ニュース
» 2004年03月30日 17時08分 UPDATE

「iモードFeliCa」を電子チケットに――初のイベント実施

J-WAVEは3月29日、NTTドコモのFeliCa内蔵端末を電子チケットとして活用したライブイベントを実施した。世界初の試みという。

[杉浦正武,ITmedia]

 在京FMステーションのJ-WAVEは3月29日、NTTドコモのFeliCa内蔵端末を電子チケットとして活用したライブイベント「J-WAVE PASS FUTURE STYLE PARTY」を実施した。

 入場口では、ユーザーが実際に携帯を読み取り機にかざして認証を行ったほか、会場内でFeliCa端末を利用したグッズ販売などのデモも行われた。「こうした試みを実行に移したのは、世界で初めて」(同社)。

Photo イベントの舞台になったのは、渋谷「DUO MUSIC EXCHANGE」
Photo
Photo この日は、J-WAVEが今年最も注目するアーティストである「Jazztronik」と「chie」が、ライブステージを行った

 NTTドコモでは、この夏から「506iシリーズ」「900iCシリーズ」としてFeliCa搭載端末をリリースする予定(2003年10月の記事参照)。現在は、デモ用の試作端末を用意しており、これをモニター向けに約5000台提供している段階だ。今回のライブイベントでは、事前にモニター登録したJ-WAVE会員50組、100名がイベントに招待され、配布されたFeliCa端末を電子チケット代わりに使用した。

Photo入場口には、FeliCa端末をかざすための読み取り機が設置してある
Photo 無事、認証が済むと席順を示す整理券が発行される仕組み

 J-WAVEでは従来から、ネット会員組織「J-WAVE NET」向けに、FeliCaプラットフォームのメンバーズカード「J-WAVE PASS」を発行していた。同カードには個人情報が入っており、カードリーダ・ライターにかざせば本人認証が可能。同カードはまた、電子マネー「Edy」と「VISA」、それにネット上のクレジットカードサービス「eLIO」の各機能を搭載していた。

 今回は、このJ-WAVE PASSをFliCa端末と融合させたかたち。会場では、J-WAVE PASSなどのeLIOマークがついたクレジットカードユーザーが、携帯電話を使ってショッピングを行える「Mobile-eLIO」のデモも行われていた。

Photo たとえば、イベント関連グッズのTシャツ(3150円)がほしいなと思えば、その2次元バーコードを携帯で読み取ればいい。デモでは、2次元バーコードではなく14桁のMeコード(Mobile-eLIO専用の、商品または商品カテゴリーを特定するコード)を利用していた
Photo (左)端末には、Mobile-eLIOがインストールされている(右)ユーザーがMeコードを読み取ると、商品説明が表示される。自動起動したMobile-eLIO上でパスワードを入力すれば、eLIOマークのついたクレジットカードから口座引き落としの決済が行われる

 会場ではまた、FeliCa端末を読み取り機にかざすことで、アーティストの限定映像が視聴できたり、スロットゲームが楽しめたりするデモも行われていた。このように、会員限定コンテンツを提供する仕組みも準備が進んでいる。

Photo FeliCa端末をかざせば、スロットが楽しめるというイメージ。もっとも、実際には端末側の準備が間に合わず、通常のJ-WAVE PASSをかざして動作させていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.