ニュース
» 2015年06月20日 16時00分 UPDATE

東京おもちゃショー2015:40周年を迎えたキキとララで人気が高かった「月のおうち」がついに復活!!――こえだちゃんとのコラボで

2015年、リトルツインスターズのキキとララが40周年を迎える。サンリオではそれを記念して多彩な商品を投入するが、見逃せないのは懐かし製品のアップデート版だ。

[田中宏昌,ITmedia]

 サンリオのキャラクターにおいて、マイメロディやハローキティと並んで長寿を誇るのがリトルツインスターズのキキとララだ。擬人化された双子星で、女の子とララ(姉)と男の子のキキ(弟)という設定だ。1975年に登場した当初は名前がなかったが、サンリオの月刊紙「いちご新聞」(The Strawberry News)で募集したところ、現在まで続く名称が決まった。

 「東京おもちゃショー2015」のタカラトミーブースでは、1978年に発売されて高い人気を集めた「キキ&ララ 月のおうち」が「こえだちゃんシリーズ」として復活、展示されていた。これは40周年を迎えるキキとララが、こえだちゃんとのコラボレーションで実現したものだ。これまで発売されたキキとララ製品の中で、最も再発売の要望が高かったのが、この月のおうちだったという。

ht_lk01.jpg 登場から40周年を迎えたキキとララ ©1976,2015 SANRIO CO.,LTD.APPROVAL NO.S556127

 月のおうちは、月の形をしたカバーを開けると中央にエレベーターを備えた4つの部屋が現れ、カバー裏側が庭になっている。虹のすべり台や星のブランコも忠実に再現されており、セットになっているキキとララだけでなく、こえだちゃんシリーズの家具や人形も一緒に遊ぶことが可能だ。収納時のサイズは、325(幅)×100(奥行き)×290(高さ)ミリ。

 新たに用意された「キキ&ララ 星のバスルーム」は、ラメ入りのバスタブや星のドレッサー、星のトイレ、ルームランプがセットになっている。カバーを閉じると5角形の星形になり、月のおうちに付属している流れ星パーツで連結可能だ。収納時のサイズは、129(幅)×52(奥行き)×140(高さ)ミリ。

ht_lk02.jpg 現代風にアレンジされた上で復活した「月のおうち」(左)と、新たに登場した「星のバスルーム」(右)
ht_lk03.jpg カバーを閉じた状態。それぞれ、月と星型になっている

 今回の復刻版では、現在の安全基準に合わせて材質や構造(リブ構造を導入)を見直すことで強度が増しているという。細かいところでは、門扉が従来の白から半透明のラメ入りピンクになり、キキとララの人形がこえだちゃんに合わせて座れるようになった。

ht_lk04.jpg 中央に手回し式のエレベーターが配置され、4つの部屋に分かれている。キキとララを2つ折りにすることで座れるようにアレンジされた
ht_lk05.jpg ロゴ部分が箔(はく)押しになり、キラキラ感がアップ
ht_lk06.jpg 月のおうちのパッケージ

 この他、別売で人形単体の「キキ&ララセット」もラインアップされる。光沢がかったパール塗装が施されていたり、洋服にはサクランボがデザインされていたり、口元の表情を変えるなど、月のおうちのセットモデルとは異なる仕様になっている。

ht_lk07.jpg セットモデルとは異なるアレンジがされた人形セットの「キキ&ララセット」

 

ht_lk08.jpg 月のおうちを購入すると、特典として入手可能な「星の回転遊具」。写真の人形は付属せず、黄色の回転台が提供される。数量限定で、詳細は後日ホームページで公開されるという
ht_lk09.jpg こえだちゃんシリーズの玩具と連結して遊ぶことができる

 上記の製品は、いずれも7月16日に発売予定で、価格は月のおうちが5800円、星のバスルームが2000円、キキ&ララセットが1000円(全て税別)となっている。

 同社が2015年3月に行ったWebアンケート調査では、「キキとララ 月のおうち」の認知度が、現行の他シリーズのハウスを上回る数値を記録(44%と33%)したとのことで、母親世代にも強くアピールする製品と言えそうだ。

 また、キキとララがマイメロディとコラボしたジュエリーも発売されており、財布のひもを締めるのが難しいシーズンが続きそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.