ニュース
» 2008年08月25日 16時33分 UPDATE

パナソニック、“BD1枚24時間フルHD”のVHS搭載ブルーレイDIGA

パナソニックが、VHS一体型の“ブルーレイDIGA”「DMR-BR630V」を発売。1枚のBDメディアへ24時間のフルハイビジョン録画が可能で、VHSからBDへのダビングも行える。

[ITmedia]
photo DMR-BR630V

 パナソニックは8月25日、VHS一体型の“ブルーレイDIGA”「DMR-BR630V」を10月1日より販売開始すると発表した。320GバイトのHDDを搭載しており、価格はオープン。実売想定価格は16万円前後。

 同時発表されたHDD/BDモデルの「DMR-BW930」などと同じく、改良されたMPEG-4 AVC/H.264エンコーダーを搭載しており、50Gバイトの2層BDディスクに約24時間のフルHD映像を保存できる(HLモード時)。

 パナソニックハリウッド研究所(PHL)の開発した新「リアルクロマプロセッサ」による高画質化やDeep Color、x.v.Color、Dolby Digital Plus/Dolby TrueHD/DTS-HDといった次世代サラウンドフォーマットなど主な特徴は「DMR-BW930/830/730」とほぼ共通しているが、1080/60pと1080/24pの出力が行えないほか、BD-Liveにも非対応となっている。

 リモコンに設けられた「スタート」ボタンから各操作画面を呼び出せるほか、最大で19チャンネル/12時間の表示を行う「フルハイビジョン番組表」、録画済み番組をサムネイル表示する「プレビューウィンドウ」、フリーワード検索機能など、操作性を高める機能も備えている。VHS一体型のため、VHSテープからBDあるいはDVDへのダビングも行える。

 HDMI-CECの「ビエラリンク」に対応するほか、同社製デジタルビデオカメラで撮影したAVCHD映像の保存/再生も可能。インターネットを利用した動画配信サービス「アクトビラ ビデオ」が利用可能なほか、12月以降に開始される予定のダウンロード型サービスにも対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.