ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX12K」最新記事一覧

携帯電話とPHSのMNP、10月1日に開始――SMSの相互接続も
携帯電話とPHSのMNPが10月1日にスタート。SMSの相互接続も始まる。(2014/9/25)

携帯−PHS間の番号ポータビリティ、10月1日スタート SMSも利用可能に
同じ電話番号のまま携帯電話−PHS間で事業者を乗り換えられる番号ポータビリティ(MNP)が10月1日に始まる。携帯−PHS間でSMSの送受信も可能に。(2014/9/25)

選べる6色! ワイモバイルが折りたたみPHS「CRESTIA 402KC」を発表
ワイモバイルの「CRESTIA 402KC」は、豊富な6色カラーバリエーションをそろえる折りたたみ式PHSだ。防水・防じん・耐衝撃性能も備え、スマホとのBluetooth連携も可能だ。(2014/7/17)

ウィルコム、「だれとでも定額パス WX01TJ」対応スマホに4機種を追加
ウィルコムは3月20日、「だれとでも定額パス WX01TJ」が利用できる対応スマートフォンに、Xperia Z Ultra など4機種を追加した。(2014/3/20)

ウィルコムのBluetooth対応折りたたみケータイ「WX12K」に新色シャンパンゴールド
ウィルコムは3月3日、多機能な折りたたみ式PHS「WX12K」の新色シャンパンゴールドを3月8日に発売すると発表した。一部のウィルコムプラザで、台数限定で取り扱う。(2014/3/3)

2台持ちがさらにはかどる?:
ウィルコム以外のAndroidスマホでも“だれ定”が使える「WX12K」とは
一見、普通の折りたたみケータイに見える京セラの「WX12K」。ウィルコム端末として“だれ定”が利用できるだけでなく、他キャリアのAndroidスマホでも定額通話が利用できる唯一の存在だ。(2014/2/25)

災害用音声お届けサービスがPHSから確認可能に
携帯電話とPHSの事業者6社は、1月29日から「災害用音声お届けサービス」の相互利用を開始する。(2014/1/27)

ウィルコム、「だれとでも定額パス アプリ」対応スマートフォンに5機種を追加
ウィルコムは、12月18日に「だれとでも定額パス アプリ」に対応するスマートフォンとして5機種を追加した。(2013/12/18)

石野純也のMobile Eye(11月11日〜11月22日)その2:
京セラが米国で好調の理由/3万円未満のタブレットで攻めるNEC
今回の「Mobile Eye」2本目では、北米市場でシェアを伸ばしている京セラの戦略と、250グラムの軽量7インチタブレット「LaVie Tab S」を発売したNECのタブレット戦略を取り上げる。(2013/11/24)

ウィルコム、「WX12K」「LIBERIO 2 WX11K」を11月14日に発売
ウィルコムは、だれとでも定額パスに対応した「WX12K」と軽量でストレートタイプの「LIBERIO 2 WX11K」を11月14日に発売する。(2013/11/13)

緊急通報と災害用音声お届けサービスにも対応:
ウィルコム、迷惑電話を判別するサービスなどをPHS向けに提供 11月14日から
ウィルコムは、11月14日から迷惑電話からの着信かどうかを判別するサービスをPHS端末向けに提供する。月額210円で利用可能だ。(2013/11/6)

防水防塵にも対応:
Bluetoothでスマートフォン連携を強化、テザリングにも対応する──「WX12K」
ウィルコムは、11月6日に京セラ製のPHS「WX12K」を発表した。WX9K後継の正統派PHSながら、Bluetooth対応でスマートフォン連携機能を大幅に拡張した。(2013/11/6)

スマホ連携で“2台目”に最適な防水・防塵対応PHS「LIBERIO 2 WX11K」
ウィルコムは、京セラ製端末「LIBERIO 2 WX11K」を11月14日に発売する。防水・防塵・耐衝撃性能を備え、Bluetoothでスマートフォンと連携する機能を搭載した。(2013/11/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。