ニュース
» 2004年09月06日 17時04分 UPDATE

ソフトバンク、「CDMA・800MHz」で携帯参入表明

ソフトバンクBBは9月6日、総務省に意見書を提出すると共に、800MHz帯を割り当てられれば直ちに携帯事業に参入する意志があることを表明した。

[杉浦正武,ITmedia]

 ソフトバンクBBは9月6日、総務省に800MHz帯の再編案に反対する意見書を提出した。同時に、すぐにも携帯事業に参入する意志があることを表明した。

 総務省では、8月6日に「800MHz帯におけるIMT-2000周波数の割当方針案」を公表し(総務省のPDF資料参照)、パブリックコメントを募集していた。同案では、ドコモやKDDIにどう800MHz帯を割り当てるかが示されている。

 ソフトバンクは、自社にも800MHz帯を割り当てるべきと主張。自社ユーザーにパブリックコメントを提出するよう呼びかけるほか、9月6日には孫正義の名で意見書を提出するなど、総務省案に反対する動きを強めていた(9月4日の記事参照)。ソフトバンクBBは同日、帯域が割り当てられるという条件付きで「携帯電話事業に800MHz帯で参入する」ことも公式に発表した。

サービスイメージは?

 ソフトバンクBBの携帯サービスは、どのようなものになるのか。孫正義氏の言葉を聞く限り、「TD-CDMA方式」ではなく「CDMA方式」が採用されるようだ。

 同社は7月から、実験局免許を取得してTD-CDMA方式とCDMA2000方式の実証実験を行っている(7月7日の記事参照)。「CDMA 2000 1Xのほうは、KDDIも採用している“こなれた”技術。実験もほとんど終わって、レポートもまとまっている。すぐにでもサービスインできる」(孫氏)。一方のTD-CDMAは、新しく注目され始めた技術だけに「即、サービスインは時期尚早」(同氏)。このため、現段階ではCDMAでの参入を考えているようだ。

 なお、“CDMA”と一口にいってもドコモとボーダフォンが採用する「W-CDMA」とKDDIが採用する「CDMA2000」の2種類があるが、いずれを採用するかは明言されなかった。また、TD-CDMAも「あきらめたわけではない」という。「そもそも我々は、1つの技術にこだわっていない――と以前から言っていた」(同)。

 サービスの規模は、どの程度を考えているのか。ソフトバンクは、ドコモが現状で109MHz、KDDIが60MHz、ボーダフォンが63MHz、ツーカーが20MHzを割り当てられていると指摘した上で、「30MHz幅は欲しい」と話す。

Photo ソフトバンクの資料より。例えばドコモの場合、800MHz帯で58MHzを、1.5GHz帯で11MHzを、2GHz帯で40MHzを持っており、トータルで109MHz帯を使っているという

 30MHz幅を使えれば、1000万〜2000万ユーザーを収容できると孫氏。この規模でなければ、既存の事業者と対等に伍するとはいえないとした。

 開始時期は、いつになるのか。孫氏は、割り当てられることが決まり次第、すぐに基地局への設備投資を開始すると強調する。「バックボーンは構築済み。基地局用地も確保している(8月4日の記事参照)。電波だけが準備できていない」(同)。なお、基地局設置などへの設備投資には、1年半から2年半かかるとのこと。これが終了次第、サービスが始まることになるようだ。

メリットを打ち出せるか?

 当面、確かなことはソフトバンクが「既存の事業者と同様の方式で市場に参入する」こと。それでは、ほかの事業者と比べてメリットを打ち出せないのではないか。

 孫氏は、「空飛ぶ自動車を開発しなければ、新規に参入する意味はないのか。そんなことはない」と強調する。

 具体的な内容こそ明かされなかったが、「価格は今までより安くなる。ADSLの前例がある。また、付加機能で新規性を出していくことも可能だ」とした。

 なお、採算性については「BB Phone」や「BBケーブルTV」を開始する際と同様、「単独サービスではなく、ほかでも利用しているインフラを活用する。そのため採算を合わせやすい」との論法を繰り返した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.