ニュース
» 2004年02月16日 15時42分 UPDATE

QVGAで世界最小ボディの着せ替えケータイ「A1402S」

QVGA液晶付きで手のひらサイズのエントリー向け端末「A1402S」が登場する。34万画素CMOSカメラを搭載、赤外線ポートを備え、二次元コード読み取りに対応。別売りのパネルで10種のバリエーションを楽しめる。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、2.3インチのQVGA液晶を搭載しながら幅47ミリ、厚さ22ミリという小型ボディのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末「A1402S」を発売する。2月下旬頃から店頭に並ぶ見込みで、ボディカラーはスパークイエロー、アクアブルー、クリスタルシルバーの3色。別売りで10種類のStyle-upパネルが用意され、ボディに取り付けることでさまざまなバリエーションを楽しめる。

sa_noe1.jpg 「A1402S」のアクアブルー。製品にはStyle-upパネル1枚と脱着式のマクロレンズが付属する
sa_soe2.jpg スパークイエロー
sa_soe3.jpg クリスタルシルバー
sa_soe4.jpg 別売りで10種類のStyle-upパネルが用意され、重ね着感覚でバリエーションを楽しめる。ゴシック、ジオメトリー、カモフラージュ、ヘアライン、シャボン、リザード、フラワー、ジャガー、ストライプ、スターの10種。パネルに合わせたメニューも提供予定だ。パネルはゴシックが1200円、他の9種は820円

 A1402Sは、34万画素CMOSカメラを搭載した小型ボディのエントリーモデル。メインディスプレイに2.3インチQVGA対応のTFT液晶、背面に96×96ピクセルの1.2インチSTN液晶を装備。カメラは付属の脱着式のマクロレンズを使うことで、マクロ撮影にも対応。二次元コードリーダ機能も備える。

 QVGA液晶の搭載で、メール閲覧時の文字の大きさを4段階から選べるようになった。最小の12ドットでは1画面で400文字の表示が可能。16ドットで180文字、24ドットで90文字、30ドットで56文字の表示に対応する。文字サイズは「0」キーの長押しで切り替えられる。

 またau端末としては初めて赤外線通信機能を搭載。テレビ用リモコンとして使えるほか、A1402S同士でアドレス帳やスケジュール、プロフィールなどのデータをやり取りできる。

端末名 A1402S
サイズ 47×89×22ミリ
重さ 約104グラム
連続待受時間 250時間
連続通話時間 160分
メイン液晶 2.3型26万色相当TFT液晶(QVGA)
サブ液晶 1.2型6万5000色STN液晶(96×96ピクセル)
外部メモリ ×
カメラ 34万画素CMOS(撮影補助用ライト付き、デジタル4倍ズーム)
着メロ和音数 64和音
ボディカラー スパークイエロー、アクアブルー、クリスタルシルバー
EZアプリ BREW
EZナビ ×
EZナビウォーク ×
着うた ○ (Crystal KayのCan't be Stoppedがプリセット)
文字入力 POBox+モバイルWnn V2
発売時期 2月下旬予定
sa_son99.jpg 別売りのStyle-upパネルを端末に装着したところ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.