ニュース
» 2016年09月01日 20時15分 UPDATE

本格的な水ぶきも:ハイブリッド型ロボット掃除機、日本上陸

床に落ちているゴミを吸引しながら、底面のマイクロファイバークロスでモップがけを行う1台2役の「ハイブリッドロボット掃除機」が登場。さらに水ぶきも本格的だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソフトバンクが運営するクラウドファンディング&コマースサイト「+Style」は、韓国Fine Robotics(ファイン・ロボディクス)が開発したロボット掃除機“i'SENSE”(アイセンス V8500VM)を9月下旬から販売する。価格は6万9800円(税別)。

“i'SENSE”(V8500VM)

 床に落ちているゴミを吸引しながら、底面のマイクロファイバークロスでモップがけを行う1台2役の「ハイブリッドロボット掃除機」(同社)。付属のアタッチメントには水ぶき用と乾ぶき用の2種類があり、水ぶき用アタッチメントには水タンクも付いている。ノズルからじわじわと水が染みだし、マイクロファイバークロスを常に濡れた状態にするため、一度に広い範囲のふき掃除が行える。

底面
水タンク付きの水ぶき用アタッチメント
アタッチメントにマイクロファイバークロスを取り付ける
こちらは乾ぶき用のアタッチメント。マジックテープでクロスを取り付け、本体に装着する

 掃除機能も先進的だ。「Smart Vision Mapping」と呼ばれるマッピング技術を搭載しており、ジャイロセンサーなどで自機位置を把握しながら、床全体を2回掃除する仕組み。またWi-Fiを内蔵しており、専用アプリを導入したスマートフォンから掃除やモード変更といった操作も行える。

「Smart Vision Mapping」の概要
動作に問題が生じたときはFine Roboticsの管理センターの診断システムからスマートフォンに通知が届く

 ブラシレスDCモーターとリチウムリン酸鉄イオンバッテリーの採用による長寿命も特徴だ。バッテリーの充放電回数は約1000回で、毎日使用しても3年は交換不要だという。

ブラシレスDCモーターとリチウムリン酸鉄イオンバッテリーの採用による長寿命も特徴

 このほか、特許のONR(Optical Night Recognition)技術でベッド下など光が届かない場所でも効率的に掃除する「ジャドー掃除モード」、ゴミの多い場所をらせん状に動いて念入りに掃除する「集中モード」など、多彩な掃除モードを備えたi'SENSE。「さまざまなモードを選択できる汎用性の高いお掃除ロボットだ」(同社)

多彩な掃除モード

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう