ニュース
» 2005年05月27日 20時33分 UPDATE

携帯で「たまに使って便利な機能」は……通話?

携帯でよく使う機能は、時代とともに変わる。アイシェアが実施した調査からは、ユーザーが携帯のどの機能を頻繁に利用するかが明らかにされている。

[ITmedia]

 携帯でよく使う機能は、時代とともに変わる。携帯の「通話機能」があまり使われなくなったことを、客観的に示すような調査結果が出た。

 メール転送サービス「CLUB BBQ」を提供するアイシェアは、同サービスの無償ユーザーを対象としたアンケート調査を実施し、結果を公表した。携帯でどんな機能が頻繁に利用されるかが明らかにされている。

 それによると、携帯で最も使う機能は「メール」が63.8%で最多。「通話」が16.4%、「ネット」が14.5%で、この3機能が94%を超えている。逆にいうと、「カメラ」「ゲーム」「テレビ電話」「ラジオ」などは全部合わせても6%に満たない。

 逆に一番使っていない機能は、「テレビ電話」が25.4%でトップ。「QRコード」が19.9%、「ゲーム(アプリなど)」が16.8%と続いている。なお、auに限ってみれば「EZナビウォーク」が19.9%に上っている。ただし、auユーザーの18.8%はEZナビウォークを“使う”と重宝しているようだ。

 「たまに使って便利だと思う機能」を問う項目も用意されている。1位は「カメラ」で30.8%、2位が「QRコード」で18.9%。「ネット」も15.0%いる。

Photo  

5%は「通話」と回答

 面白いのは、たまに使って便利なのが「通話」と答えたユーザーが5.1%いること。一番使う機能が「メール」だったことからも、ユーザーが携帯でよく利用する機能が確実にメールとネットにシフトしていることが分かる。「もはや電話のイメージが変わりつつあるか」(アイシェア)

 調査は、5月20日から23日にかけてメール告知およびとWeb上で実施したもの。同社ユーザーからドコモ、au、ボーダフォン各1000人を機械抽選で選んだ。

Photo なお、新機種を選ぶ際に参考にするのは「インターネット」が最も多かった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.