ニュース
» 2014年01月27日 15時55分 UPDATE

災害用音声お届けサービスがPHSから確認可能に

携帯電話とPHSの事業者6社は、1月29日から「災害用音声お届けサービス」の相互利用を開始する。

[長浜和也,ITmedia]

 携帯電話とPHSの事業者6社は、1月29日から「災害用音声お届けサービス」の相互利用を開始する。

 災害用音声お届けサービスは、大規模災害が発生したときに、音声発信がつながりにくくなった場合に、パケット通信で音声メッセージを届けるサービスだ。2013年4月1日からサービスを開始していて、NTTドコモ、KDDI(含む沖縄セルラー)、ソフトバンクモバイルの携帯電話事業者で相互利用を行っていたが、今後は、イーアクセスとウィルコムでも相互利用が可能になる。

 ただし、今回新規に災害用音声お届けサービスに対応するウィルコムでは、3G回線対応の端末とWX12Kが送受信で利用可能だが、それ以外のPHS端末では受信のみの利用となる。

 なお、災害用音声お届けサービスは、毎月1日と15日、防災週間の8月30日〜9月5日、防災とボランティア週間の1月15日〜1月21日、そして、1月1日12時から1月3日24時に体験サービスを利用できる。

関連キーワード

災害 | PHS | ウィルコム | 防災


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.