ニュース
» 2005年01月07日 17時07分 UPDATE

ドコモ、iモードメールにヘッダ情報付加

iモードメールの末尾にヘッダ情報を付加できるサービスを始める。迷惑メール対策の一環。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは1月7日、インターネットからiモード宛に送られたメールにヘッダ情報を付加するサービスを3月24日から開始すると発表した。メール本文の末尾に追加される。サービスの料金は無料だが、ヘッダ分のパケット料金はかかる。

head.gif

 ヘッダ情報とは、メールがどのような経路をたどって届いたかを示すもの。これを解析することで、迷惑メールを受信した際などに送信元の特定に役立つ。

 ボーダフォンやKDDIはヘッダ情報をPCや携帯サイトなどで閲覧できるサービスを提供していたが(2004年3月8日の記事参照)、ドコモは依頼のあったメールに関してフロッピーディスクにヘッダ情報を入れて送付するサービスに限っていた。これは申し込みから閲覧までに約10日間かかることや、ヘッダ情報を取得できる期間が7日間に限定されていた。

 サービスの申し込みは、「オプション設定」−「メール設定」−「メール受信設定」−「その他の設定」−「メールヘッダ情報受信設定」。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.