ニュース
» 2004年07月12日 16時49分 UPDATE

コンパクトにまとまったEZチャンネル携帯〜W21K

W21Kは、割り切ったコンセプトを打ち出した端末。FlashやEZチャンネル、大容量化したEZアプリに対応するが、EZナビウォークや384Kbpsの録画には対応していないほか、外部メモリも持たない。

[杉浦正武,ITmedia]

 auが発表した1X WIN端末(7月12日の記事参照)の中でも、W21Kは割り切ったコンセプトを打ち出した端末。FlashやEZチャンネル、大容量化したEZアプリに対応するが、EZナビウォークや384Kbpsの録画には対応していないほか、外部メモリも持たない。

 価格の詳細は明らかにされかったが、1万円から2万円になる見込み。3機種の中では最も安価になる見込みだ。

Photo カラーバリエーションは、アーメジングブルー、リーセントシルバー、メリーピンクの3色。重さは約115グラムと、小型軽量を打ち出している
Photo 左側面。上段にマナーボタンが、下段にメモ/シャッターボタンが見える
PHoto 右側面。イヤホンジャックはここにある

 131万画素CMOSカメラを搭載し、最大1280×960ピクセル「メガピクセルモードサイズ」までの撮影が可能。通常の撮影に加えて「顔変形モード」を用意しており、テンプレートに合わせて顔のパーツを変形させて楽しむことができる。ディスプレイは、2.2インチの26万色TFT液晶を搭載した。

QVGA液晶を搭載。トップには左からメール、EZチャンネル、EZムービー、EZwebが並ぶ構成となっている

 USB高速データ通信に対応。別売りのケーブルでPCと接続すれば、携帯をモデム代わりに最大2.4Mbpsの通信が可能だ。

Photo 端末に「USBコネクタ」は存在しない。通常の充電ケーブルに、片側がUSB端子を備えた専用ケーブルを接続する

 ユーザーインタフェースには、こだわりが見られる。メニュー画面には、背景画面がゆっくりと動いたり、アイコンがポップアップする「動く着せ替えメニュー」を採用した。

PHoto プリセットで内蔵されている3タイプのメニュー画面(クリックで拡大)。ちなみに、これらの画面はFlashではなく、BREWで実現している

 メインメニューのデザインは、3種類がプリセットされているほか、ダウンロードで追加することも可能。自分好みのデザインにカスタマイズできる。

 時計表示にもこだわった。組み込み型のBREWアプリを利用した「ムービングクロック」を採用している。やはり、動きのある時計表示を実現しており、時間帯によって背景の色合いが変わるなどの変化を楽しめる。

Photo ムービングクロックも、3種類がプリセットされている。左から、ブロック崩しをイメージした「INVADE」、振り子がゆらゆらと揺れる「SWING」、水をイメージした青い画像が上下にゆらゆらと揺れる「FLOAT」。時間帯によって背景色も変わるという

 ほかに、京セラ端末ならではの「でか文字」を採用。発着信履歴確認、アドレス帳検索結果を、44×44ピクセルのでか文字で表示できる。

アドレス帳は、「あかさたな」でタブ区切りになっているパターン。文字入力環境はAdvanced Wnnを搭載する

ITmediaでは、この記事では書けないP901iS・ドコモ端末の“隠れ情報”をモバイルサイト「ITmedia(ケータイ版)」にて掲載予定です。たとえば……

  • P901iSのワンプッシュオープンボタン、なぜ光らない?
  • 顔認証技術を活かしたアプリの隠れた楽しみ方
  • あの人とのメールは、こうして読み返す
会員の方だけに、編集部が選んだマル秘ネタをお届けするITmedia(ケータイ版)、ぜひ登録の上お楽しみください。iモードのアクセス方法は「メニューリスト」→「天気/ニュース/情報」→「ビジネス情報」→「ITmedia(ケータイ版)」
ITmedia(ケータイ版)をもっと知りたい!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.