ニュース
» 2004年03月30日 14時57分 UPDATE

ナンバーポータビリティ、早ければ2006年夏に開始

契約するキャリアを代えても、携帯電話の番号が変わらずにすむシステム「ナンバーポータビリティ」が、早ければ2006年第2四半期頃に実現する。

[杉浦正武,ITmedia]

 契約するキャリアを変更しても、携帯電話の番号が変わらずにすむシステム「ナンバーポータビリティ」が、早ければ2006年第2四半期頃に実現する見込みとなった。3月30日、総務省の研究会である「携帯電話の番号ポータビリティの在り方に関する研究会」第6回会合で、導入スケジュールが示された。

 それによると、2004年度の第1四半期から導入に向けた準備を開始して、「事業者間の詳細仕様検討」に6カ月、「各ベンダーによる各種システム開発」に15〜24カ月、「システム導入試験期間」として6〜9カ月が想定されている。このため、最短では27カ月後、遅くとも39カ月後にナンバーポータビリティが導入されることになる。

 この日の会合では、研究会がまとめた報告書案も披露された。同資料は、4月1日にも一般公開される予定。その後、3週間程度のパブリクコメント募集期間を置いた上で、改めて第7回会合が開かれ、最終調整に入る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.