ニュース
» 2004年07月09日 16時59分 UPDATE

ゴジラもびっくり? 「FeliCaで映画チケット発券」を7月10日開始

東宝は7月10日から、「TOHOシネマズ川崎ダイス」でFeliCa携帯による発券サービスを開始する。事前にチケット情報を携帯にダウンロードし、鑑賞当日、自動発券機に携帯をかざせば入場チケットが発券される仕組み。

[杉浦正武,ITmedia]

 東宝は7月10日から、シネマコンプレックス「TOHOシネマズ川崎ダイス」でFeliCa携帯を利用した発券サービスを開始する。7月下旬にはTOHOシネマズ高槻、橿原両店でもサービスを開始し、以降全国のTOHOシネマズで展開する。

Photo

 ユーザーはオンラインチケット販売サイト「vit」にアクセスし、チケットを購入する。この情報は事前にダウンロードした「vitアプリ」により、携帯内部に格納される。鑑賞当日、自動発券機に携帯をかざせば入場チケットが発券される仕組みだ。

 東宝では以前から、vitを利用したオンラインチケット購入〜発券システムを整備していた。「劇場にもよるが、多いところでは3割、平均して1割程度の来場者がネット経由でチケットを購入している」(同社)。もっとも、従来のサービスでは発券機の前で4ケタの「購入番号」を入力するといった操作が必要で、とまどうユーザーもいたという。

 「これからは、映画館でも“ピッ”とかざす文化が当たり前になってくる。(FeliCaサービスの利用は)非常に伸びるのではないか」

vitアプリで、ダウンロードしたチケット情報を一覧表示させたところ。もちろん、アプリを起動せずとも端末をタッチするだけで発券は可能になっている

シネマコンプレックスと相性がいい?

 FeliCaの利用法としてしばしばいわれるのが、電子チケットによる入場サービス。しかし、同社は「劇場のオペレーションとしてどうなるかという問題があり、現在も検討中」。導入を見送った。

 vitでの決済にはクレジットカードを利用する。「Edy対応も検討してはいるが、いまのところクレジットのみ。オンライン上で決済を済ませ、当日は発券するだけというシステムだ」。来館時にEdyで決済を行うといったことは、それほど考えていないようだ。

 東宝の事業開発室 是枝宗男氏は、FeliCaを導入することで、すぐに人件費削減などの効果が期待できるわけではないと話す。

 「映画業界では、“シネマコンプレックス”が時代の流れ。しかしシネマコンプレックスでは基本的に指定席で対応するため、1人あたりの接客時間がかかってしまう」。チケットをオンライン購入し、FeliCaで発券するユーザーが増えることで人の流れがスムーズになる点に期待するとした。

PHoto 会場には、通りがかりのゴジラが。さすがは東宝、ゴジラも映画を見に来るらしい
PHoto チケットゲット。と満足げなゴジラ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.