ニュース
» 2004年05月17日 19時14分 UPDATE

イー・アクセス、23億円の通期黒字――累損も一掃

[ITmedia]

 イー・アクセスは5月17日、2004年3月期の決算を発表した。売上高は381億4000万円で、営業損益ベースで41億4000万円の黒字。27億2000万円の経常利益を計上し、当期純利益は23億6000万円だった。

 「会社を作って4年ちょっと。先行投資があってこれまでは赤字だったが、今期は初めて通期黒字を達成できた」(イー・アクセスの千本倖生社長)。2005年3月期も増収増益を予想している。

2003年3月期 2004年3月期 2005年3月期予想
売上高 202.8億円 381.4億円 510.0億円
営業利益 ▲43.5億円 41.4億円 60.0億円
経常利益 ▲53.0億円 27.2億円 50.0億円
当期純利益 ▲55.8億円 23.6億円 50.0億円

 累計加入者数の伸びも順調で、2003年3月期末時点で149万6000回線を達成。特に、第4四半期は20万2000回線増と、過去最高の伸びを記録した。

 「通信事業者はご存知のとおり、成長をストップすれば利益を出すことは簡単。しかし我々は、伸びつつ健全な利益を出すことに成功した」(千本氏)と、Yahoo!BBを意識したセリフも聞かれた。

PHoto ARPUと、解約率の推移(クリックで拡大)

 5月17日に開催された取締役会では、資本準備金142億3000万円のうち119億4000万円を取り崩して累積損失を解消することも決議された。実施後は、同社の負債合計が332億4000万円、資本合計が159億6000万円(資本金136億7000万円、資本準備金22億9000万円)となる。

 同社はまた、取締役の異動も発表した。現カーライル・グループのマネージング・ディレクター、ウィリアム・ケナード氏ほか6人の社外取締役を新たに迎える。この結果、イー・アクセスの社外取締役は7人となり、「社外:社内の比率が7:3。これは日本企業としてはかなり稀有だと聞いている。経営の透明性を高めるため、大改革を行った」(同氏)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.