ニュース
» 2005年03月04日 17時48分 UPDATE

jigブラウザ、WEB版でWIN端末、ボーダフォンにも対応

WebアプリケーションとしてPCサイト閲覧サービス「jigブラウザWEB」を提供。携帯標準搭載のブラウザで、PC向けサイトの閲覧を可能とする。

[斎藤健二,ITmedia]

 jig.jpは、これまでアプリ版で非対応だったau WIN端末やボーダフォン端末でも利用できる「jigブラウザWEB」を3月4日から提供すると発表した。

 携帯電話に標準搭載されているWebブラウザを使い、WebアプリケーションとしてPCサイトを閲覧できるサービスを提供する。「パケット定額制が利用できる機種のほぼすべてで、PCサイトの閲覧ができるようになる」とjig.jp。

jig1.jpg

 PCサイトをサーバで携帯向けのHTMLに変換し、長文サイトは端末に合わせてページを分割して表示する。画像サイズも携帯に合わせて調整が行われる。

 料金は月額525円または年額3000円。初回は5ページ、以降1日1ページの表示を無料で試すことができる。

 jigブラウザは、携帯電話上で動くJavaアプリケーションでありながらPC向けのサイトを閲覧できるブラウザ。ドコモのFOMA/ムーバおよびJava対応のWIN端末で利用できる。技術的にはBREW端末やボーダフォンのJava端末でも動作するが、通信キャリアのポリシーによりブラウザアプリケーションは提供できない状況にあった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.