連載
» 2004年12月08日 02時02分 UPDATE

90Xi専用ゲームiアプリ開発講座:第8回 90xiアプリのこれから (1/2)

最終回は、このアプリをより高度に改良する可能性を探る。赤外線通信への対応やセキュリティの向上、ネット上でのランキングの実装などを解説する。

[澤橋辰典・武上将樹,ITmedia]

  • 第8回 90xiアプリのこれから
  • 第7回 ネットワークiアプリのためのサーバサイド活用(2)
  • 第6回 ネットワークiアプリのためのサーバサイド活用(1)
  • 第5回  スクラッチパッドへのデータ保存とダウンロードファイルの処理
  • 第4回 カメラ機能を使ってカードを作ろう
  • 第3回 簡単なゲーム作成の流れを身に付ける
  • 第2回 カードゲームをつくってみよう
  • 第1回 90xiの時代に何を作るか
  •  前回まで、90xiで動作するネットワーク対応のカードゲームの作り方を紹介してきた。最終回はこのアプリをもっと展開させていくための手法と、90xiアプリのこれからについて解説しよう。

    赤外線通信

     赤外線通信を使えば通信費をかけずにデータのやり取りができる。これを用いれば、カードゲームへの応用として、ユーザ間でのカード交換を実現できる。

     赤外線通信のモデルは、サーバ/クライアントモデルとなっている。サーバが待機状態になっている時にクライアントがデータを送信したり、また、データを要求して受信したりすることができる。サーバとクライアントはセットで使用しなければならないので、両方のサンプルを紹介する。HTTP通信と似ているため、理解しやすいだろう。

     以下がクライアントのプログラムである。

    // 受信/送信するカード番号
    int card_recv, card_send;
    // ClientObexConnectionオブジェクトを用意
    ClientObexConnection coc;
    try {
        // HTTPの接続と同様にConnector.open()を用いる
        // URLの代わりに、クライアントの場合はロケーションに
        // "obex:/irclient"を指定する。
        coc = (ClientObexConnection) Connector.open("obex:/irclient",
                Connector.READ_WRITE, true);
        // 接続を行う
        coc.connect();
        // GETオペレーションの実行
        coc.setOperation(ObexConnection.GET);
        coc.setName("card_recv"); // GET 対象オブジェクトの名前を設定
        coc.sendRequest(); // オペレーションを送信
        // OBEX サーバから返却されたレスポンスコードをチェックし、
        // 正常であれば受信したオブジェクト本体を読み込む
        if (coc.getResponseCode() == ObexConnection.SUCCESS) {
            InputStream is = coc.openInputStream();
            // GETオペレーションで要求したデータの読み込み処理
            int isbuf;
            byte[] single = new byte[1];
            ByteArrayOutputStream baos =
     new ByteArrayOutputStream();
            for(;;) {
                if((isbuf = is.read(single)) < 0) {
                    break;
                }
                baos.write(single);
            }
            is.close();
            card_recv = Integer.parseInt
    (baos.toString());
            in.close();
        } else {
            throw new IOException();
        }
        // PUTオペレーションの実行
        coc.setOperation(ObexConnection.PUT); // オペレーションにPUTを設定
        coc.setName("card_send");  // PUT 対象オブジェクトの名前を設定
        coc.setType("text/plain"); // PUT 対象オブジェクトのタイプを設定
        coc.setTime(System.currentTimeMillis()); // PUT 対象オブジェクトの
         // タイムスタンプを設定
        OutputStream os = coc.openOutputStream();
        // PUTオペレーションで送信するデータの書き込み処理
        os.write((byte)card_send);
        os.close();
        coc.sendRequest(); // オペレーションを送信
        // レスポンスコードが正常であればClientObexConnection を閉じて処理終了
        if (coc.getResponseCode() != ObexConnection.SUCCESS) {
            throw new IOException();
        }
        coc.close();
    } catch (IOException ioe) {
        //例外処理
        //API がスローするIOException、ConnectionException、
        //アプリケーションプログラムがスローするIOException の処理を行う
    }

     以下がサーバのプログラムである。

    int server_recv, server_send;
    // ServerObexConnectionオブジェクトを用意
    ServerObexConnection soc;
    try {
        // ServerObexConnection インスタンスを取得する
        // サーバの場合のロケーションは、"obex:/irserver"
        soc = (ServerObexConnection) Connector.open(
                "obex:/irserver", Connector.READ_WRITE, true);
        // OBEX クライアントからの通信リンク確立要求を待ち合わせる
        soc.accept();
        // OBEX クライアントからのオペレーション要求を処理する
        while (true) {
            // オペレーション要求を待つ
            soc.receiveRequest();
            // 到着したオペレーションの種別を取得する
            int operation = soc.getOperation();
            // GET オペレーション要求
            if (operation == ObexConnection.GET) {
                // 要求されたオブジェクトの名前を取得
                String name = soc.getName();
                // 指定された名前に対応するオブジェクトのヘッダ情報を設定
                soc.setType("text/plain");
                soc.setTime(System.currentTimeMillis());
                // 指定された名前に対応するオブジェクトの書き込み処理
                OutputStream os = soc.openOutputStream();
                if (name.equals("card_recv")) {
                    os.write((byte)server_send);
                }
                os.close();
                // 正常終了を示すステータスコードをOBEXクライアントに返す
                soc.sendResponse(ObexConnection.SUCCESS);
            } else if (operation == ObexConnection.PUT) {
                // PUTオペレーション要求
                // 送信されたオブジェクトの各種情報を取得
                String name = soc.getName();
                String type = soc.getType();
                long time = soc.getTime();
                // 送信されたオブジェクトの読み出し処理
                InputStream is = soc.openInputStream();
                if (name.equals("card_send")) {
                    int isbuf;
                    byte[] single = new byte[1];
                    ByteArrayOutputStream baos =
     new ByteArrayOutputStream();
                    for(;;) {
                        if((isbuf = is.read(single)) < 0) {
                            break;
                        }
                        baos.write(single);
                    }
                    is.close();
                    server_recv = Integer.parseInt
    (baos.toString());
                }
                is.close();
                // 正常終了を示すステータスコードをOBEXクライアントに返す
                soc.sendResponse(ObexConnection.SUCCESS);
            } else if (operation ==
     ObexConnection.DISCONNECT) { // 切断要求
                break;
            }
        }
        // 通信リンクを切断し、通信を終了する
        soc.close();
    } catch (IOException ioe) {
        // 例外処理
        // API がスローするIOException、ConnectionException の処理を行う
    }

     これで、下記のようなカードの交換を実現することができた。

    card_send → server_recv
    server_send → card_recv

           1|2 次のページへ

    Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.