ニュース
» 2004年04月05日 18時56分 UPDATE

首都高の渋滞は携帯動画でチェック 〜モバイルテレビジョン

渋滞情報は、携帯の動画でチェック。モバイルテレビジョンは、渋滞が予想されるポイントの定点カメラ映像を携帯向けに配信するサービスを開始する。

[杉浦正武,ITmedia]

 渋滞情報は、携帯電話でチェック。これだけなら以前からあったが、一歩進んで「渋滞情報を動画で配信する」サービスが、国内で初めて登場する。

 モバイルテレビジョンは4月5日、iモードサイト「ライブ映像情報 Watcha」をオープンした。渋滞が予想されるポイントの映像を、定点カメラで撮影して携帯キャリアのサーバに伝送、2コマのGIFアニメのかたちで配信するのが特徴。料金は、月額199円。

 4月8日からは、auの1X WIN端末向けにも同様のサービスを提供する予定。こちらはiモードとは異なり、64Kbpsのストリーミング形式で映像を伝送する。

Photo 画面サンプル。「“交通情報に特化した”定点カメラ映像を配信するのは、国内で初めて」(モバイルテレビジョン)

 関西エリア限定では、18カ所にカメラを設置して2003年7月からiモードサービスを提供していた(auの関西向けサービスは、2004年2月から)。4月からは、東京に20カ所、名古屋に4カ所カメラを設置し、全国向けのサービスとしてサイトを開設する。「環状線8号の瀬田あたりなど、渋滞が予想される場所にカメラを設置した。カメラは随時、増やしている」(モバイルテレビジョン)。

 505i以降で利用できる「iアプリDX」向けに、渋滞マップとカメラ映像が連動するアプリも提供する。「マップのカメラがあるポイントを選択すると、その地点の映像が見られるかたち」(同社)。こちらは、4コマ程度の疑似動画になるという。

Photo iアプリDX、東京版の画面

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.