ニュース
» 2004年12月03日 14時25分 UPDATE

「W22SA」メールソフトにバグ〜店頭でソフト書き換え

発売直後のWIN端末にバグ。約1万人に影響があった。九州・関東地区を含め、8日から改善済みの端末を販売再開する予定。

[斎藤健二,ITmedia]

 KDDIは12月3日、着うたフルに対応したWIN端末「W22SA」のソフトウェアにバグが見つかったと発表した。Eメールの受信ができなくなる場合があるほか、メールの一覧表示時に電源がリセットされる可能性がある。

 12月8日以降、auショップなどでソフトウェア書き換えを行うことで対処する。

 W22SAは11月26日から各地で販売が開始されており、4日には関東と九州でも販売される予定だった。2日時点での販売台数は9968台。現在は全地域で販売を停止しており、既に販売開始された地域では8日から販売を再開する予定。九州、関東地区の発売日は調整中だという。

 問い合わせは下記の通り。

  • 0077-7-111(一般電話から)
  • 157(au電話から)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.