ニュース
» 2005年01月27日 15時32分 UPDATE

ドコモ、「M-stage」「インフォゲート」終了

コンテンツサービスは、iモードで補完できると判断。PDA市場の伸び悩みも背景にあるという。

[ITmedia]

 ドコモは、PDAなどをPHSに接続して各種コンテンツを楽しめるサービス「M-stage」「インフォゲート」を6月30日で終了すると発表した。サービスブランドも廃止する。「moperaメール」はサービス契約を変更して存続する。

 ドコモはモバイルマルチメディアサービスとして「M-stage visual」「M-stage music」「インフォゲート」などを用意、2002年にはこれを統合してサービス提供していた(2002年7月29日の記事参照)。しかしiモードサービスの高機能化、マルチメディア化が進むにつれ、次第にその存在意義が小さくなった。2004年に入ってM-stage visual、M-stage musicを終了(2003年10月3日の記事参照)。今回、「M-stage book」「M-stage Vライブ」およびポータルであるインフォゲートを終了することで、一連のPDA向けサービスに終止符が打たれる。

 「背景には、PDA市場の伸び悩みもある」(ドコモ広報部)。インフォゲートには現在、22万契約が残っているが「サービスは、iモードである程度補完できると考えている」という。

 インフォゲート契約に基づき提供していた「moperaメール」(2002年11月8日の記事参照)は、契約条件を変更して存続する。料金自体は、特に変更がない。

サービス 変更前(月額) 変更後(月額)
moperaメール(POP) moperaメール契約420円+インフォゲート契約105円 moperaメール契約525円
moperaメール(IMAP) moperaメール契約1470円+インフォゲート契約105円 moperaメール契約1575円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.