キーワード
» 2004年06月15日 18時20分 UPDATE

mini USB【みにゆーえすびー】

mini USBといえば、携帯にも搭載できる小型化されたUSBインタフェースを指す。最近では、PCなどとの連携のためmini USBを搭載した端末も増えてきた。

[江戸川,ITmedia]

 mini USB(Universal Serial Bus)とは、文字通りUSB(用語参照)のミニ版のこと。通常のUSBコネクタを実装するスペースのない機器、たとえばPDAや携帯電話、デジタルカメラなどに用いられる。

 そもそも本来のUSBには、シリーズA(あるいはTYPE-A)と呼ばれるコネクタとシリーズB(TYPE-B)と呼ばれるコネクタがある。シリーズAはPCなどホスト側に接続する際に用いられる形状で、シリーズBコネクタはUSBデバイスへ接続する場合に用いる形状だ。mini USBというのは、このシリーズBコネクタを小型化したもの。

 最近ではDDIポケットのOpera搭載PHS端末「AH-K3001V」がmini USBコネクタを搭載しており(4月22日の記事参照)、PCと接続してのデータ通信や写真などのファイル移動、さらに本体の充電などを行えるようになっている。また、auの「A5505SA」(5月21日の記事参照)や、ボーダフォンから発売される「V401SA」にもmini USBが搭載される(5月10日の記事参照)。

 一般にmini USBケーブルというとき、シリーズAコネクタは4ピンのオスで、ミニBコネクタは5ピンのオスとなる。USB 2.0として規格に定められているのはこれだけなのだが、省スペース化を目的としたコネクタという背景から「mini B」という名称を持ちながらも形状の異なるつコネクタが複数存在しており、混乱を招くこともある。

Photo 同じmini Bという名称でも、形状の異なるコネクタもある(サンワサプライのサイトより抜粋)

 なお、mini AというコネクタはUSB 2.0の規格上で存在しないが、実際にはmini AとシリーズBコネクタを用いた接続ケーブルも商品化もされている。

Photo mini AとシリーズBコネクタを用いたケーブル(サンワサプライのサイトより抜粋)

【お詫びと訂正】
ドキュメント「On-The-Go Supplement to the USB 2.0 Specification, Revision 1.0a」の3-8 Connectorにおいて、以下のとおりミニAが補足として規格化されております。記述が正確でなかった点につきまして、お詫びして訂正いたします。原文にあるとおり、ミニAのオス(plug)、メス(receptacle)、およびミニABのメスという3つのコネクタが存在します。ミニABというのは、ミニAでもミニBでも接続できるメス側コネクターという意味です。ミニAについてもミニB同様、正式な5pin以外に複数の形状が確認されています。(6月17日更新)

The USB 2.0 specification defines three connector pairs;

・Standard-A plug and receptacle for the host;
・Standard-B plug and receptacle for the peripheral;and
・Mini-B plug and receptacle as alternative connectofs or the peripheral.

The supplement defines the following connentor components;

・Mini-A plug,
・Mini-A receptacle, and
・Mini-AB receptacle.

The Mini-AB receptacle accepts a Mini-A plug or a Mini-B plug.

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.