリを作ろう
Visual StudioとXamarinでクロスプラットフォーム開発を始めよう! 今回はXamarinの概要について見た後、Hello Worldプログラムを作成する。(2016/9/23)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:URLを指定して画像を表示するには?
Xamarin.FormsアプリではImageコントロールのSourceプロパティを使用することで、URLを指定して画像を表示できる。(2016/9/21)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(14):
FPGAソフトコアCPUにおける最適化を検証する
MAX10搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」でソフトコアCPU「NIOS II」を利用する際、最適化しないことを推奨されるが、設定自体は施せる。では最適化すると速くなるのか?有償版も含めて検証する。(2016/9/16)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:コントロールを等間隔に配置するには?
Xamarin.Formsアプリでは、StackLayout/Gridコントロールとそれらのプロパティを使うことで、とても簡単にコントロールを等間隔に配置できる。(2016/9/14)

PR:「MAX 10 NEEK」でストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第11回、「MAX 10 NEEKでストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する」のソースコード(List 1〜4)です。(2016/9/9)

PR:「MAX 10 NEEK」へソフトコアCPUを組み込む(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第9回、「MAX 10 NEEKへソフトコアCPUを組み込む」のソースコードです。(2016/9/9)

PR:FPGA上でソフトコアCPUを動かす手引き(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第6回、「FPGA上でソフトコアCPUを動かす手引き」のソースコードです。(2016/9/9)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:文字列の一部に色やスタイルを指定するには?
Xamarin.Formsアプリで表示している文字列中で色やスタイルを変更するには、LabelコントロールのFormattedTextプロパティを使用するとよい。(2016/9/7)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:プラットフォームに合わせた改行文字列を使うには?
Xamarin.Formsでは、プラットフォームごとに異なる改行文字列を統一的に扱うためにEnvironment.NewLineプロパティを利用できる。(2016/8/31)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(13):
FPGAの内蔵温度センサーから値を得る
アルテラのFPGA「MAX 10」には温度センサーが内蔵されており、自身の温度を測定可能だ。メガファンクション「ALTPLL」を使い、内蔵センサーからの値を得るまでを試みる。(2016/8/10)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:プロジェクトにXamlページを追加するには?
Xamarin.FormアプリではXAMLを使用して、画面に表示するページを記述できる。そのページをプロジェクトに追加する方法を解説する。(2016/8/10)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 15 Preview 3の軽量版インストーラーを使ってみる
次期Visual Studioで採用予定の軽量インストーラーはどんなものか、また注目の改善点にどんなものがあるかを紹介する。(2016/8/5)

.NET TIPS:
構文:条件を指定して例外をキャッチするには?[C# 6/VB]
C# 6/VBでは例外処理時に、catch句にwhen句を付加して、例外をキャッチする条件を指定する方法を解説。また、その応用例も紹介する。(2016/8/3)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(12):
オンボードされた温湿度センサーからFPGAで値を得る
FPGA「MAX 10」搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」には各周辺機器が備えられており、そこにはTI製の温湿度センサーも含まれる。サンプルプログラムを元に、オンボードされたデバイスの制御を試みる。(2016/7/26)

.NET TIPS:
構文:文字列にクラス名などを間違えないようにコーディングするには?[C# 6.0]
C# 6で追加されたnameof演算子を使うことで、クラス名/変数名/プロパティ名などを安全に文字列化できる。名前にまつわるバグを減らしてくれるうれしい機能だ。(2016/7/20)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(11):
「MAX 10 NEEK」でストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する
アルテラのFPGA「MAX 10」を搭載した開発ボード「MAX 10 NEEK」にはLEDやフラッシュメモリなどの各周辺機器が備えられている。今回はLEDを使ったストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する。(2016/6/14)

.NET TIPS:
構文:メソッドやプロパティをラムダ式で簡潔に実装するには?[C# 6.0/7.0]
C# 6.0/7.0では、ラムダ式を使ってメソッドやプロパティを簡潔に記述できる。短くて読みやすいコードを記述するにはうってつけの方法だ。(2017/7/5)

新しい軽量インストーラを用意:
マイクロソフト、「Visual Studio "15" Preview 2」を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」の次期バージョンの最新プレビュー「Visual Studio “15” Preview 2」を公開した。(2016/5/13)

特集:フレッシュマン企画:
Insider.NETの歩き方(2016年度版)
新人プログラマーの皆さんを主な対象として、これからプログラミングの世界に飛び込もうという方々の役に立ちそうな記事をピックアップして紹介する。(2016/5/10)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(9):
「MAX 10 NEEK」へソフトコアCPUを組み込む
周辺機器の充実したMAX10搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」に、ソフトコアCPU「NIOS II」を組み込み、ソフトコアCPUからボード搭載LEDの制御までを紹介する。(2016/4/12)

.NET TIPS:
異なるデータ型の値を比較するには?(==と===の違いを理解する)[JavaScript]
JavaScriptで文字列と数値、Booleanと数値、nullとundefinedなど、異なるデータ型の値を比較するには==演算子を使う方法と===演算子を使う方法がある。(2016/3/2)

.NET TIPS:
WPF/UWP:コントロールのエッジをシャープに描画するには?[XAML]
WPFアプリなどではコントロールのエッジがきれいに描画されないことがある。.NET 4で導入されたプロパティを使い、これを修正する方法を紹介する。(2016/2/17)

.NET TIPS:
WPF/UWP:テキストブロックの一部分だけをデータバインディングするには?[XAML]
.NET 4以降のWPF/UWPアプリで、RunコントロールのTextプロパティを使い、テキストの一部の内容だけをユーザーの入力に応じて変更する方法を解説する。(2016/2/10)

.NET TIPS:
WPF/UWP:ラジオボタンを双方向バインディングするには?[C#/VB]
バリューコンバータを使って、ラジオボタン(UI)とロジックの間で双方向データバインディングを行う方法を解説する。(2016/2/3)

.NET TIPS:
WPF:ラジオボタンの選択をバインディングソースに反映させるには?[C#/VB]
WPFアプリで双方向データバインディングを使用して、ラジオボタンの選択状態を反映する方法、その問題点と解決策を解説する。(2016/1/27)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(6):
FPGA上でソフトコアCPUを動かす手引き
これまでFPGAの開発基礎としてLチカなどを紹介してきたが、今回はちょっと目先を変えてFPGA上でのCPUコア動作に取り組む。今回も連載で使う「MAX 10 FPGA 評価キット」の読者プレゼントをご用意。(2016/1/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。