ニュース
» 2004年07月12日 13時51分 UPDATE

BREW対応、“本気のWIN”が登場〜「W21SA」「W21S」「W21K」

KDDIは、大容量BREWアプリに対応した“本気のWIN”3モデルを発表した。回転2軸式ボディのメガピクセル端末「W21SA」、手ぶれ補正機能付きのメガピクセル端末「W21S」、コンパクトなEZチャンネル対応端末「W21K」の3機種。いずれもFlashに対応。BREWアプリはドラクエ、FFの完全移植版も登場。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、600Kバイトの大容量BREWアプリに対応した“本気のWIN”3モデルを発表した(7月12日の記事参照)。いずれも新しくFlashに対応するのが特徴で、Flashを駆使した“次世代ポータル”へのアクセスが可能になっている(7月12日の記事参照)。また、3機種ともEZチャンネルおよび高音質化された“着うた”(2003年12月24日の記事参照)に対応する。

詳細記事

 W21Sは7月下旬、W21SAとW21Kは8月上旬に発売予定。価格は「W21SAが2万円半ばから後半、W21Kは1万円半ばを目指す。W21Sはその中間くらい」(KDDI)としている(7月12日の記事参照)。

PHoto  

「W21SA」詳細記事

「W21S」詳細記事

「W21K」詳細記事

ツインスピーカーのメガピクセル端末〜W21S

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のW21Sは、「EZチャンネル」や高品質な「EZムービー」、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」を楽しめる大容量EZアプリ(7月12日の記事参照)、Macromedia FlashによるグラフィカルなEZwebメニューやコンテンツに対応した端末。

sa_se1.jpg
 W21S。ボディカラーはEnergy Red、Healing Silver、Future White。EZナビウォーク用の電子コンパスを搭載

 カメラは最大4倍のリニアズーム機能を備えた130万画素のCCDを装備。320×240ピクセルの高画質なLLサイズムービー撮影に対応し、384kbpsの高画質で高音質なムービーを撮影できる。シャッタースピードとアンプによるゲインコントロールで、フォトの手ぶれを防ぐ機能も用意された。

 またステレオスピーカーの搭載により、ステレオバージョンの着うたをステレオサラウンド効果付きで楽しめるのも特徴の1つ。付属の卓上ホルダーには、音の広がりを向上させるサウンドリフレクターを採用している。

製品名 W21S
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×105×26ミリ
重さ 133グラム
連続通話時間 150分
連続待受時間 240時間
カメラ 130万画素CCD
外部メモリ メモリースティックPro Duo
メインディスプレイ 2.4インチ液晶26万色相当のTFT液晶・QVGA
サブディスプレイ 1.1インチ(96×96ピクセル)約6万5000色相当のTFT液晶
データフォルダ容量 約20Mバイト
BREWデータフォルダ容量 約3Mバイト
カラー Energy Red、Healing Silver、Future White
EZチャンネル
EZナビウォーク
2次元バーコード
発売時期 7月下旬

録音機能付きラジオチューナーを装備〜「W21SA」

 三洋電機製のW21SAも、「EZチャンネル」や高品質な「EZムービー」、大容量EZアプリ、Macromedia FlashによるグラフィカルなEZwebメニューやコンテンツに対応した端末。

sa_sanyo2.jpg
 W21SA。2軸回転ボディを採用


sa_sanyo.jpg
 ボディカラーはZero White、Custom Black、Solid Mint

 ボディは2軸回転構造を採用。液晶部を180度回転させて表に出した状態は「フロントスタイル」と名付けられ、さまざまなメニュー操作が可能だ。

 FMラジオチューナーは、40分間の録音に対応。録音した番組を、スピーカーから流しながら聞くことも可能だ。

 カメラは200万画素CCDカメラを採用、384KbpsのQVGA品質ムービーの撮影が可能だ。付属のケーブルを使って端末とテレビをつなぐと、撮った写真やムービーをテレビの大画面で楽しめる。またPictBridgeにも対応、別売りの「USBケーブルWIN」を使って端末とプリンタをつなげば、PCを介さずに写真をプリントできる。

 メイン液晶は2.4インチのTFT液晶。電子コンパス付きEZナビウォーク(7月12日の記事参照)、2次元バーコード、ICレコーダ、カメラで読み取った文字をテキスト化して検索できる英語辞書機能などを備える“全部入り端末”だ。

製品名 W21SA
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×102×25ミリ
重さ 139グラム
連続通話時間 200分
連続待受時間 220時間
カメラ 200万画素CCD
外部メモリ miniSD
メインディスプレイ 2.4インチ26万色のTFT液晶・QVGA
データフォルダ容量 約20Mバイト
BREWデータフォルダ容量 約3Mバイト
カラー Zero White、Custom Black、Solid Mint
EZチャンネル
EZナビウォーク
2次元バーコード
発売時期 8月上旬

コンパクトなボディ、EZチャンネルを手軽に〜「W21K」

 京セラ製のW21Kは、「EZチャンネル」や高品質な「EZムービー」、大容量EZアプリ、Macromedia FlashによるグラフィカルなEZwebメニューやコンテンツに対応した端末。ほかの2モデルと大きく異なるのは、EZナビウォークに対応していない点と、外部メモリを備えていない点だ。

sa_sanyo3.jpg
 W21K。ボディカラーはMerry Pink、Amazing Blue、Recent Silver

 ボディはWIN端末の中では最小クラスのコンパクトサイズで「Just Sizeケータイ」とうたう。

 カメラは131万画素CMOSを装備。最大1280×960ピクセルの静止画を撮影できる。通常の撮影モードに加え、撮った顔の合成やパーツ変形を行える「顔変形モード」が搭載されている。

 メインメニューは、自分好みのものにカスタマイズできる「動く着せ替えメニュー」に対応。3種のメニューがプリセットされるほか、好みのメニュー画面をダウンロードすることで、カスタマイズを行える。

 ほかにも、ジョン前田氏のデザインによる「ムービングクロック」を搭載。動きの異なるグラフィック時計をメインやサブのディスプレイに設定可能だ。

製品名 W21K
サイズ(幅×高さ×厚み) 49×98×25ミリ
重さ 115グラム
連続通話時間 170分
連続待受時間 200時間
カメラ 131万画素CMOS
メインディスプレイ 2.2インチ26万色相当のTFT液晶・QVGA
サブディスプレイ 1.1インチ約4096色相当のSTN液晶(104×67ピクセル)
データフォルダ容量 約15Mバイト
BREWデータフォルダ容量 約3Mバイト
カラー Amazing Blue、Recent Silver、Merry Pink
EZチャンネル
EZナビウォーク ×
2次元バーコード ×
発売時期 8月上旬

ITmediaでは、この記事では書けないP901iS・ドコモ端末の“隠れ情報”をモバイルサイト「ITmedia(ケータイ版)」にて掲載予定です。たとえば……

  • P901iSのワンプッシュオープンボタン、なぜ光らない?
  • 顔認証技術を活かしたアプリの隠れた楽しみ方
  • あの人とのメールは、こうして読み返す
会員の方だけに、編集部が選んだマル秘ネタをお届けするITmedia(ケータイ版)、ぜひ登録の上お楽しみください。iモードのアクセス方法は「メニューリスト」→「天気/ニュース/情報」→「ビジネス情報」→「ITmedia(ケータイ版)」
ITmedia(ケータイ版)をもっと知りたい!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.