ニュース
» 2004年12月14日 18時17分 UPDATE

KDDI、携帯紛失時にPCから情報削除できる「ビジネス便利パック」

携帯紛失時などに、PCからの遠隔操作で携帯電話のアドレス帳データを削除できる機能などを持った法人向けソリューションがスタート。携帯1台当たり、月額105円。

[斎藤健二,ITmedia]

 KDDIは12月14日、法人向けソリューションサービス「ビジネス便利パック」を2005年3月から提供すると発表した。機能的に「GPS MAPの簡易版」(KDDI)と位置づけられ、携帯電話1台当たり月額105円と安価に提供する。携帯電話紛失時に、管理者側(PC)から携帯電話内の情報を削除することなどができる。

 サービスは大きく4つに分かれる。1つは「ローカルデータ削除機能」で、個人情報や企業秘密の漏洩防止のため、管理者側の操作で携帯電話内のアドレス帳データと、下記「緊急連絡機能」のデータを削除できる。2つ目は「ランチャメニュー管理機能」で、業務で頻繁に利用するアプリケーションやURLをアイコン化して管理者側から一括設定できる。ランチャーはBREWアプリケーションとなっている。3つ目はBREWアプリケーションを使った「緊急連絡機能」で、管理者側からメッセージを携帯に直接送信する機能。メッセージの開封が確認できるのが特徴となる。4つ目は「メンバー情報参照機能」で、会議中、移動中などのステータスを携帯電話で把握できる。

benri.gif 画面は「メンバー情報参照機能」

 対象機種はBREW対応の携帯電話。ただし具体的な対象機種は3月のスタート時点までに詰める。

 合わせて、GPS機能を利用した位置情報サービス「GPS MAP」においても、「ローカルデータ削除機能」「ランチャメニュー管理機能」「メンバー情報参照機能」を提供する。「緊急連絡機能」については既に提供している。

 またBREW対応携帯電話向けに、無料で利用できる「ビジネスランチャ」を12月17日から提供する。ニュースや乗り換え案内など日常よく使うサイトや、「GPSMAP」などのアプリケーションをランチャメニューからワンクリックで起動させる待ち受けアプリケーションとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.